創世記 30

Study

           

1 ラケルは自分がヤコブにを産まないのを知った時、姉をねたんでヤコブに言った、「わたしにどもをください。さもないと、わたしは死にます」。

2 ヤコブはラケルに向かい怒って言った、「あなたの胎に子どもをやどらせないのはです。わたしがに代ることができようか」。

3 ラケルは言った、「わたしのつかえめビルハがいます。彼女の所におはいりなさい。彼女が子を産んで、わたしのひざに置きます。そうすれば、わたしもまた彼女によって子を持つでしょう」。

4 ラケルはつかえめビルハを彼に与えて、とさせたので、ヤコブは彼女の所にはいった。

5 ビルハは、みごもってヤコブにを産んだ。

6 そこでラケルは、「はわたしの訴えに答え、またわたしの声を聞いて、わたしにを賜わった」と言って、名をダンと名づけた。

7 ラケルのつかえめビルハはまた、みごもって第二のをヤコブに産んだ。

8 そこでラケルは、「わたしは激しい争いで、姉と争って勝った」と言って、名をナフタリと名づけた。

9 さてレアは自分が子を産むことのやんだのを見たとき、つかえめジルパを取り、としてヤコブに与えた。

10 レアのつかえめジルパはヤコブにを産んだ。

11 そこでレアは、「幸運がきた」と言って、名をガドと名づけた。

12 レアのつかえめジルパは第二のをヤコブに産んだ。

13 そこでレアは、「わたしは、しあわせです。娘たちはわたしをしあわせな者と言うでしょう」と言って、名をアセルと名づけた。

14 さてルベンは麦刈りのに野に出て、野で恋なすびを見つけ、それをレアのもとに持ってきた。ラケルはレアに言った、「あなたのの恋なすびをどうぞわたしにください」。

15 レアはラケルに言った、「あなたがわたしのを取ったのは小さな事でしょうか。その上、あなたはまたわたしのの恋なすびをも取ろうとするのですか」。ラケルは言った、「それではあなたのの恋なすびに換えて、今彼をあなたと共に寝させましょう」。

16 夕方になって、ヤコブが野から帰ってきたので、レアは彼を出迎えて言った、「わたしのの恋なすびをもって、わたしがあなたを雇ったのですから、あなたはわたしの所に、はいらなければなりません」。ヤコブはそのレアと共に寝た。

17 はレアの願いを聞かれたので、彼女はみごもって五番目のをヤコブに産んだ。

18 そこでレアは、「わたしがつかえめをに与えたから、がわたしにその価を賜わったのです」と言って、名をイッサカルと名づけた。

19 レアはまた、みごもって番目のをヤコブに産んだ。

20 そこでレアは、「はわたしに良い賜物をたまわった。わたしは人のに産んだから、今こそ彼はわたしと一緒に住むでしょう」と言って、その名をゼブルンと名づけた。

21 その、彼女はひとりのを産んで、名をデナと名づけた。

22 次にはラケルを心にとめられ、彼女の願いを聞き、その胎を開かれたので、

23 彼女は、みごもって男のを産み、「はわたしのをすすいでくださった」と言って、

24 名をヨセフと名づけ、「がわたしに、なおひとりのを加えられるように」と言った。

25 ラケルがヨセフを産んだ時、ヤコブはラバンに言った、「わたしを去らせて、わたしの故郷、わたしのへ行かせてください。

26 あなたに仕えて得たわたしの子を、わたしに与えて行かせてください。わたしがあなたのために働いた骨折りは、あなたがごぞんじです」。

27 ラバンは彼に言った、「もし、あなたの心にかなうなら、とどまってください。わたしはがあなたのゆえに、わたしを恵まれるしるしを見ました」。

28 また言った、「あなたの報酬を申し出てください。わたしはそれを払います」。

29 ヤコブは彼に言った、「わたしがどのようにあなたに仕えたか、またどのようにあなたの家畜を飼ったかは、あなたがごぞんじです。

30 わたしが来るには、あなたの持っておられたものはわずかでしたが、ふえて多くなりました。はわたしの行く所どこでも、あなたを恵まれました。しかし、いつになったらわたしも自分のを成すようになるでしょうか」。

31 彼は言った、「何をあなたにあげようか」。ヤコブは言った、「なにもわたしにくださるに及びません。もしあなたが、わたしのためにこの一つの事をしてくださるなら、わたしは今一度あなたの群れを飼い、守りましょう。

32 わたしはきょう、あなたの群れをみな回ってみて、その中からすべてぶちとまだらの、およびすべてい小と、やぎの中のまだらのものと、ぶちのものとを移しますが、これをわたしの報酬としましょう。

33 あとで、あなたがきて、あなたのでわたしの報酬をしらべる時、わたしの正しい事が証明されるでしょう。もしも、やぎの中にぶちのないもの、まだらでないものがあったり、小羊の中に黒くないものがあれば、それはみなわたしが盗んだものとなるでしょう」。

34 ラバンは言った、「よろしい。あなたの言われるとおりにしましょう」。

35 そこでラバンはその、雄やぎのしまのあるもの、まだらのもの、すべて雌やぎのぶちのもの、まだらのもの、すべて白みをおびているもの、またすべて小羊の中の黒いものを移してらのにわたし、

36 ヤコブとの間に路の隔たりを設けた。ヤコブはラバンの残り群れを飼った。

37 ヤコブは、はこやなぎと、あめんどうと、すずかけの木のなまの枝を取り、皮をはいでそれに白い筋をつくり、枝の白い所を表わし、

38 皮をはいだ枝を、群れがきてを飲む鉢、すなわちぶねの中に、群れに向かわせて置いた。群れを飲みにきた時に、はらんだ。

39 すなわち群れは枝の前で、はらんで、しまのあるもの、ぶちのもの、まだらのものを産んだ。

40 ヤコブはその小を別においた。彼はまた群れラバンの群れのしまのあるものと、すべて黒いものとに向かわせた。そして自分の群れを別にまとめておいて、ラバンの群れには、入れなかった。

41 また群れの強いものが発情した時には、ヤコブは水ぶねの中に、その群れの前に、かの枝を置いて、枝の間で、はらませた。

42 けれども群れの弱いものの時には、それを置かなかった。こうして弱いものはラバンのものとなり、強いものはヤコブのものとなったので、この人は大いに富み、多くの群れと、男女の奴隷、およびらくだ、ろばを持つようになった。

43 この人は大いにみ、多くの群れと、男女の奴隷、およびらくだ、ろばを持つようになった。

  

Exploring the Meaning of 創世記 30      

Napsal(a) Emanuel Swedenborg

Here are some excerpts from Swedenborg's "Arcana Coelestia" that help explain the inner meaning of this chapter:

AC 3902. In the preceding chapter by the four sons of Jacob from Leah there was described the state of the church, or of the man who is becoming a church, as to the ascent from the truth which is of faith to the good which is of love. In this chapter, by Jacob’s sons from the maidservants of Rachel and Leah, and from Leah, and lastly from Rachel, there is described the conjunction of natural truth with spiritual good through means, and this in the order in which it is effected in the man who is being regenerated.

AC 3903. After this conjunction there is described the fructification and multiplication of truth and good, which is signified by the flock that Jacob procured for himself by means of the flock of Laban.