ルカによる福音書 23

Japanese Bible

Studovat vnitřní smysl

← ルカによる福音書 22   ルカによる福音書 24 →

1 彼らの全員が立ち上がり,彼をピラトの前に連れて行った。

2 彼らは彼を訴え始めて言った,「わたしたちは,この男が国民を惑わし,カエサルに税を払うのを禁じ,また,自分が王なるキリストだと言っているのを見いだしました」。

3 ピラトは彼に尋ねた,「お前はユダヤ人の王なのか」。 彼はピラトに答えた,「あなたがそう言っている」。

4 ピラトは祭司長たちと群衆に言った,「わたしはこの男に対して訴える根拠を何も見いださない」。

5 しかし彼らは言い張った,「彼は,ユダヤのあちこちで教えながら,民を扇動しているのです。しかもガリラヤから始めてこの場所にまで至ったのです」。

6 ガリラヤと聞いて,ピラトはこの男がガリラヤ人かどうか尋ねた。

7 彼がヘロデの管轄内にあると知ると,ピラトは彼をヘロデのもとに送った。ヘロデもそのころエルサレムにいたのである。

8 さてヘロデは,イエスを見ると非常に喜んだ。彼について多くのことを耳にしていたため,ずっと前から彼を見てみたいと思っていたからである。彼が何か奇跡を行なうのを見たいと望んでいた。

9 ヘロデは多くの言葉で彼に質問したが,彼は何も答えなかった。

10 祭司長たちと律法学者たちが立っており,激しく彼を訴えていた。

11 ヘロデも自分の兵士たちと一緒になって彼を辱め,彼をなぶりものにした。豪華な衣を着せて,彼をピラトのところに送り返した。

12 まさにその日,ヘロデとピラトは互いに友人になった。それまでは互いに敵対していたのである。

13 ピラトは祭司長たちと支配者たちと民を呼び,

14 彼らに言った,「お前たちは,民を惑わす者として,この男をわたしのところに連れて来た。それで見よ,わたしはお前たちの前で彼を尋問したが,この男に対してお前たちが訴えている事柄について,その根拠を何も見いだせなかった。

15 ヘロデも同じだ。わたしはお前たちをそのもとに送ったからだ。それで見よ,彼は死に値することを何もしていない。

16 だから,わたしは彼をむち打ってから,彼を釈放することにする」。

17 さて,ピラトは祭りの際に,囚人を一人,彼らのために釈放しなければならなかった。

18 しかし彼らはいっせいに叫んで言った,「その男を取り除け!?我々にはバラバを釈放しろ!」?

19 このバラバは,都での暴動と人殺しとのかどでろうやに入れられていた者である。

20 ピラトは,イエスを解放したいと思い,再び彼らに語りかけた。

21 しかし彼らは叫んで言った,「はりつけにしろ!?彼をはりつけにしろ!」

22 彼は三度目に彼らに言った,「なぜだ。この男がどんな悪事をしたというのか。わたしは死刑に値する犯罪を何も彼に見いださなかった。だから,わたしは彼をむち打ってから,彼を釈放することにする」。

23 しかし彼らは,彼をはりつけにするように求めて,大声で迫った。彼らの声と祭司長たちの声が優勢になった。

24 ピラトは彼らの要求どおりにするよう布告を出した。

25 暴動と殺人のかどでろうやに入れられていた者,彼らが求めていた者を釈放し,イエスを彼らの意向に引き渡した。

26 イエスを引いて行く時,彼らは田舎から出てきたキュレネのシモンを捕まえ,彼に十字架を負わせ,イエスの後ろから運ばせた。

27 民の大群衆と,彼のために嘆き悲しむ女たちが,彼に従った。

28 しかしイエスは,彼女たちのほうに振り向いて言った,「エルサレムの娘たちよ,わたしのために泣いてはいけない。むしろ,自分と自分の子供たちのために泣きなさい。

29 見よ,人々が,『不妊の女と,生まなかった胎と,乳を飲ませなかった乳房とは幸いだ』と言う日々が来ようとしているからだ。

30 その時,人々は山々に向かって,『我々の上に倒れてくれ!』と言い,丘に向かって,『我々を覆ってくれ!』と言い始めるだろう。

31 というのも,青々とした木において彼らがこれらのことをするのであれば,枯れ木においては何がなされるだろうか」。

32 彼らはほかの二人の犯罪者をも,死に至らせるために彼と共に引いて行った。

33 「どくろ」と呼ばれている場所にやって来ると,彼を犯罪者たちと共にそこではりつけにし,一人はその右に,もう一人はその左に置いた。

34 イエスは言った,「父よ,彼らをお許しください。自分たちが何をしているかを知らないからです」。 彼らは,互いに彼の外衣を分けようとしてくじを引いた。

35 民は立って見届けていた。支配者たちも彼をあざ笑って言った,「ほかの者たちは救ったのだ。もしこれが神のキリスト,その選ばれた者なら,自分を救うがよい!」

36 兵士たちも彼をなぶりものにし,彼のもとに来て酢を差し出して

37 言った,「もしお前がユダヤ人の王なら,自分を救え!」

38 彼の上には,「これはユダヤ人の王」と,ギリシャ語,ラテン語,およびヘブライ語で書かれたものがあった。

39 十字架に掛けられた犯罪者たちの一人が彼を侮辱して言った,「もしお前がキリストなら,自分自身と我々を救え!」

40 しかし,もう一人の者が答えて,彼をしかりつけて言った,「お前は同じ刑罰を受けているのに,神を恐れないのか。

41 確かに我々には当然のことだ。自分の行ないに応じた報いを受けているのだから。だがこの人は何も不正なことをしていないのだ」。

42 彼はイエスに言った,「主よ,あなたがご自分の王国に入られる時には,わたしのことを思い出してください」。

43 イエスは彼に言った,「確かにあなたに告げる。今日あなたはわたしと共にパラダイスにいるだろう」。

44 すでに第六時ごろ{時刻は日の出から数える。それで,第六時は正午ごろ}になっていたが,闇が全土を覆い,第九時{午後3:00}にまで及んだ。

45 太陽が暗くなり,神殿の幕が二つに裂けた。

46 イエスは大声で叫んで言った,「父よ,あなたのみ手に,わたしの霊をゆだねます!」?こう言ってから,息を引き取った。

47 百人隊長は,起きたことを見ると,神に栄光をささげて,「確かにこの人は義人だった」と言った。

48 見物に集まって来ていた群衆は皆,起きた事柄を見ると,胸を打ちながら帰って行った。

49 彼のすべての知人たちと,ガリラヤから彼に従ってきた女たちとは,遠くに立ってこれらのことを見届けていた。

50 見よ,ヨセフという名の人がいた。最高法院の議員であり,善良な正しい人であった。

51 (彼は彼らの企てや行動には同意しなかった。)ユダヤ人の町アリマタヤの出身で,やはり神の王国を待ち望んでいた。

52 この人がピラトのところへ行き,イエスの体を渡してくれるようにと願い出た。

53 彼はそれを取り降ろして亜麻布に包み,岩に切り掘った,まだだれも横たえられたことのない墓に横たえた。

54 準備の日で,安息日が近づいていた。

55 イエスと共にガリラヤから来ていた女たちは,後を付いて行き,その墓と,彼の体が横たえられる様子とを見ていた。

56 彼女たちは帰って行き,香料と香油を準備した。安息日には,おきてに従って休息した。

← ルカによる福音書 22   ルカによる福音書 24 →
Studovat vnitřní smysl

Komentář k této kapitole:

Příběhy:

Vysvětlení nebo odkazy ze Swedenborgových prací:

Arcana Coelestia 1839, 2576, 2788, 3008, 4299, 4772, 4783 ...

Apocalypse Revealed 339, 553, 664, 880

Brief Exposition of Doctrine 100

The Lord 12, 42, 64

The Last Judgment 19

True Christianity 539

新エルサレムと天界の教義 228

Ukázat odkazy z nepublikovaných děl Swedenborga




Přeložit:
Sdílet: