ヨシュア記 16

Studie

           |

1 ヨセフの孫が、くじによって獲た地の境は、エリコのほとりのヨルダン、すなわちエリコのの東から起って、荒野に延び、エリコから地に上っている荒野を経て、ベテルに至り、

2 ベテルからルズにおもむき、アルキびとの領地であるアタロテに進み、

3 西に下ってヤフレテびとの領地に達し、下ベテホロンの地域に及び、ゲゼルに達し、に至って尽きる。

4 こうしてヨセフの孫のマナセと、エフライムとは、その嗣業を受けた。

5 エフライムの孫が、その家族にしたがって獲た地の境は、次のとおりである。彼らの嗣業の東の境は、アタロテ・アダルであって、上ベテホロンに達し、

6 その境は、その所からに及ぶ。にはミクメタテがあり、東ではその境はタアナテシロで曲り、進んでヤノアの東に至り、

7 ヤノアからアタロテとナアラに下り、エリコに達し、ヨルダンに至って尽きる。

8 タップアからその境は西に進んで、カナのに達し、に至って尽きる。これはエフライムの孫の部族が、その家族にしたがって獲た嗣業である。

9 このほかにマナセ孫の嗣業のうちにも、エフライムの孫のために分け与えられた々があって、そのすべての々と、それに属する々を獲た。ただし、ゲゼルに住むカナンびとを、追い払わなかったので、カナンびとは今日までエフライムのに住み、奴隷となって追い使われている。

10 ただし、ゲゼルに住むカナンびとを、追い払わなかったので、カナンびとは今日までエフライムの中に住み、奴隷となって追い使われている。

Scroll to see more.