申命記 11

Studovat vnitřní smysl

           

1 それゆえ、あなたのし、常にそのさとしと、定めと、おきてと、戒めとを守らなければならない。

2 あなたがたは、きょう、次のことを知らなければならない。わたしが語るのは、あなたがたの供たちに対してではない。彼らはあなたがたの主の訓練と、主の大いなる事と、その強いと、伸べたとを知らず、また見なかった。

3 また彼らは主がエジプトで、エジプト王パロとその全に対して行われたしるしと、わざ、

4 またエジプト勢とそのと戦車とに行われた事、すなわち彼らがあなたがたのあとを追ってきた時に、紅を彼らの上にあふれさせ、彼らを滅ぼされて、今日に至った事、

5 またあなたがたがこの所に来るまで、主が荒野で、あなたがたに行われた事、

6 およびルベンののエリアブの、ダタンとアビラムとにされた事、すなわちイスラエルのすべての人々の中で、地がを開き、彼らと、その族と、天幕と、彼らに従うすべてのものを、のみつくした事などを彼らは知らず、また見なかった。

7 しかし、あなたがたはが行われたこれらの大いなる事を、ことごとく見たのである。

8 ゆえに、わたしが、きょう、あなたがたに命じる戒めを、ことごとく守らなければならない。そうすればあなたがたは強くなり、渡って行って取ろうとする地にはいって、それを取ることができ、

9 かつ、先祖たちに誓って彼らとその子孫とに与えようと言われた地、乳と蜜の流れるにおいて、長く生きることができるであろう。

10 あなたがたが行って取ろうとする地は、あなたがたが出てきたエジプトの地のようではない。あそこでは、青物畑でするように、あなたがたは種をまき、でそれにを注いだ。

11 しかし、あなたがたが渡って行って取る地は、と谷の多い地で、天から降るで潤っている。

12 その地は、あなたのが顧みられる所で、年の始めから年の終りまで、あなたの主のが常にその上にある。

13 もし、きょう、あなたがたに命じるわたしの命令によく聞き従って、あなたがたのし、心をつくし、精をつくして仕えるならば、

14 主はあなたがたの地にを、秋の、春のともに、時にしたがって降らせ、穀物と、ぶどう酒と、油を取り入れさせ、

15 また家畜のために野にを生えさせられるであろう。あなたは飽きるほど食べることができるであろう。

16 あなたがたは心が迷い、離れ去って、他の神々に仕え、それを拝むことのないよう、慎まなければならない。

17 おそらくはあなたがたにむかい怒りを発して、天を閉ざされるであろう。そのためは降らず、地は産物を出さず、あなたがたはが賜わる良い地から、すみやかに滅びうせるであろう。

18 それゆえ、これらのわたしの言葉を心とにおさめ、またそれをにつけて、しるしとし、の間に置いて覚えとし、

19 これを供たちに教え、に座している時も、道を歩く時も、寝る時も、起きる時も、それについて語り、

20 またの入口の柱と、にそれを書きしるさなければならない。

21 そうすれば、先祖たちに与えようと誓われた地に、あなたがたの住む数およびあなたがたの供たちの住む数は、天が地をおおう数のように多いであろう。

22 もしわたしがあなたがたに命じるこのすべての命令をよく守って行い、あなたがたのし、そのすべての道に歩み、につき従うならば、

23 はこの々の民を皆、あなたがたのから追い払われ、あなたがたはあなたがたよりも大きく、かつ強い々を取るに至るであろう。

24 あなたがたがの裏で踏む所は皆、あなたがたのものとなり、あなたがたの領域は荒野からレバノンに及び、また大ユフラテから西のに及ぶであろう。

25 だれもあなたがたに立ち向かうことのできる者はないであろう。あなたがたのは、かつて言われたように、あなたがたの踏み入る地の人々が、あなたがたを恐れおののくようにされるであろう。

26 見よ、わたしは、きょう、あなたがたのに祝福と、のろいとを置く。

27 もし、きょう、わたしがあなたがたに命じるあなたがたの主の命令に聞き従うならば、祝福を受けるであろう。

28 もしあなたがたの主の命令に聞き従わず、わたしが、きょう、あなたがたに命じる道を離れ、あなたがたの知らなかった他の神々従うならば、のろいを受けるであろう。

29 あなたのが、あなたの行って占領する地にあなたを導き入れられる時、あなたはゲリジムに祝福を置き、エバルのろいを置かなければならない。

30 これらの山はヨルダンの向こう、アラバに住んでいるカナンびとの地で、日の入る方の道の西にあり、ギルガルに向かいあって、モレのテレビンの木の近くにあるではないか。

31 あなたがたはヨルダンを渡り、あなたがたのが賜わる地にはいって、それを占領しようとしている。あなたがたはそれを占領して、そこに住むであろう。それゆえ、わたしが、きょう、あなたがたに授ける定めと、おきてをことごとく守って行わなければならない。

32 それゆえ、わたしが、きょう、あなたがたに授ける定めと、おきてをことごとく守って行わなければならない。

  
   Studovat vnitřní smysl

Explanation of Deuteronomy 11      

Napsal(a) Alexander Payne

Verses 1-9. A greater obligation is imposed upon those regenerating than upon others to obey the Divine commands; because they have been able more clearly to perceive the operations of Providence.

Verses 10-12. The difference between a persuasive and a rational faith.

Verses 13-17. The rational understanding given to those who carry out the Divine will.

Verses 18-21. The Divine will must therefore be stamped upon the whole life.

Verses 22-25. The regenerate will then be endowed with all things.

Verses 26-32. A blessing and a curse thus set before the soul according as the Divine commands are obeyed or rejected.

Swedenborg

Výklad(y) nebo odkazy ze Swedenborgových prací:

Arcana Coelestia 396, 996, 1038, 1443, 2702, 2838, 2842, ...

Apocalypse Revealed 167, 347, 444, 474, 496, 681

結婚愛 315

True Christian Religion 697


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Apocalypse Explained 97, 376, 427, 569, 608, 617, 619, ...

Jiný komentář

  Příběhy:



Skočit na podobné biblické verše

創世記 12:6, 27:28

出エジプト記 6:6, 13:9, 16, 14:28, 23:31

レビ記 26:3, 4, 5, 19, 20

民数記 16:31, 32

申命記 1:8, 30, 2:25, 3:24, 4:1, 3, 5, 9, 10, 14, 38, 40, 5:1, 7, 6:3, 5, 6, 9, 11, 15, 7:24, 8:7, 11, 19, 11:1, 9, 13, 21, 12:30, 13:4, 6, 17:3, 19:9, 27:4, 13, 28:2, 12, 14, ...

ヨシュア記 1:3, 4:19, 8:33, 21:43, 23:9, 24:31

サムエル記上 12:21

列王記上 9:3

歴代誌上 14:17

歴代誌下 6:26

詩編 65:11, 89:30, 104:14, 136:16

箴言 3:2, 7:3

イザヤ書 30:23

エレミヤ書 5:24, 32:20, 21

ヨエル書 2:19, 23

マタイによる福音書 23:5

ヤコブの手紙 5:7

Významy biblických slov


主は、聖書の中で、愛そのものであるご自身の本質に言及しているときには「エホバ」と呼ばれます。その愛の表現を指している場合は「神」と呼ばれ、それを「神の真理」と呼んでいます。 他の神々への言及は、肯定的なものも否定的なものも、その意味を反映しています。肯定的な場合、例えば、天使や人々が神々と呼ばれたり、主が神々の神と呼ばれたりするとき、それらの神々は主から私たちに与えられた真の考えを表しています。否定的な場合、例えば、イスラエルの人々が隣人の神々を繰り返し採用するような場合、それらの神々は、善良で真実なものを攻撃する、誤った、ねじ曲がった考えを表しています。


The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...


To some degree, there really is no spiritual meaning to the word “love” in the Bible. Why? Because if you truly love another, that is...


A child is a young boy or girl in the care of parents, older than a suckling or an infant, but not yet an adolescent....

主の
The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...


Scientists believe that one of the most crucial developments in the evolution of humans was bipedalism – walking on two legs. That left our hands...


Arms and feet (Daniel 10:6) signify the exterior things of the Word, which are its literal sense.

エジプト
聖書の中でエジプトとは、知識と知識の愛を意味します。良い意味では、聖書を通して主からの真理の知識を意味していますが、自然な意味では、単に地上の知識を蓄えて所有することを意味しています。そして、聖書からの知識であっても、必ずしも良いものとは限りません。しかし、それらは、物事を知るためだけに、あるいは学ばれているという評判を得るためだけに学ばれている場合です。 だから、エジプトはあなたが物事を学ぶために行く場所ですが、天になるためには、不毛な「知ること」から抜け出して、内的な善への欲求で満たされているカナンの地へと旅をしなければなりません。 エジプトがヨセフに支配されていたとき、そこはヨセフの父や兄弟たちの避難所だったというのは興味深いことです。このことは、人の内なる心が学問の地で支配されると、役に立つことを多く学ぶことができることを示しています。しかし、やがてヨセフを知らないファラオが現れ、イスラエルの子らは奴隷にされてしまいました。ファラオは外面的な心を表しています。それが担当しているときには、知っていることの興奮と自己満足は、内面的な心を奴隷のように減少させることができます。心は-イスラエルの子供たちのように-レンガ、または外部の外観から人造の偽りを作って終わる。


Generally in the Bible a "country" means a political subdivision ruled by a king, or sometimes a tribe with a territory ruled by a king...


Forces denote the power of truth.


'A horse' signifies knowledges or understanding of the Word. In an opposite sense it signifies the understanding of the Word falsified by reasonings, and likewise...


Water generally represents what Swedenborg calls “natural truth,” or true concepts about day-to-day matters and physical things. Since all water ultimately flows into the seas,...


Water was obviously of tremendous importance in Biblical times (and every other time). It is the basis of life, the essential ingredient in all drinks,...

今日
The expression 'even to this day' or 'today' sometimes appears in the Word, as in Genesis 19:37-38, 22:14, 26:33, 32:32, 35:20, and 47:26. In a...


The expression 'even to this day' or 'today' sometimes appears in the Word, as in Genesis 19:37-38, 22:14, 26:33, 32:32, 35:20, and 47:26. In a...

来る
As with common verbs in general, the meaning of “come” in the Bible is highly dependent on context – its meaning is determined largely by...

荒野
'Wilderness' signifies something with little life in it, as described in the internal sense in Luke 1:80 'Wilderness' signifies somewhere there is no good because...

イスラエルの
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

イスラエル
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...


In most cases, "mouth" in the Bible represents thought and logic, especially the kind of active, concrete thought that is connected with speech. The reason...


A "house" is essentially a container - for a person, for a family, for several families or even for a large group with shared interests...


何かを理解するときに「見える」と言うのはよくあることです。そして、聖書の中の「見る」というのは、確かに霊的なものを把握し、理解することを表しています。ですから、私たちを見ることができる目は、霊的なものを理解することができる知性を表しているのです。 もちろん、これは否定的な意味でも使われます。聖書は人々が目を持っていて見ることを拒否していることを語っており、主がこの世におられた時には、不快な目を摘み取るように助言されました。これは、真実を認めることを拒否したり、偽りに惑わされたりすることを表しています。

見た
The symbolic meaning of "seeing" is "understanding," which is obvious enough that it has become part of common language (think about it; you might see...

先祖
御言葉の中の父とは、最も内面的なものを意味し、主の命令に従っているものにおいては、良いものを意味します。最高の意味での父とは、創造者である主ご自身を意味します。自然な子供の世代では、魂、すなわち生命の最も内側にある受け皿と内的な遺伝を提供するのは父であり、魂が体を形成するために使用するすべての物質と外的な遺伝を提供するのは母です。この過程において、魂は父を通して主から来るのであって、父から来るのではありません。 賢い人が主を父と呼び、教会を母と呼ぶのは、その人の内面の愛が主から来たものであり、教会が教える真理によって形と実を与えられているからです。このようにして生まれたものが、その人の霊的な「子供」なのです。 新約聖書では、イエスと父について語るとき、意味するのは、内なる魂としての神そのものが外に現れているということです。イエスは自然な母から生まれたので、自然な体とユダヤ人の遺伝を持っていました。地獄に誘惑されていた彼の人生を通して、彼はゆっくりと母親から持っていたものをすべて捨てて、ご自身の内なる御父から持っていたものに置き換えていきました。そうすることで、彼は自分の内側にある父と一つになり、「私と父は一つである」と心から言えるようになったのです。


私たちの足は、私たちの体の中で最も低い部分であり、非常に有用なものです聖書では、足は私たちの霊的自己の最も低い部分であり、最も実用的な部分である「自然」のレベルを表しています。人生のこの日常的な側面は、日常的なタスクや要求、そしてそれらに関連した思考に関わっています。それはひどく深いものでも内省的なものでもありませんが、それは有用です - ちょうど足のように。 この対応関係は、主と教会共同体にも当てはまります。主の神聖な自然は、比較的単純な従順を通して私たちを導いてくれます(十戒と二大戒を考えてみてください)。教会もまた、単純ですが具体的な方法で共同体に奉仕する自然なレベルを持っています。


'Hills' signify the good of charity.


'Rain,' in a positive sense, denotes blessing, but in the opposite sense, damnation Rain,' as in Genesis 2:5-6, Exodus 34:25-27, and Hosea 6:3, signifies the...

命令
命令するというのは、何かをしなければならないという命令をすることであり、個人やグループに向けられたものです。これは命令であって、暗示ではありません。 命令することは、2つの方法で行われることもあれば、2つの異なる動機から行われることもあります。それはしばしば組織の中で行われ、ビジネス、政府、軍隊などの組織の仕事をするために必要な命令を課すために使用され、正当なものである場合もありますし、家庭の中で秩序ある家庭を維持するために両親によって使用されます。しかし、権力を愛し、何らかの形で権力を手に入れたことで、利己的な満足のために自分の意志を他人に押し付けることが好きな人にも使われることがあります。 だから、一方の動機は、使用のための愛、または善のための愛であり、他方の動機は、自己の愛、または所有物のための愛である。 主は無限の愛から人類に戒めを与えられたのは、主が秩序そのものであるからであり、永遠に続く私たちの幸福は、最終的には唯一の秩序である主の創造の秩序を受け入れるかどうかにかかっていることを知っているからです。

仕える
Generally speaking, those who are at lower levels of an organization serve those at higher levels. Bosses boss and their employees serve; coaches devise strategy...


Every herb in the Word signifies some species of scientifics. 'Herb bearing seed,' as mentioned in Genesis 1:29, signifies every truth which regards use. 'Green...

食べる
私たちの体は食事をすると、食べ物を分解して、そこからエネルギーと体を作ったり、修復したりするための材料の両方を得ます。 そのプロセスは、聖書の中の象徴的なレベルでは、はるかに同じです。食べ物は、善への欲求と、その善への欲求から来る洞察力、つまり主から来る善と理解を表しています。しかし、それらを利用するためには、私たちはそれらを取り込んで自分のものにしなければなりません。

神々
主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。

怒り
怒りは、それが定義を必要としないほど、人々にとって非常に一般的な感情です。しかし、興味のある点をいくつか挙げることができます。 1) 主は決して怒られません。怒りが主に帰するのは、この言葉が人間に意味を持たせるために書かれているからであり、人間が悪であるときには、主は怒るべきであるかのように思えるからです。そして、そのように考えることは人を傷つけることではありません。また、悪人が自分の計画がうまくいかない時に、主に怒りを感じて、それが返ってくると思っています。 2) 熱意はしばしば怒りのように見えますが、そうではなく、悪い動機ではなく、良い動機から来ています。怒りは利己的な愛が妨げられたり、攻撃されたりしたときに人に現れますが、熱意は善良な愛や価値ある真理が妨げられたり、攻撃されたりしたときに人に現れます。悪魔やサタンは怒りを感じ、それをよく感じ、攻撃しようとします。天使は熱意を感じ、しばしばそれを感じ、守ろうとすることがあります。

良い
聖書の "善 "が "善 "を表しているというのは、かなり回りくどい言い方ですが、一般的な意味ではその通りですね ケースはこうです。主は、愛そのものが知恵そのものとして形と表現を与えられたものであり、その神の愛と神の知恵は、私たちの中に、世界の中に、そして聖書の中に、果てしなく多様な流れとして流れ込んできます。神の愛は、私たちの愛、愛情、善への願望、そして私たちが感じることのできる喜びを生み、神の知恵は、事実、知識、知性、理解、人間の知恵を生みます。そして、この2つの側面を調和させることができればできるほど、私たちはより高くなることができます。もちろん、目を背ければ背けるほど、真実は偽りとなり、愛は自己愛となります。このように、善良でありたいという願望と真実の理解との間のダンスは、人間の生活の原動力であり、聖書のほとんどすべてが精神的なレベルで関係しているのです。 聖書で何かが「良い」と呼ばれるとき、それは一般的に、どのような精神状態においても可能な限り最高で純粋な愛の形を表しています。これは、単に「良い」と要約されることもあれば、「慈愛」と要約されることもあります。慈愛とは、隣人に対する思いやりや愛の状態のことです。

言葉
'Word,' as in Psalms 119:6-17, stands for doctrine in general. 'The Word,' as in Psalms 147:18, signifies divine good united with divine truth. 'Word,' as...


The nature of the soul is a deep and complicated topic, but it can be summarized as "spiritual life," who we are in terms of...

歩く
To walk in the Bible represents living, and usually means living according to the true things taught to us by the Lord -- to "walk...


古代の "門 "には、現代では通用しない意味がありました。当時の都市は、防御のために城壁で囲まれており、城壁に設けられた門は、人々が用を足すために出入りするものであると同時に、都市の防御の弱点でもありました。 聖書では、都市は、一面では個々の人々の心を表しています。また、より広い意味では、共同体が共有する信念を表しています。門は、主が私たちに真理を理解させ、善を求める心を与えるための入り口を表しています。また、地獄が侵入してきて、誤った考えや邪悪な願望で私たちを揺さぶるポイントを表しています。 聖典によると、私たちは一生の間に、主と地獄の両方からの影響を受けてバランスを保っているそうです。理想的には、一生をかけて主をどんどん招き入れ、地獄を追い返し、最終的には主が私たちの心を完全に占めるようになることです。その時、主と主の力と愛に対する私たちの信仰が門を支え、悪の侵入を拒むのです。 個人として、私たちはその時点で天使になります。共同体として、私たちはその時点で主の教会の一部となります。そして、その時点で、門は入口となり、人々が教会に入り、主を自分の人生に招き入れることを可能にする入門的な真理となるのです。

書き
In John 8:2-11, the Lord wrote twice on the ground, when the woman taken in adultery was brought to him, which signifies the condemnation of...


ほとんどの場合、"before "の意味は簡単です。相対的な時間を評価する方法としても、"誰かの前で "という意味でも、"before "は使われます。しかし,主に関連して使われる場合には,より深い意味を持ちます。主の前に」いるということは、主の前にいるだけでなく、主から善の欲求と真理の理解を受けて、それに従って生きることを意味します。そして、主に関連して時間の評価として使われる場合、「前に」とは「永遠に」という意味であり、私たちが経験する時間ではなく、霊的な状態を指します。

レバノン
'Lebanon' signifies spiritual good. 'Lebanon' signifies the church regarding the perception of truth from the rational self.


'Rivers' signify truths in abundance serving the rational self, and so, the understanding, for the purpose of doctrine and life. 'Rivers' or 'floods' signify temptations....

のろい
The Lord is love itself, and his love for us never wavers and never changes. What does waver and change is the degree to which...

従う
聖書における「主に従う」の基本的な意味は、「主に従う」とはどういうことかを考えれば一目瞭然です。それは明らかに,主が散歩に行くのを待ってついていくという意味ではなく,主が言われたことを行い,聖書の中で語られていることを信じることを意味します。主の戒めを生活の一部とすることによって,主に従うのです。 同じ考えは他の場合にも当てはまります。聖書の中の人々が何かに従うということは、その霊的なもの(どんな霊的なものであっても)を自分の生活の一部にしていることを意味します。また、言葉の順序が逆になることもあります。物事が人に従っていると表現されている場合もあります(詩篇23篇のように、「確かに善と憐れみは私に従ってくれる」)。

ヨルダン
ヨルダン川は、カナンの地と東の地を隔てています。この隔たりは、人間の心が内的な部分と外的な部分に分かれていることを表しており、人の中に教会が形成されるのは内的な心であると言えます。 また、この川は、北にメロムとガリラヤという2つの湖、南に死海があることで制限されています。この制限の内側には心の内側のものがあり、外側には外側のものがある。 外の国は、聖書で言及されているように、参考になることがあります。彼らは基本的な知識、推論能力、合理性、好奇心などの資質を表しており、友人であれば私たちの宗教的信念をサポートしてくれますし、敵であれば宗教的信念に反論したり、私たちが崇拝すべき偽りの神々を思い浮かべたりします。 内側の土地は再生する状態を表していたり、その状態の最終的な終わりである天国を表していたりします。 外側から見れば、ヨルダンはより良いものへの入り口であり、旅のゴールであり、その水は教会の最初のものである悔い改めの心の洗濯を表しており、だからこそヨハネはそこで洗礼を授け、ナアマンもそこで洗ったのです。   ヨルダン川の内側は、教会の外側の端であり、そのため、イスラエルの子供たちは、ミディアン人、アンモン人、シリア人、エジプト、バビロンなど、士師記や王記、預言書に書かれているような外側の国々にしばしば悩まされました。 私たちの外面的な心の能力は、良いことのために働くこともあれば、悪いことのために働くこともあります。  


'Side' signifies good or spiritual love.

ギルガル
Gilgal signifies the doctrine of natural truth, serving for introduction into the church.

モレ
'Moreh' signifies the earliest moment of the Lord's perception.

住む
聖書の時代、特に旧約聖書の時代には、多くの人々が遊牧民であり、すぐに叩いたり、移動させたり、立て直したりできるテントで生活していました。他の人々はもちろん、一般的には石や木でできた恒久的な家に住んでいました。モーセが契約の箱舟のために建てた幕屋はこのモデルです。 ですから、どこかに「住む」ということは重要な意味を持っています。そして確かに、聖書のどこかに住むということは、その霊的な状態に入り、それに関与することを表していますが、恒久的に必要なことではありません。 一方、「住居」とは、イザヤ書9章の「死の影に宿る者」のような最も邪悪なものから、主の住居として建てられた幕屋の高尚な状態まで、そこに住む人を鼓舞する様々な愛を表しています。

Zdroje pro rodiče a učitele

Zde uvedené položky jsou poskytnuty se svolením našich přátel z General Church of the New Jerusalem. Můžete prohledávat/procházet celou knihovnu kliknutím na odkaz this link.


 Memory Verse: Disciples of the Lord
Activity | Ages 4 - 14

 Walk in All His Ways
Find hidden "footprints" with quotes from the Lord's Word.
Activity | Ages 4 - 10


Přeložit: