創世記 19

Study

           

1 そのふたりのみ使は夕暮にソドムに着いた。そのときロトはソドムにすわっていた。ロトは彼らを見て、立って迎え、地に伏して、

2 言った、「わがよ、どうぞしもべのに立寄ってを洗い、お泊まりください。そして朝早く起きてお立ちください」。彼らは言った、「いや、われわれは広場で夜を過ごします」。

3 しかしロトがしいて勧めたので、彼らはついに彼の所に寄り、にはいった。ロトは彼らのためにふるまいを設け、種入れぬパンを焼いて食べさせた。

4 ところが彼らの寝ないうちに、ソドムの人々は、若い者も老人も、民がみな四方からきて、そのを囲み、

5 ロトに叫んで言った、「今おまえの所にきた人々はどこにいるか。それをここに出しなさい。われわれは彼らを知るであろう」。

6 ロトは入口におる彼らの所に出て行き、うしろの戸を閉じて、

7 言った、「兄弟たちよ、どうか悪い事はしないでください。

8 わたしにまだ男を知らないがふたりあります。わたしはこれをあなたがたに、さし出しますから、好きなようにしてください。ただ、わたしの屋根の下にはいったこの人たちには、何もしないでください」。

9 彼らは言った、「退け」。また言った、「この男は渡ってきたよそ者であるのに、いつも、さばきびとになろうとする。それで、われわれは彼らに加えるよりも、おまえに多くのを加えよう」。彼らはロトの身に激しく迫り、進み寄って戸を破ろうとした。

10 その時、かのふたりはを伸べてロトをの内に引き入れ、戸を閉じた。

11 そしての入口におる人々を、老若の別なく打って目をくらましたので、彼らは入口を捜すのに疲れた。

12 ふたりはロトに言った、「ほかにあなたの身内の者がここにおりますか。あなたのむこ、むすこ、およびこのにおるあなたの身内の者を、皆ここから連れ出しなさい。

13 われわれがこの所を滅ぼそうとしているからです。人々の叫びが主の大きくなり、はこの所を滅ぼすため、われわれをつかわされたのです」。

14 そこでロトは出て行って、その娘たちをめとるむこたちに告げて言った、「立ってこの所から出なさい。がこのを滅ぼされます」。しかしそれはむこたちには戯むれごとに思えた。

15 夜が明けて、み使たちはロトを促して言った  「立って、ここにいるあなたのとふたりのとを連れ出しなさい。そうしなければ、あなたもこのの不義のために滅ぼされるでしょう」。

16 彼はためらっていたが、は彼にあわれみを施されたので、かのふたりは彼のと、その妻のと、ふたりのを取って連れ出し、の外に置いた。

17 彼らを外に連れ出した時そのひとりは言った、「のがれて、自分の命を救いなさい。うしろをふりかえって見てはならない。低地にはどこにも立ち止まってはならない。にのがれなさい。そうしなければ、あなたは滅びます」。

18 ロトは彼らに言った、「わがよ、どうか、そうさせないでください。

19 しもべはすでにあなたの前に恵みを得ました。あなたはわたしの命を救って、大いなるいつくしみを施されました。しかしわたしはまではのがれる事ができません。災が身に追い迫ってわたしは死ぬでしょう。

20 あのをごらんなさい。逃げていくのに近く、また小さいです。どうかわたしをそこにのがれさせてください。それは小さいではありませんか。そうすればわたしの命は助かるでしょう」。

21 み使は彼に言った、「わたしはこの事でもあなたの願いをいれて、あなたの言うそのは滅ぼしません。

22 急いでそこへのがれなさい。あなたがそこに着くまでは、わたしは何事もすることができません」。これによって、そのの名はゾアルと呼ばれた

23 ロトがゾアルに着いた時、日は地の上にのぼった。

24 硫黄とを主の所すなわち天からソドムとゴモラの上に降らせて、

25 これらのと、すべての低地と、その々のすべての住民と、その地にはえている物を、ことごとく滅ぼされた。

26 しかしロトのはうしろを顧みたのでの柱になった。

27 アブラハム早く起き、さきに主のに立った所に行って、

28 ソドムとゴモラの方、および低地の全をながめると、その地の煙が、かまどの煙のように立ちのぼっていた。

29 こうしてが低地の々をこぼたれた時、すなわちロトの住んでいた々を滅ぼされた時、アブラハムを覚えて、その滅びのからロトを救い出された。

30 ロトはゾアルを出て上り、ふたりのと共にに住んだ。ゾアルに住むのを恐れたからである。彼はふたりのと共に、ほら穴の中に住んだ。

31 時に姉が妹に言った、「わたしたちの父は老い、またこの地には世のならわしのように、わたしたちの所に来る男はいません。

32 さあ、父に酒を飲ませ、共に寝て、父によって子を残しましょう」。

33 彼女たちはその、父に酒を飲ませ、姉がはいって父と共に寝た。ロトは娘が寝たのも、起きたのも知らなかった。

34 あくる日、姉は妹に言った、「わたしは昨、父と寝ました。わたしたちは今もまた父に酒を飲ませましょう。そしてあなたがはいって共に寝なさい。わたしたちは父によって子を残しましょう」。

35 彼らはそのもまた父に酒を飲ませ、妹が行って父と共に寝た。ロトは娘の寝たのも、起きたのも知らなかった。

36 こうしてロトのふたりの娘たちは父によってはらんだ。

37 姉娘はを産み、その名をモアブと名づけた。これは今のモアブびとの先祖である。妹もまたを産んで、その名をベニアンミと名づけた。これは今のアンモンびとの先祖である。

38 妹もまたを産んで、その名をベニアンミと名づけた。これは今のアンモンびとの先祖である。

  

Exploring the Meaning of 創世記 19      

Napsal(a) Emanuel Swedenborg

Here are some excerpts from Swedenborg's "Arcana Coelestia" that help explain the inner meaning of this chapter:

AC 2312. In this chapter, in the internal sense, by "Lot‘s is described the state of the Spiritual Church which is in the good of charity but in external worship: how in course of time it declines.

AC 2313. The First State of that church: that they are in the good of charity and acknowledge the Lord, and that from Him they are confirmed in good (verses 1 to 3); and are saved (verse 12). The Second State: that with them evils begin to act against goods, but they are powerfully withheld from evils and kept in goods by the Lord (verses 14 to 16). Their weakness is described (verse 17); that they are saved (verse 19). The Third State: that they no longer think and act from the affection of good, but from the affection of truth (verses 18 to 20); and that they are saved (verse 23). The Fourth State: that the affection of truth perishes, which is Lot’s wife becoming a pillar of salt (verse 26). The Fifth State: that an impure good, or a good of falsity, succeeds, which is Lot in the cave of the mountain (verse 30). The Sixth State: that even this good is still more adulterated and falsified (verses 31 to 33); and the truth likewise (verses 34, 35). That therefrom there is conceived and born a certain semblance of a church whose good, so called, is "Moab," and whose truth, also so called, is the "son of Ammon" (verses 36 to 38).

AC 2314. Further: in the internal sense, by the "inhabitants of Sodom" is described the state of those within the same church who are against the good of charity, and how in course of time evil and falsity increase with them until they have nothing but evil and falsity.

AC 2315. Their First State: that they are against the good of charity and against the Lord (verses 4, 5). Their Second State: that although informed concerning the good of charity and concerning the delights of its affections which they should enjoy, they are obstinate and reject good (verses 6 to 8). That they also endeavor to destroy the very good of charity itself, but that the Lord protects it (verses 9, 10). The Third State: that at last they become such that they cannot even see truth and good, still less that truth leads to good (verse 11). That they are possessed by evil and falsity, so that they cannot but perish (verse 13). The Fourth State: their destruction (verse 24); and that all goods and truths are separated from them (verse 25).

AC 2316. That the good are separated from the evil, and that the good are saved through the Lord‘s Human made Divine (verses 27-29).

    Studovat vnitřní smysl

Přeložit: