ルカによる福音書 12

Study

             

1 そうしているうちに,数えきれないほどの群衆が集まって来て,互いに足を踏み合うほどになった時,彼はまず弟子たちに告げ始めた,「ファリサイ人たちのパン種,つまり偽善に用心しなさい。

2 だが,覆いかぶされているもので明らかにされないものはなく,隠されているもので知られないものはない。

3 だから,あなた方が闇の中で言ったことは,光の中で聞かれるだろう。奥の部屋で耳もと話されたことは,屋上で宣明されるだろう。

4 「わたしの友であるあなた方に告げる。を殺しても,その後はもう何もできない者たちを恐れてはいけない。

5 むしろ,だれを恐れるべきかをあなた方に知らせよう。殺した後で,ゲヘナ{または,地獄}に投げ込むのある方を恐れなさい。そうだ,あなた方に告げるが,その方を恐れなさい。

6 「五羽のスズメは二つのアサリオン硬貨{1アサリオンは,農業労働者のおよそ1時間分の賃金の値打ちの,小さな銅貨}で売られているではないか。その一羽も神に忘れられてはいない。

7 ところが,あなた方の髪の毛さえも,みな数えられている。だから恐れるな。あなた方はたくさんのスズメよりも価値があるのだ。

8 「あなた方に告げる。人々の前でわたしのことを告白する者はみな,人の子も神のみ使いたちの前でその者のことを告白するだろう。

9 だが,人々の面前でわたしのことを否認する者は,わたしも神のみ使いたちの面前でその者のことを否認するだろう。

10 だれでも人の子に逆らう言葉をる者は許されるだろう。だが,だれでも聖霊に対して冒とくする者は許されないだろう。

11 人々があなた方を会堂や支配者や権者の前に連れ出す時,何をどのように答えようか,また何を言おうかと思い煩ってはいけない。

12 言うべきことは,そのに聖霊があなた方に教えるからだ」。

13 群衆の一人が彼に言った,「先生,わたしの兄弟に相続財産をわたしと分けるようにおっしゃってください」。

14 だが,彼はその人言った,「人よ,だれがわたしを,裁判官や仲裁人としてあなた方の上立てたのか」。

15 彼らに言った,「用心しなさい!?どん欲から身を守りなさい。人の命は豊かな所有物にあるのではないからだ」。

16 彼は彼らにたとえを語って言った,「あるんだ人の土地が豊かに産出した。

17 彼は自分の中で論じて言った,『どうしようか。作物を入れておく場所がないのだが』。

18 彼は言った,『こうしよう。倉を取り壊して,もっと大きなものを建てよう。そしてそこ穀物と財産を入れよう。

19 自分の魂に言うのだ,「魂よ,お前は何年分も積み上げた多くの財産を持っている。くつろいで,食べて,飲んで,楽しめ」』。

20 「だが,神は彼に言われた,『愚か者よ,今夜,あなたの魂は求められる。あなたが用意した物は,いったいだれのものになるのか』。

21 自分のために宝を積み上げ,神に対してんでいない者は,こうなるのだ」。

22 彼は弟子たちに言った,「だから,あなた方に告げる。何を食べようかと自分の命のことで,また何を着ようかと自分ののことで思い煩ってはいけない。

23 命は食物より,衣服より大切なのだ。

24 ワタリガラスのことをよく考えなさい。種をまいたり,刈り入れたりせず,納屋も倉に持っていないが,神がそれらを養っておられる。あなた方は鳥たちよりもどれほど多くの価値があるだろう!?

25 あなた方のうちのだれが,思い煩ったからといって,自分の背丈に一キュビトを加えられるだろうか。

26 一番小さな事さえできないのであれば,なぜほかの事で思い煩うのか。

27 ユリがどのよう育つかをよく考えなさい。労したり,紡いだりしない。だが,あなた方告げるが,栄光を極めたときのソロモンでさえ,それらの一つほども装っていなかった。

28 では,神が,今日生えていて明日かまどに投げ込まれる野の草に衣服を与えておられるのであれば,あなた方にはなおのこと衣服を与えてくださらないだろうか,ああ,信仰の少ない者たちよ。

29 だから,何を食べようか,何を飲もうかと求めてはいけない。また,思い煩ってもいけない。

30 こうしたものすべては,世の諸国民が追い求めているものだからだ。だが,あなた方の父は,あなた方がこうしたものを必要としていることをご存じなのだ。

31 むしろ,神の王国を求めなさい。そうすれば,こうしたものすべてはあなた方に加えられるだろう。

32 恐れてはいけない,小さな群れよ。あなた方の父は,あなた方に王国を与えることをよしとされたのだ。

33 あなた方の持ち物を売って,困窮している人たち施しをしなさい。自分のため古くなることのない財布を作り,天尽きることのないを積み上げなさい。そこでは盗人たちが近づくことも,ガがだめすることもない。

34 あなた方ののある所,そこにあなた方の心もあるからだ。

35 「あなた方の腰に帯を締め,ともし火をたいていなさい。

36 自分たちの主人がいつ婚宴から戻って来るかと見張っている者たちのようになりなさい。彼がやって来て戸を叩く時,すぐに彼のために戸を開けられるようにするためだ。

37 彼がやって来たときに見張っているところを見いだされるそれらの召使いたちは幸いだ。本当にはっきりとあなた方に告げる。彼は着替えて,彼らを横にならせ,やって来て,彼らに給仕をするだろう。

38 彼が第二見張り時に,あるいは第見張り時にやって来ても,彼らがそのようにしているところを見いだされるなら,その者たちは幸いだ。

39 だが,このことを知っておきなさい。家の主人は,どの刻に盗人が来るかを知っているなら,見張っていて,自分の家に押し入られることを許さなかっただろう。

40 だから,あなた方も用意をしておきなさい。あなた方の思いもしない刻に人の子は来るからだ」。

41 ペトロが彼に言った,「主よ,このたとえはわたしたちに対して話しておられるのですか,それともみんなに対してですか」。

42 主は言った,「それでは,主人が,時応じて家の者たち食物を分配させるため,彼らの上任命した,忠実で賢い管理人は,いったいだれか。

43 主人がやって来た時,そうしているのを見られるその召使いは幸いだ。

44 本当あなた方告げるが,主人は彼を自分のすべての持ち物の上任命するだろう。

45 だが,その召使いが,心の中で,『わたしの主人は来るのが遅れている』と言い,下男や下女を打ちたたき始め,飲んで酔っぱらい始めるなら,

46 その召使いの主人は,彼の思いもしない日,彼の知らないにやって来て,彼を二つに切り裂き,その受け分を不忠実な者たちと共にならせるだろう。

47 その召使いが,自分の主人の意志を知りながら,主人の望んでいることを備えなかったり,行なわなかったりするなら,多くむち打ちうたれるだろう。

48 だが,知らずにむち打ちに値することをしてしまった者は,少ししかむち打たれないだろう。だれでも多く与えられた者からは多くが要求され,多くを託された者からはより多くが求められるだろう。

49 「わたしは地上に火を投げるために来た。それがすでに燃やされていればと願う。

50 だが,わたしには受けなければならないバプテスマがある。それが成し遂げられるまで,どんなに苦悩することか!?

51 あなた方は,わたしが地上に平和をもたらすために来たと考えてはいるのか。あなた方に告げるが,そうではなく,むしろ分裂をもたらすために来たのだ。

52 今からのち,一つの家に五人がいれば,人が二人に対して,二人が人に対して分裂させられることになるからだ。

53 彼らは,父が息子に対して,息子は父に対して,母は娘に対して,娘は母に対して,しゅうとめは嫁に対して,嫁はしゅうとめに対して分裂させられるだろう」。

54 群衆にも言った,「あなた方は,雲が西にわき起こるのを見るとすぐ,『にわか雨が来るぞ』と言い,そのとおりになる。

55 南風が吹くと,『猛烈な暑さになるぞ』と言い,そのとおりになる。

56 偽善者たち!?あなた方は天地の模様の解き明かし方は知っていながら,どうして今の時のしるしの解き明かし方は知らないのか。

57 なぜあなた方は,何が正しいかを自分で判断しないのか。

58 あなたを訴える者と共判事の前行く時は,その途上ある間,彼から解放されるよう熱心試みなさい。彼があなたを裁判官のところ引きずって行き,裁判官があなたを役人引き渡し,役人があなたをろうや投げ込んでしまうことのないためだ。

59 あなた方に告げる。まさしく最後の小銭{字義,レプトン。1レプトンは,1クァドランスの半分の値打ちの,ユダヤの非常に小さな真ちゅうの硬貨で,1クァドランスはアサリオン銅貨の4分の1の価値。レプタは農業労働者の1日分の賃金の1%の値打ちもない。}を払い切るまで,あなたは決してそこから出ることはないだろう」。