ヨシュア記 22

Study

           

1 時にヨシュアは、ルベンびと、ガドびと、およびマナセ部族の半ばを呼び集めて、

2 言った、「あなたがたは主のしもべモーセが命じたことを、ことごとく守り、またわたしの命じたすべての事にも、わたしの言葉に聞きしたがいました。

3 今日まで長い年月の間、あなたがたの兄弟たちを捨てず、あなたがたの主の命令を、よく守ってきました。

4 今はすでに、あなたがたのが、あなたがたの兄弟たちに、先に約束されたとおり、安息を賜わるようになりました。それで、あなたがたは身を返して、主のしもべモーセが、あなたがたに与えたヨルダンの向こうの所有の地に行き、自分たちの天幕に帰りなさい。

5 ただ主のしもべモーセが、あなたがたに命じた戒めと、律法とを慎んで行い、あなたがたのし、そのすべての道に歩み、その命令を守って、につき従い、心をつくし、精をつくして、に仕えなさい」。

6 そしてヨシュアが彼らを祝福して去らせたので、彼らはその天幕に帰った。

7 マナセ部族の半ばには、すでにモーセがバシャンで所有地を与えたが、他の半ばには、ヨシュアがヨルダンのこちら、西の方で、その兄弟たちのうちに、所有地を与えた。ヨシュアは、彼らをその天幕に送りかえす時、彼らを祝福して、

8 言った、「あなたがたは多くの貨財と、おびただしい数の家畜と、金、、青銅、、および多くの衣服を持って天幕に帰り、から獲たぶんどり物を兄弟たちに分けなさい」。

9 こうしてルベンの孫、ガド孫、およびマナセ部族の半ばは、モーセによって命じられたように、すでに自分の所有地となっているギレアデの地に行こうと、カナンの地のシロで、イスラエルの人々と別れて帰って行った。

10 ルベンの孫、ガド孫、およびマナセ部族の半ばが、カナンの地のヨルダンのほとりにきた時、その所で、ヨルダンの岸べに一つの祭壇を築いた。それは大きくて遠くから見える祭壇であった。

11 イスラエルの人々は、「ルベンの孫、ガド孫、およびマナセ部族の半ばが、カナンの地の境、ヨルダンのほとりのイスラエルの人々に属する方で、一つの祭壇を築いた」といううわさを聞いた

12 イスラエルの人々が、それを聞くとひとしく、イスラエルの人々の全会衆はシロに集まって、彼らの所に攻め上ろうとした。

13 そしてイスラエルの人々は、祭司エレアザルのピネハスをギレアデの地のルベンの孫、ガド孫、およびマナセの半部族の所につかわし、

14 イスラエルの部族のうちから、父祖ののつかさ、ひとりずつをあげて、合わせて人のつかさたちを、彼と共に行かせた。これらはみなイスラエルの氏族のうちで、父祖ののかしらたる人々であった。

15 彼らはギレアデの地に行き、ルベンの孫、ガド孫、およびマナセの半部族に語って言った、

16 主の全会衆はこう言います、『あなたがたがイスラエルのにむかって、とがを犯し、今日、ひるがえって従うことをやめ、自分のために一つの祭壇を築いて、今日にそむこうとするのは何事か。

17 ペオルで犯したで、なお足りないとするのか。それがために主の会衆に災が下ったが、われわれは今日もなお、そのから清められていない。

18 しかもあなたがたは、今日、ひるがえって従うことをやめようとするのか。あなたがたが、きょう、にそむくならば、あす、イスラエルの全会衆にむかって怒られるであろう。

19 もしあなたがたの所有の地が清くないのであれば、主の幕屋の立っている主の所有の地に渡ってきて、われわれのうちに、所有の地を獲なさい。ただ、われわれの主の祭壇のほかに、自分のために祭壇を築いて、にそむき、またわれわれをそむく者とならせないでください。

20 ゼラアカンは、のろわれた物について、とがを犯し、それがためイスラエルの全会衆に、怒りが臨んだではないか。またそのによって滅びた者は、彼ひとりではなかった』」。

21 その時、ルベンの孫、ガド孫、およびマナセの半部族は、イスラエルの氏族のかしらたちに答えて言った、

22 「力ある者、。力ある者、は知ろしめす。イスラエルもまた知らなければならない。もしそれがそむくことであり、あるいはに罪を犯すことであるならば、きょう、われわれをゆるさないでください。

23 われわれが祭壇を築いたことが、もし従うことをやめるためであり、またその上に、燔祭、素祭をささげるためであり、あるいはまたその上に、酬恩祭の犠牲をささげるためであったならば、みずから、その罪を問いただしてください。

24 しかし、われわれは次のことを考えてしたのです。すなわち、のちの日になって、あなたがたの孫が、われわれの孫にむかって言うことがあるかも知れません、『あなたがたは、イスラエルのと、なんの関係があるのですか。

25 ルベンの孫と、ガド孫よ、は、あなたがたと、われわれとの間に、ヨルダンを境とされました。あなたがたは主の民の特権がありません』。こう言って、あなたがたの孫が、われわれの孫に、を拝むことをやめさせるかも知れないので、

26 われわれは言いました、『さあ、われわれは一つの祭壇を築こう。燔祭のためではなく、また犠牲のためでもなく、

27 ただあなたがたと、われわれとの間、およびわれわれの孫の間に、証拠とならせて、われわれが、燔祭と犠牲、および酬恩祭をもって、主ので、につとめをするためである。こうすれば、のちの日になって、あなたがたの孫が、われわれの孫に、「あなたがたは主の民の特権がありません」とは言わないであろう』。

28 またわれわれは言いました、『のちの日に、われわれ、またわれわれの子孫が、もしそのようなことを言われるならば、その時、われわれは言おう、「われわれの先祖が造った主の祭壇の型をごらんなさい。これは燔祭のためではなく、また犠牲のためでもなく、あなたがたと、われわれとの間の証拠である」。

29 にそむき、ひるがえって今日従うことをやめて、われわれの主の幕屋のにある祭壇のほかに、燔祭、素祭、または犠牲をささげるための祭壇を築くようなことは、決していたしません』」。

30 祭司ピネハス、および会衆のつかさたち、すなわち彼と共に行ったイスラエルの氏族のかしらたちは、ルベンの孫、ガド孫、およびマナセ孫がった言葉を聞いて、それを良しとした。

31 そして祭司エレアザルのピネハスは、ルベンの孫、ガド孫、およびマナセ孫に言った、「今日、われわれは、がわれわれのうちにいますことを知った。あなたがたが、にむかって、このとがを犯さなかったからである。あなたがたは今、イスラエルの人々を、主のから救い出したのです」。

32 こうして祭司エレアザルのピネハスと、つかさたちは、ルベンの孫、およびガド孫に別れて、ギレアデの地からカナンの地に帰り、イスラエルの人々のところに行って復命したので、

33 イスラエルの人々はそれを良しとした。そしてイスラエルの人々はをほめたたえ、ルベンの孫、およびガド孫の住んでいるを滅ぼすために攻め上ろうとは、もはや言わなかった。ルベンの孫とガド孫は、その祭壇を「あかし」と名づけて言った、「これは、われわれの間にあって、主がにいますというあかしをするものである」。

34 ルベンの孫とガド孫は、その祭壇を「あかし」と名づけて言った、「これは、われわれの間にあって、にいますというあかしをするものである」。

  

Exploring the Meaning of ヨシュア記 22      

Napsal(a) Rev. Julian Duckworth

Joshua 22: The tribes of Reuben, Gad and half Manasseh return.

With the land of Canaan now settled by Israel, the time had come for the men of Reuben, Gad, and one half of Manasseh to return to the other side of the Jordan, where their wives, children, cattle and sheep were left. The men of these two and a half tribes had been ordered to fight alongside the other tribes of Israel, and only then to return home.

They left, and when they came to the banks of the River Jordan, they built a large altar to the Lord. When the rest of Israel caught word of this, they wanted to go to war with these tribes, because they felt the altar was a sacrilege - Israel had the tabernacle for its worship of the Lord. They sent Phineas the priest to ask why they had built the altar. These tribes across the Jordan replied that in the future, the people of Israel may move against them, and reject them. They said the altar would serve as a witness to their worship of the Lord, just as the Israelites in Canaan worshiped. This answer pleased the priest, and when he told the leaders of Israel, it pleased them too.

The spiritual meaning of this episode is a very important one for us. The tribes living on the other side of the River Jordan stand for the worldly activities of our outward life, which in themselves are a very important part of our spiritual life. These actions make up the external part of spiritual life, in which we are able to do good (see Swedenborg’s work, Arcana Caelestia 9824[2]).

The tribes building an altar to God portrays our understanding that all the good we do, and all the use we provide, is possible because of the Lord. He is the giver of all good, which is why we must serve the Lord. Without use, spiritual thoughts and beliefs do not have a foundation (Arcana Caelestia 9473[3]).

Reuben, Gad and half of Manasseh said that the people of Israel might cut them off in the future. In spiritual terms, this would be to separate spiritual life and external life in daily living. This would result in such things as hypocrisy, and faith without charity, both of which are a threat to our spiritual well-being (see Swedenborg’s work, Doctrine of Life 4).

The altar, which was built on Canaan’s side of the Jordan before these tribes crossed over, was to stand as a witness to the union between the tribes within Canaan and the tribes across the Jordan, as one nation before the Lord (Arcana Caelestia 9714).

This unity means that we must be equally present in three areas of life: in the depths of our heart, in our worship and adoration of the Lord; in our mind, in our understanding and delight in the Lord’s Word with all its truth; and in our outward actions, where our acknowledgement of the Lord as our God leads us to be sincere, just, moral, fair, compassionate and dedicated to the service of God.

The answer from the three tribes pleased the priest and, in turn, the leaders of Israel. This reception represents our affirmation that ‘being spiritual’ does not take the place of helping others, but really demands that we serve the Lord in our daily actions (see Swedenborg’s work, Apocalypse Explained 325[4]).

    Studovat vnitřní smysl

Přeložit: