マタイによる福音書 6

Studie

           |

1 「見てもらおうとして,人々の前で施しをしないよう注意しなさい。そうでないと,あなた方には天におられるあなた方の父からの報いはない。

2 だから,あなたがあわれみの行為をする時には,偽善者たちが人々から栄光を受けようとして会堂や通りでするように,自分の前でらっぱを吹き鳴らしてはいけない。本当にはっきりとあなた方に告げるが,彼らは自分の報いをすでに受けている。

3 むしろ,あなたがあわれみの行為をする時には,右の手がしていることを左の手が知ることのないようにしなさい。

4 あなたのあわれみの行為がひそかになされるためだ。そうすれば,ひそかに見ておられるあなたの父が,公然とあなたに報いてくださるだろう。

5 「あなた方は祈る時,偽善者たちのようであってはならない。彼らは,人々に見られるために会堂や通りの角で立って祈ることが大好きなのだ。本当にはっきりと,あなた方に告げるが,彼らは自分の報いをすでに受けている。

6 むしろ,あなたが祈る時には,奥の部屋に入り,戸を閉めてから,ひそかな所におられるあなたの父に祈りなさい。そうすれば,ひそかに見ておられるあなたの父が,公然とあなたに報いてくださるだろう。

7 祈る時は,異邦人たちがするように無駄な繰り返しを費やしてはいけない。彼らは言葉が多ければ聞かれると思っているのだ。

8 だから,彼らのようになってはいけない。あなた方の父は,あなた方が求める前に,あなた方の必要なものを知っておられるからだ。

9 このように祈りなさい。『天におられるわたしたちの父よ,あなたのお名前が神聖なものとされますように。

10 あなたの王国が来ますよう。あなたのご意志が,天おけると同じよう地上おいてもなされますよう

11 今日,わたしたちの日ごとのパンをお与えください。

12 わたしたちの負い目をお許しください。わたしたちも自分に負い目のある人たちを許しますから。

13 わたしたちを誘惑に陥らせることなく,悪い者からお救いください。王国と力と栄光は永久にあなたのものだからです。アーメン』。

14 「あなた方が人々の罪を許すなら,あなた方の天の父もあなた方を許してくださるのだ。

15 だが,あなた方が人々の罪を許さないなら,あなた方の天の父もあなた方の罪を許してくださらないだろう。

16 「また断食する時には,偽善者たちのように陰気な顔つきをしてはいけない。彼らは,断食していることが人々に見られるようにと,その顔を見苦しくするのだ。本当にはっきりとあなた方に告げるが,彼らは自分の報いをすでに受けている。

17 むしろ,あなたが断食する時には,頭に油を塗り,顔を洗いなさい。

18 断食していることが人々にではなく,ひそかに見ておられるあなたの父に見られるためだ。そうすれば,ひそかに見ておられるあなたの父が,あなたに報いてくださるだろう。

19 「あなた方は自分のため地上を蓄えてはいけない。そこではガやさびが食い尽くし,盗人たちが押し入って盗む。

20 むしろ,あなた方は自分のために天にを積み上げなさい。そこではガやさびが食い尽くすことも,盗人たちが押し入って盗むこともない。

21 あなたののある所,そこにあなたの心もあるからだ。

22 のともし火は目だ。だから,あなた方の目が健全なら,あなた方の全身はで満ちているだろう。

23 だが,あなた方の目がよこしまなら,あなた方の全身は闇で満ちているだろう。それで,あなた方の内にある光が闇であれば,その闇はどんなに深いことか!

24 「だれも二人の主人に仕えることはできない。一方を憎んで他方を愛するか,一方に身をささげて他方をさげすむかのどちらかだからだ。あなた方は神との両方に仕えることはできない。

25 だから,あなた方に告げる。何を食べ,何を飲もうかと自分の命のことで,また何を着ようかと自分ののことで思い煩ってはいけない。命は食物より,衣服より大切ではないか。

26 空の鳥たちを見なさい。種をまいたり,刈り入れたり,倉に集め入れたりしない。あなた方の天の父がそれらを養っておられる。あなた方はそれらよりもはるかに価値のあるものではないか。

27 「あなた方のうちのだれが,思い煩ったからといって,自分の寿命一キュビトを加えられるだろうか。

28 あなた方はなぜ衣服のことで思い煩うのか。野のユリがどのよう育つかをよく考えなさい。労したり,紡いだりしない。

29 だが,あなた方に告げるが,栄光を極めたときのソロモンでさえ,それらの一つほどにも装っていなかった。

30 では,神が,今日生えていて明日かまどに投げ込まれる野の草にこのように衣服を与えておられるのであれば,あなた方にはなおのこと衣服を与えてくださらないだろうか,信仰の少ない者たちよ。

31 「だから,『何を食べようか』,『何を飲もうか』,『何を着ようか』と言って思い煩ってはいけない。

32 こうしたものすべては,異邦人たちが追い求めているものだからだ。あなた方の天の父は,あなた方がこうしたものすべてを必要としていることをご存じなのだ。

33 むしろ,神の王国と神の義を第一に求めなさい。そうすれば,こうしたものすべてもあなた方に与えられるだろう。

34 だから,明日のことで思い煩ってはいけない。明日のことは明日が思い煩うからだ。その日の悪いことだけで十分だ。

  
Scroll to see more.