創世記 38

Study

           

1 そのころユダ兄弟たちを離れて下り、アドラムびとで、名をヒラという者の所へ行った。

2 ユダはその所で、名をシュアというカナンびとの見て、これをめとり、その所にはいった。

3 彼女はみごもって男のを産んだので、ユダは名をエルと名づけた。

4 彼女は再びみごもって男のを産み、名をオナンと名づけた。

5 また重ねて、男のを産み、名をシラと名づけた。彼女はこの男のを産んだとき、クジブにおった。

6 ユダは長子エルのために、名をタマルというを迎えた。

7 しかしユダの長子エルは主の前に悪い者であったので、は彼を殺された。

8 そこでユダオナンに言った、「妻の所にはいって、彼女をめとり、に子供を得させなさい」。

9 しかしオナンはその子が自分のものとならないのを知っていたので、妻の所にはいった時、に子を得させないために地に洩らした。

10 彼のした事は主の前に悪かったので、は彼をも殺された。

11 そこでユダはそのの妻タマル言った、「わたしのシラが成人するまで、寡婦のままで、あなたの父のいなさい」。彼は、シラもまた兄弟たちのよう死ぬかもしれないと、思ったからである。それでタマルは行って父のおった。

12 がたってシュアのユダは死んだ。その後、ユダは喪を終ってその友アドラムびとヒラと共にテムナに上り、自分のの毛を切る者のところへ行った。

13 時に、ひとりの人がタマルに告げて、「あなたのしゅうとがの毛を切るためにテムナに上って来る」と言ったので、

14 彼女は寡婦の衣服を脱ぎすて、被衣で身をおおい隠して、テムナへ行く道のかたわらあるエナイムの入口すわっていた。彼女はシラが成人したの、自分がそのされないのを知ったからである。

15 ユダは彼女を見たとき、彼女がをおおっていたため、遊女だと思い、

16 道のかたわらで彼女に向かって言った、「さあ、あなたの所にはいらせておくれ」。彼はこの女がわが子の妻であることを知らなかったからである。彼女は言った、「わたしの所にはいるため、何をくださいますか」。

17 ユダは言った、「群れのうちのやぎの子をあなたにあげよう」。彼女は言った、「それをくださるまで、しるしをわたしにくださいますか」。

18 ユダは言った、「どんなしるしをあげようか」。彼女は言った、「あなたの印と紐と、あなたのにあるつえとを」。彼はこれらを与えて彼女の所にはいった。彼女はユダによってみごもった。

19 彼女は起きて去り、被衣を脱いで寡婦の衣服を着た。

20 やがてユダはその女からしるしを取りもどそうと、その友アドラムびとに託してやぎの子を送ったけれども、その女を見いだせなかった。

21 そこで彼はその所の人々に尋ねて言った、「エナイムで道のかたわらにいた遊女はどこにいますか」。彼らは言った、「ここには遊女はいません」。

22 彼はユダのもとに帰って言った、「わたしは彼女を見いだせませんでした。またその所の人々は、『ここには遊女はいない』と言いました」。

23 そこでユダは言った、「女に持たせておこう。わたしたちは恥をかくといけないから。とにかく、わたしはこのやぎの子を送ったが、あなたは彼女を見いだせなかったのだ」。

24 ところがほどたって、ひとりの人がユダに言った、「あなたの嫁タマルは姦淫しました。そのうえ、彼女は姦淫によってみごもりました」。ユダは言った、「彼女を引き出して焼いてしまえ」。

25 彼女は引き出された時、そのしゅうとに人をつかわして言った、「わたしはこれをもっている人によって、みごもりました」。彼女はまた言った、「どうか、この印と、紐と、つえとはだれのものか、見定めてください」。

26 ユダはこれを見定めて言った、「彼女はわたしよりも正しい。わたしが彼女をわがシラに与えなかったためである」。彼は再び彼女を知らなかった。

27 さて彼女の出産の時がきたが、胎内には、ふたごがあった。

28 出産の時に、ひとりの子がを出したので、産婆は、「これがさきに出た」と言い、緋の糸を取って、そのに結んだ。

29 そして、その子がをひっこめると、その弟が出たので、「どうしてあなたは自分で破って出るのか」と言った。これによって名はペレヅと呼ばれた。その後、に緋の糸のあるが出たので、名はゼラと呼ばれた

30 そのに緋の糸のあるが出たので、名はゼラ呼ばれた

  

Exploring the Meaning of 創世記 38      

Napsal(a) Emanuel Swedenborg

Here are some excerpts from Swedenborg's "Arcana Coelestia" that help explain the inner meaning of this chapter:

AC 4811. The subject treated of in this chapter, in the internal Sense, is the Jewish Church and the genuine church; the Jewish Church is described by Judah, and the genuine church by Tamar.

AC 4812. The sons by Tamar signify the two essentials of the church, namely, faith and love--Perez faith, and Zerah love. Their birth represents that love is actually the firstborn of the church, and faith only apparently so.