ヨハネによる福音書 11

Japanese Bible

Studovat vnitřní smysl

← ヨハネによる福音書 10   ヨハネによる福音書 12 →

1 さて,ある人が病気であった。マリアとその姉妹マルタの村,ベタニア出身のラザロである。

2 主に香油を塗り,その両足を自分の髪でぬぐったのはこのマリアであり,その兄弟ラザロが病気であった。

3 それで姉妹たちは彼のもとに人を遣わして言った,「主よ,ご覧ください,あなたが大いに愛情を抱いてくださっている者が病気です」。

4 しかしイエスはそれを聞いて言った,「この病気は死に至るものではなく,神の栄光のため,神の子がそれによって栄光を受けるためのものだ」。

5 さて,イエスはマルタとその姉妹,そしてラザロを愛していた。

6 それで,ラザロが病気だと聞いたとき,自分のいた所に二日間とどまっていた。

7 それから,そののち,弟子たちに言った,「もう一度ユダヤに行こう」。

8 弟子たちは彼に言った,「ラビ,たった今ユダヤ人たちはあなたを石打ちにしようとしたのに,またあそこに行こうとされるのですか」。

9 イエスは答えた,「昼間の十二時間があるではないか。人は昼の間に歩けば,つまずくことはない。この世の光を見ているからだ。

10 しかし,夜の間に歩けばつまずく。光が彼の内にないからだ」。

11 こうした事を言って,そののち,彼らに言った,「わたしたちの友ラザロは眠りに入った。しかしわたしは彼を眠りから覚ましに行く」。

12 それで弟子たちは言った,「主よ,眠りに入ったのなら,回復するでしょう」。

13 ところで,イエスは彼の死について話していたが,彼らは眠って休息をとることについて話しているものだと思っていた。

14 そこでイエスはその時,彼らにはっきりと言った,「ラザロは死んだのだ。

15 わたしは,自分がそこにいなかったことを,あなた方のために喜ぶ。それはあなた方が信じるようになるためだ。それでも,彼のところに行こう」。

16 それで,ディディモス{「ディディモス」は「双子」という意味}と呼ばれるトマスが仲間の弟子たちに言った,「我々も行って,彼と共に死のうではないか」。

17 そこでイエスが行くと,ラザロがすでに四日間墓の中にいるのを目にした。

18 ところで,ベタニアはエルサレムに近く,およそ十五スタディア{15スタディアは約2.8キロメートルまたは1.7マイル}離れている。

19 大勢のユダヤ人たちが,マルタとマリアの周りで,その女たちと一緒にいた。その兄弟に関して彼女たちを慰めようとしてであった。

20 それで,マルタはイエスが来ていると聞くと,出て行って彼に会った。しかしマリアは家の中にとどまっていた。

21 それでマルタはイエスに言った,「主よ,あなたがここにいてくださったなら,わたしの兄弟は死ななかったことでしょう。

22 今でもわたしは,あなたが神にお求めになることは何でも,神はあなたにお与えになることを知っています」。

23 イエスは彼女に言った,「あなたの兄弟は生き返る」。

24 マルタは彼に言った,「わたしは,彼が終わりの日の復活の時に生き返ることを知っています」。

25 イエスは彼女に言った,「わたしは復活であり,命だ。わたしを信じる者は,たとえ死んでも生きる。

26 だれでも生きていてわたしを信じる者は決して死なない。あなたはこのことを信じるか」。

27 彼女は彼に言った,「はい,主よ。わたしはあなたがキリスト,神の子,世に入られる方だということを信じて来ました」。

28 このことを言うと,彼女は去って行き,そっと自分の姉妹マリアを呼んで,こう言った。「先生がここにおられ,あなたをお呼びです」。

29 彼女はこれを聞くと,急いで立ち上がり,彼のもとに行った。

30 ところで,イエスはまだ村に入っておらず,マルタが彼と会った場所にいた。

31 それで,その家の中で彼女と共にいて,彼女を慰めていたユダヤ人たちは,急いで立ち上がって出て行くマリアを見たとき,「泣くために墓に行こうとしているのだ」と言って,彼女に付いて行った。

32 それでマリアはイエスがいる所に来て,彼を見ると,その足もとにひれ伏して,彼に言った,「主よ,あなたがここにいてくださったなら,わたしの兄弟は死ななかったことでしょう」。

33 それでイエスは,彼女が泣き,彼女と共に来たユダヤ人たちも泣いているのを目にすると,霊においてうめき,また苦悩し,

34 そして言った,「あなた方は彼をどこに横たえたのか」。 彼らは言った,「主よ,来て,ご覧ください」。

35 イエスは涙を流した。

36 それでユダヤ人たちは言った,「見なさい,彼にどれほど愛情を抱いていたかを」。

37 彼らのうちのある者たちは言った,「盲人の目を開けたこの人が,ラザロを死から守れなかったのだろうか」。

38 それでイエスは,再び自分の内でうめき,墓に来た。ところでそれはほら穴であって,それに向かって石が置かれていた。

39 イエスは言った,「石を取りのけなさい」。 死んでいた者の姉妹マルタが彼に言った,「主よ,もう臭くなっています。死んで四日たちますから」。

40 イエスは彼女に言った,「信じれば神の栄光を見ると告げなかったか」。

41 そこで彼らは死んだ人が横たえられている場所から石を取りのけた。イエスは目を上げて言った,「父よ,わたしに耳を傾けてくださったことに感謝します。

42 わたしは,あなたがいつもわたしに耳を傾けてくださっていることを知っていました。しかし,周りに立っているこの群衆のために,わたしはこのことを言いました。あなたがわたしを遣わされたことを彼らが信じるためです」。

43 こう言ってから,大声で叫んだ,「ラザロよ,出て来なさい!」

44 死んでいた人が,手と足を覆い布で巻かれたまま出て来たのである。その顔も布で包まれていた。 イエスは彼らに言った,「彼を解いて行かせなさい」。

45 それで,マリアのところに来てイエスの行なったことを見た大勢のユダヤ人が,彼を信じた。

46 しかし,彼らのうちの何人かはファリサイ人たちのところに去って行き,イエスが行なった事柄を彼らに告げた。

47 それで,祭司長たちとファリサイ人たちは最高法院を招集して,こう言った。「我々は何をしているのだ。この人が多くのしるしを行なっているというのに。

48 我々が彼をこのままほうっておくなら,みんなが彼を信じるだろう。そして,ローマ人たちがやって来て,我々の場所も国民も奪い去ってしまうだろう」。

49 しかし彼らのうちのある者,その年に大祭司であったカイアファスが彼らに言った,「あなた方は少しも分かっていない。

50 そして,一人の人が民のために死んで,国民全体が滅びないことが,我々にとって益になることを考えていない」。

51 ところで,彼はこれを自分から言ったのではなく,その年に大祭司であったので,このことを預言したのである。すなわち,イエスが国民のために死ぬことになること,

52 また,それが国民のためだけではなく,各地に散らされている神の子らを一つに集めるためでもあるということである。

53 そこで彼らはその日以来,彼を殺そうと相談した。

54 そのためイエスは,ユダヤ人の間をおおっぴらに歩くことはせず,そこから,荒野に近い地方,エフライムと呼ばれる町に出発した。彼は弟子たちと共にそこに滞在した。

55 さて,ユダヤ人の過ぎ越しが近づいていた。大勢の人が身を清めるために,過ぎ越しの前にその地方からエルサレムに上って行った。

56 それで彼らはイエスを探し,神殿の中に立ちながら互いに言い合った,「あなた方はどう思うか。彼は祭りに全然来ないのだろうか」。

57 ところで,祭司長たちとファリサイ人たちは,だれでも彼がいるところを知ったなら報告するように命じていた。彼を捕まえるためであった。

← ヨハネによる福音書 10   ヨハネによる福音書 12 →
Studovat vnitřní smysl

Komentář k této kapitole:

Příběhy:

Vysvětlení nebo odkazy ze Swedenborgových prací:

Arcana Coelestia 1999, 2343, 2353, 2397, 2628, 2658, 2708 ...

Apocalypse Revealed 49, 58, 60, 502, 520, 553, 743 ...

Brief Exposition of Doctrine 44

神の愛と知恵 4

神の摂理についての天使的知恵の書 159

The Lord 19, 20, 32

Sacred Scripture 40

天界と地獄 5

True Christianity 107, 337, 358, 483, 722

新エルサレムと天界の教義 282

Ukázat odkazy z nepublikovaných děl Swedenborga




Přeložit:
Sdílet: