ヨシュア記 19

Study

           

1 次にシメオンのため、すなわちシメオン孫の部族のために、その家族にしたがって、くじを引いた。その嗣業はユダ孫の嗣業のうちにあった。

2 その嗣業として獲たものは、ベエルシバ、すなわちシバ、モラダ、

3 ハザル・シュアル、バラ、エゼム、

4 エルトラデ、ベトル、ホルマ、

5 チクラグ、ベテ・マルカボテ、ハザルスサ、

6 ベテレバオテ、シャルヘン。すなわち十三の々と、それに属する々。

7 またアイン、リンモン、エテル、アシャン。すなわちつの々と、それに属する々。

8 およびこれらのの周囲にあって、バアラテ・ベエル、すなわちネゲブのラマに至るまでのすべての々。これがシメオン孫の部族の、その家族にしたがって獲た嗣業である。

9 シメオン孫の嗣業は、ユダ孫の領域のうちにあった。これはユダ孫の分が大きかったので、シメオン孫が、その嗣業を彼らの嗣業のに獲たからである。

10 にゼブルンの孫のために、その家族にしたがって、くじを引いた。その嗣業の領域はサリデに及び、

11 その境は西に上って、マララに至り、ダバセテに達し、ヨクネアムの東にあるに達し、

12 サリデから、東の方、日の出の方に曲り、キスロテ・タボルの境に至り、ダベラテに出て、ヤピアに上り、

13 そこから東の方、日の出の方に進んで、ガテヘペルとイッタ・カジンに至り、リンモンに進んで、ネアの方に曲る。

14 ではその境はハンナトンに回り、イフタエルの谷に至って尽きる。

15 そしてカッタテ、ナハラル、シムロン、イダラ、ベツレヘムなど十々と、それに属する々があった。

16 これがゼブルンの孫の、その家族にしたがって獲た嗣業であって、その々と、それに属する々とである。

17 イッサカル、すなわちイッサカル孫のために、その家族にしたがって、くじを引いた。

18 その領域には、エズレル、ケスロテ、シュネム、

19 ハパライム、シオン、アナハラテ、

20 ラビテ、キション、エベツ、

21 レメテ、エンガンニム、エンハダ、ベテパッゼズがあり、

22 その境はタボル、シャハヂマ、ベテシメシに達し、その境はヨルダンに至って尽きる。十六の々と、それに属する々があった。

23 これがイッサカル孫の部族の、その家族にしたがって獲た嗣業であって、その々と、それに属する々とである。

24 第五に、アセルの孫の部族のために、その家族にしたがって、くじを引いた。

25 その領域には、ヘルカテ、ハリ、ベテン、アクサフ、

26 アランメレク、アマデ、ミシャルがあり、その境は西では、カルメルとシホル・リブナテに達し、

27 それから東に折れて、ベテダゴンに至り、の方ゼブルンと、イプタエルの谷に達し、ベテエメクおよびネイエルに至り、はカブルにいで、

28 更にエブロン、レホブ、ハンモン、カナを経て、大シドンに及び、

29 それから、その境はラマに曲り、堅固なツロに至る。またその境はホサに曲り、に至って尽きる。そして、マハラブ、アクジブ、

30 ウンマ、アペク、レホブなど、二十々と、それに属する々があった。

31 これがアセルの孫の部族の、その家族にしたがって獲た嗣業であって、その々と、それに属する々とである。

32 第六に、ナフタリ孫のために、その家族にしたがって、くじを引いた。

33 その境はヘレフから、すなわちザアナニイムのかしの木から起り、アダミ・ネケブおよび、ヤブネルを経て、ラクムに至り、ヨルダンに至って尽きる。

34 そしてその境は西に向かって、アズノテ・タボルに至り、そこからホッコクに出る。はゼブルンに接し、西はアセルに接し、東はヨルダンユダに達する。

35 その堅固な々は、ヂデム、ゼル、ハンマテ、ラッカテ、キンネレテ、

36 アダマ、ラマ、ハゾル、

37 ケデシ、エデレイ、エンハゾル、

38 イロン、ミグダルエル、ホレム、ベテアナテ、ベテシメシなどで、十々と、それに属する々があった。

39 これがナフタリ孫の部族が、その家族にしたがって獲た嗣業であって、その々と、それに属する々とである。

40 第七に、ダン孫の部族のために、その家族にしたがって、くじを引いた。

41 その嗣業の領域には、ゾラ、エシタオル、イルシメシ、

42 シャラビム、アヤロン、イテラ、

43 エロン、テムナ、エクロン、

44 エルテケ、ギベトン、バアラテ、

45 エホデ、ベネベラク、ガテリンモン、

46 メヤルコン、ラッコン、およびヨッパと相対する地域があった。

47 ただし、ダン孫の領域は、彼らのために小さかったので、ダン孫は、上って行き、レセムを攻めてそれを取り、つるぎにかけて撃ち滅ぼし、それを獲てそこに住み、先祖ダンの名にしたがって、レセムをダンと名づけた。

