士師記 6

Study

           

1 イスラエルの人々はまた主の前に悪をおこなったので、は彼らを七年の間ミデアンびとのにわたされた。

2 ミデアンびとのイスラエルに勝った。イスラエルの人々はミデアンびとのゆえに、にある岩屋と、ほら穴と要害とを自分たちのために造った。

3 イスラエルびとが種をまいた時には、いつもミデアンびと、アマレクびとおよび東方の民が上ってきてイスラエルびとを襲い、

4 イスラエルびとに向かって陣を取り、地の産物を荒してガザの附近にまで及び、イスラエルのうちに命をつなぐべき物を残さず、羊も牛もろばも残さなかった。

5 彼らが家畜と天幕を携えて、いなごのように多く上ってきたからである。すなわち彼らとそのらくだは無数であって、彼らはを荒すためにはいってきたのであった。

6 こうしてイスラエルはミデアンびとのために非常に衰え、イスラエルの人々はに呼ばわった。

7 イスラエルの人々がミデアンびとのゆえに、に呼ばわったとき、

8 はひとりの預言者イスラエルの人々につかわして彼らに言われた、「イスラエルのはこう言われる、『わたしはかつてあなたがたをエジプトから導き上り、あなたがたを奴隷のから携え出し、

9 エジプトびとのおよびすべてあなたがたをしえたげる者のから救い出し、あなたがたのから彼らを追い払って、そのをあなたがたに与えた。

10 そしてあなたがたに言った、「わたしはあなたがたのである。あなたがたが住んでいるのアモリびとの神々恐れてはならない」と。しかし、あなたがたはわたしの言葉に従わなかった』」。

11 さて主の使がきて、アビエゼルびとヨアシに属するオフラにあるテレビンの木の下に座した。時にヨアシのギデオンはミデアンびとの目を避けるために酒ぶねの中で麦を打っていたが、

12 主の使は彼に現れて言った、「大勇士よ、はあなたと共におられます」。

13 ギデオンは言った、「ああ、君よ、がわたしたちと共におられるならば、どうしてこれらの事がわたしたちに臨んだのでしょう。わたしたちの先祖が『はわれわれをエジプトから導き上られたではないか』といって、わたしたちに告げたそのすべての不思議なみわざはどこにありますか。今、はわたしたちを捨てて、ミデアンびとの手にわたされました」。

14 はふり向いて彼に言われた、「あなたはこのあなたの力をもって行って、ミデアンびとの手からイスラエル救い出しなさい。わたしがあなたをつかわすのではありませんか」。

15 ギデオンは主に言った、「ああ主よ、わたしはどうしてイスラエルを救うことができましょうか。わたしの氏族はマナセのうちで最も弱いものです。わたしはまたわたしの父の族のうちで最も小さいものです」。

16 は言われた、「しかし、わたしがあなたと共におるから、ひとりを撃つようにミデアンびとを撃つことができるでしょう」。

17 ギデオンはまた主に言った、「わたしがもしあなたのに恵みを得ていますならば、どうぞ、わたしと語るのがあなたであるというしるしを見せてください。

18 どうぞ、わたしが供え物を携えてあなたのもとにもどってきて、あなたのに供えるまで、ここを去らないでください」。主は言われた、「わたしはあなたがもどって来るまで待ちましょう」。

19 そこでギデオンは自分の家に行って、やぎの子を整え、一エパの粉で種入れぬパンをつくり、をかごに入れ、あつものをつぼに盛り、テレビンの木の下におる彼のもとに持ってきて、それを供えた。

20 神の使は彼に言った、「と種入れぬパンをとって、このの上に置き、それにあつものを注ぎなさい」。彼はそのようにした。

21 すると主の使がにもっていたつえの先を出して、と種入れぬパンに触れると、からが燃えあがって、と種入れぬパンとを焼きつくした。そして主の使は去って見えなくなった。

22 ギデオンはその人が主の使であったことをさとって言った、「ああなる神よ、どうなることでしょう。わたしはをあわせて主の使を見たのですから」。

23 は彼に言われた、「安心せよ、恐れるな。あなたは死ぬことはない」。

24 そこでギデオンは主のために祭壇をそこに築いて、それを「は平安」と名づけた。これは今日までアビエゼルびとのオフラにある。

25 そのはギデオンに言われた、「あなたの父の雄牛と七歳の第二の雄牛とを取り、あなたの父のもっているバアル祭壇を打ちこわし、そのかたわらにあるアシラ像を切り倒し、

26 あなたの主のために、このとりでの頂に、石を並べて祭壇を築き、第二の雄牛を取り、あなたが切り倒したアシラのをもって燔祭をささげなさい」。

27 ギデオンはしもべ人を連れて、が言われたとおりにおこなった。ただし彼は父の族のもの、およびの人々を恐れたので、昼それを行うことができず、それを行った。

28 の人々が早く起きて見ると、バアル祭壇は打ちこわされ、そのかたわらのアシラ像は切り倒され、新たに築いた祭壇の上に、第二の雄牛がささげられてあった。

29 そこで彼らは互に「これはだれのしわざか」と言って問い尋ねたすえ、「これはヨアシのギデオンのしわざだ」と言った。

30 の人々はヨアシに言った、「あなたのむすこを引き出して殺しなさい。彼はバアル祭壇を打ちこわしそのかたわらにあったアシラ像を切り倒したのです」。

31 しかしヨアシは自分に向かって立っているすべての者に言った、「あなたがたはバアルのために言い争うのですか。あるいは彼を弁護しようとなさるのですか。バアルのために言い争う者は、あすのまでに殺されるでしょう。バアルがもしであるならば、自分の祭壇が打ちこわされたのだから、彼みずから言い争うべきです」。

32 そこでその、「自分の祭壇が打ちこわされたのだから、バアルみずからその人と言い争うべきです」と言ったので、ギデオンはエルバアル呼ばれた

33 時にミデアンびと、アマレクびとおよび東方の民がみな集まってヨルダン川を渡り、エズレルのに陣を取ったが、

34 主の霊がギデオンに臨み、ギデオンがラッパを吹いたので、アビエゼルびとは集まって彼に従った。

35 次に彼があまねくマナセ使者をつかわしたので、マナセびともまた集まって彼に従った。彼がまたアセル、ゼブルンおよびナフタリ使者をつかわすと、その人々も上って彼を迎えた。

36 ギデオンはに言った、「あなたがかつて言われたように、わたしのによってイスラエルを救おうとされるならば、

37 わたしは羊の毛一頭分を打ち場に置きますから、がその羊の毛の上にだけあって、地がすべてかわいているようにしてください。これによってわたしは、あなたがかつて言われたように、わたしのによってイスラエルをお救いになることを知るでしょう」。

38 すなわちそのようになった。彼が翌朝早く起きて、羊の毛をかき寄せ、その毛からを絞ると、鉢に満ちるほどのが出た。

39 ギデオンはに言った、「わたしをお怒りにならないように願います。わたしにもう一度だけ言わせてください。どうぞ、もう一度だけ羊の毛をもってためさせてください。どうぞ、羊の毛だけをかわかして、地にはことごとくがあるようにしてください」。はその夜、そうされた。すなわち羊の毛だけかわいて、地にはすべてがあった。

40 はその、そうされた。すなわち羊の毛だけかわいて、地にはすべてがあった。

  

Exploring the Meaning of 士師記 6      

Napsal(a) Rev. Julian Duckworth

Judges 6: The Midianites oppress Israel; the call of Gideon.

Chapters 6-8 of Judges tell the story of Gideon, who led the people of Israel against the Midianites. The Lord allowed the Midianites to oppress the children of Israel for seven years, because they had disobeyed His commandments once again. Israel fled to the mountain caves, and Midian starved the Israelites by destroying their crops and taking their livestock. When Israel cried out to the Lord for help, a prophet delivered the Lord’s message that He had always been with them, but they had kept disobeying.

Then the angel of the Lord appeared to Gideon, who was threshing wheat in the winepress to hide this from the Midianites. The angel brought news that he would lead the fight against the Midianites. Gideon was stunned, and replied that his family was the least important in the tribe of Manasseh, and that he was the least in his family. Even so, the Lord assured him would be victorious, because the Lord was with him.

Gideon asked for a sign to be given him, and then went to prepare an offering of food. When he came back, the angel told him to place the meat and unleavened bread upon a rock. When the angel touched it with his staff, fire came up from the rock and burned up the food. The angel then departed.

The Lord told Gideon to break down his father’s altars to Baal, and to build an altar to the Lord on top of it, which he did by night. In the morning, the men of the city discovered what Gideon had done, and demanded that he be killed. But Gideon’s father, Joash, replied that Baal himself would take action, if he were really a god.

The Midianites and their allies gathered for battle, and Gideon called on his tribe of Manasseh, as well as Asher, Zebulun, and Naphtali, to prepare to fight. Before the battle took place though, Gideon asked for another sign from God. He put a woolen fleece on the threshing floor, and if God would use him to save Israel, the fleece would have dew on it, while the ground around it would be dry. And so it was the next morning. Once again, Gideon asked for a sign, this time with dew on the ground, but not on the fleece. And again, this came to pass.

*****

The spiritual meaning of the Midianites is understanding spiritual truths, but leading a life of sensory pleasure anyway, rather than one built on genuine goodness (see Swedenborg’s work, Arcana Caelestia 7602). This is portrayed by the Midianites destroying all the crops which could be made into food, or spiritually, into what is good.

Threshing wheat and pressing wine are very similar processes; threshing wheat frees grain from the beaten husk, and pressing wine squeezes juice from a crushed grape. Both of these activities represent our spiritual determination to do what is good – the wheat for bread – because of the truth we have come to understand – the wine. Gideon’s name, meaning “to break apart”, and this passage are meant to show us that his strongest quality was determination to do good (Divine Providence 227[2]).

Gideon’s claim to be the least important of all demonstrates the place of genuine humility in our spiritual life. Acknowledging that the Lord brings about all good things is a sign of strength, not weakness (see Swedenborg’s work, Heaven and Hell 408).

The spiritual meaning of asking God for a sign – which Gideon did several times – is to confirm the validity of what we intend or understand. Paying attention to our internal state will show us the quality of our inner thoughts if we dare to listen, but ultimately, confirmation comes from the Word (see Swedenborg’s work, True Christian Religion 508[5]). The fire from the rock, which burned the meat, represents the power of love and truth to consume and sustain us.

The fascinating double sign involving the fleece has several layers of spiritual meaning: the threshing floor stands for the ground of our daily life and activity; the fleece, with its warmth and softness, stands for the principle of goodness; and the dew (water) stands for divine influx of truth into us from the Lord. These build the framework of the spiritual meaning. The dewy fleece on the dry ground means that we need to have the Lord’s truth in our mind, so we know how to lead a good life. Then, this needs to be reversed so that we feel the desire to do good, and then apply this in daily life (Arcana Caelestia 3579).

This sign is closely related to the spiritual meaning of the Midianites, the enemy to be overthrown. Simply knowing the Lord’s truths does not guarantee a good life; we must put these truths into practice.

    Studovat vnitřní smysl

Přeložit: