創世記 17

Study

           

1 アブラム歳の時、アブラムに現れて言われた、「わたしは全能の神である。あなたはわたしのに歩み、全き者であれ。

2 わたしはあなたと契約を結び、大いにあなたの子孫を増すであろう」。

3 アブラムは、ひれ伏した。はまた彼に言われた、

4 「わたしはあなたと契約を結ぶ。あなたは多くの民の父となるであろう。

5 あなたの名は、もはやアブラムとは言われず、あなたの名はアブラハムと呼ばれるであろう。わたしはあなたを多くの民の父とするからである。

6 わたしはあなたに多くの子孫を得させ、々の民をあなたから起そう。また、王たちもあなたから出るであろう。

7 わたしはあなた及びの代々の子孫と契約を立てて、永遠の契約とし、あなたとの子孫とのとなるであろう。

8 わたしはあなたとの子孫とにあなたの宿っているこの地、すなわちカナンの全地を永久の所有として与える。そしてわたしは彼らのとなるであろう」。

9 はまたアブラハムに言われた、「あなたとの子孫とは共に代々わたしの契約を守らなければならない。あなたがたのうち

10 男子はみな割礼をうけなければならない。これはわたしとあなたがた及びの子孫との間のわたしの契約であって、あなたがたの守るべきものである。

11 あなたがたは前の皮に割礼を受けなければならない。それがわたしとあなたがたとの間の契約のしるしとなるであろう。

12 あなたがたのうちの男子はみな代々、に生れた者も、また異邦人からで買い取った、あなたの孫でない者も、生れて八目に割礼を受けなければならない。

13 あなたのに生れた者も、あなたがで買い取った者も必ず割礼を受けなければならない。こうしてわたしの契約はあなたがたの身にあって永遠の契約となるであろう。

14 割礼を受けない男子、すなわち前の皮を切らない者はわたしの契約を破るゆえ、その人は民のうちから断たれるであろう」。

15 はまたアブラハムに言われた、「あなたのサライは、もはや名をサライといわず、名をサラと言いなさい。

16 わたしは彼女を祝福し、また彼女によって、あなたにひとりの男のを授けよう。わたしは彼女を祝福し、彼女を々の民の母としよう。彼女から、もろもろの民の王たちが出るであろう」。

17 アブラハムはひれ伏して笑い、の中で言った、「歳の者にどうしてが生れよう。サラはまた九十歳にもなって、どうして産むことができようか」。

18 そしてアブラハムに言った、「どうかイシマエルがあなたのに生きながらえますように」。

19 は言われた、「いや、あなたのサラはあなたに男のを産むでしょう。名をイサクと名づけなさい。わたしは彼と契約を立てて、孫のために永遠の契約としよう。

20 またイシマエルについてはあなたの願いを聞いた。わたしは彼を祝福して多くの子孫を得させ、大いにそれを増すであろう。彼は十二人の君たちを生むであろう。わたしは彼を大いなる民としよう。

21 しかしわたしは来年の今ごろサラがあなたに産むイサクと、わたしの契約を立てるであろう」。

22 アブラハムと語り終え、彼を離れて、のぼられた。

23 アブラハムが自分に言われたように、このそのイシマエルと、すべてに生れた者およびすべてで買い取った者、すなわちアブラハムのの人々のうち、すべての男子を連れてきて、前の皮に割礼を施した。

24 アブラハムが前の皮に割礼を受けた時は歳、

25 そのイシマエルが前の皮に割礼を受けた時は十三歳であった。

26 このアブラハムとそのイシマエルは割礼を受けた。またその家の人々は家に生れた者も、銀で異邦人から買い取った者も皆、彼と共に割礼を受けた。

27 またそのの人々はに生れた者も、で異邦人から買い取った者も皆、彼と共に割礼を受けた。

  

Exploring the Meaning of 創世記 17      

Napsal(a) Emanuel Swedenborg

Here are some excerpts from Swedenborg's "Arcana Coelestia" that help explain the inner meaning of this chapter:

AC 1985. The subject here treated of is the union of the Lord’s Divine Essence with the Human Essence, and of the Human Essence with the Divine Essence; and also the conjunction of the Lord, through the Human Essence, with the human race.

AC 1986. Jehovah was manifested to the Lord in His Human (verse 1). Foretelling the union (verses 2, 3); namely, of the Divine with the Human, and of the Human with the Divine (verses 4, 5). And that all good and truth is from Him (verse 6). The conjunction of the Divine with the human race would thus be effected through Him (verse 7). And the heavenly kingdom would be His, which He would give to those who should have faith in Him (verses 8, 9). But man must first remove his loves and their foul cupidities, and so be purified; this is what was represented and is signified by circumcision (verses 10, 11). Thus conjunction would be effected, both with those who are within the church, and with those who are without it (verse 12).

[2] Purification must by all means precede; otherwise there is no conjunction, but condemnation; and yet after all the conjunction cannot take place except in man‘s impurity (verses 13, 14). The union of the Human Essence with the Divine Essence, or of truth with good, is foretold (verses 15 to 17). Also conjunction with those who are in the truths of faith, namely, as with those who are of the celestial church, so with those who are of the spiritual church (verses 18, 19). And that the latter also would be imbued with the goods of faith (verse 20). In conclusion, these things will be effected through the union in the Lord of the Human Essence with the Divine Essence (verse 21). The end of the prediction (verse 22). It was so to be done, and it was so done (verses 23 to 27).

    Studovat vnitřní smysl

Přeložit: