創世記 41

Study

           

1 二年の後パロは夢を見た。夢に、彼はナイル川のほとりに立っていた

2 すると、その川から美しい、肥え太った七頭の雌牛が上がってきて葦を食っていた。

3 その、また醜い、やせ細った他の七頭の雌牛が川から上がってきて、川の岸にいた雌牛のそばに立ち、

4 その醜い、やせ細った雌牛が、あの美しい、肥えた七頭の雌牛を食いつくした。ここでパロは目が覚めた。

5 彼はまた眠って、再び夢を見た。夢に、一本の茎に太った良い七つの穂が出てきた。

6 そのまた、やせて、東風に焼けた七つの穂が出てきて、

7 そのやせた穂が、あの太って実った七つの穂をのみつくした。ここでパロは目が覚めたが、それはであった。

8 になって、パロは心が騒ぎ、人をつかわして、エジプトのすべての魔術師とすべての知者とを呼び寄せ、彼らにを告げたが、これをパロに解き明かしうる者がなかった。

9 そのとき給仕役の長はパロに告げて言った、「わたしはきょう、自分のあやまちを思い出しました。

10 かつてパロがしもべらに向かって憤り、わたしと料理役の長とを侍衛長のの監禁所にお入れになった時、

11 わたしも彼も一のうちにを見、それぞれ意味のあるを見ましたが、

12 そこに侍衛長のしもべで、ひとりの若いヘブルびとがわれわれと共にいたので、彼に話したところ、彼はわれわれのを解き明かし、そのによって、それぞれ解き明かしをしました。

13 そして彼が解き明かしたとおりになって、パロはわたしを職に返し、彼を木に掛けられました」。

14 そこでパロは人をつかわしてヨセフを呼んだ。人々は急いで彼を地下の獄屋から出した。ヨセフは、ひげをそり、着物を着替えてパロのもとに行った。

15 パロはヨセフに言った、「わたしは夢を見たが、これを解き明かす者がない。聞くところによると、あなたはを聞いて、解き明かしができるそうだ」。

16 ヨセフはパロに答えて言った、「いいえ、わたしではありません。がパロに平安をお告げになりましょう」。

17 パロはヨセフに言った、「にわたしは川の岸に立っていた

18 その川から肥え太った、美しい七頭の雌牛が上がってきて葦を食っていた。

19 その、弱く、非常に醜い、やせ細った他の七頭の雌牛がまた上がってきた。わたしはエジプトで、このような醜いものをまだ見たことがない。

20 ところがそのやせた醜い雌牛が、初めの七頭の肥えた雌牛を食いつくしたが、

21 腹にはいっても、腹にはいった事が知れず、やはり初めのように醜かった。ここでわたしは目が覚めた。

22 わたしはまたをみた。一本の茎に七つの実った良い穂が出てきた。

23 その、やせ衰えて、東風に焼けた七つの穂が出てきたが、

24 そのやせた穂が、あの七つの良い穂をのみつくした。わたしは魔術師に話したが、わたしにそのわけを示しうる者はなかった」。

25 ヨセフはパロに言った、「パロのは一つです。がこれからしようとすることをパロに示されたのです。

26 七頭の良い雌牛は七年です。七つの良い穂も七年で、は一つです。

27 あとに続いて、上がってきた七頭のやせた醜い雌牛は七年で、東風に焼けた実の入らない七つの穂は七年のききんです。

28 わたしがパロに申し上げたように、がこれからしようとすることをパロに示されたのです。

29 エジプトに七年の大豊作があり、

30 その七年のききんが起り、その豊作はみなエジプトで忘れられて、そのききんはを滅ぼすでしょう。

31 に来るそのききんが、非常に激しいから、その豊作はのうちで記憶されなくなるでしょう。

32 パロが二度重ねてを見られたのは、この事がによって定められ、がすみやかにこれをされるからです。

33 それゆえパロは今、さとく、かつ賢い人を尋ね出してエジプトを治めさせなさい。

34 パロはこうして中に監督を置き、その七年の豊作のうちに、エジプトの産物の五分の一を取り、

35 続いて来る良い年々のすべての食糧を彼らに集めさせ、穀物を食糧として、パロの々にたくわえ守らせなさい。

36 こうすれば食糧は、エジプトに臨む七年のききんに備えて、こののためにたくわえとなり、このはききんによって滅びることがないでしょう」。

37 この事はパロとそのすべての家来たちのにかなった。

38 そこでパロは家来たちに言った、「われわれは神の霊をもつこのような人を、ほかに見いだし得ようか」。

39 またパロはヨセフに言った、「がこれを皆あなたに示された。あなたのようにさとく賢い者はない。

40 あなたはわたしのを治めてください。わたしの民はみなあなたの言葉に従うでしょう。わたしはただ王の位でだけあなたにまさる」。

41 パロは更にヨセフに言った、「わたしはあなたをエジプトのつかさとする」。

42 そしてパロは指輪からはずして、ヨセフのにはめ、亜麻布の衣服を着せ、金の鎖をくびにかけ、

43 自分の第二の車に彼を乗せ、「ひざまずけ」とそのに呼ばわらせ、こうして彼をエジプトのつかさとした。

44 ついでパロはヨセフに言った、「わたしはパロである。あなたの許しがなければエジプトで、だれもを上げることはできない」。

45 パロはヨセフの名をザフナテ・パネアと呼び、オンの祭司ポテペラのアセナテをとして彼に与えた。ヨセフはエジプトを巡った。

46 ヨセフがエジプトの王パロのに立った時は三十歳であった。ヨセフはパロのを出て、エジプトをあまねく巡った。

47 さて七年の豊作のうちに地は豊かに物を産した。

48 そこでヨセフはエジプトにできたその七年間の食糧をことごとく集め、その食糧を々に納めさせた。すなわちの周囲にあるの食糧をそのに納めさせた。

49 ヨセフは穀物をのように、非常に多くたくわえ、量りきれなくなったので、ついに量ることをやめた。

50 ききんの年の来る前にヨセフにふたりのが生れた。これらはオンの祭司ポテペラのアセナテが産んだのである。

51 ヨセフは長子の名をマナセと名づけて言った、「がわたしにすべての苦難と父ののすべての事を忘れさせられた」。

52 また次の子の名をエフライムと名づけて言った、「がわたしを悩みの地で豊かせられた」。

53 エジプトにあった七年の豊作が終り、

54 ヨセフの言ったように七年のききんが始まった。そのききんはすべてのにあったが、エジプトには食物があった。

55 やがてエジプトが飢えた時、民はパロに食物を叫び求めた。そこでパロはすべてのエジプトびとに言った、「ヨセフのもとに行き、彼の言うようにせよ」。

56 ききんが地の全にあったので、ヨセフはすべての穀倉を開いて、エジプトびとに売った。ききんはますますエジプトに激しくなった。ききんが全地に激しくなったので、諸の人々がエジプトのヨセフのもとに穀物を買うためにきた。

57 ききんが全地に激しくなったので、諸の人々がエジプトのヨセフのもとに穀物を買うためにきた。

  

Exploring the Meaning of 創世記 41      

Napsal(a) Emanuel Swedenborg

Here are some excerpts from Swedenborg's "Arcana Coelestia" that help explain the inner meaning of this chapter:

AC 5191. In the internal sense of this chapter the subject treated of is the second state of the celestial of the spiritual, which is "Joseph," in its elevation above what is of the natural or external man, and so above all the memory-knowledges therein, which are "Egypt."

AC 5192. "Pharaoh" is the natural in general, which was now at rest, and had left all things to the celestial of the spiritual which is "Joseph." The "seven years of abundance of produce in the land of Egypt" are the memory-knowledges to which good from the celestial of the spiritual can be applied; the "seven years of famine" are the following states, when there is nothing good in the memory-knowledges except what is from the Divine celestial of the spiritual which is from the Lord‘s Divine Human. These subjects are treated of in detail in what follows.

    Studovat vnitřní smysl

Přeložit: