士師記 11

Study

           

1 さてギレアデびとエフタは強い勇士であったが遊女で、エフタの父はギレアデであった。

2 ギレアデの供を産んだが、その妻の供たちが成長したとき、彼らはエフタを追い出して彼言った、「あなたはほかの女の産んだだから、わたしたちの父のを継ぐことはできません」。

3 それでエフタはその兄弟たちのもとから逃げ去って、トブの地に住んでいると、やくざ者がエフタのもとに集まってきて、彼と一緒に出かけて略奪を事としていた。

4 がたって後、アンモンの人々はイスラエルと戦うことになり、

5 アンモンの人々がイスラエルと戦ったとき、ギレアデの長老たちは行ってエフタをトブの地から連れてこようとして、

6 エフタに言った、「きて、わたしたちの大将になってください。そうすればわたしたちはアンモンの人々と戦うことができます」。

7 エフタはギレアデの長老たちに言った、「あなたがたはわたしを憎んで、わたしの父のから追い出したではありませんか。しかるに今あなたがたが困っている時とはいえ、わたしのところに来るとはどういうわけですか」。

8 ギレアデの長老たちはエフタに言った、「それでわたしたちは今、あなたに帰ったのです。どうぞ、わたしたちと一緒に行って、アンモンの人々と戦ってください。そしてわたしたちとギレアデに住んでいるすべてのものとのかしらになってください」。

9 エフタはギレアデの長老たちに言った、「もしあなたがたが、わたしをつれて帰って、アンモンの人々と戦わせるとき、が彼らをわたしにわたされるならば、わたしはあなたがたのかしらとなりましょう」。

10 ギレアデの長老たちはエフタに言った、「はあなたとわたしたちの間の証人です。わたしたちは必ずあなたの言われるとおりにしましょう」。

11 そこでエフタはギレアデの長老たちと一緒に行った。民は彼を立てて自分たちのかしらとし、大将とした。それでエフタはミヅパで、自分の言葉をことごとく主のに述べた。

12 かくてエフタはアンモンの人々の王に使者をつかわして言った、「あなたはわたしとなんのかかわりがあって、わたしのところへ攻めてきて、わたしのと戦おうとするのですか」。

13 アンモンの人々の王はエフタの使者に答えた、「昔、イスラエルエジプトから上ってきたとき、アルノンからヤボクに及び、またヨルダンに及ぶわたしのを奪い取ったからです。それゆえ今、穏やかにそれを返しなさい」。

14 エフタはまた使者アンモンの人々の王につかわして、

15 言わせた、「エフタはこう申します、『イスラエルモアブの地も、またアンモンの人々の地も取りませんでした。

16 イスラエルエジプトから上ってきたとき、荒野をとおって紅にいたり、カデシにきました。

17 そしてイスラエル使者エドムの王につかわして「どうぞ、われわれにあなたのを通らせてください」と言わせましたが、エドムの王は聞きいれませんでした。また同じように人をモアブの王につかわしたが、彼も承諾しなかったので、イスラエルはカデシにとどまりました。

18 それから荒野をとおって、エドムの地とモアブの地を回り、モアブの地の東部に達し、アルノンの向こうに宿営しましたがモアブの領域には、はいりませんでした。アルノンはモアブの境だからです。

19 次にイスラエルはヘシボンの王すなわちアモリびとの王シホンに使者をつかわし、シホンに向かって「どうぞ、われわれにあなたのをとおって、われわれの目的地へ行かせてください」と言わせました。

20 ところがシホンはイスラエルを信ぜず、その領域を通らせないばかりか、かえってすべての民を集めてヤハヅに陣を取り、イスラエルと戦いましたが、

21 イスラエルのはシホンとそのすべての民をイスラエルのにわたされたので、イスラエルは彼らを撃ち破って、その土地住んでいたアモリびとの地をことごとく占領し、

22 アルノンからヤボクまでと、荒野からヨルダンまで、アモリびとの領域をことごとく占領しました。

23 このようにイスラエルのはその民イスラエルのからアモリびとを追い払われたのに、あなたはそれを取ろうとするのですか。

24 あなたは、あなたのケモシがあなたに取らせるものを取らないのですか。われわれはわれわれのがわれわれのから追い払われたものの土地を取るのです。

25 あなたはモアブの王チッポルのバラクにまさる者ですか。バラクはかつてイスラエルと争ったことがありますか。かつて彼らと戦ったことがありますか。

26 イスラエルはヘシボンとその村里に住み、またアロエルとその村里およびアルノンの岸に沿うすべての々に住むこと年になりますが、あなたがたはどうしてその間にそれを取りもどさなかったのですか。

27 わたしはあなたに何も悪い事をしたこともないのに、あなたはわたしと戦って、わたしにを加えようとします。審判者であられるよ、どうぞ、きょう、イスラエルの人々とアンモンの人々との間をおさばきください』」。

28 しかしアンモンの人々の王はエフタが言いつかわした言葉をききいれなかった。

29 時に主の霊がエフタに臨み、エフタはギレアデおよびマナセをとおって、ギレアデのミヅパに行き、ギレアデのミヅパから進んでアンモンの人々のところに行った。

30 エフタはに誓願を立てて言った、「もしあなたがアンモンの人々をわたしのにわたされるならば、

31 わたしがアンモンの人々に勝って帰るときに、わたしのの戸口から出てきて、わたしを迎えるものはだれでも主のものとし、その者を燔祭としてささげましょう」。

32 エフタはアンモンの人々のところに進んで行って、彼らと戦ったが、は彼らをエフタのにわたされたので、

33 アロエルからミンニテの附近まで、二十を撃ち敗り、アベル・ケラミムに至るまで、非常に多くの人を殺した。こうしてアンモンの人々はイスラエルの人々のに攻め伏せられた。

34 やがてエフタはミヅパに帰り、自分の来ると、彼のが鼓をもち、舞い踊って彼を出迎えた。彼女はエフタのひとりで、ほかに男子も女もなかった。

35 エフタは彼女を見ると、衣を裂いて言った、「ああ、よ、あなたは全くわたしを打ちのめした。わたしを悩ますものとなった。わたしがに誓ったのだから改めることはできないのだ」。

36 娘は言った、「父よ、あなたはに誓われたのですから、があなたのために、あなたのアンモンの人々に報復された今、あなたが言われたとおりにわたしにしてください」。

37 娘はまた父に言った、「どうぞ、この事をわたしにさせてください。すなわち月の間わたしをゆるし、友だちと一緒に行って、々をゆきめぐり、わたしの処女であることを嘆かせてください」。

38 エフタは「行きなさい」と言って、彼女を月の間、出してやった。彼女は友だちと一緒に行って、の上で自分の処女であることを嘆いたが、

39 月の後、父のもとに帰ってきたので、父は誓った誓願のとおりに彼女におこなった。彼女はついに男を知らなかった。これによって年々イスラエルの娘たちは行って、年に四日ほどギレアデびとエフタの娘のために嘆くことがイスラエルのならわしとなった。

40 これによって年々イスラエルの娘たちは行って、年にほどギレアデびとエフタののために嘆くことがイスラエルのならわしとなった。

  

Exploring the Meaning of 士師記 11      

Napsal(a) Rev. Julian Duckworth

Judges 11: Jephthah’s victory.

This chapter and most of the next are about the judge Jephthah. He was Gilead’s son by a prostitute, so Gilead’s other sons despised him, and drove him out from his homeland. He fled to the land of Tob, where he lived amongst reckless men. When the Ammonites made war against Israel, the elders of Gilead went to the land of Tob to ask if Jephthah would lead their army. At first, Jephthah challenged them, and asked why they would come to him for help after expelling him from their county. However, the elders swore by the Lord that they would accept him as their leader, so he agreed to go with them.

Then Jephthah sent messengers to the king of Ammon, to ask why his people were attacking Gilead. The king said that Israel had taken away their land, but Jephthah recounted to them the history of Israel’s time in the wilderness, specifically pointing out that they not made war with the nations of Canaan. The only exception was the Amorite king Sihon’s attack on Israel, in which the Israelites defended themselves and defeated the Amorites. So, Jephthah explained that Israel had not taken land from the Ammonites. But the people of Ammon did not listen, and prepared for war.

While preparing his army against the people of Ammon, Jephthah made a vow to the Lord: if He would grant Gilead victory, Jephthah would make a burnt offering of the first thing which came out from his house upon his return home. Battle ensued, and the army of Jephthah utterly defeated Ammon.

When Jephthah returned home, his daughter – his only child – came out of the house to greet him with music and dancing. He tore his clothes in despair, and told her about his vow to the Lord. His daughter told him to keep his word, and asked to be left alone for two months to lament her virginity. Then, when the time came, Jephthah carried out his vow to the Lord.

*****

Jephthah’s dealings with both the Ammonites and his own family show that serving the Lord leads us to seek peace, not conflict or war. His account of the Israelites’ struggles showed that his people had only defended themselves against other nations, but had not fanned the flames of war. We are to do the work of making peace in our lives, while upholding and defending what is true (see Swedenborg’s work, Arcana Caelestia 1683).

The people of Ammon stand for knowing what is true, but then corrupting that truth to live a life based in falsities. For example, if we know the Lord regenerates us, and then tell ourselves that we no longer hold any responsibility for our eternal state, we have falsified the truth. This view completely distorts the truth: the Lord regenerates us as we work to live righteously (see Swedenborg’s work, Sacred Scripture 18[3]).

The spiritual meaning of a ‘daughter’ is an affection for spiritual truths and the life they offer. Affection is the offspring of feeling delight in truths; as we develop these affections, we learn to recognize that they come from the Lord, for he is the source of all good things (Arcana Caelestia 3336[2]).

Jephthah’s daughter was his deepest love, his greatest affection. She was a virgin, representing the spiritual qualities of purity and innocence. Her request for two months of solitude can be understood as our need to reflect during any giving to the Lord, to be sure that our intentions are pure, without any selfish expectations (see Swedenborg’s work, Divine Providence 121).

    Studovat vnitřní smysl

Přeložit: