士師記 5

Study

           

1 そのデボラとアビノアムのバラクは歌って言った。

2 イスラエルの指導者たちは先に立ち、民は喜び勇んで進み出た。をさんびせよ。

3 もろもろの王よ聞け、もろもろの君よ、耳を傾けよ。わたしはに向かって歌おう、わたしはイスラエルのをほめたたえよう。

4 よ、あなたがセイルを出、エドムの地から進まれたとき、地は震い、天はしたたり、雲はをしたたらせた。

5 もろもろの主のに揺り動き、シナイの、すなわちイスラエルの主のに揺り動いた。

6 アナテのシャムガルのとき、ヤエルの時には隊商は絶え、旅人はわきをとおった。

7 イスラエルには農民が絶え、かれらは絶え果てたが、デボラよ、ついにあなたは立ちあがり、立ってイスラエルのとなった。

8 人々が新しい神々を選んだとき、戦いに及んだ。イスラエルの四万人のうちに、あるいはの見られたことがあったか。

9 わたしのは民のうちの喜び勇んで進み出たイスラエルのつかさたちと共にある。をさんびせよ。

10 茶色のろばに乗るもの、毛氈の上にすわるもの、および道を歩むものよ、共に歌え。

11 楽人の調べはくむ所に聞える。かれらはそこで主の救を唱え、イスラエルの農民の救を唱えている。その時、主の民はに下って行った。

12 起きよ、起きよ、デボラ。起きよ、起きよ、をうたえ。立てよ、バラク、とりこを捕えよ、アビノアムのよ。

13 その時、残った者は尊い者のように下って行き、主の民は勇士のように下って行った。

14 彼らはエフライムから出て谷に進み、兄弟ベニヤミンはあなたの民のうちにある。マキルからはつかさたちが下って行き、ゼブルンからは指揮を執るものが下って行った。

15 イッサカルの君たちはデボラと共におり、イッサカルはバラクと同じく、直ちにそのあとについてに突進した。しかしルベンの氏族は大いに思案した。

16 なぜ、あなたは、おりの間にとどまって、羊の群れに笛吹くのを聞いているのか。ルベンの氏族は大いに思案した。

17 ギレアデはヨルダンの向こうにとどまっていた。なぜ、ダンは舟のかたわらにとどまったか。アセルは浜べに座し、その波止場のかたわらにとどまっていた。

18 ゼブルンは命をすてて、死を恐れぬ民である。野の高い所におるナフタリもまたそうであった。

19 もろもろの王たちはきて戦った。その時カナンの王たちは、メギドのほとりのタアナクで戦った。彼らは一片のをも獲なかった。

20 もろもろのは天より戦い、その軌道をはなれてシセラと戦った。

21 キションのは彼らを押し流した、激しく流れる、キションの。わがよ、勇ましく進め。

22 その時、軍馬ははせ駆けり、のひずめは地を踏みならした。

23 主の使は言った、『メロズをのろえ、激しくその民をのろえ、彼らはきてを助けず、を助けて勇士を攻めなかったからである』。

24 ケニびとヘベルのヤエルは、女のうちの最も恵まれた者、天幕に住む女のうち最も恵まれた者である。

25 シセラがを求めると、ヤエルは乳を与えた。すなわち貴重な鉢に凝乳を盛ってささげた。

26 ヤエルはくぎにをかけ、右に重い槌をとって、シセラを打ち、そのを砕き、粉々にして、そのこめかみを打ち貫いた。

27 シセラはヤエルのもとにかがんで倒れ伏し、そのもとにかがんで倒れ、そのかがんだ所に倒れて死んだ。

28 シセラのからながめ、格子から叫んで言った、『どうして彼の車の来るのがおそいのか、どうして彼の車の歩みがはかどらないのか』。

29 その侍女たちの賢い者は答え、母またみずからおのれに答えて言った、

30 『彼らは獲物を得て、それを分けているのではないか、人ごとにひとり、ふたりのおなごを取り、シセラの獲物は色染めの衣、縫い取りした色染めの衣の獲物であろう。すなわち縫い取りした色染めの衣二つを、獲物としてそのくびにまとうであろう』。主よ、あなたの敵はみなこのように滅び、あなたを愛する者を太陽の勢いよく上るようにしてください」。こうして後、国は四十年のあいだ太平であった。

31 よ、あなたのはみなこのように滅び、あなたを愛する者を太陽の勢いよく上るようにしてください」。こうして後、四十年のあいだ太平であった。

  

Exploring the Meaning of 士師記 5      

Napsal(a) Rev. Julian Duckworth

Judges 5: The Song of Deborah.

This chapter is a song of victory, describing the events of Judges 4 in poetic and exuberant language. Throughout, there is a sense of exhorting the people to turn to the Lord and praise Him for the victory. Singing this kind of song was a customary way for Israel to rejoice after a major victory.

The spiritual meaning of singing has to do with our overall joy and affection for spiritual things: joy for what is true, for the Word, and for everything about the Lord. Affection is not merely knowing spiritual truths; it is our heart’s response to them, which goes far beyond words.

This is why the lyrics of sacred songs such as Judges Chapter 5 are very eloquent and passionate. They are not simply an account of what took place, but more an outburst of praise and gratitude in recounting the story. We experience the same inner ‘music’ when our heart feels a deep spiritual affection, and is stirred up with praise to the Lord. Just as Deborah and Barak sang after a battle, our songs of gratitude will generally be felt after the Lord delivers us from a period of temptation during regeneration (see Swedenborg’s work, Arcana Caelestia 8265).

The song itself frequently acknowledges the Lord’s part in Israel’s victory:

In verse 4: “Lord, when you went out from Seir, when you marched from the field of Edom.”

In verse 11: “There they shall recount the righteous acts of the Lord for his villagers in Israel.”

And in verse 13: “Then the Lord came down for me against the mighty.”

These references serve to remind us that everything is the Lord’s doing. We must do what is good as though our actions make the difference, but we are to affirm that the Lord brings about all that is good. This acknowledgement allows us to act from free will, while still understanding the spiritual truth that all goodness comes from the Lord (Arcana Caelestia 9193).

This is emphasized through the song whenever Deborah praises her own actions, as well as those of Barak and Jael. For example:

In verse 7: “Village life ceased in Israel until I, Deborah, arose, a mother in Israel.”

In verse 12: “Awake, awake, Deborah! Awake, awake, sing a song! Arise, Barak, and lead your captives away, O son of Abinoam!”

And in verses 24-27, when Jael receives full praise for her actions.

Another theme in the song is a lament over those tribes which did not come to the aid of Israel, although only Issachar and Zebulun were called to battle. A town called Meroz is roundly cursed for failing to help. The name ‘Meroz’ comes from a verb meaning “to withdraw” or “to hide” (see Swedenborg’s work, Heaven and Hell 18). This lament reminds us that our intentions to serve the Lord and to fight our spiritual battles can be hindered by our own divided wills.

    Studovat vnitřní smysl

Přeložit: