出エジプト記 7

Studovat vnitřní smysl

           

1 モーセに言われた、「見よ、わたしはあなたをパロに対して神のごときものとする。あなたの兄弟アロンはあなたの預言者となるであろう。

2 あなたはわたしが命じることを、ことごとく彼に告げなければならない。そしてあなたの兄弟アロンはパロに告げて、イスラエルの人々をそのから去らせるようにさせなければならない。

3 しかし、わたしはパロのをかたくなにするので、わたしのしるしと不思議をエジプトに多く行っても、

4 パロはあなたがたの言うことを聞かないであろう。それでわたしはエジプトの上に加え、大いなるさばきをくだして、わたしの団、わたしの民イスラエルの人々を、エジプトから導き出すであろう。

5 わたしがエジプトの上にさし伸べて、イスラエルの人々を彼らのうちから導き出す時、エジプトびとはわたしがであることを知るようになるであろう」。

6 モーセとアロンはそのように行った。すなわちが彼らに命じられたように行った。

7 彼らがパロと語った時、モーセ八十歳、アロンは八十三歳であった。

8 モーセとアロンに言われた、

9 「パロがあなたがたに、『不思議をおこなって証拠を示せ』と言う時、あなたはアロンに言いなさい、『あなたのつえを取って、パロのに投げなさい』と。するとそれはへびになるであろう」。

10 それで、モーセとアロンはパロのところに行き、主の命じられたとおりにおこなった。すなわちアロンはそのつえを、パロとその家来たちのに投げると、それはへびになった。

11 そこでパロもまた知者と魔法使を召し寄せた。これらのエジプトの魔術師らもまた、その秘術をもって同じように行った。

12 すなわち彼らは、おのおのそのつえを投げたが、それらはへびになった。しかし、アロンのつえは彼らのつえを、のみつくした。

13 けれども、パロのはかたくなになって、主の言われたように、彼らの言うことを聞かなかった。

14 モーセに言われた、「パロのはかたくなで、彼は民を去らせることを拒んでいる。

15 あなたは、あすの、パロのところに行きなさい。見よ、彼はのところに出ている。あなたは、へびに変ったあのつえをに執り、ナイル川の岸に立って彼に会い、

16 そして彼に言いなさい、『ヘブルびとのがわたしをあなたにつかわして言われます、「わたしの民を去らせ、荒野で、わたしに仕えるようにさせよ」と。しかし今もなお、あなたが聞きいれようとされないので、

17 はこう仰せられます、「これによってわたしがであることを、あなたは知るでしょう。見よ、わたしがにあるつえでナイル川のを打つと、それはに変るであろう。

18 そして川の魚は死に、川は臭くなり、エジプトびとは川のを飲むことをいとうであろう」』と」。

19 はまたモーセに言われた、「あなたはアロンに言いなさい、『あなたのつえを執って、エジプトの上、の上、流れの上、池の上、またそのすべてのたまりの上にさし伸べて、それをにならせなさい。エジプトにわたって、の器、石の器にも、があるようになるでしょう』と」。

20 モーセとアロンは主の命じられたようにおこなった。すなわち、彼はパロとその家来たちのの前で、つえをあげてナイル川のを打つと、川のは、ことごとくに変った。

21 それで川の魚は死に、川は臭くなり、エジプトびとは川のを飲むことができなくなった。そしてエジプトにわたってがあった。

22 エジプトの魔術師らも秘術をもって同じようにおこなった。しかし、主の言われたように、パロのはかたくなになり、彼らの言うことを聞かなかった。

23 パロは身をめぐらしてに入り、またこのことをもに留めなかった。

24 すべてのエジプトびとはナイル川のが飲めなかったので、飲むを得ようと、川のまわりを掘った。主がナイル川を打たれてのち七日を経た。

25 がナイル川を打たれてのち七を経た。

  

Exploring the Meaning of 出エジプト記 7      

Napsal(a) Emanuel Swedenborg

Arcana Coelestia 7264. The subject treated of in the internal sense in what follows is the vastation, and at last the damnation, of those who are in falsities and evils. The process of their devastation is described by the eleven plagues brought on the Egyptians and their land.

Arcana Coelestia 7265. In this chapter the subject treated of in the internal sense is the first three degrees of vastation. The first, which is that mere fallacies began to reign with them, whence came falsities, is described by the serpent into which the rod of Aaron was turned. The second, which is that truths themselves became falsities with them, and that falsities became truths, is described by the blood into which the waters were turned. The third degree, which is that from falsities they reasoned against the truths and goods of the church, is described by the frogs out of the river.

   Studovat vnitřní smysl

Přeložit: