マルコによる福音書 6

Japanese Bible

Studovat vnitřní smysl

← マルコによる福音書 5   マルコによる福音書 7 →

1 そこから出発して,彼は自分の故郷に入った。弟子たちも彼に従った。

2 安息日になると,彼は会堂で教え始めた。耳を傾けた大勢の人は驚いてこう言った。「この人はこうした事柄をどこから得たのだろう」。また,「この人に与えられた知恵はいったい何だ。このような強力な業が彼の手によって生じるのはどうしたことだ。

3 この人は大工ではないか。マリアの息子で,ヤコブ,ヨセ,ユダ,シモンの兄弟ではないか。その姉妹たちは我々と共にここにいるではないか」。人々は彼のために不快になった。

4 イエスは彼らに言った,「預言者は,自分の故郷や親族の間また自分の家以外では,敬われないことはない」。

5 その場所では一つも強力な業を行なうことができず,ただ少数の病気の人たちの上に手を置いていやしただけであった。

6 彼は彼らの不信仰のために驚き怪しんだ。 彼は村々を巡回して教えた。

7 十二人を呼び寄せて,彼らを二人ずつ遣わし始め,彼らに汚れた霊たちに対する権威を与えた。

8 彼らに,旅のためにつえ一本のほかは何も持って行かないようにと命じた。すなわち,パンも,袋も,財布の中のお金も持たず,

9 ただサンダルを履くだけで,二枚の上着を身に着けないようにと命じた。

10 彼らに言った, 「どこでも家に入ったなら,そこから出発するまではそこにとどまりなさい。

11 だれかがあなた方を受け入れず,あなた方の言うことに耳を傾けないなら,そこから出発する時に,彼らに対する証言のため,足の裏のちりを払い落としなさい。はっきりとあなた方に告げる。裁きの日には,ソドムとゴモラのほうがその町よりは耐えやすいだろう」。

12 彼らは出て行って,人々が悔い改めるために宣教した。

13 彼らは多くの悪霊を追い出し,大勢の病気の人に油を塗って,その者たちををいやした。

14 ヘロデ王がこのことを聞いた。イエスの名前が広く知られるようになっていたからである。それで彼は言った,「バプテスマを施す人ヨハネが死んだ者たちの中から生き返ったので,こうした力が彼の内に働いているのだ」。

15 しかし他の者たちは,「この人はエリヤだ」と言った。他の者たちは,「預言者たちの一人のような預言者だ」と言った。

16 しかしヘロデはこのことを聞いて言った,「これは,わたしが首をはねたヨハネだ。彼は死んだ者たちの中から生き返ったのだ」。

17 というのは,ヘロデ自身が,自分の兄弟フィリポの妻ヘロディアのために,人を遣わして,ヨハネを逮捕し,ろうやにつないだからであった。それは,彼が彼女と結婚していたからである。

18 ヨハネはヘロデに,「あなたが自分の兄弟の妻を有しているのは,許されることではない」と言ったのである。

19 ヘロディアは彼に敵対し,彼を殺すことを望んだが,できなかった。

20 それはヘロデが,ヨハネが正しい聖なる人であることを知っていて,彼を恐れ,保護したからである。彼の言うことに耳を傾ける時,ヘロデは多くの事をしていたが,喜んで彼の言うことに耳を傾けていた。

21 すると,都合の良い日がやって来た。ヘロデが自分の誕生日に,自分の高官たちや将校たちやガリラヤの主立った人たちのために夕食を用意した。

22 ほかでもないヘロディアの娘が入って来て,踊り,ヘロデや彼と共に座っていた者たちを喜ばせた。王は乙女に言った,「何でも欲しいものを求めなさい。わたしはそれをお前に与えよう」。

23 彼女に誓った,「お前がわたしに求めるものは何でも,わたしの王国の半分まででも,わたしはお前に与えよう」。

24 彼女は出て行って,自分の母に言った,「わたしは何を求めましょうか」。 母は言った,「バプテスマを施す人ヨハネの首を」。

25 彼女はすぐに急いで王のところに入って,こう求めた。「今すぐに,バプテスマを施す人ヨハネの首を大皿に載せて,わたしに与えてくださいますように」。

26 王は非常に残念に思ったが,自分の誓い,また祝宴の招待客のゆえに,彼女の言うことを拒もうとは思わなかった。

27 すぐに王は自分の護衛兵を遣わして,ヨハネの首を持って来るように命じた。そこで護衛兵は出て行き,ろうやで彼の首をはねた。

28 そして,大皿に彼の首を載せて持って来て,それを乙女に与え,乙女はそれを自分の母に渡した。

29 ヨハネの弟子たちはこのことを聞くと,やって来て彼の死体を引き取り,それを墓の中に横たえた。

30 使徒たちはイエスのもとに集まり合った。そして彼に,自分たちが行ない,また教えた事柄をすべて告げた。

31 彼は彼らに言った,「あなた方だけで寂しい場所に行き,しばらく休息しなさい」。というのは,出入りする者が多く,食事をとる暇もなかったからである。

32 彼らは舟に乗って,自分たちだけで寂しい場所へ出発した。

33 人々{TRは「人々」の代わりに「群衆」と読んでいる}は彼らが去って行くのを目にし,大勢の人がそれと分かったので,すべての町からそこへ徒歩で駆けつけた。人々は彼らより先に着き,いっせいに彼のもとに来た。

34 イエスは出て来て,大群衆を目にし,彼らが羊飼いのいない羊のようだったので,彼らに対して哀れみを抱き,彼らに多くの事柄を教え始めた。

35 時刻も遅くなった時,弟子たちが彼のもとに来て,こう言った。「ここは寂しい場所ですし,時刻も遅くなっています。

36 彼らを去らせて,彼らが周りの里や村々に入り,自分たちでパンを買うようにさせてください。彼らには食べ物が何もないからです」。

37 しかし彼は彼らに答えた,「あなた方が彼らに食べ物を与えなさい」。 彼らは彼に尋ねた,「わたしたちが出かけて行って,二百デナリ{200デナリは農業労務者のおよそ7ないし8か月分の賃金。}分のパンを買い,彼らに食べ物を与えるのですか」。

38 彼は彼らに言った,「あなた方はパンを幾つ持っているのか。行って見て来なさい」。 彼らは確かめて来て,言った,「五つです。それに魚が二匹」。

39 彼は彼らに,みんなを組にして青草の上に座らせるように命じた。

40 人々は,五十人ずつ,また百人ずつまとまって座った。

41 彼は五つのパンと二匹の魚を取り,天を見上げ,祝福してからパンを裂き,弟子たちに渡して人々の前に置かせた。また,二匹の魚をみんなの間で分けた。

42 みんなは食べて満ち足りた。

43 彼らはパン切れや魚を,十二のかごいっぱいに拾い集めた。

44 パンを食べたのは{TRは「およそ」を加えている}五千人の男たちであった。

45 すぐに彼は,弟子たちを舟に乗り込ませ,向こう岸のベツサイダへ先に行かせ,その間に自分は群衆を去らせた。

46 人々に別れを告げてから,祈るために山へ上った。

47 夕方になった時,舟は海の真ん中にあり,彼はひとりで陸にいた。

48 風が彼らに逆らっているために,彼らがこぎ悩んでいるのを見ると,夜の第四時ごろ,海の上を歩いて彼らに近づき,そのそばを通り過ぎようとした。

49 しかし彼らは,彼が海の上を歩いているのを見て,幽霊だと思い,叫び声を上げた。

50 というのは,みんなが彼を目にして,動転したからである。しかし,彼はすぐに彼らに語りかけ,彼らに言った,「しっかりしなさい。これはわたしだ!{字義,「わたしはある!」}?恐れることはない」。

51 彼が彼らと共に舟に乗り込むと,風はやんだ。それで彼らは互いに非常に驚き,また不思議に思った。

52 それは,彼らがパンの出来事について理解しておらず,その心がかたくなだったからである。

53 彼らは海を渡り,ゲネサレトの地に着き,岸に舟をつないだ。

54 彼らが舟から出て来ると,すぐに人々は彼だと分かった。

55 そして人々は,その地方全体を走り回り,病気の人たちを寝台に載せて,彼がいると聞いた所へ運び始めた。

56 村でも町でも里でも,彼が入った所ではどこでも,人々は病気の者たちを市場に横たえ,その者たちにその衣の房べりにでも触らせてもらえるよう,彼に懇願した。そして彼に触った者は皆良くなった。

← マルコによる福音書 5   マルコによる福音書 7 →
Studovat vnitřní smysl

Komentář k této kapitole:

Příběhy:

Vysvětlení nebo odkazy ze Swedenborgových prací:

Arcana Coelestia 1748, 2220, 2708, 4677, 5291, 5405, 7418 ...

Apocalypse Revealed 79, 173, 502, 779, 788

神の摂理についての天使的知恵の書 114

The Lord 15, 18

Life 15, 18

Ukázat odkazy z nepublikovaných děl Swedenborga




Přeložit:
Sdílet: