創世記 44

Study

           

1 さてヨセフはづかさに命じて言った、「この人々の袋に、運べるだけ多くの食糧を満たし、めいめいのを袋のに入れておきなさい。

2 またわたしの杯、の杯をあの年下の者の袋のに、穀物の代金と共に入れておきなさい」。家づかさはヨセフの言葉のとおりにした。

3 夜が明けると、その人々と、ろばとは送り出されたが、

4 を出て、まだ遠くへ行かないうちに、ヨセフはづかさに言った、「立って、あの人々のあとを追いなさい。追いついて、彼らに言いなさい、『あなたがたはなぜ悪をもって善に報いるのですか。なぜわたしの銀の杯を盗んだのですか。

5 これはわたしの主人が飲む時に使い、またいつも占いに用いるものではありませんか。あなたがたのした事は悪いことです』」。

6 家づかさが彼らに追いついて、これらの言葉を彼らに告げたとき、

7 彼らは言った、「わがは、どうしてそのようなことを言われるのですか。しもべらは決してそのようなことはいたしません。

8 袋の見つけたでさえ、カナンの地からあなたの所に持ち帰ったほどです。どうして、われわれは御主人からや金を盗みましょう。

9 しもべらのうちのだれの所でそれが見つかっても、その者は死に、またわれわれはわがの奴隷となりましょう」。

10 家づかさは言った、「それではあなたがたの言葉のようにしよう。杯の見つかった者はわたしの奴隷とならなければならない。ほかの者は無罪です」。

11 そこで彼らは、めいめい急いで袋を地におろし、ひとりひとりその袋を開いた

12 家づかさは年上から捜し始めて年下に終ったが、杯はベニヤミンの袋の中にあった。

13 そこで彼らは衣服を裂き、おのおの、ろばに荷を負わせてに引き返した。

14 ユダ兄弟たちとは、ヨセフのにはいったが、ヨセフがなおそこにいたので、彼らはそので地にひれ伏した。

15 ヨセフは彼らに言った、「あなたがたのこのしわざは何事ですか。わたしのような人は、必ず占い当てることを知らないのですか」。

16 ユダは言った、「われわれはわがに何を言い、何を述べ得ましょう。どうしてわれわれは身の潔白をあらわし得ましょう。がしもべらのをあばかれました。われわれと、杯を持っていた者とは共にわがの奴隷となりましょう」。

17 ヨセフは言った、「わたしは決してそのようなことはしない。杯を持っている者だけがわたしの奴隷とならなければならない。ほかの者は安全に父のもとへ上って行きなさい」。

18 この時ユダは彼に近づいて言った、「ああ、わがよ、どうぞわがの耳にひとこと言わせてください。しもべをおこらないでください。あなたはパロのようなかたです。

19 わがはしもべらに尋ねて、『父があるか、また弟があるか』と言われたので、

20 われわれはわがに言いました、『われわれには老齢の父があり、また年寄り子の弟があります。そのは死んで、同じの子で残っているのは、ただこれだけですから父はこれをしています』。

21 その時あなたはしもべらに言われました、『その者をわたしの所へ連れてきなさい。わたしはこので彼を見よう』。

22 われわれはわがに言いました。『その子供は父を離れることができません。もし父を離れたら父は死ぬでしょう』。

23 しかし、あなたはしもべらに言われました、『末の弟が一緒に下ってこなければ、おまえたちは再びわたしの見ることはできない』。

24 それであなたのしもべである父のもとに上って、わが言葉を彼に告げました。

25 ところで、父が『おまえたちは再び行って、われわれのために少しの食糧を買ってくるように』と言ったので、

26 われわれは言いました、『われわれは下って行けません。もし末の弟が一緒であれば行きましょう。末の弟が一緒でなければ、あの人の見ることができません』。

27 あなたのしもべである父は言いました、『おまえたちの知っているとおり、はわたしにふたりの子を産んだ。

28 ひとりは外へ出たが、きっと裂き殺されたのだと思う。わたしは今になっても彼を見ない。

29 もしおまえたちがこの子をもわたしから取って行って、彼が災に会えば、おまえたちは、しらがのわたしを悲しんで陰府に下らせるであろう』。

30 わたしがあなたのしもべである父のもとに帰って行くとき、もしこの子供が一緒にいなかったら、どうなるでしょう。父のは子供のに結ばれているのです。

31 この子供がわれわれと一緒にいないのを見たら、父は死ぬでしょう。そうすればしもべらは、あなたのしもべであるしらがの父を悲しんで陰府に下らせることになるでしょう。

32 しもべは父にこの子供の身を請け合って『もしわたしがこの子をあなたのもとに連れ帰らなかったら、わたしは父に対して永久に罪を負いましょう』と言ったのです。

33 どうか、しもべをこの子供の代りに、わがの奴隷としてとどまらせ、この子供を兄弟たちと一緒に上り行かせてください、この子供を連れずに、どうしてわたしは父のもとに上り行くことができましょう。父が災に会うのを見るに忍びません」。

34 この子供を連れずに、どうしてわたしは父のもとに上り行くことができましょう。父が災に会うのを見るに忍びません」。

  

Exploring the Meaning of 創世記 44      

Napsal(a) Emanuel Swedenborg

Here are some excerpts from Swedenborg's "Arcana Coelestia" that help explain the inner meaning of this chapter:

AC 5728. The subject treated of in this chapter in the internal sense is the intermediate between the internal celestial man and the external natural man; and first that the internal celestial man filled the intermediate with spiritual truth from itself. The intermediate is "Benjamin," the spiritual truth with it is "Joseph‘s silver cup," the internal celestial man is "Joseph," and the external natural man is the "ten sons of Jacob."

AC 5729. The subject next treated of is the temptation of the external natural man, which continues until there is willing submission to the internal celestial. The temptation is described by their being accused, and by their returning in despair to Joseph. The willing submission is described by their all offering themselves for servants, and Judah’s offering himself in their stead. The conjunction of the external man with the internal is not accomplished without temptation and willing submission.

AC 5730. In the representative historic sense the subject here treated of is Jacob‘s descendants, that they were rejected, but that they obstinately insisted on being representative. Their being rejected is meant by Joseph’s desiring to send them away, and to keep Benjamin only; their obstinately insisting is involved in the particulars of their confession and entreaty.

    Studovat vnitřní smysl

Přeložit: