エレミヤ書 46

Studie

           |

1 もろもろのの事について預言者エレミヤに臨んだ主の言葉

2 エジプトの事、すなわちユフラテのほとりにあるカルケミシの近くにいるエジプトの王パロ・ネコの勢の事について。これはユダの王ヨシヤのエホヤキム年に、バビロンの王ネブカデレザルが撃ち破ったものである。その言葉は次のとおりである、

3 「大と小とを備え、進んで戦え。

4 騎兵よ、を戦車につなぎ、に乗れ。かぶとをかぶって立て。ほこをみがき、よろいを着よ。

5 わたしは見たが、何ゆえか彼らは恐れて退き、その勇士たちは打ち敗られ、あわてて逃げて、うしろをふり向くこともしない、――恐れが彼らの周囲にあるとは言われる。

6 足早き者も逃げることができず、勇士ものがれることができない。の方、ユフラテのほとりで彼らはつまずき倒れた

7 あのナイルのようにわきあがり、々のように、そののさかまく者はだれか。

8 エジプトはナイルのようにわきあがり、その々のようにさかまく。そしてこれは言う、わたしは上って、地をおおい、々とそのうちに住む者を滅ぼそう。

9 よ、進め、車よ、激しく走れ。勇士よ、を取るエチオピヤびとと、プテびとよ、を巧みに引くルデびとよ、進み出よ。

10 そのは万の神、主のであって、があだを報いられる、そのにあだをかえされるだ。つるぎは食べて飽き、彼らのに酔う。万の神、が、の地で、ユフラテのほとりで、ほふることをなされるからだ。

11 おとめなるエジプトよ、ギレアデに上って乳香を取れ。あなたは多くの薬を用いても、むだだ。あなたは、いやされることはない。

12 あなたの々に聞えている、あなたの叫びは地に満ちている。勇士が勇士につまずいて、共に倒れたからである」。

13 バビロンの王ネブカデレザルが来てエジプトの地を撃とうとする事について、預言者エレミヤにお告げになった言葉

14 エジプトで宣べ、ミグドルで告げ示し、またメンピスとタパネスに告げ示して言え、『堅く立って、備えせよ、つるぎがあなたの周囲を、滅ぼし尽すからだ』。

15 なぜ、アピスはのがれたのか。あなたの雄牛は、なぜ立たなかったのか。それはがこれを倒されたからだ。

16 あなたに属する多くの兵は、つまずいて倒れた。そして互に言った、『立てよ、われわれは、しえたげる者のつるぎを避けて、われわれの民に帰り、故郷の地へ行こう』と。

17 エジプトの王パロの名を、『好機を逸する騒がしい者』と呼べ。

18 いう名の王は言われる、わたしは生きている、彼は々のうちのタボルのように、のほとりのカルメルのように来り臨む。

19 エジプト住む民よ、捕われのために荷物を備えよ。メンピスは荒れ地となり、廃虚となって住む人もなくなる。

20 エジプトは美しい雌の子牛だ、しかしから、牛ばえが来て、それにとまった。

21 そのうちにいる雇兵でさえ、肥えた子牛のようだ。彼らはふり返って共に逃げ、立つことをしなかった。彼らの災難の、そのせられる時が来たからだ。

22 彼は逃げ去るへびのような音をたてる。その敵が勢を率いて彼に臨み、きこりのように、おのをもって来るからだ。

23 彼らは彼の林がいかに入り込みがたくとも、それを切り倒す。彼らはいなごよりも多く、数えがたいからであると、は言われる。

24 エジプトははずかしめを受け、からくる民のに渡される」。

25 イスラエルのは言われた、「見よ、わたしはテーベのアモンと、パロと、エジプトとその神々とその王たち、すなわちパロと彼を頼む者とをする。

26 わたしは彼らを、その命を求める者のと、バビロンの王ネブカデレザルのと、その家来たちのに渡す。その、エジプトは昔のように人の住む所となると、は言われる。

27 わたしのしもべヤコブよ、恐れることはない、イスラエルよ、驚くことはない。見よ、わたしがあなたを遠くから救い、あなたの子孫をその捕え移された地から救うからだ。ヤコブは帰ってきて、おだやかに、安らかになり、彼を恐れさせる者はない。主は言われる、わたしのしもべヤコブよ、恐れることはない、わたしが共にいるからだ。わたしはあなたを追いやった々をことごとく滅ぼし尽す。しかしあなたを滅ぼし尽すことはしない。わたしは正しい道に従って、あなたを懲らしめる、決して罰しないではおかない」。

28 は言われる、わたしのしもべヤコブよ、恐れることはない、わたしが共にいるからだ。わたしはあなたを追いやった々をことごとく滅ぼし尽す。しかしあなたを滅ぼし尽すことはしない。わたしは正しい道に従って、あなたを懲らしめる、決してしないではおかない」。