ルカによる福音書 18

Study

             

1 彼はまた,いつも祈っていなければならず,あきらめてはならないことを,彼らにたとえで話して

2 言った,「あるに,神を恐れず,人をも敬わない一人の裁判官がいた。

3 そのには一人のやもめがおり,何度も彼のもとに来ては,『わたしを訴える者からわたしを弁護してください!』と言っていた。

4 彼は,しばらくの間はそうしようとはしなかったが,後になって自分に言った,『わたしは神を恐れず,人をも敬わないが,

5 それでもこのやもめがわたしを煩わすので,彼女を弁護してやろう。そうしないと,彼女は絶え間なくやって来て,わたしを疲れ果てさせるだろう』」。

6 主は言った,「この不義の裁判官の言うことを聞きなさい。

7 まして神は,昼も夜もご自分向かって叫んでいる,ご自分の選ばれた者たちのあだを討たず,彼らのことを我慢し続けられることがあるだろうか。

8 あなた方告げるが,神は速やか彼らのあだを討たれるだろう。それでも,人の子が来る時,地上信仰を見いだすだろうか」。

9 彼はまた,自分の義を確信しており,他のすべての人たちをさげすんでいたある人々対して,次のたとえを語った。

10 「二人の人が祈るために神殿に上って行った。一人はファリサイ人で,もう一人は徴税人だった。

11 ファリサイ人は立って,自分の中でこのように祈った。『神よ,わたしがほかの者たち,すなわち,奪い取る者たち,不義の者たち,姦淫《かんいん》を犯す者たちのようでなく,さらにはこの徴税人のようでさえないことに感謝します。

12 わたしは週に二度断食しています。自分の得るすべてのものの十分の一税をささげています』。

13 だが,徴税人は,遠くに立ち,目を天に上げようともせず,胸を打ちながら言った,『神よ,罪人のわたしをあわれんでください!』?

14 あなた方に告げるが,この人は,最初の人よりも義とされて自分の家に下って行った。だれでも自分を高くする者は低くされ,自分を低くする者は高くされるのだ」。

15 人々はまた,彼に触ってもらおうとして,赤子たちを彼のもとに連れて来ていた。しかし,弟子たちはそれを見て,彼らをしかりつけた。

16 イエスは彼らを呼び寄せて言った,「幼子たちがわたしのところに来るままにしておきなさい。彼らをとどめてはいけない。神の王国はこのような者たちのものだからだ。

17 本当にはっきりとあなた方に告げる。神の王国を幼子のように受け入れない者は,決してその中に入ることはない」。

18 ある支配者が彼に尋ねて言った,「善い先生,永遠の命を受け継ぐためには何をしたらよいでしょうか」。

19 イエスは彼に答えた,「なぜ,わたしのことを善いと呼ぶのか。神おひとりのほかに善い者はいない。

20 あなたはおきてを知っている。『姦淫《かんいん》を犯してはいけない』,『殺してはいけない』,『盗んではいけない』,『偽りの証言をしてはいけない』,『だまし取ってはいけない』,『あなたの父と母を敬いなさい』」。

21 彼は言った,「わたしはそうした事すべてを幼いころから守ってきました」。

22 イエスはこれらの事を聞いて,彼に言った,「あなたにはまだ一つのことが足りない。自分の持ち物をみな売って,貧しい人々に配りなさい。あなたは天にを持つことになる。来て,わたしに従いなさい」。

23 しかし,彼はこれらの事を聞いてひどく悲しんだ。非常にんでいたからである。

24 彼がひどく悲しむのを見ながら,イエスは言った,「んだ人たちが神の王国入るのは,何と難しいことか!?

25 富んだ人が神の王国入るよりは,ラクダが針の穴を通り抜ける方が易しいのだ」。

26 彼らはこれを聞いて言った,「それでは,だれが救いを得られるのですか」。

27 しかし彼は言った,「人には不可能な事柄でも,神には可能なのだ」。

28 ペトロが言った,「ご覧ください,わたしたちは何もかも後にして,あなたに従いました」。

29 イエスは言った,「本当にはっきりとあなた方に告げる。神の王国のために,家,妻,兄弟たち,両,あるいは子供たちを後にする者で,

30 今この時に何倍も受け,また来たるべき世で永遠の命を受けない者はいない」。

31 彼は十二人をわきに連れて行き,彼らに言った,「見よ,わたしたちはエルサレムに上って行く。そして,人の子について,預言者たちを通して書かれたことはみな成し遂げられるだろう。

32 彼は異邦人たちに引き渡され,あざけられ,ひどい扱いを受け,つばをかけられる。

33 彼らは彼をむち打ち,殺すだろう。日目に彼は生き返る」。

34 彼らはこれらのことを理解しなかった。この言葉は彼らから隠されており,彼らは語られたことを理解しなかったのである。

35 彼がエリコに近づいていた時のこと,ある盲人が道ばたに座って物ごいをしていた。

36 群衆が通り過ぎるのを耳にして,これは何事かと尋ねた。

37 人々は,ナザレのイエスが通って行くのだと彼に告げた。

38 彼は叫んで言った,「ダビデの子イエスよ,わたしをあわれんでください!」?

39 先を行く者たちが彼をしかりつけ,黙らせようとしたが,彼はますます,「ダビデの子よ,わたしをあわれんでください!」と叫び続けた。

40 イエスは立ち止まって,彼を連れて来るようにと命じた。彼が近づいて来ると,イエスは彼に尋ねた

41 「何をして欲しいのか」。 彼は言った,「主よ,また見えるようになることです」。

42 イエスは彼に言った,「見えるようになりなさい。あなたの信仰があなたをいやしたのだ」。

43 すぐに彼は見えるようになり,神に栄光をささげながらイエスに従った。それを見て,人々はみな神をたたえた。