ヨシュア記 9

Studovat vnitřní smysl

           

1 さて、ヨルダンの西の、地、平地、およびレバノンまでの大の沿岸に住むもろもろの王たち、すなわちヘテびと、アモリびと、カナンびと、ペリジびと、ヒビびと、エブスびとの王たちは、これを聞いて、

2 心を合わせ、相集まって、ヨシュアおよびイスラエルと戦おうとした。

3 しかし、ギベオン住民たちは、ヨシュアがエリコとアイにおこなったことを聞いて、

4 自分たちも策略をめぐらし、行って食料品を準備し、古びたと、古びて破れたのを繕ったぶどう酒の皮とを、ろばに負わせ、

5 繕った古ぐつをにはき、古びた着物を身につけた。彼らの食料のパンは、みなかわいて、砕けていた。

6 彼らはギルガルの陣営のヨシュアの所にきて、彼とイスラエルの人々に言った、「われわれは遠いからまいりました。それで今われわれと契約を結んでください」。

7 しかし、イスラエルの人々はそのヒビびとたちに言った、「あなたがたはわれわれのうちに住んでいるのかも知れないから、われわれはどうしてあなたがたと契約が結べましょう」。

8 彼らはヨシュアに言った、「われわれはあなたのしもべです」。ヨシュアは彼らに言った、「あなたがたはだれですか。どこからきたのですか」。

9 彼らはヨシュアに言った、「しもべどもはあなたの主の名のゆえに、ひじょうに遠いからまいりました。われわれは主の名声、およびエジプトで行われたすべての事を聞き、

10 また主がヨルダンの向こう側にいたアモリびとのふたりの王、すなわちヘシボンの王シホン、およびアシタロテにおったバシャンの王オグに行われたすべてのことを聞いたからです。

11 それで、われわれの長老たち、および住民はみなわれわれに言いました、『おまえたちは旅路の食料をに携えていって、彼らに会って言いなさい、「われわれはあなたがたのしもべです。それで今われわれと契約を結んでください」』。

12 ここにあるこのパンは、あなたがたの所に来るため、われわれが出立するに、おのおのから、まだあたたかなのを旅の食料として準備したのですが、今はもうかわいて砕けています。

13 またぶどう酒を満たしたこれらの皮袋も、新しかったのですが、破れました。われわれのこの着物も、くつも、旅路がひじょうに長かったので、古びてしまいました」。

14 そこでイスラエルの人々は彼らの食料品を共に食べ、主のさしずを求めようとはしなかった。

15 そしてヨシュアは彼らと和を講じ、契約を結んで、彼らを生かしておいた。会衆の長たちは彼らに誓いを立てた。

16 契約を結んでに、彼らはその人々が近くの人々で、自分たちのうちに住んでいるということを聞いた

17 イスラエルの人々は進んで、目にその々に着いた。その々とは、ギベオン、ケピラ、ベエロテおよびキリアテ・ヤリムであった。

18 ところで会衆の長たちが、すでにイスラエルのをさして彼らに誓いを立てていたので、イスラエルの人々は彼らを殺さなかった。そこで会衆はみな、長たちにむかってつぶやいた

19 しかし、長たちは皆、全会衆に言った、「われわれはイスラエルのをさして彼らに誓った。それゆえ今、彼らに触れてはならない。

20 われわれは、こうして彼らを生かしておこう。そうすれば、われわれが彼らに立てた誓いのゆえに、怒りがわれわれに臨むことはないであろう」。

21 長たちはまた人々に「彼らを生かしておこう」と言ったので、彼らはついに、全会衆のために、たきぎを切り、をくむものとなった。長たちが彼らに言ったとおりである。

22 ヨシュアは彼らを呼び寄せて言った、「あなたがたは、われわれのうちに住みながら、なぜ『われわれはあなたがたからは遠く離れている』と言って、われわれをだましたのか。

23 それであなたがたは今のろわれ、奴隷となってわたしの神ののために、たきぎを切り、をくむものが、絶えずあなたがたのうちから出るであろう」。

24 彼らはヨシュアに答えて言った、「あなたのがそのしもべモーセに、この地をことごとくあなたがたに与え、この地に住む民をことごとくあなたがたのから滅ぼし去るようにと、お命じになったことを、しもべどもは明らかに伝え聞きましたので、あなたがたのゆえに、命が危いと、われわれは非常に恐れて、このことをしたのです。

25 われわれは、今、あなたののうちにあります。われわれにあなたがして良いと思い、正しいと思うことをしてください」。

26 そこでヨシュアは、彼らにそのようにし、彼らをイスラエルの人々のから救って殺させなかった。しかし、ヨシュアは、その日、彼らを、会衆のため、また主の祭壇のため、主が選ばれる場所で、たきぎを切り、水をくむ者とした。これは今日までつづいている。

27 しかし、ヨシュアは、その、彼らを、会衆のため、また主の祭壇のため、が選ばれる場所で、たきぎを切り、をくむ者とした。これは今日までつづいている。

  

Exploring the Meaning of ヨシュア記 9      

Napsal(a) Rev. Julian Duckworth and New Christian Bible Study Staff

Joshua 9: The Gibeonites deceive Israel.

After Israel conquered Jericho and then Ai, the news about the strength of the Children of Israel - and their mighty God, Jehovah - spread quickly among the people of Canaan. In this chapter, the people of Gibeon came up with a plan to trick Joshua and the Israelites into granting them safety.

To preserve themselves, the Gibeonites cooked up a story that they had come from far away. They dressed in old clothing and worn-out sandals, and brought shabby wine-skins and moldy bread as proof of their long journey. After questioning these travelers, Joshua agreed to guarantee their safety, and the Israelites made a covenant to let them live. Note that the Israelites did not consult the Lord.

In the end, the Gibeonites admitted that they lived close by and were neighbors of Israel, just as the Hivites (the Gibeonites' ancestors) had been with Abraham. Joshua, unable to revoke his promise to them, made them wood-cutters and water-carriers for the altars of the Lord.

This chapter offers us several spiritual lessons. The main one is that there is a place for simple, well-intentioned goodness in our spiritual life, along with our love of God and our love for other people (See Swedenborg's exegetical work, Arcana Caelestia 3436, for details). This is what the Gibeonites stand for; they were not warlike but peaceful, content to live usefully day after day. This is an illustration of natural good, which is an important part of life in this world and in heaven (Arcana Caelestia 3167).

On a spiritual level, their story about living in a country far-away means that when we live good, well-intentioned lives, we are ‘far away’ from the evils of the Canaanites. Although the Gibeonites lived among the Canaanites, their higher values were entirely different. So while the Gibeonites deceived Israel to save themselves, they spoke truthfully when they said: “we come from a place a very long way away” (See Swedenborg's work, Heaven and Hell 481).

Their tattered and torn appearance is meant to illustrate the hard work of doing good. It can be quite wearing to continue doing good things, especially when we feel it is all up to us. Acknowledging that all good is from the Lord renews us, and keeps us from the burden of merit.

In the same vein, their worn-out appearance is also about our relationship with the Word. Little children love and delight in the stories of the Word, but as they grow up, this love dwindles (Arcana Caelestia 3690). But as adults, we have the choice to find those guiding principles from the Word, helping us to keep leading good lives.

The fact that Joshua commanded the Gibeonites to cut wood and draw water also holds spiritual significance. The beauty of wood is that it comes from living trees, and can be turned into many, many useful things. It stands for the steady, humble wish to do good each day (See Swedenborg's work, True Christian Religion 374). This must be present in our worship at the altars of the Lord.

Drawing water provides essential, life-giving refreshment for others. Water stands for truth, and our better actions draw the water of life for the sake of others. Truly, acknowledging the goodness in other people is part of our faith in God. This story shows us that we must allow others to live and to serve everything of God, just as Joshua showed mercy toward the Gibeonites.

   Studovat vnitřní smysl

Přeložit: