創世記 23

Study

           

1 サラの一生は二十七年であった。これがサラの生きながらえた年である。

2 サラカナンの地のキリアテ・アルバすなわちヘブロンで死んだ。アブラハムは中にはいってサラのために悲しみ泣いた。

3 アブラハムは死人のそばから立って、ヘテの人々に言った、

4 「わたしはあなたがたのうちの旅の者で寄留者ですが、わたしの死人を出して葬るため、あなたがたのうちにわたしの所有として一つの地をください」。

5 ヘテの人々はアブラハムに答えて言った、

6 「わがよ、お聞きなさい。あなたはわれわれのうちにおられて、神のような君です。われわれの地の最も良い所にあなたの死人を葬りなさい。その地を拒んで、あなたにその死人を葬らせない者はわれわれのうちには、ひとりもないでしょう」。

7 アブラハムは立ちあがり、その地の民ヘテの人々に礼をして、

8 彼らに言った、「もしわたしの死人を葬るのに同意されるなら、わたしの願いをいれて、わたしのためにゾハルのエフロンに頼み、

9 彼が持っているの端のマクペラのほら穴をじゅうぶんな代価でわたしに与え、あなたがたのうちに地を持たせてください」。

10 時にエフロンはヘテの人々のうちにすわっていた。そこでヘテびとエフロンはヘテの人々、すなわちすべてそのにはいる人々の聞いているところで、アブラハムに答えて言った、

11 「いいえ、わがよ、お聞きなさい。わたしはあのをあなたにさしあげます。またその中にあるほら穴もさしあげます。わたしの民の人々の前で、それをさしあげます。あなたの死人を葬りなさい」。

12 アブラハムはその地の民ので礼をし、

13 その地の民の聞いているところでエフロンに言った、「あなたがそれを承諾されるなら、お聞きなさい。わたしはそのの代価を払います。お受け取りください。わたしの死人をそこに葬りましょう」。

14 エフロンアブラハムに答えて言った、

15 「わがよ、お聞きなさい。あの地はシケルですが、これはわたしとあなたの間で、なにほどのことでしょう。あなたの死人を葬りなさい」。

16 そこでアブラハムエフロンの言葉にしたがい、エフロンがヘテの人々の聞いているところで言った、すなわち商人の通用シケルを量ってエフロンに与えた。

17 こうしてマムレののマクペラにあるエフロンは、も、その中のほら穴も、の中およびその周囲の境にあるすべてのも皆、

18 ヘテの人々の前、すなわちそのにはいるすべての人々の前で、アブラハムの所有と決まった。

19 そのアブラハムはそのサラカナンの地にあるマムレ、すなわちヘブロンのマクペラののほら穴に葬った。このようにとその中にあるほら穴とはヘテの人々によってアブラハムの所有の墓地と定められた。

20 このようにとその中にあるほら穴とはヘテの人々によってアブラハムの所有の地と定められた。


Exploring the Meaning of 創世記 23      

Napsal(a) Emanuel Swedenborg

Arcana Coelestia 2901. In the internal sense a New Spiritual Church is here treated of, that was raised up by the Lord after the former church had altogether expired; and also the reception of faith with those who were of the church. "Sarah" here, is the truth Divine which expired; "burial," is raising up again; "Ephron and the sons of Heth," are those with whom the good and truth of the church were received "Machpelah which is before Mamre," is regeneration; Hebron in the land of Canaan," is a new church.

Arcana Coelestia 2902. Truth Divine, that it expired, is treated of (verses 1-3); and that the Lord set up again a new church (verse 4); and was kindly received (verses 5, 6); from which there was joy (verses 7, 12); that their first state was obscure, and they believed the good of charity and the truth of faith to be from themselves (verses 8-11, 14, 15); but they were instructed that good and truth were not from themselves, but from the Lord (verse 13); and thus they were redeemed (verse 16); and regenerated (verses 17, 18); and thus there was a new church (verse 19); from the Gentiles (verse 20).

    Studovat vnitřní smysl

Přeložit: