エレミヤ書 33

Studovat vnitřní smysl

           

1 エレミヤがなお監視の庭に閉じ込められている時、主の言葉はふたたび彼に臨んだ、

2 「地を造られた、それを造って堅く立たせられた、その名をと名のっておられる者がこう仰せられる、

3 わたしに呼び求めよ、そうすれば、わたしはあなたに答える。そしてあなたの知らない大きな隠されている事を、あなたに示す。

4 イスラエルのは塁と、つるぎとを防ぐために破壊されたこのと、ユダの王のについてこう言われる、

5 カルデヤびとは来て戦い、わたしが怒りと憤りをもって殺す人々の死体を、それに満たす。わたしは人々のもろもろの悪のために、このにわたしのをおおい隠した

6 見よ、わたしは健康と、いやしとを、ここにもたらして人々をいやし、豊かな繁栄と安全とを彼らに示す。

7 わたしはユダイスラエルを再び栄えさせ、彼らを建てて、もとのようにする。

8 わたしは彼らがわたしに向かって犯したのすべてのとがを清め、彼らがわたしに向かって犯したと反逆のすべてのとがをゆるす。

9 この町は地のもろもろの民の前に、わたしのために喜びの名となり、誉となり、栄えとなる。彼らはわたしがわたしの民に施すもろもろの恵みのことを聞く。そして、わたしがこの町に施すもろもろの恵みと、もろもろの繁栄のために恐れて身をふるわす。

10 はこう言われる、あなたがたが、『それは荒れて、人もおらずもいない』というこの所、すなわち、荒れて、人もおらず住む者もなく、もいないユダエルサレムのちまたに、

11 再び喜びの声、楽しみの声、花婿の声、花嫁の声、および『万に感謝せよ、は恵みふかく、そのいつくしみは、いつまでも絶えることがない』といって、感謝の供え物を主の宮に携えてくる者の声が聞える。それは、わたしがこの地を再び栄えさせて初めのようにするからであるとは言われる。

12 はこう言われる、荒れて、人もおらずもいないこの所と、そのすべての々に再びその群れを伏させる牧者のすまいがあるようになる。

13 地の々と、平地の々と、ネゲブの々と、ベニヤミンの地、エルサレムの周囲と、ユダ々で、群れは再びそれを数える者のを通りすぎるとは言われる。

14 は言われる、見よ、わたしがイスラエルのユダに約束したことをなし遂げる来る

15 その、その時なるならば、わたしはダビデのため一つの正しい枝を生じさせよう。彼は公平と正義を地行う。

16 そのユダは救を得、エルサレムは安らかにおる。その名は『はわれわれの正義』ととなえられる。

17 はこう仰せられる、イスラエルのの位に座する人がダビデの子孫のうちに欠けることはない。

18 またわたしのに燔祭をささげ、素祭を焼き、つねに犠牲をささげる人が、レビびとである祭司のうちに絶えることはない」。

19 主の言葉エレミヤに臨んだ、

20 はこう仰せられる、もしあなたがたが、昼と結んだわたしの契約を破り、またと結んだわたしの契約を破り、昼とが定められた時に来ないようにすることができるならば、

21 しもべダビデとわたしが結んだ契約もまた破れ、彼はその位に座して王となるを与えられない。またわたしがわたしに仕えるレビびとである祭司に立てた契約も破れる。

22 天の星はえることができず、浜のは量ることができない。そのようにわたしは、しもべダビデの子孫と、わたしに仕えるレビびとである祭司を増そう」。

23 主の言葉エレミヤに臨んだ、

24 「あなたはこの民が、『は自ら選んだつのやからを捨てた』といっているのを聞かないか。彼らはこのようにわたしの民を侮って、これをとみなさないのである。

25 はこう言われる、もしわたしが昼ととに契約を立てず、また天地のおきてを定めなかったのであれば、わたしは、ヤコブとわたしのしもべダビデとの子孫を捨てて、再び彼の子孫のうちからアブラハム、イサク、ヤコブの子孫を治める者を選ばない。わたしは彼らを再び栄えさせ、彼らにあわれみをたれよう」。

26 わたしは、ヤコブとわたしのしもべダビデとの子孫を捨てて、再び彼の子孫のうちからアブラハム、イサク、ヤコブの子孫を治める者を選ばない。わたしは彼らを再び栄えさせ、彼らにあわれみをたれよう」。

  
   Studovat vnitřní smysl
Swedenborg

Hlavní výklad ze Swedenborgových prací:

The Inner Meaning of the Prophets and Psalms 99


Další odkazy Swedenborga k této kapitole:

Arcana Coelestia 23, 37, 592, 612, 666, 709, 935, ...

Apocalypse Revealed 86, 128, 194, 306, 361, 364, 414, ...

A Brief Exposition of New Church Doctrine 120

Conjugial Love 81

Doctrine of the Lord 4, 6, 38, 39, 53

Doctrine of the Sacred Scripture 85, 87

True Christian Religion 1, 82, 93, 95, 137, 158, 188, ...

新エルサレムと天界の教義 284


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Apocalypse Explained 155, 223, 293, 365, 412, 433, 444, ...

On the Athanasian Creed 29

Coronis (An Appendix to True Christian Religion) 5, 60

De Domino 39

Marriage 1, 51, 82, 93, 95

Scriptural Confirmations 19, 98

Jiný komentář

  Příběhy:


Skočit na podobné biblické verše

創世記 8:22, 15:5, 49:10

出エジプト記 15:3

レビ記 16:30, 27:32

申命記 30:5, 31:17, 18

サムエル記下 7:12, 13, 16, 23:5

列王記下 11:2

歴代誌上 16:34

詩編 74:16, 83:5, 85:7, 89:30, 36, 91:15, 100:5, 126:1, 130:8, 132:12, 147:3, 13

イザヤ書 22:10, 42:8, 43:21, 51:3, 52:8, 55:13, 57:18, 19, 60:5, 61:6, 62:1, 2, 65:10, 66:22

エレミヤ書 7:34, 13:11, 16:21, 17:26, 23:5, 6, 29:10, 11, 12, 14, 30:3, 17, 31:12, 13, 14, 20, 24, 35, 36, 37, 32:2, 5, 18, 24, 42, 43, 44, 33:7, 11, 26, 35:19, 50:7, 19, 20

エゼキエル書 34:13, 36:20, 25, 35, 43:19

ダニエル書 2:22, 23

アモス書 5:8, 9:14

ミカ書 7:20

ゼファニヤ書 3:19, 20

Zechariah 1:17

マルコによる福音書 11:10

ルカによる福音書 20:41

コリントの信徒への手紙一 2:9

ハバクク書 8:12

Významy biblických slov

エレミヤ
Jeremiah, in the Book of Jeremiah 1:1 and what follows, represents the Lord. (Arcana Coelestia 2838 [2]). In Jeremiah 13:7, he signifies the state of...


The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

主の
The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

言葉
'Word,' as in Psalms 119:6-17, stands for doctrine in general. 'The Word,' as in Psalms 147:18, signifies divine good united with divine truth. 'Word,' as...


Forming from the womb, as in Isaiah 44:2, 24; 49:1, 5, signifies the reformer. For references to the Lord as Reformer and Regenerator, see Doctrine...

答える
答えを出す」ということは、一般的に霊的な受容性の状態を示しています。これは究極的には、私たちの心と心に真の考えと善のための願望を常に注ぎ込もうとしてくださる主を受け入れることを意味します。それはまた、自分自身の外面的な部分で、自分自身の内面的な部分の導きを受け入れることでもあります。 聖書の中の "答える "は、しばしば "言う "と対になっています。これらの場合、一般的に、それは受容性と相まって知覚のレベルを示しています。これは、あなたが主から来るものを受け入れるだけでなく、それを見て、その中にある真理を認識し、それがあなたをより良い人生に導くということを意味しています。

イスラエルの
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

イスラエル
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...


主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。


In the ancient world cities were very nearly nations unto themselves – they existed within walls, with their own laws and customs, generally centered on...


A "house" is essentially a container - for a person, for a family, for several families or even for a large group with shared interests...

ユダ
City of Judah,' as in Isaiah 40:9, signifies the doctrine of love towards the Lord and love towards our neighbor in its whole extent.

来て
As with common verbs in general, the meaning of “come” in the Bible is highly dependent on context – its meaning is determined largely by...

怒り
怒りは、それが定義を必要としないほど、人々にとって非常に一般的な感情です。しかし、興味のある点をいくつか挙げることができます。 1) 主は決して怒られません。怒りが主に帰するのは、この言葉が人間に意味を持たせるために書かれているからであり、人間が悪であるときには、主は怒るべきであるかのように思えるからです。そして、そのように考えることは人を傷つけることではありません。また、悪人が自分の計画がうまくいかない時に、主に怒りを感じて、それが返ってくると思っています。 2) 熱意はしばしば怒りのように見えますが、そうではなく、悪い動機ではなく、良い動機から来ています。怒りは利己的な愛が妨げられたり、攻撃されたりしたときに人に現れますが、熱意は善良な愛や価値ある真理が妨げられたり、攻撃されたりしたときに人に現れます。悪魔やサタンは怒りを感じ、それをよく感じ、攻撃しようとします。天使は熱意を感じ、しばしばそれを感じ、守ろうとすることがあります。

満たす
There are two ways something can be filled: It can be filled with something bad against the wishes of its owner, or it can be...

悪の
'To hurt,' as mentioned in Revelation 6:6, signifies violation and profanation. 'To hurt' as mentioned in Revelation 9:4, signifies perverting the truths and goods of...


“The eyes are the windows of the soul.” That’s a sentiment with roots somewhere in murky antiquity, but one that has become hopelessly cliché because...

隠した
'To hide themselves in the dens and in the rocks of the mountains,' as mentioned in Revelation 6:15, signifies being in evils and in falsities...

健康
'Healing' signifies reformation by truth derived by good. 'Healing in his wings,' as mentioned in Malachi 3:20, signifies reformation by divine truth from good.


In the Word three terms are used to mean bad things that are done. These three are transgression, iniquity, and sin, and they are here...

聞く
Thanks to modern science, we now understand that hearing actually happens in the brain, not the ears. The ears collect vibrations in the air and...


"Beasts" represent the affection for doing good things, a true desire to do them from the heart. In the negative sense, "beasts" stand for the...

いう
As with many common verbs, the meaning of “to say” in the Bible is highly dependent on context. Who is speaking? Who is hearing? What...

住む
Many people were nomadic in Biblical times, especially the times of the Old Testament, and lived in tents that could be struck, moved and re-raised...

エルサレム
Jerusalem, on Mount Zion, signifies the doctrine of love to the Lord, and how it governs your life. Jerusalem first comes to our attention in...

花婿
On a human level, a bride represents the affection for what is true, and the bridegroom represents the affection for what is good. Most references...

花嫁
'A bride' means the church in respect to Divine truth from the Lord.


A host and an army come from the same Hebrew word and mean the same thing in Bible; when the Children of Israel were numbered...

群れ
A flock, as in Genesis 26, denotes interior or rational good. A flock signifies those who are in spiritual good. A flock signifies natural interior...


'Hills' signify the good of charity.


Scientists believe that one of the most crucial developments in the evolution of humans was bipedalism – walking on two legs. That left our hands...


In the Bible, things that are lower down, or under, physically, generally represent things that are lower or more external spiritually. In some cases, the...


"Day" describes a state in which we are turned toward the Lord, and are receiving light (which is truth) and heat (which is a desire...

来る
As with common verbs in general, the meaning of “come” in the Bible is highly dependent on context – its meaning is determined largely by...


‘To grow’ signifies to be perfected.

正義
The word "righteous" has taken on a bit of negative shading in modern language. That may be because we hear it most often as part...


ほとんどの場合、"before "の意味は簡単です。相対的な時間を評価する方法としても、"誰かの前で "という意味でも、"before "は使われます。しかし,主に関連して使われる場合には,より深い意味を持ちます。主の前に」いるということは、主の前にいるだけでなく、主から善の欲求と真理の理解を受けて、それに従って生きることを意味します。そして、主に関連して時間の評価として使われる場合、「前に」とは「永遠に」という意味であり、私たちが経験する時間ではなく、霊的な状態を指します。


The sun in the Bible represents the Lord, with its heat representing His love and its light representing His wisdom. “Daytime,” then, represents a state...


A child is a young boy or girl in the care of parents, older than a suckling or an infant, but not yet an adolescent....

祭司
'To minister,' as in Genesis 40:2, relates to scientific ideas.


To number,' as in Isaiah 22:10, signifies falsifying. To number bones,' as in Psalm 22:14-18, signifies desiring to dissipate truths by reasonings and false principles....


'Sand,' as in Matthew 7:27, signifies faith separate from charity.


The number "two" has two different meanings in the Bible. In most cases "two" indicates a joining together or unification. This is easy to see...


'A nation,' as in Genesis 21:18, signifies the spiritual church which should receive the good of faith. Nation from afar,' as in Jeremiah 5:17, signifies...

アブラハム
アブラハム(またはアブラム、彼の物語の冒頭で名前が付けられている)は、神聖な聖典の物語の主要な登場人物の一人です。彼は息子イサクを通してイスラエルの子供たちの祖先であり、息子イシュマエルを通してアラブの子供たちの祖先でした。彼の人生は3つの期間に分けて見ることができます。第一の期間には、ウルで生まれてからの知られざる初期の時期と、後に父テラと共にハランに移り住んだ時期が含まれています。第二章は、アブラムがエホバからカナンに行くように召されたところから始まります。そこでの彼の冒険が含まれており、創世記17章の出来事まで続きます。主は再び彼の前に現れ、彼の子孫が偉大な国になることを約束し、割礼の儀式を行い、彼の名前をアブラハムに変え、エホバからの「あー」という音を加えます。アブラハムの人生の第三期と最後の期には、イサクの誕生、サラの死(名前も変更されています)、メソポタミアにいたアブラハムの親戚の中からイサクの妻を見つけることになります。 アブラハムは、創世記25章に記録されているように、死ぬ時には175歳になっていると言われています。 しかし、ここで私たちが興味を持っているのは、アブラハムという人が地上に住んでいた何世紀も後に、イエスがマリアのもとに生まれた後のイエスの人生の最も奥の部分を預言したり、予言したりしているので、アブラハムの深い表象です。アブラハムは神の善や愛を表しています。御言葉の内的感覚は、神ご自身がマリアの中に卵子に命を与えられたことを教えているので、マリアはユダヤ教の宗教から自然な身体と自然な遺伝を提供することができ、一方でイエスの魂は神の命の直接の所有者として保たれていました。イエスの初期の人生の間、おそらく思春期までの間、イエスはアブラハムのそれらの代表的な行動を彼の心と精神の奥底の部分で生きていました。アブラハムは羊を放牧し、大きな家を経営していましたが、これが真実であることを全く知らなかったし、イエス様の人生の初期には、イエス様もそれに気づかなかったのです。イエスが12歳の時に神殿を訪問したことを目撃して、イエスが成長するにつれて認識があったに違いありませんが、イエスが完全に成長するまでは完全に理解していませんでした。 さらに、それはアブラハムだけではありません。 アブラハムが死ぬとき、その表現は、理性的な心のレベルを表すイサクに付着し、次に、ヤコブとエサウの両方に付着し、それぞれ心の中の真実と善についての自然な心を表しています。 そして、十二部族の試練、王たちの試練、預言者たちのすべての言葉が同じ表現になります。ですから、イエスはエマオへの道で出会った二人の弟子たちに、「愚かな者たちよ、心の遅い者たちよ...モーセとすべての預言者たちから始めて、ご自身に関するすべてのことをすべての聖典で彼らに説明してくださった」と言うことができます。 さらに,わたしたち一人一人の精神生活と霊的生活の歩みは,主の律法と戒律に従って互いに愛し合おうとしているならば,アブラハムの人生に代表されるような,ぼんやりとした有限のイメージでしかありません。わたしたちの中にも,カナンの地への旅,エジプトでの勤勉な滞在,荒野での戦い,サウル,ダビデ,アハブがいます。 アマレク人とペリシテ人もいます。旧約聖書の全体は、私たちの霊的生活がどのように機能しているかを示しています。 (以下の参照は、アブラム/アブラハムが年を取るにつれて、聖書の順序で時系列になっています)...


Přeložit: