士師記 9

Studovat vnitřní smysl
← 士師記 8   士師記 10 →         

1 さてエルバアルのアビメレクシケムに行き、の身内の人たちのもとに行って、彼らとの父のの一族とに言った、

2 「どうぞ、シケムのすべての人々の耳に告げてください、『エルバアルのすべての七十人であなたがたを治めるのと、ただひとりであなたがたを治めるのと、どちらがよいか。わたしがあなたがたのであることを覚えてください』と」。

3 そこでの身内の人たちがアビメレクに代ってこれらの言葉をことごとくシケムのすべての人々の耳に告げると、彼らはアビメレクに傾け、「彼はわれわれの兄弟だ」と言って、

4 バアル・ベリテの宮から七十シケルを取って彼に与えた。アビメレクはそれをもって、やくざのならず者を雇って自分に従わせ、

5 オフラにある父のに行って、エルバアルので、自分の兄弟である七十人を、一つの石の上で殺した。ただしエルバアルの末のヨタムは身を隠したので生き残った

6 そこでシケムのすべての人々とベテミロのすべての人々は集まり、行ってシケムにある石の柱のかたわらのテレビンの木のもとで、アビメレクを立てて王とした。

7 このことをヨタムに告げる者があったので、ヨタムは行ってゲリジムの頂に立ち、大声に叫んで彼らに言った、「シケムの人々よ、わたしに聞きなさい。そうすればはあなたがたに聞かれるでしょう。

8 ある時、もろもろのが自分たちの上に王を立てようと出て行ってオリブのに言った、『わたしたちの王になってください』。

9 しかしオリブのは彼らに言った、『わたしはどうしてと人とをあがめるために用いられるわたしの油を捨てて行って、もろもろのを治めることができましょう』。

10 もろもろのはまたいちじくのに言った、『きてわたしたちの王になってください』。

11 しかしいちじくのは彼らに言った、『わたしはどうしてわたしの甘味と、わたしの良い果実とを捨てて行って、もろもろのを治めることができましょう』。

12 もろもろのはまたぶどうのに言った、『きてわたしたちの王になってください』。

13 しかし、ぶどうのは彼らに言った、『わたしはどうしてと人とを喜ばせるわたしのぶどう酒を捨てて行って、もろもろのを治めることができましょう』。

14 そこですべてのいばらに言った、『きてわたしたちの王になってください』。

15 いばらはもろもろのに言った、『あなたがたが真実にわたしを立てて王にするならば、きてわたしの陰に難を避けなさい。そうしなければ、いばらからが出てレバノンの香柏を焼きつくすでしょう』。

16 あなたがたがアビメレクを立てて王にしたことは、真実と敬意とをもってしたものですか。あなたがたはエルバアルとそのをよく扱い、彼のおこないに応じてしたのですか。

17 わたしの父はあなたがたのために戦い、自分の命を投げ出して、あなたがたをミデアンのから救い出したのに、

18 あなたがたは、きょう、わたしの父のに反抗して起り、その七十人を一つの石の上で殺し、その腰元のアビメレクをあなたがたの身内の者であるゆえに立てて、シケムの人々の王にしました。

19 あなたがたが、きょう、エルバアルとそのになされたことが真実と敬意をもってしたものであるならば、アビメレクのために喜びなさい。彼もまたあなたがたのために喜ぶでしょう。

20 しかし、そうでなければ、アビメレクからが出て、シケムの人々とベテミロとを焼きつくし、またシケムの人々とベテミロからもが出てアビメレクを焼きつくすでしょう」。

21 こうしてヨタムは走って逃げ去り、ベエルに行き、兄弟アビメレクのをさけてそこに住んだ。

22 アビメレク年の間イスラエルを治めたが、

23 アビメレクシケムの人々の間に悪霊をおくられたので、シケムの人々はアビメレクを欺くようになった。

24 これはエルバアルの七十人のが受けた暴虐と彼らのが、彼らを殺した兄弟アビメレクの上と、彼のを強めてその兄弟を殺させたシケムの人々の上とに報いとなってきたのである。

25 シケムの人々は彼に敵して待ち伏せする者を々の頂におき、すべてその道を通り過ぎる者を略奪させた。このことがアビメレクに告げ知らされた。

26 さてエベデのガアルはその身内の人々と一緒にシケムに移住したが、シケムの人々は彼を信用した。

27 人々はに出てぶどうを取り入れ、それを踏み絞って祭をし、神の宮に行って飲み食いしてアビメレクをのろった。

28 そしてエベデのガアルは言った、「アビメレクは何ものか。シケムのわれわれは何ものなれば彼に仕えなければならないのか。エルバアルのとその役人ゼブルはシケム先祖ハモルの一族に仕えたではないか。われわれはどうして彼に仕えなければならないのか。

29 ああ、この民がわたしの下にあったらよいのだが。そうすればわたしはアビメレクをやめさせ、アビメレクに向かって『おまえの勢を増して出てこい』と言うであろう」。

30 のつかさゼブルはエベデのガアルの言葉を聞いて怒りを発し、

31 使者をアルマにおるアビメレクにつかわして言わせた、「エベデのガアルとその身内の人々がシケムにきて、を騒がせ、あなたにそむかせようとしています。

32 それであなたと、あなたと共におる人々がのうちに行って、野に身を伏せ、

33 になって、日ののぼるとき、早く起き出てを襲うならば、ガアルと、彼と共におる民は出てきて、あなたに抵抗するでしょう。その時あなたは機を得て、彼らを撃つことができるでしょう」。

34 アビメレクと、彼と共にいたすべての民はのうちに起き出て、組に分れ、身を伏せてシケムをうかがった。

35 エベデのガアルが出て、の入口に立ったとき、アビメレクと、彼と共にいた民が身を伏せていたところから立ちあがったので、

36 ガアルは民を見てゼブルに言った、「ごらんなさい。民が々の頂からおりてきます」。ゼブルは彼に言った、「あなたは々のを人のように見るのです」。

37 ガアルは再び言った、「ごらんなさい。民がの中央部からおりてきます。一組は占い師のテレビンの木の方からきます」。

38 ゼブルは彼に言った、「あなたがかつて『アビメレクは何ものか。われわれは何ものなれば彼に仕えなければならないのか』と言ったあなたのは今どこにありますか。これはあなたが侮った民ではありませんか。今、出て彼らと戦いなさい」。

39 そこでガアルはシケムの人々を率い、出てアビメレクと戦ったが、

40 アビメレクは彼を追ったので、ガアルは彼のから逃げた。そして傷つき倒れる者が多く、の入口にまで及んだ。

41 こうしてアビメレクは引き続いてアルマにいたが、ゼブルはガアルとその身内の人々を追い出してシケムにおらせなかった。

42 翌日、民がに出ると、そのことがアビメレクに聞えた。

43 アビメレクは自分の民を率い、それを組に分け、野に身を伏せて、うかがっていると、民がから出てきたので、たちあがってこれを撃った。

44 アビメレクと、彼と共にいた組の者は襲って行って、の入口に立ち、他の組は野にいたすべてのものを襲って、それを殺した。

45 アビメレクはその、終を攻め、ついにを取って、そのうちの民を殺し、を破壊して、をまいた。

46 シケムのやぐらの人々は皆これを聞いて、エルベリテの宮のにはいった。

47 シケムのやぐらの人々が皆集まったことがアビメレクに聞えたので、

48 アビメレクは自分と一緒にいた民をことごとく率いてザルモンにのぼり、アビメレクにおのを取って、の枝を切り落し、それを取りあげて自分の肩にのせ、一緒にいた民にむかって言った、「あなたがたはわたしがしたことを見たとおりに急いでしなさい」。

49 そこで民もまた皆おのおのその枝を切り落し、アビメレクに従って行って、枝をによせかけ、をつけて彼らを攻めた。こうしてシケムのやぐらの人々もまたことごとく死んだ。男女おおよそ一人であった。

50 ついでアビメレクはテベツに行き、テベツに向かって陣を張り、これを攻め取ったが、

51 に一つの堅固なやぐらがあって、すべての男女すなわちの人々が皆そこに逃げ込み、あとを閉ざして、やぐらの屋根に上ったので、

52 アビメレクはやぐらのもとに押し寄せてこれを攻め、やぐらの入口に近づいて、をつけて焼こうとしたとき、

53 ひとりの女がアビメレクのに、うすの上石を投げて、その骸骨を砕いた。

54 アビメレクは自分の武器を持つ若者を急ぎ呼んで言った、「つるぎを抜いてわたしを殺せ。さもないと人々はわたしを、女に殺されたのだと言うであろう」。その若者が彼を刺し通したので彼は死んだ。

55 イスラエルの人々はアビメレクの死んだのを見て、おのおの去って家に帰った。

56 このようにアビメレクがその兄弟七十人を殺して、自分の父に対して犯した悪に報いられた。またはシケムの人々のすべての悪を彼らのこうべに報いられた。こうしてエルバアルの子ヨタムののろいが、彼らに臨んだのである。

57 またシケムの人々のすべての悪を彼らのこうべに報いられた。こうしてエルバアルのヨタムののろいが、彼らに臨んだのである。

← 士師記 8   士師記 10 →
   Studovat vnitřní smysl

Exploring the Meaning of Judges 9      

Napsal(a) Rev. Julian Duckworth

Judges 9: Abimelech’s conspiracy, the parable of the trees, Abimelech’s downfall.

This chapter follows the story of Gideon’s many sons; he had seventy sons by his many wives, and also one other son, Abimelech, by a concubine. After Gideon’s death, Abimelech went to the men of Shechem, where his mother’s family lived, and asked them if they would rather be ruled by seventy sons, or by him. The men of Shechem agreed it would be better to have one king, so they gave him seventy pieces of silver from the temple of Baal. Using the silver, Abimelech hired men to come with him, and they killed the seventy sons of Gideon except the youngest, Jotham, who hid. Then they anointed Abimelech king.

When Jotham heard the news, he stood on the top of Mount Gerizim and taunted the men of Shechem with a parable. In his parable, the trees were searching for a king to lead them; they ask the olive, then the fig, then the vine to rule over them. Each refuses, because they do not want to give up their special purpose. Finally, the bramble agrees to lead them, but gives them the choice of either sheltering in its non-existent shade or being consumed by its own fire.

Jotham explained the parable, warning that Abimelech and the men of Shechem would more than likely tear each other down in the end. Then he fled to Beer to escape his brother’s vengeance.

After Abimelech had ruled Israel for three years, the Lord sent an evil spirit to spark ill-will between Abimelech and the men of Shechem. This evil spirit was meant to avenge the killing of Gideon’s seventy sons.

The rest of this chapter describes the city’s descent into chaos, illustrating the various manifestations of evil and falsity through many examples. Robbers were sent to ambush travellers in the mountains, the people of Shechem drunkenly cursed Abimelech in the temple of their god, and the tower of Shechem was burned, killing a thousand hiding in it. Finally, Abimelech lay siege to Thebez, and the people took shelter on the top of a tower there. When he tried to burn that tower, a woman hurled down a millstone to break Abimelech’s skull. In his final moments, Abimelech commanded his armourbearer to kill him with his sword, so that people would not say he was killed by a woman. All of these incidents depict the absolute corruption under Abimelech’s rule.

*****

The key to understanding this story is that Gideon’s son, Abimelech, is the son of a concubine, not a lawful wife. Spiritually speaking, a concubine stands for a love that has become distorted. A genuine love for someone is a love for sake of that other person, while a distorted love means loving someone for what we can get from them (see Swedenborg’s work, Divine Love and Wisdom 271[2], on the love of dominating for the sake of self-love).

The references to Gideon’s seventy sons stand for the enormity of Abimelech’s wrongdoing. The number ‘seven’ stands for something fully worked through, and seventy even more so.

Jotham’s parable presents three levels of pure love: the love of the Lord (the olive with its fragrant oil), the love of truth (the vine with its rich wine), and the love of use (the fig with its abundant seeds). The bramble, with its painful grip, stands for a love of evil and falsity (see Swedenborg’s work, Arcana Caelestia 273).

The evil spirit sent by the Lord seems to show that God was punishing his own people, but that is only how things appear (Arcana Caelestia 1838). When we look deeper, we will realize that we are punished by our own evil actions, for evil breeds more evil and there is no rest for the wicked (see Isaiah 48:22). In regeneration, the process of breaking down the power of evil and false states in ourselves is called “vastation”. Once we have done the grueling work to minimize these influences over us, we can fully appreciate the joys of spiritual life (Arcana Caelestia 2694[2]).

Spiritually, an ambush depicts the way hell attacks our minds: without warning. Drunkenness and cursing a former ally stands for the abandonment of all values and integrity. The tower represents the pride which rises up in self-love and love of dominance, and beyond that, Abimelech’s aversion to being killed by a woman stands for the rejection of all that is good and true. Her millstone grinds corn to make it edible, in the same way that we must process truths to put them to use (see Swedenborg’s work, Apocalypse Explained 1182).

This powerful chapter shows the descent of evil into greater evils, until they become so consuming they have no vestige of good left, and no recognition of truth remaining. The final two verses state: “Thus God repaid the wickedness of Abimelech, which he had done to his father by killing his seventy brothers. And all the evil of the men of Shechem God returned on their own heads, and on them came the curse of Jotham the son of Gideon.”

Swedenborg

Výklad(y) nebo odkazy ze Swedenborgových prací:

Arcana Coelestia 157, 1666, 2455, 4430, 9207, 9277, 9905, ...


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Apocalypse Explained 638

Jiný komentář

  Příběhy:


  Duchovní témata:



Skočit na podobné biblické verše

創世記 29:14, 33:19

民数記 21:16, 28

申命記 27:12

ヨシュア記 8:3, 4, 20:7, 24:26

士師記 1:7, 4:9, 6:11, 8:30, 33, 35, 9:4, 15, 20, 27, 57, 11:3, 12:3

サムエル記上 2:3, 16:14, 15, 25:10, 31:4

サムエル記下 1:9, 3:39, 5:9, 11:21, 15:4, 13

列王記上 1:21, 2:32, 33, 12:16, 22:23

列王記下 3:25, 11:3, 14:8, 9

歴代誌下 13:7, 21:4

ヨブ記 31:3

詩編 7:17, 10:8, 68:15, 94:23, 104:15

箴言 5:22

イザヤ書 3:11

哀歌 4:20

エゼキエル書 19:14

使徒言行録 17:5

ヤコブの手紙 4:16

Významy biblických slov


骨は丈夫で支持力があり、私たちの体の骨格を提供し、動きや行動を可能にしています。彼らはまた、ミネラルマトリックスで構成されたその構造の多くは、私たちの体の少なくとも "生きている "部分です。このように、骨は強く、支えとなり、機能的ではありますが、私たちの精神的な構造の中ではほとんど死んでしまっている部分でもあります。 前庭は、生命を自分自身のものとして感じ、自分の愛や思考を自分自身の中にあるものとして認識している部分です。これは人間であることの重要かつ強力な側面であり、それゆえに、私たちは自分の思考を改革し、行動を指示する責任を負い、主に近づく力を感じます。それが「強く、支えとなる機能的な」部分です。しかし、この自己意識もまた間違っていて、だまされているのです。それが「生来的にほぼ死んでいる」部分です。 主を見ずに単にプロプリウムに従うだけでは、自分が万能だと信じて主の存在を完全に否定するような地獄のような状態に陥ります。骨はそれだけで乾いてもろくなり、完全に死んでしまいます。しかし、もし私たちが主を認めて主に従うならば、それは骨に肉をつけて生きているようなものです。その場合,骨は強く,支えとなり,保護し,可能な限り生きているという意味で,知性との関係では前庭を表しています。骨の上にある肉は、私たちの欲望を自分のものとして感じながらも、骨が提供してくれる構造を主に仕えるために利用する部分である、前庭膜の愛に満ちた側面を表しています。


Flesh has several meanings just in its most obvious form. It can mean all living creatures as when the Lord talks about the flood "destroying...


In general, mothers in the Bible represent the Lord's church on earth, or the church among those who know and follow the Lord. In some...


The heart means love. A good heart means love to the Lord and to the neighbor while a hard or stony heart means the love...


'Money' relates to truth.

残った
In Leviticus 6:16, 'Aaron and his sons eating the remainder' signifies a person’s reciprocation and making something one's own. This represents conjunction by means of...

聞かれる
'To hearken to father and mother,' as mentioned in Genesis 28:7, signifies obedience from affection. 'To hearken,' as mentioned in Genesis 30:22, signifies providence. See...

良い
It seems rather circular to say that “good” in the Bible represents good, but in a general sense it’s true! The case is this: The...

いばら
A bramble (Exod. 3:2) signifies scientific truth, because all small shrubs of every kind signify scientifics, but the greater shrubs themselves signify perceptions and knowledges....

真実に
There's a great deal of talk in Swedenborg about "truth" as a concept – it's how we learn the Lord's will, what we must seek...

レバノン
'Lebanon' signifies spiritual good. 'Lebanon' signifies the church regarding the perception of truth from the rational self.

石の
Stones in the Bible in general represent truths, or things we know concerning the Lord and what He wants from us and for us in...


Stones in the Bible in general represent truths, or things we know concerning the Lord and what He wants from us and for us in...


A "house" is essentially a container - for a person, for a family, for several families or even for a large group with shared interests...

真実
There's a great deal of talk in Swedenborg about "truth" as a concept – it's how we learn the Lord's will, what we must seek...

喜び
To make glad signifies influx and reception from joy of heart.

喜ぶ
To make glad signifies influx and reception from joy of heart.


“The eyes are the windows of the soul.” That’s a sentiment with roots somewhere in murky antiquity, but one that has become hopelessly cliché because...


Bloods signify evil, in Ezek. 16:9.

殺した
'To slay a man to his wounding,' means extinguishing faith, and 'to slay a young man to his hurt,' signifies extinguishing charity, as in Genesis...

神の
主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。

先祖
Father in the Word means what is most interior, and in those things that are following the Lord's order, it means what is good. In...

下に
Generally speaking things that are seen as lower physically in the Bible represent things that are lower or more external spiritually. In some cases this...


Generally speaking things that are seen as lower physically in the Bible represent things that are lower or more external spiritually. In some cases this...


A host and an army come from the same Hebrew word and mean the same thing in Bible; when the Children of Israel were numbered...

言葉
'Word,' as in Psalms 119:6-17, stands for doctrine in general. 'The Word,' as in Psalms 147:18, signifies divine good united with divine truth. 'Word,' as...

怒り
怒りは、それが定義を必要としないほど、人々にとって非常に一般的な感情です。しかし、興味のある点をいくつか挙げることができます。 1) 主は決して怒られません。怒りが主に帰するのは、この言葉が人間に意味を持たせるために書かれているからであり、人間が悪であるときには、主は怒るべきであるかのように思えるからです。そして、そのように考えることは人を傷つけることではありません。また、悪人が自分の計画がうまくいかない時に、主に怒りを感じて、それが返ってくると思っています。 2) 熱意はしばしば怒りのように見えますが、そうではなく、悪い動機ではなく、良い動機から来ています。怒りは利己的な愛が妨げられたり、攻撃されたりしたときに人に現れますが、熱意は善良な愛や価値ある真理が妨げられたり、攻撃されたりしたときに人に現れます。悪魔やサタンは怒りを感じ、それをよく感じ、攻撃しようとします。天使は熱意を感じ、しばしばそれを感じ、守ろうとすることがあります。

使者
'A messenger' signifies communication.


Morning comes with the rising of the sun, and the sun – which gives life to the earth with its warmth and light – represents...


The sun in the Bible represents the Lord, with its heat representing His love and its light representing His wisdom. “Daytime,” then, represents a state...


The number "four" in the Bible represents things being linked together or joined. This is partly because four is two times two, and two represents...


'The shadow is good' of the oak, poplar and elm means complacence.

見る
The symbolic meaning of "seeing" is "understanding," which is obvious enough that it has become part of common language (think about it; you might see...


Generally in the Bible a "country" means a political subdivision ruled by a king, or sometimes a tribe with a territory ruled by a king...


In most cases, "mouth" in the Bible represents thought and logic, especially the kind of active, concrete thought that is connected with speech. The reason...


ほとんどの場合、"before "の意味は簡単です。相対的な時間を評価する方法としても、"誰かの前で "という意味でも、"before "は使われます。しかし,主に関連して使われる場合には,より深い意味を持ちます。主の前に」いるということは、主の前にいるだけでなく、主から善の欲求と真理の理解を受けて、それに従って生きることを意味します。そして、主に関連して時間の評価として使われる場合、「前に」とは「永遠に」という意味であり、私たちが経験する時間ではなく、霊的な状態を指します。

逃げた
Flight, as in Matthew 14:20, signifies removal from a state of the good of love and innocence. Flight, as in Mark 8:18, signifies the last...


When we have a desire to be good people and to do good things, the natural first questions are "What does that mean?" "What should...


The Writings talk about many aspects of life using the philosophical terms "end," "cause" and "effect." The "end" is someone’s goal or purpose, the ultimate...


"Gates" in ancient times had a significance that does not hold in the modern world. Cities then were enclosed by walls for protection; gates in...


The number "two" has two different meanings in the Bible. In most cases "two" indicates a joining together or unification. This is easy to see...


The expression 'even to this day' or 'today' sometimes appears in the Word, as in Genesis 19:37-38, 22:14, 26:33, 32:32, 35:20, and 47:26. In a...


'Salt' is the desire of conjunction of truth with good, which is why only salt will conjoin water, which corresponds to truth, and oil, which...


The Writings tell us that the Lord's love is the sun of heaven, and it is natural for us to look above ourselves to the...


Scientists believe that one of the most crucial developments in the evolution of humans was bipedalism – walking on two legs. That left our hands...


In general, plants in the Bible represent facts, thoughts and ideas – intellectual things. This makes sense: Plants are rooted in place, but can grow...

見た
To look,' as in Genesis 18:22, signifies thinking, because seeing denotes understanding. Look not back behind thee,' as in Genesis 19:17, means that Lot, who...

急いで
'To hasten' or 'hastiness' in the internal sense, does not denote what is quick, but what is certain, and also what is full, thus every...


'A tower,' as in Genesis 11:4, signifies the worship of self, which consists of a person exalting himself above others, even to the point of...


As children, most of us at some point frustrated our mothers into using the phrase “if I've told you once, I've told you a thousand...


Cities of the mountain and cities of the plain (Jer. 33:13) signify doctrines of charity and faith.


'Middle' denotes what is primary, principal, or inmost.

屋根
'A house-top,' as mentioned in Matthew 24:13, signifies the superior state of a person, and consequently, his state as to good.


Just as natural fire can be both comforting in keeping you warm or scary in burning down your house, so fire in the spiritual sense...


The head is the part of us that is highest, which means in a representative sense that it is what is closest to the Lord....

若者
"Youths" or "Young men" generally represent intelligence or the understanding of truth. This is fitting, since adolescent boys tend to be more advanced intellectually than...

殺された
'To slay a man to his wounding,' means extinguishing faith, and 'to slay a young man to his hurt,' signifies extinguishing charity, as in Genesis...

言う
As with many common verbs, the meaning of “to say” in the Bible is highly dependent on context. Who is speaking? Who is hearing? What...

イスラエル
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

イスラエルの
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

アビメレクの
Abimelech, his companion Ahusath, and Phicol, the chief captain of his army (Genesis 26:26), represent the doctrinals of faith as grounded in the literal sense...

見て
To look,' as in Genesis 18:22, signifies thinking, because seeing denotes understanding. Look not back behind thee,' as in Genesis 19:17, means that Lot, who...

アビメレク
Abimelech, his companion Ahusath, and Phicol, the chief captain of his army (Genesis 26:26), represent the doctrinals of faith as grounded in the literal sense...

兄弟
Brethren (Gen. 27:29) signify the affections of good.


Brethren (Gen. 27:29) signify the affections of good.


主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。

シケム
In Genesis 12:6, 'Abram’s passing through the land unto the place Shechem' signifies a new state of the Lord when the celestial aspects of love...


A child is a young boy or girl in the care of parents, older than a suckling or an infant, but not yet an adolescent....

のろい
The Lord is love itself, and his love for us never wavers and never changes. What does waver and change is the degree to which...

Zdroje pro rodiče a učitele

Zde uvedené položky jsou poskytnuty se svolením našich přátel z General Church of the New Jerusalem. Můžete prohledávat/procházet celou knihovnu kliknutím na odkaz this link.


 Abimelech’s Death
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Jotham Tells the Parable of the Trees
Spiritual tasks offer a reflection on a Biblical story and suggest a task for spiritual growth.
Activity | Ages over 18

 Sequence the Story of Abimelech
Cut out sentence strips to sequence the story of Abimelech.
Activity | Ages 9 - 13

 The Parable of the Trees
Worship Talk | Ages 7 - 14


Přeložit: