マタイによる福音書 22

Study

             

1 イエスは答えて,再びたとえで彼らに話してこう言った。

2 「天の王国は,自分の息子のために婚宴を催した一人の王のようだ。

3 自分の召使いたちを遣わして,その婚宴に招いておいた者たちを呼ばせたが,彼らは来ようとしなかった。

4 彼は再びほかの召使いたちを遣わして言った,『招いておいた者たちにこう告げなさい。「見よ,わたしは夕食を整えた。わたしの牛と肥えた家畜はほふられ,何もかも整った。婚宴に来なさい!」』

5 だが,彼らは意に介さず,ある者は自分の農園に,別の者は自分の商売に出かけて行った。

6 また,残りの者たちは王の召使いたちを捕まえ,ひどい扱いをし,殺してしまった。

7 それを聞いて王は腹を立て,自分の軍隊を送り,それらの人殺したちを滅ぼし,彼らのを焼き払った。

8 「それから彼は自分の召使いたちに言った,『婚礼の用意はできているのだが,招いておいた者たちはふさわしくなかった。

9 だから,大通りの十字路に行って,あなた方が見つける者をみな婚宴に招きなさい』。

10 それらの召使いたちは大通りに出て行き,見つけた者をみな,悪人も善人も共に集めた。婚礼は客でいっぱいになった。

11 ところが,王が客を見ようとして入って来ると,そこに婚礼の衣服を着けていない者を見つけた。

12 そこで王は彼に言った,『友よ,どうして婚礼の衣服を着ないでここに入って来たのか』。彼は何も言えなかった。

13 すると王は召使いたちに言った,『彼の手足を縛って連れて行き,外の闇に投げ出せ。そこには嘆きと歯ぎしりとがあるだろう』。

14 招かれるものは多いが,選ばれる者は少ないのだ」。

15 その時,ファリサイ人たちがやって来て,どのようにして彼の言葉じりを捕らえてわなにかけようかと相談した。

16 彼らは自分たちの弟子たちをヘロデ党の者たちと一緒に彼のもとに遣わしてこう言わせた。「先生,わたしたちはあなたが正直な方で,だれに対しても真実をもって神の道を教えられることを知っています。あなたはだれをもえこひいきすることがないからです。

17 それで,わたしたちに教えてください。カエサルに税金を払うことは許されているでしょうか,許されていないでしょうか」。

18 しかし彼は,彼らの邪悪さに気づいて,こう言った。「偽善者たち,なぜあなた方はわたしを試すのか。

19 税の貨幣をわたしに見せなさい」。 彼らは彼のもとに一デナリオスを持って来た。

20 彼は彼らに言った,「これはだれの像と銘なのか」。

21 彼らは彼に言った,「カエサルのです」。 すると彼は彼らに答えた,「それなら,カエサルのものはカエサルに,神のものは神に返しなさい」。

22 これを聞いて彼らは驚嘆し,彼を残して去って行った。

23 その日,サドカイ人たちが彼のもとにやって来た。(復活などはないと言う者たちである。)彼に尋ねて

24 言った,「先生,モーセは,『もしある人が子供を残さずに死んだ場合,彼の弟がその妻をめとり,自分の兄のために子孫を起こさなければならない』と言いました。

25 さて,わたしたちのもとに七人の兄弟がいました。最初の者が妻をめとりましたが,死にました。そして子孫がいなかったので,その弟にその妻を残しました。

26 二番目も,番目も,ついには七番目まで同じようになりました。

27 みんなの最後にその女も死にました。

28 それで,復活において,彼女は七人のうちだれの妻になるのですか。みんなが彼女を妻にしたのですから」。

29 しかしイエスは彼らに答えた,「あなた方は,聖書も神の力も知らずに,思い違いをしている。

30 復活において,彼らはめとったり嫁いだりせず,天にいる神のみ使いたちのようになるからだ。

31 だが,死んだ者たちの復活について,あなた方はモーセの書の『茂み』のくだりで,神があなた方に語られたことを読んだことがないのか。こう言われた。

32 『わたしはアブラハムの神,イサクの神,ヤコブの神だ』。神は死んだ者たちの神ではなく,生きている者たちの神なのだ」。

33 群衆はこれを聞いて,彼の教えに驚いた。

34 しかしファリサイ人たちは,彼がサドカイ人たちを沈黙させたことを聞いて,共に集まった。

35 彼らのうちの一人の律法学者が,彼を試そうとして一つのことを尋ねた

36 「先生,律法の中で最大のおきてはどれですか」。

37 イエスは彼に言った,「『あなたは,心を尽くし,魂を尽くし,思いを尽くして,あなたの神なる主を愛さなければならない』。

38 これが最大で第一のおきてだ。

39 第二もこれと同様であって,こうだ。『あなたは隣人を自分自身のように愛さなければならない』。

40 律法全体と預言者たちとは,この二つのおきてにかかっている」。

41 さて,ファリサイ人たちが共に集まっているとき,イエスは彼らに一つのことを尋ねて

42 言った,「あなた方はキリストについてどう思うか。彼はだれの子か」。 彼らは彼に言った,「ダビデの子だ」。

43 彼は彼らに言った,「どうしてダビデは霊によって彼を主と呼んでいるのか。こう言っている。

44 『主はわたしの主に言われた, 「わたしの右に座っていなさい, わたしがあなたの敵たちをあなたの足台とするまで」』。

45 「ダビデが彼を主と呼んでいるのなら,どうして彼はダビデの子なのか」。

46 だれも一言も彼に答えることはできなかった。そしてこの日以降,彼にこれ以上あえて何かを尋ねる者はいなかった。

  
Scroll to see more.