創世記 48

Study

           

1 これらの事のに、「あなたの父は、いま病気です」とヨセフに告げる者があったので、彼はふたりのマナセエフライムとを連れて行った。

2 時に人がヤコブに告げて、「あなたのヨセフがあなたのもとにきました」と言ったので、イスラエルは努めて床の上にすわった。

3 そしてヤコブはヨセフに言った、「先に全能の神がカナンの地ルズでわたしに現れ、わたしを祝福して、

4 言われた、『わたしはおまえに多くの子を得させ、おまえをふやし、おまえを多くの民としよう。また、この地をおまえのの子孫に与えて永久の所有とさせる』。

5 エジプトにいるあなたの所にわたしが来る前に、エジプトで生れたあなたのふたりのはいまわたしのとします。すなわちエフライムマナセとはルベンとシメオンと同じようにわたしのとします。

6 ただし彼らのにあなたに生れた子らはあなたのものとなります。しかし、その嗣業はその兄弟の名で呼ばれるでしょう。

7 わたしがパダンから帰って来る途中ラケルはカナンの地で死に、わたしは悲しんだ。そこはエフラタに行くまでには、なお隔たりがあった。わたしはエフラタ、すなわちベツレヘムへ行く道のかたわらに彼女を葬った」。

8 ところで、イスラエルはヨセフのらを見て言った、「これはだれですか」。

9 ヨセフは父に言った、「がここでわたしにくださったどもです」。父は言った、「彼らをわたしの所に連れてきて、わたしに祝福させてください」。

10 イスラエルのは老齢のゆえに、かすんで見えなかったが、ヨセフが彼らを父の所に近寄らせたので、父は彼らに口づけし、彼らを抱いた。

11 そしてイスラエルはヨセフに言った、「あなたのが見られようとは思わなかったのに、はあなたの子らをもわたしに見させてくださった」。

12 そこでヨセフは彼らをヤコブのひざの間から取り出し、地に伏して拝した。

13 ヨセフはエフライムを右の手に取ってイスラエルの左の手に向かわせ、マナセを左の手に取ってイスラエルの右の手に向かわせ、ふたりを近寄らせた。

14 すると、イスラエルは右のを伸べて弟エフライムのに置き、左のマナセに置いた。マナセは長子であるが、ことさらそのようにを置いたのである。

15 そしてヨセフを祝福して言った、「わが先祖アブラハムとイサクの仕えた、生れてからきょうまでわたしを養われた

16 すべての災からわたしをあがなわれたみ使よ、この子供たちを祝福してください。またわが名と先祖アブラハムとイサクの名とが、彼らよって唱えられますよう、また彼らが地の上ふえひろがりますよう」。

17 ヨセフは父が右のエフライムのに置いているのを見て不満に思い、父のを取ってエフライムのからマナセへ移そうとした。

18 そしてヨセフは父に言った、「父よ、そうではありません。こちらが長子です。そのに右の手を置いてください」。

19 父は拒んで言った、「わかっている。よ、わたしはわかっている。彼もまた一つの民となり、また大いなる者となるであろう。しかし弟は彼よりも大いなる者となり、その孫は多くの民となるであろう」。

20 こうして彼はこの、彼らを祝福して言った、「あなたを指して、イスラエルは、人を祝福して言うであろう、『があなたをエフライムのごとく、またマナセのごとくにせられるように』」。このように、彼はエフライムマナセの先に立てた。

21 イスラエルはまたヨセフに言った、「わたしはやがて死にます。しかし、はあなたがたと共におられて、あなたがたを先祖に導き返されるであろう。なおわたしは一つの分を兄弟よりも多くあなたに与える。これはわたしがつるぎと弓とを持ってアモリびとの手から取ったものである」。

22 なおわたしは一つの分を兄弟よりも多くあなたに与える。これはわたしがつるぎととを持ってアモリびとのから取ったものである」。

  

Exploring the Meaning of 創世記 48      

Napsal(a) Emanuel Swedenborg

Here are some excerpts from Swedenborg's "Arcana Coelestia" that help explain the inner meaning of this chapter:

AC 6216. In this chapter the subject treated of in the Internal sense is the intellectual of the church, which is from truth, and its will, which is from good. The intellectual of the church is "Ephraim," and the will of the church is "Manasseh."

AC 6217. That in the church the truth of faith which is of the Intellectual is apparently in the first place, and the good of charity which is of the will is apparently in the second, is signified by Israel‘s putting his right hand upon the head of Ephraim, and his left upon the head of Manasseh.

    Studovat vnitřní smysl

Přeložit: