ヨシュア記 17

Studie

              |

1 マナセ部族が、くじによって獲た地は、次のとおりである。マナセはヨセフの長子であった。マナセの長子で、ギレアデの父であるマキルは、軍人であったので、ギレアデとバシャンを獲た。

2 マナセの部族の他のものにも、その家族にしたがって、地を与えたが、それは、アビエゼル、ヘレク、アスリエル、シケム、ヘペル、セミダで、これらはヨセフのマナセの男の孫であって、その家族にしたがって、あげたものである。

3 しかし、マナセマキル、そのギレアデ、そのヘペル、そのであったゼロペハデには、女のだけで、男のがなかった。女のたちの名は、マヘラ、ノア、ホグラ、ミルカ、テルザといった。

4 彼女たちは、祭司エレアザル、ヌンのヨシュアおよび、つかさたちのに進み出て、「わたしたちの兄弟と同じように、わたしたちにも、嗣業を与えよと、モーセに命じおきになりました」と言ったので、ヨシュアは主の命にしたがって、彼らの父の兄弟たちと同じように、彼女たちにも嗣業を与えた。

5 こうしてマナセヨルダンの向こうで、ギレアデとバシャンの地のほかに、なお十の部分を獲た。

6 マナセ娘たちが、男のらと共に、嗣業を獲たからである。ギレアデの地は、そのほかのマナセ孫に分け与えられた。

7 マナセの獲た地の境は、アセルからシケムの東のミクメタテに及び、その境は南に延びて、エンタップアの住民に達する。

8 タップアの地はマナセに属していたが、マナセの境にあるタップアの町は、エフライムの孫に属していた。

9 またその境はカナのに下って、に至る。そこの々はマナセ々のにあって、エフライムに属した。マナセの境は、に沿って進み、に達して尽きる。

10 その川のの地は、エフライムに属し、マナセに属する。がその境となる。マナセはアセルに接し、東はイッサカルに接する。

11 マナセはまたイッサカルとアセルの中に、ベテシャンとその村々、イブレアムとその村々、ドルの住民とその村々、エンドルの住民とその村々、タアナクの住民とその村々、メギド住民とその村々を獲た。このうち第のものは高地である。

12 しかし、マナセ孫は、これらの々を取ることができなかったので、カナンびとは長くこの地に住み続けようとした。

13 しかし、イスラエルの人々が強くなるしたがって、カナンびとを使役するようなり、ことごとく追い払うことはしなかった。

14 ヨセフの孫はヨシュアに言った、「が今まで、わたしを祝福されたので、わたしは数の多い民となったのに、あなたはなぜ、わたしの嗣業として、ただ一つのくじ、一つの分だけを、くださったのですか」。

15 ヨシュアは彼らに言った、「もしあなたが数の多い民ならば、林に上っていって、そこで、ペリジびとやレパイムびとの地を自分で切り開くがよい。エフライムの地が、あなたがたには狭いのだから」。

16 ヨセフの孫は答えた、「地はわたしどもに十分ではありません。かつまた平地におるカナンびとは、ベテシャンとその村々におるものも、エズレルのにおるものも、みなの戦車を持っています」。

17 ヨシュアはまたヨセフの、すなわちエフライムマナセに言った、「あなたは数の多い民で、大きな力をもっています。それでただ一つのくじでは足りません。山地をもあなたのものとしなければなりません。それは林ではあるが、切り開いて、向こうの端まで、自分のものとしなければなりません。カナンびとは鉄の戦車があって、強くはあるが、あなたはそれを追い払うことができます」。

18 地をもあなたのものとしなければなりません。それは林ではあるが、切り開いて、向こうの端まで、自分のものとしなければなりません。カナンびとはの戦車があって、強くはあるが、あなたはそれを追い払うことができます」。

Scroll to see more.