民数記 15

Studovat vnitřní smysl

← 民数記 14   民数記 16 →         

1 モーセに言われた、

2 イスラエルの人々に言いなさい、『あなたがたが、わたしの与えて住ませる地に行って、

3 に火祭をささげる時、すなわち特別の誓願の供え物、あるいは自発の供え物、あるいは祝のときの供え物として、牛またはを燔祭または犠牲としてささげ、に香ばしいかおりとするとき、

4 その供え物をにささげる者は、燔祭または犠牲と共に、小羊一頭ごとに、麦粉一エパの十分の一に、一ヒンの分の一を混ぜたものを、素祭としてささげ、ぶどう酒一ヒンの分の一を、灌祭としてささげなければならない。

5 もし、また雄羊を用いるときは、麦粉一エパの十分の二に、油一ヒンの三分の一を混ぜたものを、素祭としてささげ、

6 また、ぶどう酒一ヒンの分の一を、灌祭としてささげて、主に香ばしいかおりとしなければならない。

7 またあなたが特別の誓願の供え物、あるいは酬恩祭を、にささげる時、若い雄牛を、燔祭または犠牲とするならば、

8 麦粉一エパの十分の三に、油一ヒンの二分の一を混ぜたものを、素祭として、若い雄牛と共にささげ、

9 また、ぶどう酒一ヒンの二分の一を、灌祭としてささげなければならない。これは火祭であって、主に香ばしいかおりとするものである。

10 雄牛、あるいは雄羊、あるいは小羊、あるいは子やぎは、一頭ごとに、このようにしなければならない。

11 すなわち、あなたがたのささげる数にてらし、その数にしたがって、一頭ごとに、このようにしなければならない。

12 すべて国に生れた者が、火祭をささげて、主に香ばしいかおりとするときは、このように、これらのことを行わなければならない。

13 またあなたがたのうちに寄留している他国人、またはあなたがたのうちに、代々ながく住む者が、火祭をささげて、に香ばしいかおりとしようとする時は、あなたがたがするように、その人もしなければならない。

14 会衆たる者は、あなたがたも、あなたがたのうちに寄留している他国人も、同一の定めに従わなければならない。これは、あなたがたが代々ながく守るべき定めである。他国の人も、主の前には、あなたがたと等しくなければならない。

15 すなわち、あなたがたも、あなたがたのうちに寄留している他国人も、同一の律法、同一のおきてに従わなければならない』」。

16 主はまたモーセに言われた、

17 「イスラエルの人々に言いなさい、『わたしが導いて行く地に、あなたがたがはいって、

18 その地の食物を食べるとき、あなたがたは、ささげ物を主にささげなければならない。

19 すなわち、麦粉の初物で作った菓子を、ささげ物としなければならない。これを、打ち場からのささげ物のように、ささげなければならない。

20 あなたがたは代々その麦粉の初物で、主にささげ物をしなければならない。

21 あなたがたが、もしあやまって、がモーセに告げられたこのすべての戒めを行わず、

22 モーセによって戒めを与えられた日からこのかた、代々にわたり、あなたがたに命じられたすべての事を行わないとき、

23 すなわち、会衆が知らずに、あやまって犯した時は、全会衆は若い雄牛一頭を、燔祭としてささげ、に香ばしいかおりとし、これに素祭と灌祭とを定めのように加え、また雄やぎ一頭を、罪祭としてささげなければならない。

24 そして祭司は、イスラエルの人々の全会衆のために、のあがないをしなければならない。そうすれば、彼らはゆるされるであろう。それは過失だからである。彼らはその過失のために、その供え物として、火祭をにささげ、また祭を主の前にささげなければならない。

25 そうすれば、イスラエルの人々の全会衆はゆるされ、また彼らのうちに寄留している他国人も、ゆるされるであろう。民はみな過失を犯したからである。

26 もし人があやまって罪を犯す時は、一歳の雌やぎ一頭を罪祭としてささげなければならない。

27 そして祭司は、人があやまってを犯した時、そのあやまってを犯した人のために、主の前にのあがないをして、そのをあがなわなければならない。そうすれば、彼はゆるされるであろう。

28 イスラエルの人々のうちの、国に生れた者でも、そのうちに寄留している他国人でも、あやまって罪を犯す者には、あなたがたは同一の律法を用いなければならない。

29 しかし、国に生れた者でも、他国の人でも、故意に罪を犯す者は主を汚すもので、その人は民のうちから断たれなければならない。

30 彼は主の言葉を侮り、その戒めを破ったのであるから、必ず断たれ、その罪を負わなければならない』」。

31 イスラエルの人々が荒野におるとき、安息日にひとりの人が、たきぎを集めるのを見た。

32 そのたきぎを集めるのを見た人々は、その人をモーセとアロン、および全会衆のもとに連れてきたが、

33 どう取り扱うべきか、まだ示しを受けていなかったので、彼を閉じ込めておいた。

34 そのとき、主はモーセに言われた、「その人は必ず殺されなければならない。全会衆は宿営の外で、彼を石で撃ち殺さなければならない」。

35 そこで、全会衆は彼を宿営の外に連れ出し、彼をで撃ち殺し、モーセに命じられたようにした。

36 はまたモーセに言われた、

37 「イスラエルの人々に命じて、代々その衣服のすその四すみにふさをつけ、そのふさを青ひもで、すその四すみにつけさせなさい。

38 あなたがたが、そのふさを見て、主のもろもろの戒めを思い起して、それを行い、あなたがたが自分の心と、目の欲に従って、みだらな行いをしないためである。

39 こうして、あなたがたは、わたしのもろもろの戒めを思い起して、それを行い、あなたがたの神に聖なる者とならなければならない。わたしはあなたがたの神、であって、あなたがたの神となるために、あなたがたをエジプトの国から導き出した者である。わたしはあなたがたの神、である」。

40 わたしはあなたがたの、主であって、あなたがたのとなるために、あなたがたをエジプトの国から導き出した者である。わたしはあなたがたの、主である」。

← 民数記 14   民数記 16 →
   Studovat vnitřní smysl

Explanation of Numbers 15      

Napsal(a) Henry MacLagan

Verses 1-16. Concerning the worship of the Lord outwardly in various states of heaven and the church, namely, that it increases in fullness and intensity according to the degree in which the good of innocence increases, beginning in the inmost, descending also to the interior, and finally occupying the external man, and thus every degree of man's life.

Verses 17-21. Concerning the appropriation of good, when it is confirmed and established in the heavenly state, that then it is fully vivified from the Lord both by acknowledgement and perception.

Verses 22-31. Concerning errors through ignorance or inadvertence, and amendment in consequence, through the worship of the Lord by consecration to Him, and for the removal of the evil in order that the external man may be fully harmonized with the internal, and the whole man with the Lord.

Verses 32-36. Concerning the claiming of merit, even when man is in a prevailing state of good and truth conjoined, and the method of its removal and rejection.

Verses 37-41. And concerning the study of the Word in its literal sense in order that its particulars may be known, imbibed and practised; and in order that all merely selfish love and intelligence by which its truths are continually falsified may be removed.

Swedenborg

Hlavní výklad ze Swedenborgových prací:

Arcana Coelestia 2177, 2180


Další odkazy Swedenborga k této kapitole:

Arcana Coelestia 922, 925, 1071, 1463, 1947, 2276, 2280, ...

Apocalypse Revealed 242, 278, 316, 450, 623, 778

Doctrine of Life 2, 79

Heaven and Hell 287


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Apocalypse Explained 141, 279, 324, 365, 376, 576, 655, ...

Jiný komentář

  Příběhy:


  Biblická studia:  (see all)



Skočit na podobné biblické verše

出エジプト記 12:14, 49, 18:14, 15, 22, 20:8, 23:19, 28:43, 29:40, 30:33, 31:14

レビ記 1:2, 9, 13, 17, 2:12, 4:2, 13, 20, 22, 26, 27, 31, 35, 6:14, 7:16, 11:44, 22:18, 23:13, 17, 19, 23, 24:14

民数記 6:15, 7:13, 9:13, 28:5, 7, 13, 14, 29:6

申命記 17:12, 22:12

ヨシュア記 8:33

サムエル記上 3:14

サムエル記下 12:9

列王記上 8:41, 42, 21:13

歴代誌下 29:35

エズラ記 7:17

ネヘミヤ記 10:38

エステル記 9:27

ヨブ記 31:7

詩編 103:18

箴言 3:9

エゼキエル書 6:9, 44:30

マタイによる福音書 9:20, 23:5

使徒言行録 7:58

ローマの信徒への手紙 11:16, 12:1

フィリピの信徒への手紙 2:17

ハバクク書 2, 5:2

ペトロへの手紙二 1:15

Významy biblických slov


The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

モーセ
Moses's name appears 814 times in the Bible (KJV), third-most of any one character (Jesus at 961 actually trails David at 991). He himself wrote...

イスラエルの
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

イスラエル
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...


A flock, as in Genesis 26, denotes interior or rational good. A flock signifies those who are in spiritual good. A flock signifies natural interior...


Oil – typically olive oil – was an extremely important product in Biblical times, for food preparation, medicinal ointment and for burning in lamps. As...


The number "four" in the Bible represents things being linked together or joined. This is partly because four is two times two, and two represents...


The Writings talk about many aspects of life using the philosophical terms "end," "cause" and "effect." The "end" is someone’s goal or purpose, the ultimate...

主の
The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

命じられた
To command is to give an order that something must be done, and is directed to an individual, or a group. It is an imperative,...


In the Word three terms are used to mean bad things that are done. These three are transgression, iniquity, and sin, and they are here...

見た
The symbolic meaning of "seeing" is "understanding," which is obvious enough that it has become part of common language (think about it; you might see...


Stones in the Bible in general represent truths, or things we know concerning the Lord and what He wants from us and for us in...


主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。


Přeložit: