ルカによる福音書 9

Study

             

1 彼は十二人{TRは「十二人」の代わり「彼の十二人の弟子たち」と読んでいる}を呼び集め,彼らすべての悪霊たち対する,またさまざまな疾患を治すためのと権威を与えた。

2 神の王国を宣教し,病気をいやすために彼らを遣わした。

3 彼らに言った,「旅のために何も持って行かないように。つえも,袋も,パンも,お金も,それぞれ二枚の上着も持ってはいけない。

4 どこでも家に入ったなら,そこにとどまり,そこから出発しなさい。

5 人々があなた方を受け入れないなら,そのから出発する時に,彼らに対する証言のため,あなた方の両足からそのちりさえも払い落としなさい」。

6 彼らは去って行き,至る所で福音を宣教し,病気をいやしながら,村から村を巡って行った。

7 さて,領主ヘロデは,イエスによってなされたすべてのことを聞いて,ひどく当惑していた。というのは,ある人々はヨハネが死んだ者たちの中から生き返ったと言っており,

8 またある人々はエリヤが表われたと言い,さらに別の人々は昔の預言者たちの一人が生き返ったと言っていたからである。

9 ヘロデは言った,「ヨハネならわたしが首をはねた。だが,わたしがこうしたうわさを聞くこの者はだれなのだろう」。彼はイエスを見たいと思った。

10 使徒たちは戻って来ると,自分たちが行なったことをイエスに告げた。 彼は彼らを連れて,ベツサイダと呼ばれるの寂しい場所へ自分たちだけで引きこもった。

11 しかし群衆はそれに気づき,彼に従った。彼は彼らを喜んで迎え,神の王国について彼らに語り,いやしを必要としていた者たちを治した。

12 日が傾き始めたので,十二人がやって来て彼に言った,「群衆を去らせて,彼らが周りの村や農園に行って,宿を取り,食べ物を得るようにさせてください。わたしたちはこんな寂しい場所にいるのですから」。

13 しかし彼は彼らに答えた,「あなた方が彼らに食べ物を与えなさい」。 彼らは言った,「わたしたちには五つのパンと二匹のしかありません。わたしたちが行って,この人々すべてのために食べ物を買わない限りは」。

14 いうのは,およそ五千人の男たちがいたからである。 彼は弟子たちに言った,「彼らを五十人ぐらいずつ組にして座らせなさい」。

15 彼らはそのようにし,みんなを座らせた。

16 彼は五つのパンと二匹のを取り,天を見上げ,祝福してからパンを裂き,弟子たちに渡して群衆の前に置かせた。

17 みんなは食べて満ち足りた。彼らは残ったパン切れを十二のかごに集めた。

18 彼がひとりで祈っていたとき,弟子たちが共にいた。そして彼は彼らに尋ねた,「群衆はわたしをだれだと言っているか」。

19 彼らは答えた,「『バプテスマを施す人ヨハネ』,またほかの者たちは『エリヤ』と言い,さらにほかの者たちは,昔の預言者たちの一人が生き返ったのだと言っています」。

20 彼は彼らに言った,「だが,あなた方はわたしをだれだと言うのか」。 ペトロが答えた,「神のキリストです」。

21 しかし彼は彼らを戒め,このことをだれにも告げないようにと命じて,

22 こう言った。「人の子は多くの苦しみを受け,長老たちや祭司長たちや律法学者たちから退けられ,かつ殺され,そして日後に生き返らなければならない」。

23 彼は皆に言った,「だれでもわたしに付いて来たいと望むなら,その人は自分を否定し,{TR,NUは「日々」を加えている}自分の十字架を取り上げて,わたしに従いなさい。

24 自分の命を救いたいと望む者はそれを失うことになり,わたしのために自分の命を失う者はそれを救うことになるからだ。

25 人が全世界を手に入れても,それによって自分自身を失ったり,奪われたりするなら,何の益になるだろうか。

26 わたしとわたしの言葉をじる者は,人の子もまた,自分の栄光,また父と聖なるみ使いたちとの栄光のうちに来るとき,その者をじるだろう。

27 だが,真実にあなた方に告げる。ここに立っている者の中には,神の王国見るまでは決して死をわわない者たちがいる」。

28 これらの話の八日後,彼はペトロとヨハネとヤコブを伴い,祈るために山に上った。

29 彼が祈っていると,顔の様子が変えられ,衣服は白く目もくらむほどになった。

30 見よ,二人の人がイエスと語り合っていたが,それはエリヤとモーセであった。

31 栄光のうちに現われて,彼がエルサレムで遂げることになる出発{字義,「出ること」(「出エジプト」を意味する語でもある)}について話していたのである。

32 ペトロおよび彼と共にいた者たちはひどく眠かったが,すっかり目を覚ますと,彼の栄光と,彼と共に立っている二人の人を目にした。

33 二人が彼から去って行くとき,ペトロがイエスに言った,「師よ,わたしたちがここにいるのは良いことです。幕屋をつ作りましょう。一つはあなたのため,一つはモーセのため,一つはエリヤのためです」。彼は自分が何を言っているのか分からなかった。

34 彼がこれらのことを言っているうちに,雲が起こって彼らを影で覆った。雲の中に入ったとき,彼らは恐れた。

35 その雲から声がして言った,「これはわたしの愛する子である。この者に聞き従いなさい!」?

36 この声がした時には,イエスだけがそこにいるのが分かった。彼らは沈黙を守り,目にした事柄をその当時はだれにも告げなかった。

37 次の日,彼らが山から下りて来ると,大群衆が彼を迎えた。

38 見よ,群衆の中の一人の男が叫んで言った,「先生,お願いですから,わたしの息子を見てやってください。わたしのひとり息子なのです。

39 ご覧ください,霊が取りつくと,彼は突然に叫び出すのです。そしてそれは彼にあわを吹かせながらけいれんさせ,なかなか離れないで,彼をひどく傷つけるのです。

40 わたしは,あなたの弟子たちにそれを追い出してくれるよう願いましたが,彼らにはできませんでした」。

41 イエスは答えた,「信仰のないねじ曲がった世代よ,いつまでわたしはあなた方と一緒にいて,あなた方のことを我慢しようか。あなたの息子をここに連れて来なさい」。

42 その子がやって来る間,その悪霊は彼を投げ倒し,激しくけいれんさせた。しかしイエスはその汚れた霊をしかりつけ,その少年をいやし,彼をその父親に返した。

43 みんなは神の尊厳に驚いた。 しかし,みんながイエスの行なったすべてのことに驚嘆している間に,彼は弟子たちに言った,

44 「これらの言葉をあなた方の耳にしまっておきなさい。すなわち,人の子は人々の手に引き渡されるだろう」。

45 しかし彼らはこの言葉を理解しなかった。彼らがそれを理解することがないように,それは彼らから隠されていた。また,彼らはこの言葉について彼に尋ねるのを恐れていた。

46 彼らの間で,自分たちのうちでだれが一番偉いかという論争が生じた。

47 イエスは彼らの心の思いに気づき,幼子を連れて来て,自分のわきに立たせて,

48 彼らに言った,「わたしの名のゆえにこのような幼子の一人を受け入れる者は,わたしを受け入れるのだ。わたしを受け入れる者は,わたしを遣わした方を受け入れるのだ。あなた方全員のうちで最も小さい者こそ偉いなのだ」。

49 ヨハネが答えた,「師よ,わたしたちは,ある人があなたの名において悪霊たちを追い出しているのを見ました。それでわたしたちは,彼がわたしたちに従っていないので,彼をとどめました」。

50 イエスは彼に言った,「彼をとどめてはいけない。わたしたちに逆らわない者は,わたしたちの味方なのだ」。

51 イエスが上げられる日々が近づくと,彼はエルサレムに行くことに顔を一心に据えた。

52 そして自分の面前に使者を遣わした。彼らは出て行き,彼のために準備をしようと,サマリア人の村に入った

53 彼らは彼を受け入れなかった。彼が顔をエルサレムに向けて旅行していたからである。

54 それを見て,弟子たちのヤコブとヨハネは言った,「主よ,エリヤがしたとおり,天から火が下って彼らを滅ぼすよう,わたしたちが命じることをお望みですか」。

55 しかし彼は振り返って彼らをしかりつけた。「あなた方は自分たちがどんな性質なのか分かっていない。

56 人の子は人々の命を滅ぼすために来たのではなく,それらを救うために来たのだ」。 彼らは別の村に向かった。

57 彼らが進んで行くと,ある人が彼に言った,「あなたの行かれる所なら,どこへでも従って行きたいと思います,主よ」。

58 イエスは彼に言った,「キツネたちには穴があり,空の鳥たちには巣がある。だが,人の子には頭を横たえる所がない」。

59 彼は別の者に言った,「わたしに従いなさい!」 しかし彼は言った,「主よ,まず,行ってわたしの父を葬ることをお許しください」。

60 しかしイエスは彼に言った,「死んだ者たちに自分たちの死者を葬らせなさい。だが,あなたは行って神の王国を知らせなさい」。

61 さらに別の者が言った,「わたしはあなたに従いたいと思います,主よ。ですが,まず,わたしの家の者たちに別れを告げることをお許しください」。

62 しかしイエスは彼に言った,「手をすきにかけてから後ろを見る者は,だれも神の王国にふさわしくない」。