ルカによる福音書 8

Study

             

1 その後間もなく,彼は々や村々を通って行きながら,宣教し,神の王国の良いたよりを伝えた。彼と共にいたのは十二人,

2 また,悪い霊たちと病弱さからいやされた何人かの女たちであった。すなわち,七つの悪霊たちが出て行った,マグダレネと呼ばれるマリア,

3 そしてヘロデの管理人クーザスの妻ヨハンナ,スサンナ,そのほか大勢の女たちである。彼女たちは,自分たちの財産をもって彼ら{TRは「彼ら」の代わりに「彼」と読んでいる}に仕えていた。

4 群衆が集まって来て,人々があらゆるから彼のもとに来ていた時,彼はたとえを用いて話した

5 「ある耕作人が種をまきに出かけた。種をまいているときのこと,あるものは道ばたに落ち,空の鳥たちがやって来て,それをむさぼり食ってしまった。

6 別の種は岩の上落ちた。そして,すぐ生え出たが,水分がないため枯れ果ててしまった。

7 別の種はイバラの真ん中落ち,イバラが生え出てそれをふさいでしまった。

8 別の種は良い土落ち,成長して,百倍の実を生み出した」。 これらのことを言いながら,彼は叫んだ,「だれでも聞く耳のある者は聞きなさい!」

9 弟子たちは彼に尋ねた,「このたとえはどんな意味なのですか」。

10 彼は言った,「あなた方には神の王国の秘密を知ることが与えられているが,残りの者たちにはたとえで与えられる。それは,『彼らが見るには見るが分からず,聞くには聞くが理解しない』ためだ。

11 さて,このたとえはこういうことだ。種は神の言葉だ。

12 道ばたのものは,み言葉を聞く人たちだが,そののち悪魔がやって来て,彼らの心からみ言葉を取り去るのだ。

13 岩の上のものは,こういう人たちのことだ。み言葉を聞くと,喜んですぐ受け入れる。だが,根がないので,しばらくは信じても,誘惑の時は離れてしまう。

14 イバラの間に落ちたものは,み言葉を聞いた人たちだが,思い煩いや,や,人生の快楽でふさがれてしまい,実が熟さない。

15 良い土のものとは,誠実な良い心でみ言葉を聞き,それを堅く守り,忍耐して実を生み出す人たちだ。

16 「ともし火をともしてから,それを器で覆い隠したり,寝台の下に置く者はいない。むしろ,入って来る者たちが見えるよう,それを燭《しょく》台の上置く。

17 隠されているもので,明らかにされないものはなく,秘密にされているもので,知られず,明るみに出ないものはないからだ。

18 それで,自分がどのように聞いているかに注意しなさい。持っている者にはさらに与えられ,持っていない者からは,自分では持っていると思うものまでも取り去られることになるからだ」。

19 彼の母と兄弟たちが彼のもとにやって来たが,群衆のせいでそばに行けなかった。

20 そこで彼に,「あなたのお母さんと兄弟たちが外に立っていて,あなたに会うことを望んでいます」という知らせがあった。

21 しかし彼は彼らに答えた,「わたしの母,またわたしの兄弟たちとは,神の言葉を聞いて,それを行なうこれらの人たちのことだ」。

22 ある日のこと,彼は弟子たちと共に舟に乗り込み,彼らに言った,「の向こう岸に渡ろう」。そこで彼らは出航した。

23 しかし,彼らがこいでいる間に,彼は眠りに落ちた。風あらしがに吹き下ろして,彼らはびたしになり,危険な状態になった。

24 彼らは彼のもとに来て,彼を起こして言った,「師よ,師よ,わたしたちは死んでしまいます!」?彼は起き上がり,風と荒れ狂うとをしかりつけた。するとそれらはやみ,なぎになった。

25 彼は彼らに言った,「あなた方の信仰はどこにあるのか」。彼らは恐れ驚いて,互いに言い合った,「いったいこの方はどなただろう。風やさえも,この方が命じると従うとは」。

26 彼らは,ガリラヤの向かい側にあるゲラサ人たちの地方に着いた。

27 イエスが岸降り立つと,長い間悪霊たち取りつかれている一人の男がから出て来て彼出会った。彼は服を着ておらず,家住まず墓場いた。

28 イエスを見ると,叫び声を上げて彼の前にひれ伏し,大声で言った,「いと高き神の子イエスよ,わたしはあなたと何のかかわりがあるのか。あなたにお願いする,わたしを苦しめないでくれ!」?

29 というのは,イエスは汚れた霊に,その人から出て行くように命じたからである。汚れた霊はたびたび彼に取りついていたのである。彼は監視の下に置かれ,足かせや鎖で縛られた。だが,かせはばらばらに壊され,彼は悪霊によって寂しい所に追いやられるのであった。

30 イエスは彼に尋ねた,「あなたの名前は何か」。 彼は言った,「レギオンだ」。多くの悪霊たちが彼の中に入っていたからである。

31 彼らはイエスに,自分たちを底なしの深みに行けとは命じないように懇願した。

32 ところで,その山ではたくさんのの群れが飼われていた。そこで彼らは,それらの中に入ることを認めてくれるように懇願した。彼は彼らに認めた。

33 汚れた霊たちはその人から出て来てたちの中に入った。それでその群れは,険しい土手を下ってに突進し,おぼれ死んだ。

34 それらを飼っていた者たちは,起きたことを見ると,逃げて行き,そのとその地方でそのことを知らせた。

35 人々は起きたことを見ようと出て来た。イエスのもとに来て,悪霊たちが出て行った男がイエスの足もとに座り,服を着て,正気でいるのを見つけた。それで彼らは恐れた。

36 また,それを見ていた者たちは,悪霊たちに取りつかれていた人がどのようにしていやされたかを彼らに告げた。

37 周囲のゲラサ人たちの地方から来たすべての人々は,自分たちのもとから去るようにとイエスに求めた。非常に恐れていたからである。彼は舟に乗って戻って行った。

38 しかし悪霊たちが出て行ったその人は,一緒に行かせてくれるようイエスに懇願した。しかしイエスはこう言って彼を去らせた。

39 「あなたの家に帰り,神があなたのためにどんな大きな事柄をしてくださったかを知らせなさい」。彼は立ち去り,イエスが彼のためにどんな大きな事柄を行なったかを全体で宣明した。

40 イエスが戻ると,群衆は彼を喜んで迎えた。みんなが彼を待っていたからである。

41 見よ,ヤイロスという名の者がやって来たが,この者は会堂長であった。イエスの足もとにひれ伏し,自分の家に入ってくれるよう懇願した。

42 というのは,彼には十二歳のひとり娘がいたが,その娘が死にかけていたのである。しかしイエスが進んで行くと,群衆が彼に押し迫った。

43 十二年間も血の流出をわずらっている女がいた。さまざまな医者のために全財産を使い果たしたが,だれにも直してもらえなかった。

44 この女が彼の後ろに近づき,その衣の房べりに触った。すると,すぐに彼女の血の流出は止まった。

45 イエスは言った,「わたしに触ったのはだれか」。 みんながそれを否定していると,ペトロや彼と共にいた者たちが言った,「師よ,群衆があなたに迫って押しているのに,『だれが触ったか』と言われるのですか」。

46 しかしイエスは言った,「だれかがわたしに触ったのだ。力が自分から出て行くのが分かったのだ」。

47 女は隠れられないのを見ると,おののきながらやって来て,彼の前にひれ伏し,すべての民の面前で,彼に触った理由と,自分がどのようにしてすぐにいやされたかを知らせた。

48 彼は彼女に言った,「娘よ,元気を出しなさい。あなたの信仰があなたをよくならせた。平安のうちに行きなさい」。

49 彼がまだ話しているうちに,会堂長の家からある人が来て,会堂長に言った,「あなたの娘さんは亡くなりました。先生を煩わすには及びません」。

50 しかし,イエスはそれを聞いて,会堂長に答えた,「恐れることはない。ただ信じなさい。そうすれば彼女はいやされる」。

51 その家にやって来ると,ペトロとヨハネとヤコブ,そして子供の父と母のほかは,だれも中に入ることを許さなかった。

52 みんなが泣いたり,彼女のために嘆いたりしていた。しかし彼は言った,「泣かなくてもよい。彼女は死んだのではなく,眠っているのだ」。

53 人々は,彼女が死んでいるのを知っていたので,彼をばかにした。

54 しかし彼は,みんなを外に出し,彼女の手を取って,「子供よ,起きなさい!」と呼びかけた。

55 彼女の霊は戻り,彼女はすぐに起き上がった。彼は,彼女に何か食べる物を与えるようにと命じた。

56 彼女の両はびっくりした。しかし彼は,起きたことをだれにも告げないよう彼らに命じた。