士師記 9

Study

           

1 さてエルバアルのアビメレクシケムに行き、の身内の人たちのもとに行って、彼らとの父のの一族とに言った、

2 「どうぞ、シケムのすべての人々の耳に告げてください、『エルバアルのすべての七十人であなたがたを治めるのと、ただひとりであなたがたを治めるのと、どちらがよいか。わたしがあなたがたのであることを覚えてください』と」。

3 そこでの身内の人たちがアビメレクに代ってこれらの言葉をことごとくシケムのすべての人々の耳に告げると、彼らはアビメレクに傾け、「彼はわれわれの兄弟だ」と言って、

4 バアル・ベリテの宮から七十シケルを取って彼に与えた。アビメレクはそれをもって、やくざのならず者を雇って自分に従わせ、

5 オフラにある父のに行って、エルバアルので、自分の兄弟である七十人を、一つの石の上で殺した。ただしエルバアルの末のヨタムは身を隠したので生き残った

6 そこでシケムのすべての人々とベテミロのすべての人々は集まり、行ってシケムにある石の柱のかたわらのテレビンの木のもとで、アビメレクを立てて王とした。

7 このことをヨタムに告げる者があったので、ヨタムは行ってゲリジムの頂に立ち、大声に叫んで彼らに言った、「シケムの人々よ、わたしに聞きなさい。そうすればはあなたがたに聞かれるでしょう。

8 ある時、もろもろのが自分たちの上に王を立てようと出て行ってオリブのに言った、『わたしたちの王になってください』。

9 しかしオリブのは彼らに言った、『わたしはどうしてと人とをあがめるために用いられるわたしの油を捨てて行って、もろもろのを治めることができましょう』。

10 もろもろのはまたいちじくのに言った、『きてわたしたちの王になってください』。

11 しかしいちじくのは彼らに言った、『わたしはどうしてわたしの甘味と、わたしの良い果実とを捨てて行って、もろもろのを治めることができましょう』。

12 もろもろのはまたぶどうのに言った、『きてわたしたちの王になってください』。

13 しかし、ぶどうのは彼らに言った、『わたしはどうしてと人とを喜ばせるわたしのぶどう酒を捨てて行って、もろもろのを治めることができましょう』。

14 そこですべてのいばらに言った、『きてわたしたちの王になってください』。

15 いばらはもろもろのに言った、『あなたがたが真実にわたしを立てて王にするならば、きてわたしの陰に難を避けなさい。そうしなければ、いばらからが出てレバノンの香柏を焼きつくすでしょう』。

16 あなたがたがアビメレクを立てて王にしたことは、真実と敬意とをもってしたものですか。あなたがたはエルバアルとそのをよく扱い、彼のおこないに応じてしたのですか。

17 わたしの父はあなたがたのために戦い、自分の命を投げ出して、あなたがたをミデアンのから救い出したのに、

18 あなたがたは、きょう、わたしの父のに反抗して起り、その七十人を一つの石の上で殺し、その腰元のアビメレクをあなたがたの身内の者であるゆえに立てて、シケムの人々の王にしました。

19 あなたがたが、きょう、エルバアルとそのになされたことが真実と敬意をもってしたものであるならば、アビメレクのために喜びなさい。彼もまたあなたがたのために喜ぶでしょう。

20 しかし、そうでなければ、アビメレクからが出て、シケムの人々とベテミロとを焼きつくし、またシケムの人々とベテミロからもが出てアビメレクを焼きつくすでしょう」。

21 こうしてヨタムは走って逃げ去り、ベエルに行き、兄弟アビメレクのをさけてそこに住んだ。

22 アビメレク年の間イスラエルを治めたが、

23 アビメレクシケムの人々の間に悪霊をおくられたので、シケムの人々はアビメレクを欺くようになった。

24 これはエルバアルの七十人のが受けた暴虐と彼らのが、彼らを殺した兄弟アビメレクの上と、彼のを強めてその兄弟を殺させたシケムの人々の上とに報いとなってきたのである。

25 シケムの人々は彼に敵して待ち伏せする者を々の頂におき、すべてその道を通り過ぎる者を略奪させた。このことがアビメレクに告げ知らされた。

26 さてエベデのガアルはその身内の人々と一緒にシケムに移住したが、シケムの人々は彼を信用した。

27 人々はに出てぶどうを取り入れ、それを踏み絞って祭をし、神の宮に行って飲み食いしてアビメレクをのろった。

28 そしてエベデのガアルは言った、「アビメレクは何ものか。シケムのわれわれは何ものなれば彼に仕えなければならないのか。エルバアルのとその役人ゼブルはシケム先祖ハモルの一族に仕えたではないか。われわれはどうして彼に仕えなければならないのか。

29 ああ、この民がわたしの下にあったらよいのだが。そうすればわたしはアビメレクをやめさせ、アビメレクに向かって『おまえの勢を増して出てこい』と言うであろう」。

30 のつかさゼブルはエベデのガアルの言葉を聞いて怒りを発し、

31 使者をアルマにおるアビメレクにつかわして言わせた、「エベデのガアルとその身内の人々がシケムにきて、を騒がせ、あなたにそむかせようとしています。

32 それであなたと、あなたと共におる人々がのうちに行って、野に身を伏せ、

33 になって、日ののぼるとき、早く起き出てを襲うならば、ガアルと、彼と共におる民は出てきて、あなたに抵抗するでしょう。その時あなたは機を得て、彼らを撃つことができるでしょう」。

34 アビメレクと、彼と共にいたすべての民はのうちに起き出て、組に分れ、身を伏せてシケムをうかがった。

35 エベデのガアルが出て、の入口に立ったとき、アビメレクと、彼と共にいた民が身を伏せていたところから立ちあがったので、

36 ガアルは民を見てゼブルに言った、「ごらんなさい。民が々の頂からおりてきます」。ゼブルは彼に言った、「あなたは々のを人のように見るのです」。

37 ガアルは再び言った、「ごらんなさい。民がの中央部からおりてきます。一組は占い師のテレビンの木の方からきます」。

38 ゼブルは彼に言った、「あなたがかつて『アビメレクは何ものか。われわれは何ものなれば彼に仕えなければならないのか』と言ったあなたのは今どこにありますか。これはあなたが侮った民ではありませんか。今、出て彼らと戦いなさい」。

39 そこでガアルはシケムの人々を率い、出てアビメレクと戦ったが、

40 アビメレクは彼を追ったので、ガアルは彼のから逃げた。そして傷つき倒れる者が多く、の入口にまで及んだ。

41 こうしてアビメレクは引き続いてアルマにいたが、ゼブルはガアルとその身内の人々を追い出してシケムにおらせなかった。

42 翌日、民がに出ると、そのことがアビメレクに聞えた。

43 アビメレクは自分の民を率い、それを組に分け、野に身を伏せて、うかがっていると、民がから出てきたので、たちあがってこれを撃った。

44 アビメレクと、彼と共にいた組の者は襲って行って、の入口に立ち、他の組は野にいたすべてのものを襲って、それを殺した。

45 アビメレクはその、終を攻め、ついにを取って、そのうちの民を殺し、を破壊して、をまいた。

46 シケムのやぐらの人々は皆これを聞いて、エルベリテの宮のにはいった。

47 シケムのやぐらの人々が皆集まったことがアビメレクに聞えたので、

48 アビメレクは自分と一緒にいた民をことごとく率いてザルモンにのぼり、アビメレクにおのを取って、の枝を切り落し、それを取りあげて自分の肩にのせ、一緒にいた民にむかって言った、「あなたがたはわたしがしたことを見たとおりに急いでしなさい」。

49 そこで民もまた皆おのおのその枝を切り落し、アビメレクに従って行って、枝をによせかけ、をつけて彼らを攻めた。こうしてシケムのやぐらの人々もまたことごとく死んだ。男女おおよそ一人であった。

50 ついでアビメレクはテベツに行き、テベツに向かって陣を張り、これを攻め取ったが、

51 に一つの堅固なやぐらがあって、すべての男女すなわちの人々が皆そこに逃げ込み、あとを閉ざして、やぐらの屋根に上ったので、

52 アビメレクはやぐらのもとに押し寄せてこれを攻め、やぐらの入口に近づいて、をつけて焼こうとしたとき、

53 ひとりの女がアビメレクのに、うすの上石を投げて、その骸骨を砕いた。

54 アビメレクは自分の武器を持つ若者を急ぎ呼んで言った、「つるぎを抜いてわたしを殺せ。さもないと人々はわたしを、女に殺されたのだと言うであろう」。その若者が彼を刺し通したので彼は死んだ。

55 イスラエルの人々はアビメレクの死んだのを見て、おのおの去って家に帰った。

56 このようにアビメレクがその兄弟七十人を殺して、自分の父に対して犯した悪に報いられた。またはシケムの人々のすべての悪を彼らのこうべに報いられた。こうしてエルバアルの子ヨタムののろいが、彼らに臨んだのである。

57 またシケムの人々のすべての悪を彼らのこうべに報いられた。こうしてエルバアルのヨタムののろいが、彼らに臨んだのである。

  

Exploring the Meaning of 士師記 9      

Napsal(a) Rev. Julian Duckworth

Judges 9: Abimelech’s conspiracy, the parable of the trees, Abimelech’s downfall.

This chapter follows the story of Gideon’s many sons; he had seventy sons by his many wives, and also one other son, Abimelech, by a concubine. After Gideon’s death, Abimelech went to the men of Shechem, where his mother’s family lived, and asked them if they would rather be ruled by seventy sons, or by him. The men of Shechem agreed it would be better to have one king, so they gave him seventy pieces of silver from the temple of Baal. Using the silver, Abimelech hired men to come with him, and they killed the seventy sons of Gideon except the youngest, Jotham, who hid. Then they anointed Abimelech king.

When Jotham heard the news, he stood on the top of Mount Gerizim and taunted the men of Shechem with a parable. In his parable, the trees were searching for a king to lead them; they ask the olive, then the fig, then the vine to rule over them. Each refuses, because they do not want to give up their special purpose. Finally, the bramble agrees to lead them, but gives them the choice of either sheltering in its non-existent shade or being consumed by its own fire.

Jotham explained the parable, warning that Abimelech and the men of Shechem would more than likely tear each other down in the end. Then he fled to Beer to escape his brother’s vengeance.

After Abimelech had ruled Israel for three years, the Lord sent an evil spirit to spark ill-will between Abimelech and the men of Shechem. This evil spirit was meant to avenge the killing of Gideon’s seventy sons.

The rest of this chapter describes the city’s descent into chaos, illustrating the various manifestations of evil and falsity through many examples. Robbers were sent to ambush travellers in the mountains, the people of Shechem drunkenly cursed Abimelech in the temple of their god, and the tower of Shechem was burned, killing a thousand hiding in it. Finally, Abimelech lay siege to Thebez, and the people took shelter on the top of a tower there. When he tried to burn that tower, a woman hurled down a millstone to break Abimelech’s skull. In his final moments, Abimelech commanded his armourbearer to kill him with his sword, so that people would not say he was killed by a woman. All of these incidents depict the absolute corruption under Abimelech’s rule.

*****

The key to understanding this story is that Gideon’s son, Abimelech, is the son of a concubine, not a lawful wife. Spiritually speaking, a concubine stands for a love that has become distorted. A genuine love for someone is a love for sake of that other person, while a distorted love means loving someone for what we can get from them (see Swedenborg’s work, Divine Love and Wisdom 271[2], on the love of dominating for the sake of self-love).

The references to Gideon’s seventy sons stand for the enormity of Abimelech’s wrongdoing. The number ‘seven’ stands for something fully worked through, and seventy even more so.

Jotham’s parable presents three levels of pure love: the love of the Lord (the olive with its fragrant oil), the love of truth (the vine with its rich wine), and the love of use (the fig with its abundant seeds). The bramble, with its painful grip, stands for a love of evil and falsity (see Swedenborg’s work, Arcana Caelestia 273).

The evil spirit sent by the Lord seems to show that God was punishing his own people, but that is only how things appear (Arcana Caelestia 1838). When we look deeper, we will realize that we are punished by our own evil actions, for evil breeds more evil and there is no rest for the wicked (see Isaiah 48:22). In regeneration, the process of breaking down the power of evil and false states in ourselves is called “vastation”. Once we have done the grueling work to minimize these influences over us, we can fully appreciate the joys of spiritual life (Arcana Caelestia 2694[2]).

Spiritually, an ambush depicts the way hell attacks our minds: without warning. Drunkenness and cursing a former ally stands for the abandonment of all values and integrity. The tower represents the pride which rises up in self-love and love of dominance, and beyond that, Abimelech’s aversion to being killed by a woman stands for the rejection of all that is good and true. Her millstone grinds corn to make it edible, in the same way that we must process truths to put them to use (see Swedenborg’s work, Apocalypse Explained 1182).

This powerful chapter shows the descent of evil into greater evils, until they become so consuming they have no vestige of good left, and no recognition of truth remaining. The final two verses state: “Thus God repaid the wickedness of Abimelech, which he had done to his father by killing his seventy brothers. And all the evil of the men of Shechem God returned on their own heads, and on them came the curse of Jotham the son of Gideon.”

    Studovat vnitřní smysl

Přeložit: