レビ記 26

Studovat vnitřní smysl

           

1 あなたがたは自分のために、偶像を造ってはならない。また刻んだ像も石の柱も立ててはならない。またあなたがたの地に像を立てて、それを拝んではならない。わたしはあなたがたのだからである。

2 あなたがたはわたしの安息日を守り、またわたしの聖所を敬わなければならない。わたしはである。

3 もしあなたがたがわたしの定めに歩み、わたしの戒めを守って、これを行うならば、

4 わたしはその季節季節に、雨をあなたがたに与えるであろう。地は産物を出し、々は実を結ぶであろう。

5 あなたがたの麦打ちは、ぶどうの取入れの時まで続き、ぶどうの取入れは、種まきの時まで続くであろう。あなたがたは飽きるほどパンを食べ、またあなたがたの地に安らかに住むであろう。

6 わたしがに平和を与えるから、あなたがたは安らかに寝ることができ、あなたがたを恐れさすものはないであろう。わたしはまたのうちから悪い獣を絶やすであろう。つるぎがあなたがたのを行き巡ることはないであろう。

7 あなたがたは追うであろう。彼らは、あなたがたのつるぎに倒れるであろう。

8 あなたがたの人は人を追い、人は万人を追い、あなたがたのはつるぎに倒れるであろう。

9 わたしはあなたがたを顧み、多くの子を獲させ、あなたがたを増し、あなたがたと結んだ契約を固めるであろう。

10 あなたがたは古い穀物を食べている間に、また新しいものを獲て、その古いものを捨てるようになるであろう。

11 わたしは幕屋をあなたがたのうちに建て、心にあなたがたを忌みきらわないであろう。

12 わたしはあなたがたのうちに歩み、あなたがたのとなり、あなたがたはわたしの民となるであろう。

13 わたしはあなたがたのであって、あなたがたをエジプトから導き出して、奴隷の身分から解き放った者である。わたしはあなたがたのくびきの横木を砕いて、まっすぐに立って歩けるようにしたのである。

14 しかし、あなたがたがもしわたしに聞き従わず、またこのすべての戒めを守らず、

15 わたしの定めを軽んじ、心にわたしのおきてを忌みきらって、わたしのすべての戒めを守らず、わたしの契約を破るならば、

16 わたしはあなたがたにこのようにするであろう。すなわち、あなたがたの上に恐怖を臨ませ、肺病と熱病をもって、あなたがたのを見えなくし、命をやせ衰えさせるであろう。あなたがたが種をまいてもむだである。がそれを食べるであろう。

17 わたしはをあなたがたにむけて攻め、あなたがたはに撃ちひしがれるであろう。またあなたがたの憎む者があなたがたを治めるであろう。あなたがたは追う者もないのに逃げるであろう。

18 それでもなお、あなたがたがわたしに聞き従わないならば、わたしはあなたがたのを七倍重くするであろう。

19 わたしはあなたがたの誇とするを砕き、あなたがたの天をのようにし、あなたがたの地を青銅のようにするであろう。

20 あなたがたの力は、むだに費されるであろう。すなわち、地は産物をいださず、のうちの々は実を結ばないであろう。

21 もしあなたがたがわたしに逆らって歩み、わたしに聞き従わないならば、わたしはあなたがたのに従って七倍の災をあなたがたに下すであろう。

22 わたしはまた野をあなたがたのうちに送るであろう。それはあなたがたの子供を奪い、また家畜を滅ぼし、あなたがたの数を少なくするであろう。あなたがたの大路は荒れ果てるであろう。

23 もしあなたがたがこれらの懲しめを受けてもなお改めず、わたしに逆らって歩むならば、

24 わたしもまたあなたがたに逆らって歩み、あなたがたのを七倍重くするであろう。

25 わたしはあなたがたの上につるぎを臨ませ、違約の恨みを報いるであろう。あなたがたが々に集まる時は、あなたがたのうちに疫病を送り、あなたがたはにわたされるであろう。

26 わたしがあなたがたのつえとするパンを砕くとき、人の女が一つのかまどでパンを焼き、それをはかりにかけてあなたがたに渡すであろう。あなたがたは食べても満たされないであろう。

27 それでもなお、あなたがたがわたしに聞き従わず、わたしに逆らって歩むならば、

28 わたしもあなたがたに逆らい、怒りをもって歩み、あなたがたのを七倍重くするであろう。

29 あなたがたは自分のむすこのを食べ、また自分の食べるであろう。

30 わたしはあなたがたの高き所をこぼち、香の祭壇を倒し、偶像の死体の上に、あなたがたの死体を投げ捨てて、わたしは心にあなたがたを忌みきらうであろう。

31 わたしはまたあなたがたの々を荒れ地とし、あなたがたの聖所を荒らすであろう。またわたしはあなたがたのささげる香ばしいかおりをかがないであろう。

32 わたしがその地を荒らすゆえ、そこに住むあなたがたのはそれを見て驚くであろう。

33 わたしはあなたがたを々の間に散らし、つるぎを抜いて、あなたがたのを追うであろう。あなたがたの地は荒れ果て、あなたがたの々は荒れ地となるであろう。

34 こうしてその地が荒れ果てて、あなたがたはにある間、地は安息を楽しむであろう。すなわち、その時、地は休みを得て、安息を楽しむであろう。

35 それは荒れ果てているの間、休むであろう。あなたがたがそこに住んでいる間、あなたがたの安息のときに休みを得なかったものである。

36 またあなたがたのうちの残っている者の心に、でわたしは恐れをいだかせるであろう。彼らは木のの動く音にも驚いて逃げ、つるぎを避けて逃げる者のように逃げて、追う者もないのにころび倒れるであろう。

37 彼らは追う者もないのに、つるぎをのがれる者のように折り重なって、つまずき倒れるであろう。あなたがたはに立つことができないであろう。

38 あなたがたは々のうちにあって滅びうせ、あなたがたのの地はあなたがたをのみつくすであろう。

39 あなたがたのうちの残っている者は、あなたがたのの地で自分ののゆえにやせ衰え、また先祖たちののゆえに彼らと同じようにやせ衰えるであろう。

40 しかし、彼らがもし、自分のと、先祖たちの、すなわち、わたしに反逆し、またわたしに逆らって歩んだことを告白するならば、

41 たといわたしが彼らに逆らって歩み、彼らをに引いて行っても、もし彼らの無割礼の心が砕かれ、あまんじてを受けるならば、

42 そのときわたしはヤコブと結んだ契約を思い起し、またイサクと結んだ契約およびアブラハムと結んだ契約を思い起し、またその地を思い起すであろう。

43 しかし、彼らが地を離れて地が荒れ果てている間、地はその安息を楽しむであろう。彼らはまた、あまんじてを受けるであろう。彼らがわたしのおきてを軽んじ、心にわたしの定めを忌みきらったからである。

44 それにもかかわらず、なおわたしは彼らがにおるとき、彼らを捨てず、また忌みきらわず、彼らを滅ぼし尽さず、彼らと結んだわたしの契約を破ることをしないであろう。わたしは彼らのだからである。

45 わたしは彼らの先祖たちと結んだ契約を彼らのために思い起すであろう。彼らはわたしがそのとなるために々の人のの前で、エジプトの地から導き出した者である。わたしはである』」。これらはが、シナイ山で、自分とイスラエルの人々との間に、モーセによって立てられた定めと、おきてと、律法である。

46 これらはが、シナイで、自分とイスラエルの人々との間に、モーセによって立てられた定めと、おきてと、律法である。

  
   Studovat vnitřní smysl

Explanation of Leviticus 26      

Napsal(a) Henry MacLagan

Verses 1-13. Man is commanded not to devote himself to any selfish or to any worldly affection, but above all things to worship the Lord from celestial love, because if he is obedient, he will enjoy every spiritual blessing including states of peace and tranquillity, and protection in all his temptations. For the Lord will dwell with His people, and the active life of uses will prevail, since He has accomplished the work of redemption

Verses 14-39. But, on the contrary, if the man of the Spiritual Church is disobedient and rejects the Lord and His Divine laws, then he will suffer from all kinds of calamities, which are described in order

Verses 40-46. And yet all who, in their degraded state, confess their wickedness, and sincerely repent, will again be received by the Lord, since He has effected the work of redemption, and has, by means of the Word, supplied man with an abundance of truths adapted to every state of his life.

Swedenborg

Výklad(y) nebo odkazy ze Swedenborgových prací:

Arcana Coelestia 248, 390, 395, 519, 983, 2039, 3696, ...

Apocalypse Revealed 10, 101, 167, 278, 427, 459, 485, ...

Doctrine of Life 2, 61


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Apocalypse Explained 97, 109, 152, 257, 304, 324, 365, ...

Spiritual Experiences 1933, 1934

Jiný komentář

  Příběhy:



Skočit na podobné biblické verše

創世記 4:12, 15:18, 17:7, 26:24, 28:15

出エジプト記 5:3, 9:14, 14:8, 20:2, 4, 8, 29:45, 46, 31:13

レビ記 5:5, 11:45, 17:10, 19:4, 30, 25:2, 18, 19, 22, 42, 26:17, 36, 37, 27:34

申命記 4:27, 31, 8:20, 9:27, 11:13, 14, 15, 17, 23:15, 28:1, 15, 29:23, 24, 30:2, 32:25, 33:4

ヨシュア記 22:31, 23:10, 15

士師記 2:14, 3:8, 14, 5:6, 6:2, 7:23, 15:15, 18:30

サムエル記上 4:2, 10, 12:15, 14:13

サムエル記下 22:27

列王記上 3:8, 8:33, 35, 46, 47, 48, 18:2

列王記下 2:24, 6:25, 29, 13:3, 7, 17:3, 8, 10, 16, 22:13, 25:9

歴代誌下 12:6, 20:30, 24:24, 34:4, 24, 36:16, 21

エズラ記 9:6, 7, 15

ネヘミヤ記 1:3, 9, 9:2, 17, 27, 33

エステル記 3:8

ヨブ記 31:8

詩編 44:12, 50:17, 53:6, 65:10, 67:7, 74:7, 81:12, 15, 85:13, 94:14, 103:13, 105:16, 106:27, 40, 45, 144:13, 14, 147:14

箴言 3:24, 28:1

イザヤ書 1:13, 19, 20, 3:1, 5:25, 6:11, 9:3, 19, 14:1, 30:17, 23, 33:8, 35:8, 9, 63:10, 64:9, 65:12

エレミヤ書 3:13, 4:7, 26, 27, 5:3, 17, 7:20, 23, 8:3, 9:25, 12:13, 14:4, 15:4, 16:18, 18:16, 19:7, 9, 22:12, 23:3, 4, 24:5, 28:2, 4, 31:20, 32, 46:16

哀歌 1:1, 4, 20, 2:4, 6, 4:11, 16

エゼキエル書 16, 17, 5:10, 15, 17, 6:3, 6, 12:20, 14:23, 16:39, 33:10, 28, 34:25, 27, 37:26, 28

ダニエル書 9:4, 13

ホセア書 2:11, 20, 9:6, 10:2, 11:6

ヨエル書 2:22, 27

アモス書 4:6, 5:11, 9:13

ミカ書 6:15

ナホム書 1:13

ハバクク書 3:5

ルカによる福音書 1:72

ヨハネによる福音書 17

使徒言行録 7:51

ローマの信徒への手紙 11:2, 28

コリントの信徒への手紙二 6:16

Významy biblických slov

石の
Stones in the Bible in general represent truths, or things we know concerning the Lord and what He wants from us and for us in...


Stones in the Bible in general represent truths, or things we know concerning the Lord and what He wants from us and for us in...


主は、聖書の中で、愛そのものであるご自身の本質に言及しているときには「エホバ」と呼ばれます。その愛の表現を指している場合は「神」と呼ばれ、それを「神の真理」と呼んでいます。 他の神々への言及は、肯定的なものも否定的なものも、その意味を反映しています。肯定的な場合、例えば、天使や人々が神々と呼ばれたり、主が神々の神と呼ばれたりするとき、それらの神々は主から私たちに与えられた真の考えを表しています。否定的な場合、例えば、イスラエルの人々が隣人の神々を繰り返し採用するような場合、それらの神々は、善良で真実なものを攻撃する、誤った、ねじ曲がった考えを表しています。


The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

安息日
In Exodus 31:13, 'verily my Sabbaths ye shall keep,' signifies continuous holy thought about the union of the Lord’s divine with His human.

