レビ記 19

Studovat vnitřní smysl

           

1 モーセに言われた、

2 イスラエルの人々の全会衆に言いなさい、『あなたがたのなるわたしは、聖であるから、あなたがたも聖でなければならない。

3 あなたがたは、おのおのそのとその父とをおそれなければならない。またわたしの安息日を守らなければならない。わたしはあなたがたのである。

4 むなしい神々に心を寄せてはならない。また自分のために神々を鋳て造ってはならない。わたしはあなたがたのである。

5 酬恩祭の犠牲をにささげるときは、あなたがたが受け入れられるように、それをささげなければならない。

6 それは、ささげたと、その翌とに食べ、目まで残ったものは、それをで焼かなければならない。

7 もし目に、少しでも食べるならば、それは忌むべきものとなって、あなたは受け入れられないであろう。

8 それを食べる者は、主の聖なる物を汚すので、そのとがを負わなければならない。その人は民のうちから断たれるであろう。

9 あなたがたの地の実のりを刈り入れるときは、のすみずみまで刈りつくしてはならない。またあなたの刈入れの落ち穂を拾ってはならない。

10 あなたのぶどう畑の実を取りつくしてはならない。またあなたのぶどう畑に落ちた実を拾ってはならない。貧しい者と寄留者とのために、これを残しておかなければならない。わたしはあなたがたのである。

11 あなたがたは盗んではならない。欺いてはならない。互に偽ってはならない。

12 わたしの名により偽り誓って、あなたがたの神の名を汚してはならない。わたしはである。

13 あなたの隣人をしえたげてはならない。また、かすめてはならない。日雇人の賃銀を明くるまで、あなたのもとにとどめておいてはならない。

14 耳しいを、のろってはならない。目しいのにつまずく物を置いてはならない。あなたの恐れなければならない。わたしはである。

15 さばきをするとき、不正を行ってはならない。貧しい者を片よってかばい、力ある者を曲げて助けてはならない。ただ正義をもって隣人をさばかなければならない。

16 民のうちを行き巡って、人の悪口を言いふらしてはならない。あなたの隣人のにかかわる偽証をしてはならない。わたしはである。

17 あなたは心に兄弟を憎んではならない。あなたの隣人をねんごろにいさめて、彼のゆえに罪を身に負ってはならない。

18 あなたはあだを返してはならない。あなたの民の人々に恨みをいだいてはならない。あなた自身のようにあなたの隣人さなければならない。わたしはである。

19 あなたがたはわたしの定めを守らなければならない。あなたの家畜に異なった種をかけてはならない。あなたのに二種の種をまいてはならない。二種の糸の混ぜ織りの衣服を身につけてはならない。

20 だれでも、人と婚約のある女奴隷で、まだあがなわれず、自由を与えられていない者と寝て交わったならば、彼らふたりは罰を受ける。しかし、殺されることはない。彼女は自由の女ではないからである。

21 しかし、その男は愆祭をに携えてこなければならない。すなわち、愆祭の雄を、会見の幕屋の入口に連れてこなければならない。

22 そして、祭司は彼の犯したのためにその愆祭の雄をもって、主のに彼のために、あがないをするであろう。こうして彼の犯したはゆるされるであろう。

23 あなたがたが、かの地にはいって、もろもろのくだもののを植えるときは、その実はまだ割礼をうけないものと、見なさなければならない。すなわち、それは年の間あなたがたには、割礼のないものであって、食べてはならない。

24 年目には、そのすべての実を聖なる物とし、それをさんびの供え物としてにささげなければならない。

25 しかし五年目には、あなたがたはその実を食べることができるであろう。こうするならば、それはあなたがたのために、多くの実を結ぶであろう。わたしはあなたがたのである。

26 あなたがたは何をものままで食べてはならない。また占いをしてはならない。魔法を行ってはならない。

27 あなたがたのびんの毛を切ってはならない。ひげの両端をそこなってはならない。

28 死人のために身を傷つけてはならない。また身に入墨をしてはならない。わたしはである。

29 あなたの遊女のわざをさせて、これを汚してはならない。これはみだらな事がに行われ、悪事が地に満ちないためである。

30 あなたがたはわたしの安息日を守り、わたしの聖所を敬わなければならない。わたしはである。

31 あなたがたは口寄せ、または占い師のもとにおもむいてはならない。彼らに問うて汚されてはならない。わたしはあなたがたのである。

32 あなたは白髪の人のでは、起立しなければならない。また老人を敬い、あなたの恐れなければならない。わたしはである。

33 もし他人があなたがたのに寄留して共にいるならば、これをしえたげてはならない。

34 あなたがたと共にいる寄留の他人を、あなたがたと同じに生れた者のようにし、あなた自身のようにこれをさなければならない。あなたがたもかつてエジプトで他人であったからである。わたしはあなたがたのである。

35 あなたがたは、さばきにおいても、物差しにおいても、はかりにおいても、ますにおいても、不正を行ってはならない。

36 あなたがたは正しいてんびん、正しいおもり、正しいエパ、正しいヒンを使わなければならない。わたしは、あなたがたをエジプトから導き出したあなたがたのである。あなたがたはわたしのすべての定めと、わたしのすべてのおきてを守って、これを行わなければならない。わたしはである』」。

37 あなたがたはわたしのすべての定めと、わたしのすべてのおきてを守って、これを行わなければならない。わたしはである』」。

  
   Studovat vnitřní smysl

Přeložit: