民数記 2

Studovat vnitřní smysl

           

1 モーセとアロンに言われた、

2 イスラエルの人々は、おのおのその部隊の旗のもとに、その父祖のの旗印にしたがって宿営しなければならない。また会見の幕屋のまわりに、それに向かって宿営しなければならない。

3 すなわち、日の出る方、東に宿営するものは、ユダ宿営の旗につく者であって、その部隊にしたがって宿営し、アミナダブのナションが、ユダたちのつかさとなるであろう。

4 その部隊、すなわち、数えられた者は七万人である。

5 そのかたわらに宿営する者はイッサカル部族で、ツアルのネタニエルが、イッサカルたちのつかさとなるであろう。

6 その部隊、すなわち、数えられた者は五万人である。

7 次はゼブルンの部族で、ヘロンのエリアブが、ゼブルンのたちのつかさとなるであろう。

8 その部隊、すなわち、数えられた者は五万七人である。

9 ユダの宿営の、その部隊にしたがって数えられた者は、合わせて十八万六人である。これらの者は、まっ先に進まなければならない。

10 南の方では、ルベンの宿営の旗につく者が、その部隊にしたがっており、シデウルのエリヅルが、ルベンのたちのつかさとなるであろう。

11 その部隊、すなわち、数えられた者は四万六人である。

12 そのかたわらに宿営する者はシメオン部族で、ツリシャダイのシルミエルが、シメオンたちのつかさとなるであろう。

13 その部隊、すなわち、数えられた者は五万人である。

14 次はガド部族で、デウエルのエリアサフが、ガドたちのつかさとなるであろう。

15 その部隊、すなわち、数えられた者は四万五十人である。

16 ルベンの宿営の、その部隊にしたがって数えられた者は、合わせて十五万一五十人である。これらの者は二番目に進まなければならない。

17 その次に会見の幕屋を、レビびとの宿営とともに、もろもろの宿営央にして進まなければならない。彼らは宿営するのと同じように、おのおのその位置で、その旗にしたがって進まなければならない。

18 西の方では、エフライムの宿営の旗につく者が、その部隊にしたがっており、アミホデのエリシャマが、エフライムのたちのつかさとなるであろう。

19 その部隊、すなわち、数えられた者は四万人である。

20 そのかたわらにマナセ部族がおって、パダヅルのガマリエルが、マナセたちのつかさとなるであろう。

21 その部隊、すなわち、数えられた者は三万人である。

22 次にベニヤミンの部族がおって、ギデオニのアビダンが、ベニヤミンのたちのつかさとなるであろう。

23 その部隊、すなわち、数えられた者は三万人である。

24 エフライムの宿営の、その部隊にしたがって数えられた者は、合わせて十万八人である。これらの者は三番目に進まなければならない。

25 の方では、ダンの宿営の旗につく者が、その部隊にしたがっており、アミシャダイのアヒエゼルが、ダンたちのつかさとなるであろう。

26 その部隊、すなわち、数えられた者は六万人である。

27 そのかたわらに宿営する者は、アセルの部族であって、オクランのパギエルが、アセルのたちのつかさとなるであろう。

28 その部隊、すなわち、数えられた者は四万一人である。

29 次にナフタリ部族がおって、エナンのアヒラが、ナフタリたちのつかさとなるであろう。

30 その部隊、すなわち、数えられた者は五万三人である。

31 ダンの宿営の、数えられた者は合わせて十五万七人である。これらの者はその旗にしたがって、最後に進まなければならない」。

32 これがイスラエルの人々の、その父祖のにしたがって数えられた人々である。もろもろの宿営の、その部隊にしたがって数えられた者は合わせて十万五十人であった。

33 しかし、レビびとはイスラエルの人々のうちに数えられなかった。モーセ命じられたとおりである。イスラエルの人々は、すべてモーセ命じられたとおりに行い、その旗にしたがって宿営し、おのおのその氏族に従い、その父祖の家に従って進んだ。

34 イスラエルの人々は、すべてモーセ命じられたとおりに行い、その旗にしたがって宿営し、おのおのその氏族に従い、その父祖のに従って進んだ。

  
   Studovat vnitřní smysl

Explanation of Numbers 2      

Napsal(a) Henry MacLagan

Verses 1-2. Revelation is made that each individual of the Spiritual Church has his specific position in his own heaven according to the general principles thereof.

Verse 3. There are four general principles, namely, celestial love, in Verse 3; faith from charity, Verse 10; the same in the natural degree, Verse 18; and the affirmation of truth in the natural degree, Verse 25.

Verses 3, 10, 18, 25. Their principles of action are as follows: Truth immediately proceeding from good; faith from charity which is the foundation of the church; obedience to truth from the love of good; and truth which aids, derived from Divine Truth which protects man in temptations.

Verse 17. All changes of state with the angels and with the man of the church are effected from the central principle of love.

Verses 4-32. The general quality, according to ordination and arrangement by the Lord, of those in the four leading divisions is described, as well as the quality of each division subordinate to these, and the quality of the whole heaven or of the whole church taken together.

Verse 33. But good itself, apart from truth, cannot be known as to its quality.

Verse 34. And thus the angels are always obedient to Divine Truth, or to the laws of Divine Order; and they become more and more perfected according to the ordination and arrangement of truths as depending on the state of good.

Swedenborg

Hlavní výklad ze Swedenborgových prací:

Arcana Coelestia 3448, 3708, 3858, 3862, 10038

Apocalypse Explained 431

Apocalypse Revealed 349, 862

生命の教義 59


Další odkazy Swedenborga k této kapitole:

Arcana Coelestia 3703, 4236, 6148, 9642

Apocalypse Revealed 351

True Christian Religion 284


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Apocalypse Explained 422, 434, 438, 445, 447, 449, 573, ...

Jiný komentář

  Příběhy:


  Duchovní témata:


  Biblická studia:  (see all)



Skočit na podobné biblické verše

創世記 35:22, 23

民数記 1:5, 7, 19, 46, 49, 52, 10:5, 6, 12, 14, 18, 22, 25, 28, 24:2

ルカによる福音書 3:33

Významy biblických slov


The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

モーセ
Moses's name appears 814 times in the Bible (KJV), third-most of any one character (Jesus at 961 actually trails David at 991). He himself wrote...

イスラエル
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

イスラエルの
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...


A "house" is essentially a container - for a person, for a family, for several families or even for a large group with shared interests...

宿営
'Pitch,' as in Genesis 14:10, denotes lusts. 'Burning pitch,' as in Isaiah 34:9, signifies direful fantasies.

幕屋
'The tabernacle' has almost the same meaning as 'temple,' that is, in the highest sense, the Lord’s divine humanity, and in a relative sense, heaven...

日の出
Sunrise' denotes coming of the Lord, or beginning of a celestial state.

ユダ
City of Judah,' as in Isaiah 40:9, signifies the doctrine of love towards the Lord and love towards our neighbor in its whole extent.


A child is a young boy or girl in the care of parents, older than a suckling or an infant, but not yet an adolescent....


聖書の中の「四」という数字は、物事が結びついている、あるいは結ばれていることを表しています。これは、4が2の2倍であり、2が善良でありたいという私たちの願望と、真理を理解する私たちの究極の結びつきを表しているからです。また、ほとんどの建物が長方形で、四つの辺がつながって全体を作っていることにも、このことを見ることができます。私たちはまた、方向を北、東、南、西の四つに分け、何かの「四隅」とは、そのすべてを意味しています。ですから、私たちの特別な思考は、自然と四辺がつながって全体になるように見ているのです。


As children, most of us at some point frustrated our mothers into using the phrase “if I've told you once, I've told you a thousand...


Like most numbers in the Bible, "six" can have various meanings depending on context, but has a couple that are primary. When used in relation...


It's a landmark for a young child to count to 100; it sort of covers all the "ordinary" numbers. One hundred is obviously significant for...

イッサカル
Issachar,' in the highest sense, signifies the divine good of truth, and truth of good. In a spiritual sense, he signifies celestial conjugial love, which...

部族
'A tribe' signifies the church with respect to its truths and goods, and in the opposite sense, with respect to its falsities and evils. 'A...


Five also signifies all things of one part.

シメオン
In Revelation 7, 'Simeon', in the highest sense, signifies providence, in a spiritual sense, love towards our neighbor, or charity, and in a natural sense,...


'Nine' signifies conjunction.


The Writings talk about many aspects of life using the philosophical terms "end," "cause" and "effect." The "end" is someone’s goal or purpose, the ultimate...

ガド
Gad, in a supreme sense, signifies omnipotence; in a spiritual sense, the good of life, or use; and in a natural sense, works. Gad, in...

五十
God rested on the seventh day of creation. That represents a state of holiness and tranquility that was preserved in the form of the sabbath....


'Middle' denotes what is primary, principal, or inmost.

