ヨブ記 19

Studie

           |

1 そこでヨブは答えて言った、

2 「あなたがたはいつまでわたしを悩まし、言葉をもってわたしを打ち砕くのか。

3 あなたがたはすでに度もわたしをはずかしめ、わたしを悪くあしらってもなおじないのか。

4 たといわたしが、まことにあやまったとしても、そのあやまちは、わたし自身にとどまる。

5 もしあなたがたが、まことにわたしに向かって高ぶり、わたしのを論じるならば、

6 『神がわたしをしえたげ、その網でわたしを囲まれたのだ』と知るべきだ。

7 見よ、わたしが『暴虐』と叫んでも答えられず、助けを呼び求めても、さばきはない。

8 彼はわたしのにかきをめぐらして、越えることのできないようにし、わたしの行くに暗やみを置かれた。

9 彼はわたしの栄えをわたしからはぎ取り、わたしのこうべから冠を奪い、

10 四方からわたしを取りこわして、うせさせ、わたしの望みをのように抜き去り、

11 わたしに向かって怒りを燃やし、わたしをのひとりのように思われた。

12 その勢がいっせいに来て、塁を築いて攻め寄せ、わたしの天幕のまわりに陣を張った。

13 彼はわたしの兄弟たちをわたしから遠く離れさせられた。わたしを知る人々は全くわたしに疎遠になった。

14 わたしの親類および親しい友はわたしを見捨て、

15 わたしのに宿る者はわたしを忘れ、わたしのはしためらはわたしを他人のように思い、わたしは彼らのに他国人となった。

16 わたしがしもべを呼んでも、彼は答えず、わたしはをもって彼に請わなければならない。

17 わたしの息はわがにいとわれ、わたしは同じたちにきらわれる。

18 わらべたちさえもわたしを侮り、わたしが起き上がれば、わたしをあざける。

19 親しい人々は皆わたしをいみきらい、わたしのした人々はわたしにそむいた。

20 わたしのは皮とにつき、わたしはわずかにの皮をもってのがれた。

21 わが友よ、わたしをあわれめ、わたしをあわれめ、神のがわたしを打ったからである。

22 あなたがたは、なにゆえ神のようにわたしを責め、わたしのをもって満足しないのか。

23 どうか、わたしの言葉が、書きとめられるように。どうか、わたしの言葉が、書物にしるされるように。

24 の筆と鉛とをもって、ながくに刻みつけられるように。

25 わたしは知る、わたしをあがなう者は生きておられる、後の日に彼は必ず地の上に立たれる。

26 わたしの皮がこのように滅ぼされたのち、わたしはを離れて神を見るであろう。

27 しかもわたしの味方として見るであろう。わたしの見る者はこれ以外のものではない。わたしの心はこれを望んでこがれる。

28 あなたがたがもし『われわれはどうして彼を責めようか』と言い、また『事の根源は彼のうちに見いだされる』と言うならば、つるぎを恐れよ、怒りはつるぎの罰をきたらすからだ。これによって、あなたがたは、さばきのあることを知るであろう」。

29 つるぎを恐れよ、怒りはつるぎの罰をきたらすからだ。これによって、あなたがたは、さばきのあることを知るであろう」。