創世記 24

Studovat vnitřní smysl

Japanese Bible         

← 創世記 23   創世記 25 →

1 アブラハムは年が進んで老人となった。はすべての事にアブラハム恵まれた

2 さてアブラハムは所有のすべてを管理させていたの年長のしもべに言った、「あなたのをわたしのももの下に入れなさい。

3 わたしはあなたに天地のをさして誓わせる。あなたはわたしが今一緒に住んでいるカナンびとのうちから、をわたしのにめとってはならない。

4 あなたはわたしのへ行き、親族の所へ行って、わたしのイサクのためにをめとらなければならない」。

5 しもべは彼に言った、「もしその女がわたしについてこの地に来ることを好まない時は、わたしはあなたのをあなたの出身地に連れ帰るべきでしょうか」。

6 アブラハムは彼に言った、「わたしのは決して向こうへ連れ帰ってはならない。

7 天のはわたしを父の、親族の地から導き出してわたしに語り、わたしに誓って、おまえの孫にこの地を与えると言われた。は、み使をあなたのにつかわされるであろう。あなたはあそこからわたしのをめとらねばならない。

8 けれどもその女があなたについて来ることを好まないなら、あなたはこの誓いを解かれる。ただわたしのを向こうへ連れ帰ってはならない」。

9 そこでしもべは主人アブラハムのももの下に入れ、この事について彼に誓った

10 しもべは主人のらくだのうちから頭のらくだを取って出かけた。すなわち主人のさまざまの良い物を携え、立ってアラム・ナハライムにむかい、ナホルのへ行った。

11 彼はらくだをの外の、井戸のそばに伏させた。時は夕暮で、女たちがをくみに出る時刻であった。

12 彼は言った、「主人アブラハムのよ、どうか、きょう、わたしにしあわせを授け、主人アブラハムに恵みを施してください。

13 わたしは泉のそばに立っています。の人々の娘たちをくみに出てきたとき、

14 娘に向かって『お願いです、あなたの水がめを傾けてわたしに飲ませてください』と言い、娘が答えて、『お飲みください。あなたのらくだにも飲ませましょう』と言ったなら、その者こそ、あなたがしもべイサクのために定められた者ということにしてください。わたしはこれによって、あなたがわたしの主人に恵みを施されることを知りましょう」。

15 彼がまだ言い終らないうちに、アブラハムの兄弟ナホルのミルカのベトエルの娘リベカが、水がめを肩に載せて出てきた。

16 その娘は非常に美しく、男を知らぬ処女であった。彼女が泉に降りて、水がめを満たし、上がってきた時、

17 しもべは走り寄って、彼女に会って言った、「お願いです。あなたのがめのを少し飲ませてください」。

18 すると彼女は「わがよ、お飲みください」と言って、急いで水がめを自分のに取りおろして彼に飲ませた。

19 飲ませ終って、彼女は言った、「あなたのらくだもみな飲み終るまで、わたしは水をくみましょう」。

20 彼女は急いでかめの水を水ぶねにあけ、再び水をくみに井戸に走って行って、すべてのらくだのために水をくんだ。

21 その間その人はが彼の旅の祝福されるか、どうかを知ろうと、黙って彼女を見つめていた。

22 らくだが飲み終ったとき、その人は重さ半シケルの金の鼻輪一つと、重さシケルの金の腕輪つを取って、

23 言った、「あなたはだれのか、わたしに話してください。あなたの父のにわたしどもの泊まる場所がありましょうか」。

24 彼女は彼に言った、「わたしはナホルの妻ミルカのベトエルのです」。

25 また彼に言った、「わたしどもには、わらも、飼葉もたくさんあります。また泊まる場所もあります」。

26 その人は頭を下げ、を拝して、

27 言った、「主人アブラハムのはほむべきかな。はわたしの主人にいつくしみと、まこととを惜しまれなかった。そしては旅にあるわたしを主人兄弟に導かれた」。

28 娘は走って行って、のものにこれらの事を告げた。

29 リベカにひとりのがあって、名をラバンといった。ラバンは泉のそばにいるその人の所へ走って行った。

30 彼は鼻輪と妹のにある腕輪とを見、また妹リベカが「その人はわたしにこう言った」というのを聞いて、その人の所へ行ってみると、その人は泉のほとりで、らくだのそばに立っていた

31 そこでその人に言った、「祝福された人よ、おはいりください。なぜ外に立っておられますか。わたしはを準備し、らくだのためにも場所を準備しておきました」。

32 その人はにはいった。ラバンはらくだの荷を解いて、わらと飼葉をらくだに与え、またを与えてその人のと、その従者たちのを洗わせた。

33 そして彼のに食物を供えたが、彼は言った、「わたしは用向きを話すまでは食べません」。ラバンは言った、「お話しください」。

34 そこで彼は言った、「わたしはアブラハムのしもべです。

35 はわたしの主人を大いに祝福して、大いなる者とされました。はまた彼に、牛、、金、男女の奴隷、らくだ、ろばを与えられました。

36 主人サラは年老いてから、主人男のを産みました。主人はその所有を皆これ与えました。

37 ところで主人はわたしに誓わせて言いました、『わたしの住んでいる地のカナンびとのを、わたしのにめとってはならない。

38 おまえはわたしの父の、親族の所へ行って、わたしのをめとらなければならない』。

39 わたしは主人に言いました、『もしその女がわたしについてこない時はどういたしましょうか』。

40 人はわたしに言いました、『わたしの仕えているは、み使をおまえと一緒につかわして、おまえの旅にさいわいを与えられるであろう。おまえはわたしの親族、わたしの父のからわたしのをめとらなければならない。

41 そのとき、おまえはわたしにした誓いから解かれるであろう。またおまえがわたしの親族に行く時、彼らがおまえにその娘を与えないなら、おまえはわたしにした誓いから解かれるであろう』。

42 わたしはきょう、泉のところにきて言いました、『主人アブラハムのよ、どうか今わたしのゆく道にさいわいを与えてください。

43 わたしはこの泉のそばに立っていますが、をくみに出てくる娘に向かって、「お願いです。あなたのがめのを少し飲ませてください」と言い、

44 「お飲みください。あなたのらくだのためにも、くみましょう」とわたしに言うなら、その娘こそ、がわたしの主人のために定められた女ということにしてください』。

45 わたしがのうちでそう言い終らないうちに、リベカが水がめを肩に載せて出てきて、水をくみに泉に降りたので、わたしは『お願いです、飲ませてください』と言いますと、

46 彼女は急いで水がめを肩からおろし、『お飲みください。わたしはあなたのらくだにも飲ませましょう』と言いました。それでわたしは飲みましたが、彼女はらくだにも飲ませました。

47 わたしは彼女に尋ねて、『あなたはだれのですか』と言いますと、『ナホルとその妻ミルカのベトエルのです』と答えました。そこでわたしは彼女の輪をつけ、に腕輪をつけました。

48 そしてわたしは頭をさげてを拝し、主人アブラハムのをほめたたえました。主人兄弟にめとらせようと、わたしを正しい道に導かれたからです。

49 あなたがたが、もしわたしの主人にいつくしみと、まことを尽そうと思われるなら、そうとわたしにお話しください。そうでなければ、そうでないとお話しください。それによってわたしは右か左に決めましょう」。