与える
Like other common verbs, the meaning of "give" in the Bible is affected by context: who is giving what to whom? In general, though, giving...


聖書の中の「畑」とは、通常、主の教会、より具体的には教会の中での善への願望を表しています。それは、良いことが始まり、根付き、成長する場所です。 良い人になりたい」「良いことをしたい」という願望を持つと、自然と最初の質問は「それはどういうことか」「どうすればいいのか」「何ができるのか」ということになります。アイデア、コンセプト、方向性を探します。やりたいことや自分の中での変化がわかったら、具体的な知識を求めます。例えば、フードパントリーでボランティアをしたいと思ったら、誰に電話をすればいいのか、いつ助けが必要なのか、どこに行けばいいのか、何を持っていけばいいのかを知っておく必要があるでしょう。そのノウハウで武装したあなたは、仕事に取り掛かる準備ができています。 そのプロセスは、食品の生産に例えることができます。まずは畑から始めます。そして、種を蒔きます - それらのアイデアや概念です。それらの種は植物に芽を出します - タスクに必要な具体的な事実や知識です(フードパントリーの例で簡単に見られますが、「同僚にもっと寛容であること」や「祈りの時間をもっと取ること」、「より愛に満ちた配偶者であることを意識すること」のような、より深いタスクにも当てはまります)。最後に、これらの植物は食べ物を生産します - あなたが行って行う実際の良いこと。 また、『聖典』には、多くの場合、「フィールド」は教会の教義、または教えを表していると書かれています。これは明らかに違うように聞こえます。善への欲求とは感情的なものであり、欲望であり、教義とは考えの集合体です。しかし、教会が真実であるためには、その教義は善への欲求を中心に据え、人々を善を行うように導かなければなりません。ですから、健全な教義は実は善への欲求と密接に結びついているのです。


In general, plants in the Bible represent facts, thoughts and ideas – intellectual things. This makes sense: Plants are rooted in place, but can grow...

パン
自然の食べ物が自然の体を養うように、スピリチュアルな食べ物はスピリチュアルな体を養います。そして、私たちの霊的な体は、私たちが愛するものの表現であるので、霊的な食べ物は、私たちの愛の状態を養うものです。それは善への欲求であり、善であることの喜びであり、善であることが何であるかの理解であり、すべての真実の知識であり、善であることにつながるものなのです。ですから、聖書の中で食べ物が語られているとき、それが意味するものであり、食べ物が取ることのできる非常に多様な形は、私たちが人生の中で求めることのできる非常に多様な善と、それにつながる非常に多様な思考を表しているのです。

住む
聖書の時代、特に旧約聖書の時代には、多くの人々が遊牧民であり、すぐに叩いたり、移動させたり、立て直したりできるテントで生活していました。他の人々はもちろん、一般的には石や木でできた恒久的な家に住んでいました。モーセが契約の箱舟のために建てた幕屋はこのモデルです。 ですから、どこかに「住む」ということは重要な意味を持っています。そして確かに、聖書のどこかに住むということは、その霊的な状態に入り、それに関与することを表していますが、恒久的に必要なことではありません。 一方、「住居」とは、イザヤ書9章の「死の影に宿る者」のような最も邪悪なものから、主の住居として建てられた幕屋の高尚な状態まで、そこに住む人を鼓舞する様々な愛を表しています。


Generally in the Bible a "country" means a political subdivision ruled by a king, or sometimes a tribe with a territory ruled by a king...


聖書における敵とは、悪を愛する人々や、悪から生じる誤った考えを持つ人々のことを指しています。もっと深いレベルでは、地獄の力そのものを指し、抽象的なレベルでは、悪そのものと偽りそのものを指しています。

追う
'To pursue,' as in Genesis 14:16, signifies a state of purification, because 'to pursue enemies' is the expulsion of evils and falsities which were with...


Five also signifies all things of one part.


It's a landmark for a young child to count to 100; it sort of covers all the "ordinary" numbers. One hundred is obviously significant for...

エジプト
聖書の中でエジプトとは、知識と知識の愛を意味します。良い意味では、聖書を通して主からの真理の知識を意味していますが、自然な意味では、単に地上の知識を蓄えて所有することを意味しています。そして、聖書からの知識であっても、必ずしも良いものとは限りません。しかし、それらは、物事を知るためだけに、あるいは学ばれているという評判を得るためだけに学ばれている場合です。 だから、エジプトはあなたが物事を学ぶために行く場所ですが、天になるためには、不毛な「知ること」から抜け出して、内的な善への欲求で満たされているカナンの地へと旅をしなければなりません。 エジプトがヨセフに支配されていたとき、そこはヨセフの父や兄弟たちの避難所だったというのは興味深いことです。このことは、人の内なる心が学問の地で支配されると、役に立つことを多く学ぶことができることを示しています。しかし、やがてヨセフを知らないファラオが現れ、イスラエルの子らは奴隷にされてしまいました。ファラオは外面的な心を表しています。それが担当しているときには、知っていることの興奮と自己満足は、内面的な心を奴隷のように減少させることができます。心は-イスラエルの子供たちのように-レンガ、または外部の外観から人造の偽りを作って終わる。

奴隷
'A slave' means people who do not think for themselves but from others.


何かを理解するときに「見える」と言うのはよくあることです。そして、聖書の中の「見る」というのは、確かに霊的なものを把握し、理解することを表しています。ですから、私たちを見ることができる目は、霊的なものを理解することができる知性を表しているのです。 もちろん、これは否定的な意味でも使われます。聖書は人々が目を持っていて見ることを拒否していることを語っており、主がこの世におられた時には、不快な目を摘み取るように助言されました。これは、真実を認めることを拒否したり、偽りに惑わされたりすることを表しています。

食べる
私たちの体は食事をすると、食べ物を分解して、そこからエネルギーと体を作ったり、修復したりするための材料の両方を得ます。 そのプロセスは、聖書の中の象徴的なレベルでは、はるかに同じです。食べ物は、善への欲求と、その善への欲求から来る洞察力、つまり主から来る善と理解を表しています。しかし、それらを利用するためには、私たちはそれらを取り込んで自分のものにしなければなりません。


"目は魂の窓である"濁った古代のどこかにルーツを持つ感情だが詩的でありながら明らかに真実であるために絶望的に陳腐なものになってしまった誰かの目を見ることができれば、その人の内面を本当に知ることができると私たちは感じています。 そして、それは目だけではなく、実際には顔全体がそれを伝えています。スエーデンボーグが言うように、顔は「人間の精神的な世界を自然界で表現したもの」である(『天国と地獄』第91号)。心理学者やポーカープレイヤー、犯罪捜査官などが顔を研究するのに多くの時間を費やしている理由は、顔が私たちの内面の思考や感情を無数の方法で明らかにしているからである。 ですから、聖書に登場する人々の顔が、その人の内面、つまり、その人が最も深く抱いている思い、愛、願望を表していることは、理にかなっています。礼拝でお辞儀をするときには謙遜さを示すために顔を地面に向け、インスピレーションを求めるときには山に向け、誘惑と戦う準備ができているときには敵に向けます。物事が困難な時には,「事実を直視する」か,あるいは内的に受け入れる必要があります。 主の顔が話題になると、完全な愛と完全なあわれみである主の内面を表します。人々が主から背を向けて主の愛を拒むとき、それは主が "顔を隠す "と表現されています。


ほとんどの場合、"before "の意味は簡単です。相対的な時間を評価する方法としても、"誰かの前で "という意味でも、"before "は使われます。しかし,主に関連して使われる場合には,より深い意味を持ちます。主の前に」いるということは、主の前にいるだけでなく、主から善の欲求と真理の理解を受けて、それに従って生きることを意味します。そして、主に関連して時間の評価として使われる場合、「前に」とは「永遠に」という意味であり、私たちが経験する時間ではなく、霊的な状態を指します。

憎む
誰かを本当に憎むということは、何の影響も受けずに殺せるのであれば、その人を殺し、その人の評判を落とすことを意味しています。実際、憎しみは主も天使も感じることはありません。 憎しみは一方通行のようなものです。悪人は憎しみを持つことができ、実際に善人や善人のすべてを憎んでいます。抽象的な言い方をすれば、悪そのものが善そのものを憎んでいて、何よりも善を滅ぼしたいと思っているとも言えます。しかし、善人は憎しみを抱くことができません。彼らは、悪とその善との対比に嫌悪感や反感のスポーツを感じることができますが、それを破壊するのではなく、改革したいと願っています。善人はまた、精神状態が乱れていることに嫌悪感を抱くことができます。それは、人々が精神的に成長し、善なるものを受け入れることを妨げるからです。 これはもちろん、私たち一人ひとりの中で常に行われている戦いです。私たちは皆、自分の中に良いものと悪いものを持っていて、それらは対立しています。そして、私たちの中にある悪い部分は、私たちの中にある良い部分を憎み、破壊しようとしますが、良い部分は、悪い部分に反発するかもしれませんが、破壊するのではなく、変えようとします。 聖書で「憎しみ」という言葉が使われている場合、その内的な意味はもっと穏やかなもので、私たちの中の悪いものがもたらす障害に対して、私たちの中の良いものが感じる嫌悪感を表していることが多いのです。

逃げる
Flight, as in Matthew 14:20, signifies removal from a state of the good of love and innocence. Flight, as in Mark 8:18, signifies the last...


In the Word three terms are used to mean bad things that are done. These three are transgression, iniquity, and sin, and they are here...


Punishment' is the consummation of evil, because after punishment, reformation succeeds. This is why it says in Deuteronomy 25:3, 'that no more than forty stripes...


Strength' relates truth and falsity. Strength,' as in Luke 10:27, signifies the will and understanding extended to extremes. Strength,' as in Revelation 1:6, signifies divine...


'Iron,' in Deuteronomy 8:9, signifies natural or rational truth. Iron' signifies natural truth, and consequently, the natural sense of the Word. At the same time,...


"Beasts" represent the affection for doing good things, a true desire to do them from the heart. In the negative sense, "beasts" stand for the...

送る
'To send' signifies revealing.


In the ancient world cities were very nearly nations unto themselves – they existed within walls, with their own laws and customs, generally centered on...

集まる
To gather, as in Genesis 6:21, refers to those things which are in the memory of man, where they are gathered. It also implies that...

疫病
'Pestilence' denotes the vastation of good and truth.


Scientists believe that one of the most crucial developments in the evolution of humans was bipedalism – walking on two legs. That left our hands...


Most places in Swedenborg identify “ten” as representing “all,” or in some cases “many” or “much.” The Ten Commandments represent all the guidance we get...

怒り
Fury is a receding from good, and anger is a receding from truth.


肉は、その最も分かりやすい形だけでも、いくつかの意味を持っています。それは、主が大洪水について「すべての肉を滅ぼす」と語っているように、すべての生き物を意味することができます。創世記7:21)、または全人類を意味する場合もあります(創世記6:3あるいは、石の多い心臓に代わる肉の心臓のように、柔らかくて屈強なものを意味することもあります。エゼキエル書11:19)しかし、霊的には、ある人の意志の中に宿り、その人に属しているように見える愛を意味します。この人は、まだ再生を始めていない人(あるいはこれからも始めない人)であるかもしれませんし、再生の途中の人であるかもしれませんし、終わりに近づいている人であるかもしれません。最高の意味での肉とは、主の御心の中にある、神的な愛を意味します。この意味は、ヨハネの福音書の中の主の言葉にはっきりと表れています(ヨハネによる福音書6:53-56) 誰もがそのような愛のパッケージを持っていて、それはかなり悪いものであったり、混合したものであったり、かなり良いものであったりしますが、同様に、誰もが肉を持っているのです。私たちの人生を生きている間の霊的な仕事は、そのような愛のパッケージを悪いものから良いものに変えていくことです。私たちがこれをしようとするならば、主は私たちを助けてくださいます。 私たちが始めたとき、私たちの愛は利己的で、エゼキエルが見た骨のように霊的には死んでいますが、私たちが自分の悪から目を背けて粘っているとき、主は骨を集めて、柔らかくて愛に満ちた肉を与え、私たちは古い利己的なものに取って代わる新しい外向きの愛で生き返ることができます。 ですから、「肉」の意味は、私たちの元々の意志が、私たちの働きかけと主の助けによって、一枚一枚解体され、最終的にそれに取って代わる新しい意志へと変化することがあります。イスラエルの教会の生け贄の中には、肉を燃やすものもあれば、祭司たちが肉を食べるものもありました。古い原初の意志を表すものは焼かれましたが、食べられるものは新しい意志を表していました。


Marriages among people – both in the Bible and in life – represent spiritual marriage. Women represent the desire to be good and to do...


スウェーデンボルグによると、時間と空間は、霊的な現実には存在しません、彼らは物理的な平面上にのみ存在する純粋に自然なものです。これは、時間がないので、1つの霊的なものは、時間内の別の霊的なものの "後に "起こることができないことを意味します。そして、ある霊的なものは、空間がないので、空間の中で別の霊的なものに "後から "続くことはできません。 代わりに、スピリチュアルな現実は、スピリチュアルな状態、つまり天使の愛と思考に基づいて構造化されています。これらの愛と思考は原因と結果の連鎖の中でつながっていて、天使たちは私たちが時間を経験するのと同じように経験しています。そして天使が似たような思考や感情を持っている時、彼らは私達の物理的な親密さの経験と非常に同じである親密さを経験しています;彼らの考える「空間」とは、霊的な世界全体で霊によって保持される思考や愛情の変化です。 聖書が何かを他の何かの「後」と表現しているとき、霊的な意味は霊的な状態の進行と関係しています。そして、高い状態は低い状態に流れ込むので、「その後」に来るものは、より低い、より外的なものになる傾向があります。例えば、他人に良いことをしたいという内的な深い願望は、私たちができる具体的な良いことの具体的なアイデアに自ずと流れていきます。それらの具体的なアイデアは、善良でありたいという願望の「後」になるのです。


The expression 'even to this day' or 'today' sometimes appears in the Word, as in Genesis 19:37-38, 22:14, 26:33, 32:32, 35:20, and 47:26. In a...


'Leaves' symbolize rational truths because a tree symbolizes a person, and every part of the tree symbolizes accordant elements in the person.

先祖
御言葉の中の父とは、最も内面的なものを意味し、主の命令に従っているものにおいては、良いものを意味します。最高の意味での父とは、創造者である主ご自身を意味します。自然な子供の世代では、魂、すなわち生命の最も内側にある受け皿と内的な遺伝を提供するのは父であり、魂が体を形成するために使用するすべての物質と外的な遺伝を提供するのは母です。この過程において、魂は父を通して主から来るのであって、父から来るのではありません。 賢い人が主を父と呼び、教会を母と呼ぶのは、その人の内面の愛が主から来たものであり、教会が教える真理によって形と実を与えられているからです。このようにして生まれたものが、その人の霊的な「子供」なのです。 新約聖書では、イエスと父について語るとき、意味するのは、内なる魂としての神そのものが外に現れているということです。イエスは自然な母から生まれたので、自然な体とユダヤ人の遺伝を持っていました。地獄に誘惑されていた彼の人生を通して、彼はゆっくりと母親から持っていたものをすべて捨てて、ご自身の内なる御父から持っていたものに置き換えていきました。そうすることで、彼は自分の内側にある父と一つになり、「私と父は一つである」と心から言えるようになったのです。

無割礼
'The uncircumcised,' as in Ezekiel 31:18, signifies people lacking the good of charity.

アブラハム
アブラハム(またはアブラム、彼の物語の冒頭で名前が付けられている)は、神聖な聖典の物語の主要な登場人物の一人です。彼は息子イサクを通してイスラエルの子供たちの祖先であり、息子イシュマエルを通してアラブの子供たちの祖先でした。彼の人生は3つの期間に分けて見ることができます。第一の期間には、ウルで生まれてからの知られざる初期の時期と、後に父テラと共にハランに移り住んだ時期が含まれています。第二章は、アブラムがエホバからカナンに行くように召されたところから始まります。そこでの彼の冒険が含まれており、創世記17章の出来事まで続きます。主は再び彼の前に現れ、彼の子孫が偉大な国になることを約束し、割礼の儀式を行い、彼の名前をアブラハムに変え、エホバからの「あー」という音を加えます。アブラハムの人生の第三期と最後の期には、イサクの誕生、サラの死(名前も変更されています)、メソポタミアにいたアブラハムの親戚の中からイサクの妻を見つけることになります。 アブラハムは、創世記25章に記録されているように、死ぬ時には175歳になっていると言われています。 しかし、ここで私たちが興味を持っているのは、アブラハムという人が地上に住んでいた何世紀も後に、イエスがマリアのもとに生まれた後のイエスの人生の最も奥の部分を預言したり、予言したりしているので、アブラハムの深い表象です。アブラハムは神の善や愛を表しています。御言葉の内的感覚は、神ご自身がマリアの中に卵子に命を与えられたことを教えているので、マリアはユダヤ教の宗教から自然な身体と自然な遺伝を提供することができ、一方でイエスの魂は神の命の直接の所有者として保たれていました。イエスの初期の人生の間、おそらく思春期までの間、イエスはアブラハムのそれらの代表的な行動を彼の心と精神の奥底の部分で生きていました。アブラハムは羊を放牧し、大きな家を経営していましたが、これが真実であることを全く知らなかったし、イエス様の人生の初期には、イエス様もそれに気づかなかったのです。イエスが12歳の時に神殿を訪問したことを目撃して、イエスが成長するにつれて認識があったに違いありませんが、イエスが完全に成長するまでは完全に理解していませんでした。 さらに、それはアブラハムだけではありません。 アブラハムが死ぬとき、その表現は、理性的な心のレベルを表すイサクに付着し、次に、ヤコブとエサウの両方に付着し、それぞれ心の中の真実と善についての自然な心を表しています。 そして、十二部族の試練、王たちの試練、預言者たちのすべての言葉が同じ表現になります。ですから、イエスはエマオへの道で出会った二人の弟子たちに、「愚かな者たちよ、心の遅い者たちよ...モーセとすべての預言者たちから始めて、ご自身に関するすべてのことをすべての聖典で彼らに説明してくださった」と言うことができます。 さらに,わたしたち一人一人の精神生活と霊的生活の歩みは,主の律法と戒律に従って互いに愛し合おうとしているならば,アブラハムの人生に代表されるような,ぼんやりとした有限のイメージでしかありません。わたしたちの中にも,カナンの地への旅,エジプトでの勤勉な滞在,荒野での戦い,サウル,ダビデ,アハブがいます。 アマレク人とペリシテ人もいます。旧約聖書の全体は、私たちの霊的生活がどのように機能しているかを示しています。 (以下の参照は、アブラム/アブラハムが年を取るにつれて、聖書の順序で時系列になっています)...


'Hills' signify the good of charity.

イスラエルの
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

イスラエル
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

モーセ
Moses's name appears 814 times in the Bible (KJV), third-most of any one character (Jesus at 961 actually trails David at 991). He himself wrote...

Zdroje pro rodiče a učitele

Zde uvedené položky jsou poskytnuty se svolením našich přátel z General Church of the New Jerusalem. Můžete prohledávat/procházet celou knihovnu kliknutím na odkaz this link.


 I Will Walk Among You
Make a chain of paper dolls and tape it so that the people are standing in a circle. Then assemble the color picture of the Lord to put in the center of the circle.
Project | Ages 4 - 10

 What Is Hell Like?
A lesson and activities exploring what hell is like and why the Lord allows people to choose to live there to eternity.
Religion Lesson | Ages over 15


Přeložit: