出エジプト記 34

Study

           

1 モーセに言われた、「あなたは前のような石の枚を、切って造りなさい。わたしはあなたが砕いた初めの板にあった言葉を、その板に書くであろう。

2 あなたはまでに備えをし、のうちにシナイに登って、の頂でわたしの前に立ちなさい。

3 だれもあなたと共に登ってはならない。また、だれもの中にいてはならない。またの前でや牛を飼っていてはならない」。

4 そこでモーセは前のような石の枚を、切って造り、早く起きて、が彼に命じられたようにシナイに登った。彼はその石の枚をとった。

5 ときにの中にあって下り、彼と共にそこに立って主の名を宣べられた。

6 は彼のを過ぎて宣べられた。「、あわれみあり、恵みあり、怒ることおそく、いつくしみと、まこととの豊かなる神、

7 いつくしみを代までも施し、悪と、とがと、とをゆるす者、しかし、すべき者をば決してゆるさず、父のに報い、に報いて、、四代におよぼす者」。

8 モーセは急ぎ地に伏して拝し、

9 そして言った、「ああ主よ、わたしがもし、あなたの前に恵みを得ますならば、かたくなな民ですけれども、どうか主がわたしたちのうちにあって一緒に行ってください。そしてわたしたちの悪ととをゆるし、わたしたちをあなたのものとしてください」。

10 は言われた、「見よ、わたしは契約を結ぶ。わたしは地のいずこにも、いかなる民のうちにも、いまだ行われたことのない不思議を、あなたのすべての民の前に行うであろう。あなたが共に住む民はみな、主のわざを見るであろう。わたしがあなたのためになそうとすることは、恐るべきものだからである。

11 わたしが、きょう、あなたに命じることを守りなさい。見よ、わたしはアモリびと、カナンびと、ヘテびと、ペリジびと、ヒビびと、エブスびとを、あなたのから追い払うであろう。

12 あなたが行くに住んでいる者と、契約を結ばないように、気をつけなければならない。おそらく彼らはあなたのうちにあって、わなとなるであろう。

13 むしろあなたがたは、彼らの祭壇を倒し、石の柱を砕き、アシラ像を切り倒さなければならない。

14 あなたは他の神を拝んではならない。はその名を『ねたみ』と言って、ねたむ神だからである。

15 おそらくあなたはその住む者と契約を結び、彼らの神々を慕って姦淫を行い、その神々に犠牲をささげ、招かれて彼らの犠牲を食べ、

16 またその娘たちを、あなたのむすこたちにめとり、その娘たちが自分たちの神々を慕って姦淫を行い、また、あなたのむすこたちをして、彼らの神々を慕わせ、姦淫を行わせるに至るであろう。

17 あなたは自分のために鋳物の神々を造ってはならない。

18 あなたは種入れぬパンの祭を守らなければならない。すなわち、わたしがあなたに命じたように、アビブ月の定めの時に、七のあいだ、種入れぬパンを食べなければならない。あなたがアビブエジプトを出たからである。

19 すべて初めに生れる者は、わたしのものである。すべてあなたの家畜のういごの雄は、も羊もそうである。

20 ただし、ろばのういごは小羊であがなわなければならない。もしあがなわないならば、その首を折らなければならない。あなたのむすこのうちのういごは、みなあがなわなければならない。むなし手でわたしのに出てはならない。

21 あなたはのあいだ働き、七目には休まなければならない。耕し時にも、刈入れ時にも休まなければならない。

22 あなたは七週の祭、すなわち小麦刈りの初穂の祭を行わなければならない。また年の終りに取り入れの祭を行わなければならない。

23 年に三度、男子はみななるイスラエルの神のに出なければならない。

24 わたしは々の民をあなたのから追い払って、あなたの境を広くするであろう。あなたが年に三度のぼって、あなたの主のに出る時には、だれもあなたのを侵すことはないであろう。

25 あなたは犠牲のを、種を入れたパンと共に供えてはならない。また過越の祭の犠牲を、翌まで残して置いてはならない。

26 あなたの土地の初穂の最も良いものを、あなたの主のに携えてこなければならない。あなたは子やぎをそのの乳で煮てはならない」。

27 またモーセに言われた、「これらの言葉書きしるしなさい。わたしはこれらの言葉に基いて、あなたおよびイスラエルと契約を結んだからである」。

28 モーセはと共に、四十四十、そこにいたが、パンも食べず、も飲まなかった。そして彼は契約の言葉誡を板の上に書いた。

29 モーセはそのあかしの板枚をにして、シナイから下ったが、そのを下ったとき、モーセは、さきに主と語ったゆえに、の皮が光を放っているのを知らなかった。

30 アロンとイスラエルの人々とがみな、モーセ見ると、彼のの皮が光を放っていたので、彼らは恐れてこれに近づかなかった。

31 モーセは彼らを呼んだ。アロンと会衆のかしらたちとがみな、モーセのもとに帰ってきたので、モーセは彼らと語った。

32 そのイスラエルの人々がみな近よったので、モーセはがシナイで彼に語られたことを、ことごとく彼らにさとした。

33 モーセは彼らと語り終えた時、おおいをに当てた。

34 しかしモーセ主のに行ってと語る時は、出るまでおおいを取り除いていた。そして出て来ると、その命じられた事をイスラエルの人人に告げた。イスラエルの人々はモーセのを見ると、モーセのの皮が光を放っていた。モーセは行ってと語るまで、またおおいをに当てた。

35 イスラエルの人々はモーセの見ると、モーセのの皮が光を放っていた。モーセは行って主と語るまで、またおおいをに当てた。

  

Exploring the Meaning of 出エジプト記 34      

Napsal(a) Emanuel Swedenborg

Arcana Coelestia 10598. In the internal sense of this chapter there is treated of the church that was to be instituted among the Israelitish nation. But as that nation was of such a character that it could not receive the Divine interiorly, it was received in order that there might be with it the representative of a church, and not a church. This is the subject treated of in (verses 1-9).

Arcana Coelestia 10599. Afterward in the internal sense there are treated of the chief things of the church, which were wholly to be observed, in order that they might represent a church. This is the subject treated of in (verses 10-28).

Arcana Coelestia 10600. Lastly, there is treated of the shining through of the Divine internal of the Word, of the church, and of worship, through their external; but not before that nation. This is signified by the shining of the skin of Moses' face, and by the interposition of a veil when he was speaking with the people. Treated of in (verses 29 to 35).