ヨシュア記 21

Study

           

1 時にレビの族長たちは、祭司エレアザル、ヌンのヨシュアおよびイスラエルの部族の族長たちのもとにきて、

2 カナンの地のシロで彼らに言った、「はかつて、われわれに住むべき々を与えることと、それに属する放牧地を、家畜のために与えることを、モーセによって命じられました」。

3 それでイスラエルの人々は、主の命にしたがって、自分たちの嗣業のうちから、次の々と、その放牧地とを、レビびとに与えた。

4 まずコハテびとの氏族のために、くじを引いた。祭司アロンの孫であるこれらのレビびとは、くじによって、ユダ部族、シメオンの部族、およびベニヤミンの部族のうちから、十三のを獲た。

5 その他のコハテびとは、くじによって、エフライムの部族の氏族、ダン部族、およびマナセの半部族のうちから、十のを獲た。

6 またゲルションびとは、くじによって、イッサカル部族の氏族、アセルの部族ナフタリ部族、およびバシャンにあるマナセの半部族のうちから、十三のを獲た。

7 またメラリびとは、その氏族にしたがって、ルベンの部族ガド部族、およびゼブルンの部族のうちから、十を獲た。

8 イスラエルの人々は、モーセによって命じられたとおりに、これらのと、その放牧地とを、くじによって、レビびとに与えた。

9 まずユダ部族と、シメオン部族のうちから、次に名をあげる々を与えた。

10 これらはレビびとに属するコハテびとの氏族の一つである、アロンの孫に与えられた。最初のくじが彼らに当ったからである。

11 すなわちユダ地にあるキリアテ・アルバすなわちヘブロンおよびその周囲の放牧地を彼らに与えた。このアルバはアナクの父であった。

12 ただし、このと、それに属する々とは、すでにエフンネのカレブが、それを受けて所有していた。

13 祭司アロンの孫に与えたのは、人を殺した者の、のがれるであるヘブロンとその放牧地、リブナとその放牧地、

14 ヤッテルとその放牧地、エシテモアとその放牧地、

15 ホロンとその放牧地、デビルとその放牧地、

16 アインとその放牧地、ユッタとその放牧地、ベテシメシとその放牧地など、つのであって、このつの部族のうちから分け与えたものである。

17 またベニヤミンの部族のうちから、ギベオンとその放牧地、ゲバとその放牧地、

18 アナトテとその放牧地、アルモンとその放牧地など、つのを与えた。

19 アロンの孫である祭司たちのは、合わせて十三であって、それに属する放牧地があった。

20 その他のコハテびとであるレビびとの氏族は、くじによって、エフライムの部族のうちからを獲た。

21 すなわち、そのは、人を殺したものの、のがれるであるエフライムの地のシケムとその放牧地、ゲゼルとその放牧地、

22 キブザイムとその放牧地、ベテホロンとその放牧地など、つのである。

23 またダン部族のうちから分け与えた町は、エルテケとその放牧地、ギベトンとその放牧地、

24 アヤロンとその放牧地、ガテリンモンとその放牧地など、つのである。

25 またマナセの半部族のうちから分け与えたは、タアナクとその放牧地、およびガテリンモンとその放牧地など、つのである。

26 その他のコハテびとの氏族のは、合わせてであって、それに属する放牧地があった。

27 ゲルションびとであるレビびとの氏族の一つに与えられたは、マナセの半部族のうちからは、人を殺した者の、のがれるであるバシャンのゴランとその放牧地、およびベエシテラとその放牧地など、つのである。

28 イッサカル部族のうちからは、キションとその放牧地、ダベラテとその放牧地、

29 ヤルムテとその放牧地、エンガンニムとその放牧地など、つのである。

30 アセルの部族のうちからは、ミシャルとその放牧地、アブドンとその放牧地、

31 ヘルカテとその放牧地、レホブとその放牧地など、つのである。

32 ナフタリ部族のうちからは、人を殺した者の、のがれるであるガリラヤのケデシとその放牧地、ハンモテ・ドルとその放牧地、カルタンとその放牧地など、つのである。

33 ゲルションびとが、その氏族にしたがって獲たは、合わせて十三のであって、それに属する放牧地があった。

34 その他のレビびとである、メラリびとの氏族に与えられた町は、ゼブルンの部族のうちからは、ヨクネアムとその放牧地、カルタとその放牧地、

35 デムナとその放牧地、ナハラルとその放牧地など、つのである。

36 ルベンの部族のうちからは、ベゼルとその放牧地、ヤハヅとその放牧地、

37 ケデモテとその放牧地、メパアテとその放牧地など、つのである。

38 ガド部族のうちからは、人を殺した者の、のがれるであるギレアデのラモテとその放牧地、マハナイムとその放牧地、

39 ヘシボンとその放牧地、ヤゼルとその放牧地など、合わせてつのである。

40 これらはみな、ほかのレビびとであるメラリびとが、その氏族にしたがって、くじをもって獲たであって、合わせて十であった。

41 イスラエルの人々の所有のうちに、レビびとが持った々は、合わせて四十八であって、それに属する放牧地があった。

42 これらの々は、それぞれその周囲に放牧地があった。これらの々はみなそうであった。

43 このように、が、イスラエル与えると、その先祖たちに誓われた地を、ことごとく与えられたので、彼らはそれを獲て、そこに住んだ。

44 は彼らの先祖たちに誓われたように、四方に安息を賜わったので、すべてののうち、ひとりも彼らに向かう者はなかった。をことごとく彼らのに渡されたからである。がイスラエルの家に約束されたすべての良いことは、一つとしてたがわず、みな実現した。

45 イスラエルのに約束されたすべての良いことは、一つとしてたがわず、みな実現した。

  

Exploring the Meaning of ヨシュア記 21      

Napsal(a) Rev. Julian Duckworth

Joshua 21: The cities of the Levite priests and the end of the settlement.

In this chapter, the last remaining part of the settlement was completed: the provision for the Levites, the priests of Israel. This tribe had been appointed priests because only they had answered the call, “Who is on the side of the Lord?” when the Israelites had been worshipping the golden calf in the wilderness (see Exodus 32:26).

Much of the chapter is spent listing the cities given to the three sons of Aaron, who was appointed high priest. Each extended family of Aaron’s sons was given about sixteen cities. It seems very significant that a lot of these cities were the same ones given to the other tribes, and were also the cities of refuge.

Levi’s name means ‘joined’, which is very suitable for the Levite priests, who received cities in every tribal territory. This meant that the presence of priests was everywhere (see Swedenborg’s work, Arcana Caelestia 342).

Spiritually speaking, this distribution is a wonderful illustration that our spirit lives throughout our whole body. Every part of us is alive! Every single thing in our body, from one blood cell to our heart and lungs, is maintained by our spirit, which itself is maintained by the influx of the Lord’s life. The function of everything in our body is in a perfect correspondence with the kingdom of heaven.

So, spiritually, the Levites stand for the presence of the Lord everywhere, in everything. This underlines the point that everything in the natural world - even the cities and territories described in this chapter of Joshua - reflect something about God and heaven (see Swedenborg’s Apocalypse Revealed 194). But there is another important meaning for the distribution of the priestly Levites in cities all through the tribal territories: we must keep on acknowledging that everything is a blessing from the Lord, that everything we do is for God, and that the Lord alone does what is truly good (see Swedenborg’s work, Divine Providence 91).

After the distribution of cities to the Levites, Israel was fully established in the land of Canaan. The rest of this chapter is a consolidating statement which is worth including in full:

v43. “So the Lord gave to Israel all the land of which He had sworn to give to their fathers, and they took possession of it and dwelt in it.
v44. The Lord gave them rest all around, according to all that he had sworn to their fathers. And not a man of all their enemies stood against them; the Lord delivered all their enemies into their hand.
v45. Not a word failed of any good thing which the Lord had spoken to the house of Israel. All came to pass.”

These are words of fulfillment, culmination, assurance and blessing. Everything here traces back to the Lord. The Lord made a covenant with the children of Israel, granted them victory over their enemies, and gave them the Land of Canaan; the Lord had spoken in complete truth. “All came to pass.”

This final statement is a promise of our own capacity for regeneration and spiritual progress. We are able to overcome our natural desires and selfish states; we have been established in our life with the ability to understand and do what is good. In devoting ourselves to the Lord, we find strength to see that He will never fail us, and will change us for the better. ‘All came to pass’ is our affirmation that our life is always under God’s care and providence (Arcana Caelestia 977).

    Studovat vnitřní smysl

Přeložit: