マタイによる福音書 12

Study

             

1 そのころ,イエスは安息日に穀物畑を通った。彼の弟子たちは空腹だったので,穀物の穂を摘んで食べ始めた。

2 しかし,ファリサイ人たちがこれを見て,彼に言った,「見よ,あなたの弟子たちは安息日に行なうことが許されていないことをしている」。

3 しかし,彼は彼らに言った,「ダビデが,自分も共にいた者たちも空腹だったときに何をしたか,あなた方は読んだことがないのか。

4 彼がどのようにして神の家に入り,祭司たちのほかは自分も共にいた者たちも食べることが許されていない供えのパンを食べたかを。

5 あるいは,安息日に神殿の祭司たちが安息日を犯しても罪にならないことを,律法で読んだことがないのか。

6 ところが,あなた方に言うが,神殿よりも偉大な者がここにいるのだ。

7 だが,『わたしはあわれみを望み,犠牲を望まない』とはどういう意味かを知っていたなら,あなた方は罪のない者たちを罪に定めたりはしなかっただろう。

8 人の子は安息日の主なのだ」。

9 彼はそこを去って,彼らの会堂に入った。

10 すると見よ,片手のなえた人がそこにいた。彼らはイエスを訴えようとして,「安息日にいやすことは許されているのか」と尋ねた

11 彼は彼らに言った,「あなた方のうちのだれが,一匹の羊を持っていて,それが安息日に穴に落ちたなら,それをつかんで引き上げないだろうか。

12 それなら,人は羊よりもどれほど価値があるだろう!?だから,安息日に善を行なうことは許されているのだ」。

13 それから,「あなたの手を伸ばしなさい」とその人に言った。手を伸ばすと,その手はもう一方の手と同じようによくなった。

14 しかしファリサイ人たちは出て行き,どのようにして彼を滅ぼそうかと,彼に対する陰謀を企てた。

15 それに気づいて,イエスはそこから退いた。大群衆が彼に従った。そこで彼は彼らすべてをいやした。

16 そして,自分を知らせないようにと,彼らに命じた。

17 それは預言者イザヤを通して語られたことが果たされるためであった。こう言われていた。

18 「見よ,わたしが選んだわたしの召使い, わたしの魂を喜ばせるわたしの愛する者。 わたしは自分の霊を彼の上置く。 彼は異邦人たち公正を宣明するだろう。

19 彼は争わず,叫ばず, 通りでその声を聞く者もいない。

20 彼は傷つけられたアシを砕かない。 彼はくすぶる亜麻の灯心を消さない, 公正を勝利に導くまでは。

21 異邦人たちは彼の名に望みをかけるだろう」。

22 それから,悪霊に取りつかれており,目が見えず口のきけない人が彼のもとに連れて来られたので,彼はその人をいやした。そのため,目が見えず口のきけない人はものを言い,見えるようになった。

23 群衆は皆びっくりして,「この人がダビデの子ではないだろうか」と言った。

24 しかし,これを聞いてファリサイ人たちは言った,「この男が悪霊たちを追い出すのは,悪霊たちの首領ベエルゼブルによる以外にはない」。

25 彼らの考えに気づいて,イエスは彼らに言った,「自らに敵対して分裂する王国はみな荒廃に至り,自らに敵対して分裂するや家はみな立ち行かないだろう。

26 もしサタンサタンを追い出すなら,彼は自らに敵対して分裂している。ではどうしてその王国は立ち行くだろうか。

27 わたしがベエルゼブルによって悪霊たちを追い出しているのなら,あなた方の子らはだれによってそれらを追い出しているのか。それで,彼らがあなた方を裁く者になるだろう。

28 だが,わたしが神の霊よって悪霊たちを追い出しているのなら,神の王国はすであなた方の上来ているのだ。

29 また,まず強い者を縛ってからでなければ,どうして強い者の家に押し入ってその家財を略奪することができるだろうか。縛ってから,その家を略奪するだろう。

30 「わたしと共にいない者はわたしに敵対しているのであり,わたしと共に集めない者は散らしているのだ。

31 だから,あなた方に言う,人はあらゆる罪や冒とくを許されるが,霊に対する冒とくは許されないだろう。

32 だれでも人の子に逆らう言葉をる者は許されるだろう。だが,だれでも聖霊に逆らう言葉をる者は,この世でも,来たるべき世でも,許されないだろう。

33 「木を良いとしてその実を良いとするか,木を腐ったものとしてその実を腐ったものとするかのどちらかにしなさい。木はその実によって見分けられるからだ。

34 マムシらの子孫よ,あなた方は悪い者でありながら,どうして良いことを語れるだろうか。心に満ちあふれているものの中から,口は語るからだ。

35 善い者は自分の良いの中から良いものを取り出し,悪い者は自分の{TRは「心の」を加えている}悪いの中から悪いものを取り出す。

36 あなた方に言うが,人々のるすべての無益な言葉,それについて人々は裁きの日に言い開きをすることになる。

37 あなたは自分の言葉によって義とされ,また自分の言葉によって罪に定められるからだ」。

38 すると,律法学者たちとファリサイ人たちのある者たちが尋ねた,「先生,わたしたちはあなたからのしるしを見たいのですが」。

39 しかし彼は彼らに答えた,「悪い姦淫《かんいん》の世代はしるしを求めるが,預言者ヨナのしるしのほかには何のしるしも与えられないだろう。

40 ヨナが大魚の腹の中に晩いたように,人の子も地の心に晩いることになるのだ。

41 ニネベの人々は裁きの際にこの世代と共に立ち上がり,この世代を罪に定めるだろう。彼らはヨナの宣教することを聞いて悔い改めたからだ。そして見よ,ヨナよりも偉大な者がここにいる。

42 南の女王は裁きの際にこの世代と共に立ち上がり,この世代を罪に定めるだろう。彼女はソロモンの知恵を聞くために地の果てからやって来たからだ。そして見よ,ソロモンよりも偉大な者がここにいる。

43 また,汚れた霊は,人から出て来ると,休み場を求めて水のない場所を通るが,見つからない。

44 そこで,『出て来た自分の家に戻ろう』と言う。そして帰って来ると,そこが空いていて,掃き清められており,きちんと片づけられているのを見つける。

45 そこで,出て行って,自分より悪いほかの七つの霊を共に連れて来る。そして彼らは中に入ってそこに住みつく。その人の最後の状態は,最初よりも悪くなる。この悪い世代もそのようになるだろう」。

46 彼がまだ群衆に話している間に,見よ,彼の母と兄弟たちが外に立って,彼に話をしようとした。

47 ある人が彼に言った,「ご覧なさい,あなたのお母さんと兄弟たちが外に立って,あなたに話をしようとしています」。

48 しかし彼は,自分に知らせた人に答えた,「わたしの母とはだれか。わたしの兄弟たちとはだれか」。

49 自分の弟子たちのほうに手を差し伸べて言った,「見よ,わたしの母とわたしの兄弟たちだ!?

50 だれでも天におられるわたしの父のご意志を行なう者,その者がわたしの兄弟,また姉妹,また母なのだ」。

  
Scroll to see more.