48 これがダン孫の部族の、その家族にしたがって獲た嗣業であって、その々と、それに属する々とである。

49 こうしての各地域を嗣業として分け与えることを終ったとき、イスラエルの人々は、自分たちのうちに、一つの嗣業を、ヌンのヨシュアに与えた。

50 すなわち、主の命に従って、彼が求めたを与えたが、それはエフライムの地にあるテムナテ・セラであって、彼はそのを建てなおして、そこに住んだ。これらは、祭司エレアザル、ヌンの子ヨシュア、およびイスラエルの子孫の部族の族長たちが、シロにおいて会見の幕屋の入で、主の前に、くじを引いて分け与えた嗣業である。こうして地を分けることを終った。

51 これらは、祭司エレアザル、ヌンのヨシュア、およびイスラエルの孫の部族の族長たちが、シロにおいて会見の幕屋の入口で、主のに、くじを引いて分け与えた嗣業である。こうして地を分けることを終った。

  

Exploring the Meaning of ヨシュア記 19      

Napsal(a) Rev. Julian Duckworth

Joshua 19: The last six tribes receive their territories, and Joshua his inheritance.

This chapter is the last of seven chapters detailing the division of the land of Canaan among the tribes. In this chapter, the remaining six tribes receive their portions.

Simeon received land very much in the south, below that of Judah, and Simeon’s territory was made a part of Judah. Simeon means ‘to hear’. To hear the Lord, and to hear the truth, means wanting to live in obedience with what the Lord teaches. Simeon was important in earlier biblical events, but is rarely mentioned later on; obeying the Lord can and should be a quiet affair (see Swedenborg’s work, Apocalypse Revealed 87).

The area given to Zebulun was modest and towards the north, between the Sea of Galilee and the coast. Zebulun’s name means ‘place of exaltation and honor’, and its spiritual meaning is just as glorious: it refers to honoring the Lord through the way we live our lives, both inwardly and outwardly (see Swedenborg’s Heaven and Hell 390).

Issachar’s territory was a small, fertile area in the north, next to the Jordan. The name “Issachar” means ‘a man of hire’ or ‘a hired man’. Spiritually, this is about wanting to serve the Lord, and dedicating our lives to this. Then we are ‘employed’ as servants of the Lord, and we are rewarded with spiritual strength, joy, and blessings (see Swedenborg’s Arcana Caelestia 6388).

Asher means ‘happy’ - a delightful name - and its territory was along the northern coastline, extending inland. It included Mount Carmel and the Plain of Sharon, which were both beautiful places. Spiritual happiness is quite deep, and is really a feeling of joy, contentment, and well-being. When we are spiritually happy, we feel glad to be alive, to know the Lord, and to do what is good because of God (Arcana Caelestia 6408).

Naphtali had territory going up from the Sea of Galilee to the northern border. Naphtali means ‘crafty and cunning’, which does not sound very heavenly. However, the idea is that we use our intelligence to bring heavenly results from the countless decisions we make each and every day. Earlier in the Bible, Naphtali is blessed and called ‘a deer let loose’, which would then be free to bound away (see Genesis 49:21, Arcana Caelestia 3928).

Dan had two small territories: one in the centre on the coast, and one in the far north near the source of the River Jordan. Dan means ‘to judge well’, and it stands for our need to treat people fairly because of our relationship with the Lord. Perhaps there are two territories because one is our mind (north), and the other is in life (center) (Arcana Caelestia 3923).

Finally, Joshua himself is given his inheritance, a place in Ephraim called Timnath Serah. The name means ‘an extra portion’, and this suggests that beyond everything Joshua has done, he is to be given something further. Spiritually, this could be the unexpected delight we get when we devote ourselves to serving the Lord (Arcana Caelestia 995[3]).

The spiritual meaning of receiving a portion of land is that we are able to experience blessings and goodness from the Lord, but only after we have ‘conquered the land’. This means working through our temptations and overcoming weaknesses during our natural life.

Since the land of Canaan stands for heaven – and also for the growth of heaven in us – each of the twelve tribes represent a part of heavenly life that needs to be active in us. We must learn hear the word of the Lord, judge well in our daily actions, and honor His name by the way we live.

    Studovat vnitřní smysl

Přeložit: