創世記 22

Studovat vnitřní smysl

           

1 これらの事のアブラハムを試みて彼に言われた、「アブラハムよ」。彼は言った、「ここにおります」。

2 神は言われた、「あなたの、あなたの愛するひとりイサクを連れてモリヤの地に行き、わたしが示すで彼を燔祭としてささげなさい」。

3 アブラハムはやく起きて、ろばにくらを置き、ふたりの若者と、そのイサクとを連れ、また燔祭のたきぎを割り、立ってが示された所に出かけた。

4 に、アブラハムをあげて、はるかにその場所見た

5 そこでアブラハム若者たちに言った、「あなたがたは、ろばと一緒にここにいなさい。わたしとわらべは向こうへ行って礼拝し、そののち、あなたがたの所に帰ってきます」。

6 アブラハムは燔祭のたきぎを取って、そのイサクに負わせ、と刃物とを執って、ふたり一緒に行った。

7 やがてイサクは父アブラハムに言った、「父よ」。彼は答えた、「よ、わたしはここにいます」。イサクは言った、「とたきぎとはありますが、燔祭の小羊はどこにありますか」。

8 アブラハムは言った、「よ、みずから燔祭の小羊を備えてくださるであろう」。こうしてふたりは一緒に行った。

9 彼らが神の示された場所にきたとき、アブラハムはそこに祭壇を築き、たきぎを並べ、そのイサクを縛って祭壇のたきぎの上に載せた。

10 そしてアブラハムを差し伸べ、刃物を執ってそのを殺そうとした時、

11 主の使が天から彼を呼んで言った、「アブラハムよ、アブラハムよ」。彼は答えた、「はい、ここにおります」。

12 み使が言った、「わらべをにかけてはならない。また何も彼にしてはならない。あなたの、あなたのひとりをさえ、わたしのために惜しまないので、あなたがを恐れる者であることをわたしは今知った」。

13 この時アブラハムをあげて見ると、うしろに、をやぶに掛けている一頭の雄がいた。アブラハムは行ってその雄を捕え、それをそののかわりに燔祭としてささげた。

14 それでアブラハムはその所の名をアドナイ・エレと呼んだ。これにより、人々は今日もなお「主のに備えあり」と言う

15 主の使は再び天からアブラハムを呼んで、

16 言った、「は言われた、『わたしは自分をさして誓う。あなたがこの事をし、あなたの、あなたのひとりをも惜しまなかったので、

17 わたしは大いにあなたを祝福し、大いにあなたの子孫をふやして、天ののように、浜べののようにする。あなたの子孫はを打ち取り、

18 また地のもろもろの民はあなたの子孫によって祝福を得るであろう。あなたがわたしの言葉に従ったからである』」。

19 アブラハム若者たちの所に帰り、みな立って、共にベエルシバへ行った。そしてアブラハムはベエルシバに住んだ。

20 これらの事の、ある人がアブラハムに告げて言った、「ミルカもまたあなたの兄弟ナホルどもを産みました。

21 長男はウヅ、弟はブズ、次はアラムの父ケムエル

22 次はケセデ、ハゾ、ピルダシ、エデラフ、ベトエルです」。

23 ベトエルの子はリベカであって、これら八人はミルカがアブラハムの兄弟ナホルに産んだのである。ナホルのそばめで、名をルマという女もまたテバ、ガハム、タハシおよびマアカを産んだ。

24 ナホルのそばめで、名をルマという女もまたテバ、ガハム、タハシおよびマアカを産んだ。

  

Exploring the Meaning of 創世記 22      

Napsal(a) Emanuel Swedenborg

Here are some excerpts from Swedenborg's "Arcana Coelestia" that help explain the inner meaning of this chapter:

AC 2764. In this chapter in the internal sense the Lord’s most grievous and inmost temptations are treated of, by which He united His Human Essence to His Divine Essence; and also the salvation by this union of those who constitute the Lord‘s spiritual church.

AC 2765. The Lord’s most grievous and inmost temptations are treated of (verses 1, 3, 4, 5, 6, 9, 10, 11). Concerning the unition of His Human Essence with His Divine Essence, or His glorification, by means of them (verses 2, 11, 12, 16). Concerning the salvation by the Lords Divine Human of the spiritual, of those who are in charity and faith, within the church (verses 2, 7, 8, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19). And concerning the salvation of those who are in good, outside the church (verses 20, 21, 22, 23, 24).

   Studovat vnitřní smysl

Přeložit: