マタイによる福音書 20

Study

             

1 「天の王国は,自分のブドウ園に働き人を雇うために朝早く出かけた家の主人のようだからだ。

2 働き人たちと一日一デナリオス{1デナリオスは1ローマ・アウレウスの25分の1の価値のローマ銀貨。農園労働者の1日分の一般的な賃金。}で合意すると,彼らを自分のブドウ園に送り出した。

3 {刻は日の出から日の入りまでを基準とする。それで,第3は午前9:00ごろだろう。}ごろに出て行き,ほかの者たちが市場で仕事をせずに立っているのを見て,

4 彼らに言った,『あなた方もブドウ園に行きなさい。そうすれば,正当なものを払おう』。そこで彼らは出かけて行った。

5 第六と第九{正午と午後3:00}ごろにも再び出て行き,同じようにした。

6 第十一{午後5:00}ごろに出て行くと,ほかの者たちが仕事をせずに立っているのを見つけて,彼らに言った,『なぜあなた方は仕事もしないで一日中ここに立っているのか』。

7 「彼らは彼に言った,『だれもわたしたちを雇ってくれないからです』。 「彼は彼らに言った,『あなた方もブドウ園に行きなさい。そうすれば,正当なものを受け取るだろう』。

8 夕方になった時,ブドウ園の主人は自分の管理人に言った,『働き人たちを呼んで,最後の者から始めて最初の者まで順に賃金を払いなさい』。

9 「第十一ごろ雇われた者たちが来て,それぞれ一デナリオスずつ受け取った。

10 最初の者たちが来て,もっと多く受け取るものと思ったが,彼らもやはりそれぞれ一デナリオスずつ受け取った。

11 それを受け取ると,彼らは家の主人に対して不平をもらして

12 言った,『これら最後の者たちは一時間働いただけだ。それなのに,あなたは彼らを,一日の重荷と焦げ付くような暑さに耐えたわたしたちと同じにした!』。

13 「だが,彼はその一人に答えた,『友よ,わたしはあなたに何も不正をしていない。あなたはわたしと一デナリオスで合意したではないか。

14 あなたの分を取って,帰りなさい。この最後の者にもあなたと同じように払ってやりたいのだ。

15 わたしが自分のもので自分のしたいことをするのは許されていないのか。それとも,わたしが善良なので,あなたの目はよこしまになるのか』。

16 このように,最後の者が最初に,最初の者が最後になるだろう。招かれるものは多いが,選ばれる者は少ないのだ」。

17 エルサレムに上って行く際,イエスは十二弟子をわきに連れて行き,途上で彼らに言った,

18 「見よ,わたしたちはエルサレムに上って行く。そして,人の子は祭司長たちや律法学者たちに引き渡される。彼らは彼を死に定めて

19 異邦人たちに引き渡すだろう。あざけり,むち打ち,はりつけにするためだ。そして日目に彼は起こされる」。

20 その時,ゼベダイの子らの母がその息子たちと一緒に彼のもとにやって来て,ひざまずいて何事かを彼に求めた。

21 彼は彼女に言った,「何を望むのか」。 彼女は彼に言った,「これらわたしの二人の息子が,あなたの王国で,一人はあなたの右に,一人はあなたの左に座るようお取り計らいください」。

22 しかしイエスは答えた,「あなた方は自分が何を求めているかを知っていない。あなた方は,わたしの飲もうとしている杯を飲み,わたしの受けているバプテスマを受けることができるか」。 彼らは彼に言った,「できます」。

23 彼は彼らに言った,「確かに,あなた方はわたしの杯を飲み,わたしの受けているバプテスマを受けるだろう。だが,わたしの右や左に座ることは,わたしが与えるものではなく,わたしの父によってそれが備えられている人たちのためのものだ」。

24 ほかの人はこれを聞き,二人の兄弟のことで憤慨した。

25 しかし,イエスは彼らを呼び寄せてこう言った。「あなた方が知っているとおり,異邦人たちの支配者たちは人々に対して威張り散らし,偉い人たちは人々の上に権力を行使している。

26 だが,あなた方の間ではそうであってはならない。むしろ,あなた方の間で偉くなりたいと思う者は,あなた方の召使いでなければいけない{TRは「でなければいけない」の代わりに「であるように」と読んでいる}。

27 だれでもあなた方の間で第一でありたい者は,あなた方の奴隷でなければいけない。

28 それはちょうど,人の子が,仕えてもらうためではなく,むしろ仕え,自分の命を多くの人の身代金として与えるために来たのと同じだ」。

29 彼らがエリコから出て来ると,大群衆が彼に従った。

30 見よ,道ばたに座っている二人の盲人が,イエスが通り過ぎると聞いて,叫んで言った,「主よ,わたしをあわれんでください,ダビデの子よ!」?

31 群衆は,静かにするように言って彼らをしかりつけたが,彼らはますます叫んで言った,「主よ,わたしをあわれんでください,ダビデの子よ!」

32 イエスは立ち止まって彼らを呼び,「何をして欲しいのか」と尋ねた。

33 彼らは彼に言った,「主よ,わたしたちの目が開くことです」。

34 イエスは哀れみに動かされて,彼らの目に触った。すると,すぐに彼らの目は見えるようになった。そして彼らはイエスに従った。

  
Scroll to see more.