エフライム
エフライムはエジプトでヨセフに生まれた次男で、兄のマナセとともに、ヤコブによってヨセフの兄弟と同じ地位に昇格しました。このように,イスラエルの部族の名前が挙げられるとき,エフライムとマナセは彼らの叔父であるルベン,シメオン,レビ,ユダ,ダン,ナフタリ,ガド,アッシャー,イッサカル,ゼブルン,ベニヤミンとともに家長として名前が挙げられますが,ヨセフはそうではありません。 スウェーデンボルグによると、エフライムは教会の知的な側面、つまり何が真実であるか、特に聖書から導き出される真実の考えを探求し、理解する部分を表しています。一方、マナセは、教会の愛情的な側面、つまり、感じ、愛し、思いやる部分を表しています。 これは、エフライムの生涯の中で最もよく知られている物語の中で演じられています。ヤコブが年老いて死が近づいていたとき,ヨセフは祝福を受けるために二人の息子を連れてきました。彼は長男としてマナセをヤコブの右手に、エフライムをヤコブの左手に差し出しました。しかし、ヤコブは手を組んでエフライムに第一の祝福を与えました。 スウェーデンボルグによれば、マナセは長男であるとしています。なぜならば、最終的には、私たちが愛するものが私たちを作り、私たちの人生を形成するからです。愛が私たちの人生を形成しているのです。つまり、私たちの愛は、人間の存在の中で最も中心的で主要な側面であり、知性は二の次の役割を果たしているのです。しかし、私たちが発展するにつれて、私たちはそれらを逆にする必要があります。私たちは、私たちの欲望が利己的なもののためであっても、何が良くて正しいかを理解し、それを実行するために自分自身を強制するために私たちの知性を使用することができます。私たちが主に従い、良い人になろうと決意してそれに固執するならば、やがて主は私たちの心の中から利己的なものを取り除いて下さり、良いものを本当に愛することができるようになります。ヤコブがマナセの上にエフライムを祝福することによって、主は霊的な旅を追求するためには知性を第一にしなければならないと教えておられます。

エフライムの
エフライムはエジプトでヨセフに生まれた次男で、兄のマナセとともに、ヤコブによってヨセフの兄弟と同じ地位に昇格しました。このように,イスラエルの部族の名前が挙げられるとき,エフライムとマナセは彼らの叔父であるルベン,シメオン,レビ,ユダ,ダン,ナフタリ,ガド,アッシャー,イッサカル,ゼブルン,ベニヤミンとともに家長として名前が挙げられますが,ヨセフはそうではありません。 スウェーデンボルグによると、エフライムは教会の知的な側面、つまり何が真実であるか、特に聖書から導き出される真実の考えを探求し、理解する部分を表しています。一方、マナセは、教会の愛情的な側面、つまり、感じ、愛し、思いやる部分を表しています。 これは、エフライムの生涯の中で最もよく知られている物語の中で演じられています。ヤコブが年老いて死が近づいていたとき,ヨセフは祝福を受けるために二人の息子を連れてきました。彼は長男としてマナセをヤコブの右手に、エフライムをヤコブの左手に差し出しました。しかし、ヤコブは手を組んでエフライムに第一の祝福を与えました。 スウェーデンボルグによれば、マナセは長男であるとしています。なぜならば、最終的には、私たちが愛するものが私たちを作り、私たちの人生を形成するからです。愛が私たちの人生を形成しているのです。つまり、私たちの愛は、人間の存在の中で最も中心的で主要な側面であり、知性は二の次の役割を果たしているのです。しかし、私たちが発展するにつれて、私たちはそれらを逆にする必要があります。私たちは、私たちの欲望が利己的なもののためであっても、何が良くて正しいかを理解し、それを実行するために自分自身を強制するために私たちの知性を使用することができます。私たちが主に従い、良い人になろうと決意してそれに固執するならば、やがて主は私たちの心の中から利己的なものを取り除いて下さり、良いものを本当に愛することができるようになります。ヤコブがマナセの上にエフライムを祝福することによって、主は霊的な旅を追求するためには知性を第一にしなければならないと教えておられます。

マナセ
'Manasseh' signifies the will of the spiritual church.


The number "two" has two different meanings in the Bible. In most cases "two" indicates a joining together or unification. This is easy to see...

三番
'Three' denotes fullness, and 'a third,' not full.


'North' signifies people who are in obscurity regarding truth. North,' in Isaiah 14:31, signifies hell. The North,' as in Jeremiah 3:12, signifies people who are...

ダン
The tribe of Dan (Jer. 8:16) signifies truth in its own ultimate degree of order, here truth in the church, which is contained in the...

ナフタリ
'Naphtali' in a supreme sense, signifies the proper power of the Lord’s divine human. In a spiritual sense, he signifies temptation and victory and a...

命じられた
命令するというのは、何かをしなければならないという命令をすることであり、個人やグループに向けられたものです。これは命令であって、暗示ではありません。 命令することは、2つの方法で行われることもあれば、2つの異なる動機から行われることもあります。それはしばしば組織の中で行われ、ビジネス、政府、軍隊などの組織の仕事をするために必要な命令を課すために使用され、正当なものである場合もありますし、家庭の中で秩序ある家庭を維持するために両親によって使用されます。しかし、権力を愛し、何らかの形で権力を手に入れたことで、利己的な満足のために自分の意志を他人に押し付けることが好きな人にも使われることがあります。 だから、一方の動機は、使用のための愛、または善のための愛であり、他方の動機は、自己の愛、または所有物のための愛である。 主は無限の愛から人類に戒めを与えられたのは、主が秩序そのものであるからであり、永遠に続く私たちの幸福は、最終的には唯一の秩序である主の創造の秩序を受け入れるかどうかにかかっていることを知っているからです。


Přeložit: