ルカによる福音書 5

Study

             

1 さて,群衆が彼に押し迫って,神の言葉を聞いていたときのこと,彼はゲネサレトのほとりに立っていた。

2 のほとりに二そうの舟があるのを目にしたが,漁師たちはそれらの舟から下りて,自分たちの網を洗っていた。

3 そのうちの一そうのシモンの舟に乗り込み,彼に陸から少しこぎ出すように頼んだ。腰を下ろして,舟から群衆を教えた。

4 語り終えると,シモンに言った,「深いところにこぎ出して,漁のためにあなた方の網を下ろしなさい」。

5 シモンは彼に言った,「師よ,わたしたちは夜通し働いても,何も取れませんでした。でも,あなたのお言葉ですから,網を下ろしてみます」。

6 それを行なうと,彼らはの大群を捕らえ,彼らの網は裂け始めた。

7 彼らはほかの舟にいる仲間たちに,やって来て自分たちを手助けするようにと合図を送った。彼らが来て,両方の舟をいっぱいにしたので,それらは沈み始めた。

8 それで,シモン・ペトロはこれを見て,イエスのひざもとにひれ伏し,言った,「わたしからお離れください。わたしは罪深い男なのです,主よ」。

9 というのは,自分たちが捕ったの多さに,彼も,彼と共にいたすべての者も,びっくりしたからである。

10 また,シモンの仲間であったゼベダイの息子たち,すなわちヤコブとヨハネも同じようであった。 イエスはシモンに言った,「恐れてはいけない。今からのち,あなたは人々を生け捕るだろう」。

11 彼らは自分たちの舟を陸着けると,すべてを残して彼従った。

12 彼があるいた間のこと,見よ,全身らい病の男がいた。イエスを見ると,顔を地伏せて,彼懇願して言った,「主よ,あなたは,もしそうお望みなれば,わたしを清くすることがおできなります」。

13 イエスは手を伸ばして彼に触り,こう言った,「わたしはそう望む。清くなりなさい」。 すぐにらい病は彼から去った。

14 イエスは彼に,だれにも言わないように命じた。 「ただ行って,自分の体を祭司に見せ,あなたの清めのためにモーセの命じたとおりにささげ物をしなさい。人々への証明のためだ」。

15 しかし,彼についての知らせはますます広まって行き,話を聞くため,また自分たちの病弱さを彼にいやしてもらうために,大群衆がやって来た。

16 しかし,彼は寂しい所に引きこもり,祈っていた。

17 ある日,彼が教えていると,ファリサイ人たちと律法の教師たちとがそこに座っていた。ガリラヤとユダヤとのあらゆる村々およびエルサレムから出て来た者たちである。人々をいやすために,主の力が彼と共にあった。

18 見よ,男たちが彼のもと,体のまひした人を寝床載せて運んで来た。そして,その人を運び込んでイエスの前横たえようとした。

19 群衆のせいで彼を運び入れる方法が見つからなかったので,屋上上ってかわらをはがし,そこを通して彼の寝床をイエスの真ん前下ろした。

20 イエスは彼らの信仰を見て,体のまひした人に言った。「人よ,あなたの罪は許された」。

21 律法学者たちとファリサイ人は,論じ始めて言った,「冒とくを語るこの人はだれなのか。神おひとりのほか,だれが罪を許せるだろうか」。

22 しかしイエスは,彼らの考えに気づき,彼らに答えた,「なぜあなた方は心の中でそのように論じているのか。

23 『あなたの罪は許されている』と告げるのと,『起き上がって歩きなさい』と言うのでは,どちらがたやすいか。

24 だが,人の子が地上で罪を許す権威を持っていることをあなた方が知るため」(体のまひした人言った), 「あなた告げる。起き上がって,寝床を取り上げて,自分の家帰りなさい」。

25 すぐに彼は人々の前で起き上がり,自分が横たわっていた床を取り上げて,神に栄光をささげながら,自分の家に帰って行った。

26 驚きがすべての者をとらえ,彼らは神に栄光をささげた。彼らは恐れに満たされて言った,「今日は不思議なことを見た」。

27 こうした事の後,イエスは出て行き,収税所に座っているレビという名の徴税人を見て,「わたしに従いなさい!」と言った。

28 彼はすべてを残し,立ち上がってイエスに従った。

29 レビは彼のために自分の家で大きな祝宴を催した。徴税人たちやほかの者たちからなる大群衆が彼らと共に横になっていた。

30 彼らの律法学者たちとファリサイ人たちは,彼の弟子たちに対して不平を言った,「なぜあなた方は,徴税人たちや罪人たちと共に食べたり飲んだりするのか」。

31 イエスは彼らに答えた,「健康な人たちに医者は必要でなく,病気の人たちに必要なのだ。

32 わたしは義人たちではなく,罪人たちを悔い改めへと呼び寄せるために来た」。

33 彼らは彼に言った,「ヨハネの弟子たちはたびたび断食と祈りをし,ファリサイ人の弟子たちも同じようにしているのに,あなたの弟子たちが食べたり飲んだりしているのはなぜですか」。

34 彼は彼らに言った,「あなた方は,花婿の友人たちに,花婿が共にいるのに断食させられるだろうか。

35 だが,花婿が彼らから取り去られる日々が来る。それらの日々には,彼らは断食するだろう」。

36 たとえでも彼ら語った。「新しい衣から取った布切れを古い衣当てる人はいない。そんなことをすれば,新しい衣が破けてしまうし,新しい衣から取った布切れは古い衣は合わないだろう。

37 新しいブドウ酒を古い皮袋に入れる人はいない。そんなことをすれば,新しいブドウ酒は皮袋を破裂させ,ブドウ酒は流れ出て,皮はだめになるだろう。

38 そうではなく,新しいブドウ酒は新しい皮袋に入れられるべきだ。そうすればどちらも長持ちするのだ。

39 古いブドウ酒を飲んで,すぐに新しいブドウ酒を欲しがる者はいない。その者は,『古いのが良い』と言うからだ」。