申命記 33

Studie

           |

1 神のモーセ死ぬイスラエルの人々を祝福した。祝福の言葉は次のとおりである。

2 はシナイからこられ、セイルからわれわれにむかってのぼられ、パランから光を放たれ、ちよろずの聖者の中からこられた。その右の手には燃える火があった。

3 まことに主はその民を愛される。すべて主に聖別されたものは、みのうちにある。彼らはあなたのもとに座して、教をうける。

4 モーセはわれわれに律法を授けて、ヤコブの会衆の所有とさせた。

5 民のかしらたちが集まり、イスラエルの部族がみな集まった時、主はエシュルンのうちに王となられた」。

6 「ルベンは生きる、死にはしない。しかし、その人数は少なくなるであろう」。

7 ユダについては、こう言った、「よ、ユダの声を聞いて、彼をその民に導きかえしてください。みをもって、彼のために戦ってください。彼を助けて、に当らせてください」。

8 レビについては言った、「あなたのトンミムをレビに与えてください。ウリムをあなたに仕える人に与えてください。かつてあなたはマッサで彼を試み、メリバのほとりで彼と争われた。

9 彼はその父、そのについて言った、『わたしは彼らを顧みない』。彼は自分の兄弟をも認めず、自分の供をも顧みなかった。彼らはあなたの言葉にしたがい、あなたの契約を守ったからである。

10 彼らはあなたのおきてをヤコブに教え、あなたの律法をイスラエルに教え、薫香をあなたのに供え、燔祭を祭壇の上にささげる。

11 よ、彼の祝福し、彼ののわざを喜び受けてください。彼に逆らう者と、彼を憎む者とのを打ち砕いて、立ち上がることのできないようにしてください」。

12 ベニヤミンについては言った、「に愛される者、彼は安らかに主のそばにおり、は終、彼を守り、そのの間にすまいを営まれるであろう」。

13 ヨセフについては言った、「どうぞが彼の地を祝福されるように。上なる天の賜物と下に横たわる淵の賜物、

14 よって産する尊い賜物、月よって生ずる尊い賜物、

15 いにしえの山々の産する賜物、とこしえの丘の尊い賜物、

16 地とそれに満ちる尊い賜物、しばの中におられた者の恵みが、ヨセフのに臨み、その兄弟たちの君たる者のの頂にくだるように。

17 彼の牛のういごは威厳があり、そのは野牛ののよう、これをもって々の民をことごとく突き倒し、地のはてにまで及ぶ。このような者はエフライムに幾万とあり、またこのような者はマナセに幾とある」。

18 ゼブルンについては言った、「ゼブルンよ、あなたは外に出て楽しみを得よ。イッサカルよ、あなたは天幕にいて楽しみを得よ。

19 彼らは国々の民をに招き、その所で正しい犠牲をささげるであろう。彼らはを吸い、に隠れた宝を取るからである」。

20 ガドについては言った、「ガドを大きくする者は、ほむべきかな。ガドは、ししのように伏し、や頭の頂をかき裂くであろう。

21 彼は初穂の地を自分のために選んだ。そこには将軍の分も取り置かれていた。彼は民のかしらたちと共にきて、イスラエルと共に主の正義と審判とを行った」。

22 ダンについては言った、「ダンはししの子であって、バシャンからおどりでる」。

23 ナフタリについては言った、「ナフタリよ、あなたは恵みに満たされ、主の祝福に満ちて、湖とそのの地を所有する」。

24 アセルについては言った、「アセルは他のらにまさって祝福される。彼はその兄弟たちに愛せられ、そのにひたすことができるように。

25 あなたの貫の木はと青銅、あなたの力はあなたの年と共に続くであろう」。

26 「エシュルンよ、神に並ぶ者はほかにない。あなたを助けるために天に乗り、威光をもってを通られる。

27 とこしえにいますはあなたのすみかであり、下に永遠のがある。をあなたのから追い払って、『滅ぼせ』と言われた。

28 イスラエルは安らかに住み、ヤコブの泉は穀物とぶどう酒の地に、ひとりいるであろう。また天はをくだすであろう。イスラエルよ、あなたはしあわせである。だれがあなたのように、主に救われた民があるであろうか。主はあなたを助ける盾、あなたの威光のつるぎ、あなたの敵はあなたにへつらい服し、あなたは彼らの高き所を踏み進むであろう」。

29 イスラエルよ、あなたはしあわせである。だれがあなたのように、に救われた民があるであろうか。はあなたを助ける、あなたの威光のつるぎ、あなたのはあなたにへつらい服し、あなたは彼らの高き所を踏み進むであろう」。