50 ラバンとベトエルは答えて言った、「この事はから出たことですから、わたしどもはあなたによしあしを言うことができません。

51 リベカがここにおりますから連れて行って、が言われたように、あなたの主人にしてください」。

52 アブラハムのしもべは彼らの言葉を聞いて、地に伏し、を拝した。

53 そしてしもべはの飾りと、金の飾り、および衣服を取り出してリベカに与え、そのとにも価の高い品々を与えた。

54 彼と従者たちは飲み食いして宿ったが、あくる彼らが起きた時、しもべは言った、「わたしを主人のもとに帰らせてください」。

55 リベカのとは言った、「娘は数、少なくとも十、わたしどもと共にいて、それから行かせましょう」。

56 しもべは彼らに言った、「はわたしの道にさいわいを与えられましたから、わたしを引きとめずに、主人のもとに帰らせてください」。

57 彼らは言った、「娘を呼んで聞いてみましょう」。

58 彼らはリベカを呼んで言った、「あなたはこの人と一緒に行きますか」。彼女は言った、「行きます」。

59 そこで彼らは妹リベカと、そのうばと、アブラハムのしもべと、その従者とを送り去らせた。

60 彼らはリベカ祝福して彼女に言った、「妹よ、あなたは、ちよろずの人の母となれ。あなたの子孫はその敵のを打ち取れ」。

61 リベカは立って侍女たちと共にらくだに乗り、その人に従って行った。しもべはリベカを連れて立ち去った。

62 さてイサクはベエル・ラハイ・ロイからきて、ネゲブの地に住んでいた

63 イサクは夕暮、野に出て歩いていたが、をあげて、らくだの来るのを見た

64 リベカをあげてイサクを見、らくだからおりて、

65 しもべに言った、「わたしたちに向かって、野を歩いて来るあの人はだれでしょう」。しもべは言った、「あれはわたしの主人です」。するとリベカは、被衣で身をおおった。

66 しもべは自分がしたことのすべてをイサクに話した。イサクはリベカを天幕に連れて行き、リベカをめとって妻とし、彼女を愛した。こうしてイサクは母の死後、慰めを得た。

67 イサクはリベカを天幕に連れて行き、リベカをめとってとし、彼女をした。こうしてイサクはの死慰めを得た。

← 創世記 23   創世記 25 →
   Studovat vnitřní smysl
Swedenborg

Další odkazy Swedenborga k této kapitole:

Arcana Coelestia 1356, 1358, 1992, 2851, 2943, 2959, 3015, ...


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Apocalypse Explained 600

Jiný komentář

  Příběhy:



Skočit na podobné biblické verše

創世記 11:26, 29, 12:1, 2, 7, 9, 11, 13:2, 14:19, 22, 16:14, 17:1, 18:4, 11, 22:17, 20, 23, 23:2, 24:7, 15, 26, 40, 45, 52, 25:5, 11, 20, 26:29, 27:43, 28:1, 2, 3, 29:2, 5, 13, 31:24, 29, 32:1, ...

出エジプト記 2:16, 4:31, 23:20, 23, 33:2, 34:6, 16

申命記 6:13, 7:3

ヨシュア記 2:12, 14, 17, 15:18

士師記 3:8, 6:37, 7:15, 14:3

サムエル記上 1:13, 9:11, 14:10, 30:15

列王記上 3:6, 12:15, 24

歴代誌下 20:18

エズラ記 5:11

ヨブ記 1:3

詩編 32:8, 37:5

箴言 10:22, 19:14

イザヤ書 3:21, 51:2, 65:24

エゼキエル書 16:11

ヨナ書 1:9

使徒言行録 7:5

コリントの信徒への手紙二 6:14

Významy biblických slov

恵まれた
The Lord is perfect love expressed as perfect wisdom. He created us so that He could love us, could give us love and wisdom of...


Generally in the Bible a "country" means a political subdivision ruled by a king, or sometimes a tribe with a territory ruled by a king...

帰る
聖書の中には、人々が後ろを向いたり、振り返ったり、戻ったりすることを描写している例がたくさんあります。ほとんどの場合、それは否定的なものであり、時には壊滅的なものでもあります(ロトの妻がソドムの破壊を振り返ったとき、塩の柱になったように)。一般的には、これは私たちが新しい精神的なレベルに進んでいて、古いものの快適さと容易さを望んでいる自分自身を見つけるときの私たちの状態を表しています - 戻ることは、以前の劣った段階に戻ることを表しています。 返す」という意味は、物と結びつくとより文字通りの意味になります。誰かが何かを取り返したり、何かを与えたりしたとき、精神的な意味は、ほとんどの場合、問題となっているオブジェクトとその行為を行っている人々に集中しています。

与える
Like other common verbs, the meaning of "give" in the Bible is affected by context: who is giving what to whom? In general, though, giving...

下に
Generally speaking things that are seen as lower physically in the Bible represent things that are lower or more external spiritually. In some cases this...


Generally speaking things that are seen as lower physically in the Bible represent things that are lower or more external spiritually. In some cases this...

誓った
'To sware' is a binding.


Cities of the mountain and cities of the plain (Jer. 33:13) signify doctrines of charity and faith.

娘たち
"Behold I have two daughters,” etc. (Gen. 19:8), signifies the affections of good and truth, and the blessedness perceivable from the enjoyment thereof, by those...

処女
'Virgins,' as in Revelation 14:4, signify people who love truths because they are truths, so from a spiritual affection. 'Virgin' signifies the church as a...

井戸
In Genesis 21, 'wells' signify doctrines, both those disputed and not disputed. Without this significance digging wells and disputing about them would have been too...


Most places in Swedenborg identify “ten” as representing “all,” or in some cases “many” or “much.” The Ten Commandments represent all the guidance we get...


The number "two" has two different meanings in the Bible. In most cases "two" indicates a joining together or unification. This is easy to see...

ナホルの
'Nahor,' as in Genesis 22:20, signifies the Lord’s church among the Gentiles.

立っていた
'To stand,' and 'come forth' as in Daniel 7:10, refers to truth. In Genesis 24:13, it signifies a state of conjunction of divine truth with...

場所
'A dry place,' as in Luke 11:24, signifies states of evil and falsity which are in the life of someone who does the work of...


Our feet are the lowest and most utilitarian parts of our bodies, and in the Bible they represent the lowest and most utilitarian part of...


ほとんどの場合、"before "の意味は簡単です。相対的な時間を評価する方法としても、"誰かの前で "という意味でも、"before "は使われます。しかし,主に関連して使われる場合には,より深い意味を持ちます。主の前に」いるということは、主の前にいるだけでなく、主から善の欲求と真理の理解を受けて、それに従って生きることを意味します。そして、主に関連して時間の評価として使われる場合、「前に」とは「永遠に」という意味であり、私たちが経験する時間ではなく、霊的な状態を指します。

話す
Like "say," the word "speak" refers to thoughts and feelings moving from our more internal spiritual levels to our more external ones – and ultimately...


A flock, as in Genesis 26, denotes interior or rational good. A flock signifies those who are in spiritual good. A flock signifies natural interior...

サラ
'Sarah' denotes truth joined to good. Sarai was called 'Sarah' so she would represent the divine intellectual principle by adding the 'H' from the name...


‘To grow’ signifies to be perfected.


A "house" is essentially a container - for a person, for a family, for several families or even for a large group with shared interests...


Water was obviously of tremendous importance in Biblical times (and every other time). It is the basis of life, the essential ingredient in all drinks,...


The heart means love. A good heart means love to the Lord and to the neighbor while a hard or stony heart means the love...

いう
As with many common verbs, the meaning of “to say” in the Bible is highly dependent on context. Who is speaking? Who is hearing? What...

降りた
"Down" is used many different ways in natural language, and its spiritual meaning in the Bible is highly dependent on context. Phrases like "bowing down,"...

急いで
'To hasten' or 'hastiness' in the internal sense, does not denote what is quick, but what is certain, and also what is full, thus every...

ナホル
'Nahor,' as in Genesis 22:20, signifies the Lord’s church among the Gentiles.


'A blast of the breath of the nostrils' signify the same thing as 'his anger and wrath.'


Scientists believe that one of the most crucial developments in the evolution of humans was bipedalism – walking on two legs. That left our hands...


主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。

兄弟
There are two ways "brother" is used in the Bible, ways that are still reflected in modern language. One denotes an actual blood relationship; the...


"Behold I have two daughters,” etc. (Gen. 19:8), signifies the affections of good and truth, and the blessedness perceivable from the enjoyment thereof, by those...

ラバン
'Laban' signifies the affection of good in the natural self, or the affection of external good, and properly collateral good of a common stock. The...

言う
As with many common verbs, the meaning of “to say” in the Bible is highly dependent on context. Who is speaking? Who is hearing? What...


A child is a young boy or girl in the care of parents, older than a suckling or an infant, but not yet an adolescent....

言葉
'Word,' as in Psalms 119:6-17, stands for doctrine in general. 'The Word,' as in Psalms 147:18, signifies divine good united with divine truth. 'Word,' as...


'Money' relates to truth.

衣服
It is said, in Deuteronomy 22:11, "Thou shalt not wear a garment of diverse sorts; as of woolen and linen together…”. This means that the...


It is said, in Deuteronomy 22:11, "Thou shalt not wear a garment of diverse sorts; as of woolen and linen together…”. This means that the...


Morning comes with the rising of the sun, and the sun – which gives life to the earth with its warmth and light – represents...


Brethren (Gen. 27:29) signify the affections of good.


"Day" describes a state in which we are turned toward the Lord, and are receiving light (which is truth) and heat (which is a desire...

アブラハムの
アブラハム(またはアブラム、彼の物語の冒頭で名前が付けられている)は、神聖な聖典の物語の主要な登場人物の一人です。彼は息子イサクを通してイスラエルの子供たちの祖先であり、息子イシュマエルを通してアラブの子供たちの祖先でした。彼の人生は3つの期間に分けて見ることができます。第一の期間には、ウルで生まれてからの知られざる初期の時期と、後に父テラと共にハランに移り住んだ時期が含まれています。第二章は、アブラムがエホバからカナンに行くように召されたところから始まります。そこでの彼の冒険が含まれており、創世記17章の出来事まで続きます。主は再び彼の前に現れ、彼の子孫が偉大な国になることを約束し、割礼の儀式を行い、彼の名前をアブラハムに変え、エホバからの「あー」という音を加えます。アブラハムの人生の第三期と最後の期には、イサクの誕生、サラの死(名前も変更されています)、メソポタミアにいたアブラハムの親戚の中からイサクの妻を見つけることになります。 アブラハムは、創世記25章に記録されているように、死ぬ時には175歳になっていると言われています。 しかし、ここで私たちが興味を持っているのは、アブラハムという人が地上に住んでいた何世紀も後に、イエスがマリアのもとに生まれた後のイエスの人生の最も奥の部分を預言したり、予言したりしているので、アブラハムの深い表象です。アブラハムは神の善や愛を表しています。御言葉の内的感覚は、神ご自身がマリアの中に卵子に命を与えられたことを教えているので、マリアはユダヤ教の宗教から自然な身体と自然な遺伝を提供することができ、一方でイエスの魂は神の命の直接の所有者として保たれていました。イエスの初期の人生の間、おそらく思春期までの間、イエスはアブラハムのそれらの代表的な行動を彼の心と精神の奥底の部分で生きていました。アブラハムは羊を放牧し、大きな家を経営していましたが、これが真実であることを全く知らなかったし、イエス様の人生の初期には、イエス様もそれに気づかなかったのです。イエスが12歳の時に神殿を訪問したことを目撃して、イエスが成長するにつれて認識があったに違いありませんが、イエスが完全に成長するまでは完全に理解していませんでした。 さらに、それはアブラハムだけではありません。 アブラハムが死ぬとき、その表現は、理性的な心のレベルを表すイサクに付着し、次に、ヤコブとエサウの両方に付着し、それぞれ心の中の真実と善についての自然な心を表しています。 そして、十二部族の試練、王たちの試練、預言者たちのすべての言葉が同じ表現になります。ですから、イエスはエマオへの道で出会った二人の弟子たちに、「愚かな者たちよ、心の遅い者たちよ...モーセとすべての預言者たちから始めて、ご自身に関するすべてのことをすべての聖典で彼らに説明してくださった」と言うことができます。 さらに,わたしたち一人一人の精神生活と霊的生活の歩みは,主の律法と戒律に従って互いに愛し合おうとしているならば,アブラハムの人生に代表されるような,ぼんやりとした有限のイメージでしかありません。わたしたちの中にも,カナンの地への旅,エジプトでの勤勉な滞在,荒野での戦い,サウル,ダビデ,アハブがいます。 アマレク人とペリシテ人もいます。旧約聖書の全体は、私たちの霊的生活がどのように機能しているかを示しています。 (以下の参照は、アブラム/アブラハムが年を取るにつれて、聖書の順序で時系列になっています)...

アブラハム
アブラハム(またはアブラム、彼の物語の冒頭で名前が付けられている)は、神聖な聖典の物語の主要な登場人物の一人です。彼は息子イサクを通してイスラエルの子供たちの祖先であり、息子イシュマエルを通してアラブの子供たちの祖先でした。彼の人生は3つの期間に分けて見ることができます。第一の期間には、ウルで生まれてからの知られざる初期の時期と、後に父テラと共にハランに移り住んだ時期が含まれています。第二章は、アブラムがエホバからカナンに行くように召されたところから始まります。そこでの彼の冒険が含まれており、創世記17章の出来事まで続きます。主は再び彼の前に現れ、彼の子孫が偉大な国になることを約束し、割礼の儀式を行い、彼の名前をアブラハムに変え、エホバからの「あー」という音を加えます。アブラハムの人生の第三期と最後の期には、イサクの誕生、サラの死(名前も変更されています)、メソポタミアにいたアブラハムの親戚の中からイサクの妻を見つけることになります。 アブラハムは、創世記25章に記録されているように、死ぬ時には175歳になっていると言われています。 しかし、ここで私たちが興味を持っているのは、アブラハムという人が地上に住んでいた何世紀も後に、イエスがマリアのもとに生まれた後のイエスの人生の最も奥の部分を預言したり、予言したりしているので、アブラハムの深い表象です。アブラハムは神の善や愛を表しています。御言葉の内的感覚は、神ご自身がマリアの中に卵子に命を与えられたことを教えているので、マリアはユダヤ教の宗教から自然な身体と自然な遺伝を提供することができ、一方でイエスの魂は神の命の直接の所有者として保たれていました。イエスの初期の人生の間、おそらく思春期までの間、イエスはアブラハムのそれらの代表的な行動を彼の心と精神の奥底の部分で生きていました。アブラハムは羊を放牧し、大きな家を経営していましたが、これが真実であることを全く知らなかったし、イエス様の人生の初期には、イエス様もそれに気づかなかったのです。イエスが12歳の時に神殿を訪問したことを目撃して、イエスが成長するにつれて認識があったに違いありませんが、イエスが完全に成長するまでは完全に理解していませんでした。 さらに、それはアブラハムだけではありません。 アブラハムが死ぬとき、その表現は、理性的な心のレベルを表すイサクに付着し、次に、ヤコブとエサウの両方に付着し、それぞれ心の中の真実と善についての自然な心を表しています。 そして、十二部族の試練、王たちの試練、預言者たちのすべての言葉が同じ表現になります。ですから、イエスはエマオへの道で出会った二人の弟子たちに、「愚かな者たちよ、心の遅い者たちよ...モーセとすべての預言者たちから始めて、ご自身に関するすべてのことをすべての聖典で彼らに説明してくださった」と言うことができます。 さらに,わたしたち一人一人の精神生活と霊的生活の歩みは,主の律法と戒律に従って互いに愛し合おうとしているならば,アブラハムの人生に代表されるような,ぼんやりとした有限のイメージでしかありません。わたしたちの中にも,カナンの地への旅,エジプトでの勤勉な滞在,荒野での戦い,サウル,ダビデ,アハブがいます。 アマレク人とペリシテ人もいます。旧約聖書の全体は、私たちの霊的生活がどのように機能しているかを示しています。 (以下の参照は、アブラム/アブラハムが年を取るにつれて、聖書の順序で時系列になっています)...

祝福
The Lord is perfect love expressed as perfect wisdom. He created us so that He could love us, could give us love and wisdom of...


"Gates" in ancient times had a significance that does not hold in the modern world. Cities then were enclosed by walls for protection; gates in...

住んでいた
Many people were nomadic in Biblical times, especially the times of the Old Testament, and lived in tents that could be struck, moved and re-raised...

来る
As with common verbs in general, the meaning of “come” in the Bible is highly dependent on context – its meaning is determined largely by...

見た
The symbolic meaning of "seeing" is "understanding," which is obvious enough that it has become part of common language (think about it; you might see...


It’s common to say “I see” when we understand something. And indeed, “seeing” in the Bible represents grasping and understanding spiritual things. So it makes...


In most cases, a "master" in the Bible refers to truth: knowledge, an understanding of the situation at hand, an understanding of the Lord's wishes,...

主人
In most cases, a "master" in the Bible refers to truth: knowledge, an understanding of the situation at hand, an understanding of the Lord's wishes,...

リベカ
'Rebecca,' as in Genesis 24, signifies divine truth which would be joined to divine good of the Lord’s rational mind, which is 'Isaac.'


The Hebrew of the Old Testament has six different common words which are generally translated as "wife," which largely overlap but have different nuances. Swedenborg...


To some degree, there really is no spiritual meaning to the word “love” in the Bible. Why? Because if you truly love another, that is...


In general, mothers in the Bible represent the Lord's church on earth, or the church among those who know and follow the Lord. In some...


スウェーデンボルグによると、時間と空間は、霊的な現実には存在しません、彼らは物理的な平面上にのみ存在する純粋に自然なものです。これは、時間がないので、1つの霊的なものは、時間内の別の霊的なものの "後に "起こることができないことを意味します。そして、ある霊的なものは、空間がないので、空間の中で別の霊的なものに "後から "続くことはできません。 代わりに、スピリチュアルな現実は、スピリチュアルな状態、つまり天使の愛と思考に基づいて構造化されています。これらの愛と思考は原因と結果の連鎖の中でつながっていて、天使たちは私たちが時間を経験するのと同じように経験しています。そして天使が似たような思考や感情を持っている時、彼らは私達の物理的な親密さの経験と非常に同じである親密さを経験しています;彼らの考える「空間」とは、霊的な世界全体で霊によって保持される思考や愛情の変化です。 聖書が何かを他の何かの「後」と表現しているとき、霊的な意味は霊的な状態の進行と関係しています。そして、高い状態は低い状態に流れ込むので、「その後」に来るものは、より低い、より外的なものになる傾向があります。例えば、他人に良いことをしたいという内的な深い願望は、私たちができる具体的な良いことの具体的なアイデアに自ずと流れていきます。それらの具体的なアイデアは、善良でありたいという願望の「後」になるのです。

慰め
When the Bible talks about someone being comforted or consoled, it generally means that they are being offered ideas that will help bring them to...

Zdroje pro rodiče a učitele

Zde uvedené položky jsou poskytnuty se svolením našich přátel z General Church of the New Jerusalem. Můžete prohledávat/procházet celou knihovnu kliknutím na odkaz this link.


 Conjugial Love
Article | Ages 15 - 17

 Correspondences of Water
Illustration of places in the Word that relate to water.
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Family Worship: The Story of Isaac and Rebekah
Ideas for reading and discussing the story of Isaac and Rebekah in Genesis 24. Includes suggestions for extending the experience such as dramatizing parts of the story.
Religion Lesson | Ages 3 - 12

 Gifts for a Bride
The story includes two love stories: Isaac and Rebekah, and a beautiful wedding Swedenborg witnessed in heaven.
Story | Ages 4 - 8

 Isaac and Rebekah
A New Church Bible story explanation for teaching Sunday school. Includes lesson materials for Primary (3-8 years), Junior (9-11 years), Intermediate (12-14 years), Senior (15-17 years) and Adults.
Teaching Support | Ages over 3

 Isaac and Rebekah
A lesson for younger children with discussion ideas and a project.
Sunday School Lesson | Ages 4 - 6

 Isaac and Rebekah Marry
This lesson discusses a story from the Word and suggests projects and activities for young children.
Sunday School Lesson | Ages 4 - 6

 Isaac Greets Rebekah
Drawing of Isaac greeting Rebekah after her journey.
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Isaac Marries Rebekah
Lesson outline provides teaching ideas with questions for discussion, projects, and activities.
Sunday School Lesson | Ages 7 - 10

 Isaac Meets Rebekah
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Marriage & Consent
Consent is more than a person saying "yes" to a marriage proposal. It sets the stage for asking and giving consent throughout a marriage.
Sunday School Lesson | Ages 11 - 17

 Preparing for Marriage
Lesson and activities to explore ways we can prepare for a loving marriage.
Religion Lesson | Ages over 15

 Protecting Marriage
Worship Talk | Ages over 18

 Puppet Play: Isaac and Rebekah
Activity | Ages 7 - 14

 Quotes: Marriage Is a Gift from God
Teaching Support | Ages over 15

 Rebekah at the Well
This story shows the Lord’s love and care for those who trust in Him and obey His teachings. 
Worship Talk | Ages 7 - 14

 Rebekah at the Well: Servant Asks for Water
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Rebekah Gives Servant Water
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Servant Brings Rebekah
Coloring Page | Ages 7 - 14

 The Story of Isaac and Rebekah Retold
Retelling of the story of Isaac and Rebekah for younger children.
Story | Ages 4 - 8


Přeložit: