列王記下 22

Studie

              |

1 ヨシヤは八歳で王となり、エルサレム三十一年の間、世を治めた。はボヅカテのアダヤので、名をエデダといった。

2 ヨシヤは主のにかなう事を行い、先祖ダビデの道に歩んで右にも左にも曲らなかった。

3 ヨシヤ王の第十八年に王はメシュラムのアザリヤのである書記官シャパンを主の宮につかわして言った、

4 「大祭司ヒルキヤのもとへのぼって行って、に宮にはいってきた、すなわち門を守る者が民から集めたものの総額を彼に数えさせ、

5 それを工事をつかさどる主の宮の監督者のに渡させ、彼らから主の宮で工事をする者にそれを渡して、宮の破れを繕わせなさい。

6 すなわち木工と建築師と工にそれを渡し、また宮を繕う材と切りを買わせなさい。

7 ただし彼らは正直に事を行うから、彼らに渡したについては彼らと計算するに及ばない」。

8 その時大祭司ヒルキヤは書記官シャパンに言った、「わたしは主の宮で律法の書を見つけました」。そしてヒルキヤがその書物をシャパンに渡したので、彼はそれを読んだ。

9 書記官シャパンは王のもとへ行き、王に報告して言った、「しもべどもは宮にあったを皆出して、それを工事をつかさどる主の宮の監督者のに渡しました」。

10 書記官シャパンはまた王に告げて「祭司ヒルキヤはわたしに一つの書物を渡しました」と言い、それを王ので読んだ。

11 王はその律法の書の言葉聞くと、その衣を裂いた。

12 そして王は祭司ヒルキヤと、シャパンのアヒカムと、ミカヤのアクボルと、書記官シャパンと、王の大臣アサヤとに命じて言った、

13 「あなたがたは行って、この見つかった書物の言葉について、わたしのため、民のため、またユダ全国のためにに尋ねなさい。われわれの先祖たちがこの書物の言葉に聞き従わず、すべてわれわれについてしるされている事を行わなかったために、はわれわれにむかって、大いなる怒りを発しておられるからです」。

14 そこで祭司ヒルキヤ、アヒカム、アクボル、シャパンおよびアサヤはシャルムのである女預言者ホルダのもとへ行った。シャルムはハルハスのであるテクワので、衣装べやを守る者であった。その時ホルダはエルサレムの下町に住んでいた。彼らがホルダに告げたので、

15 ホルダは彼らに言った、「イスラエルのはこう仰せられます、『あなたがたをわたしにつかわした人に言いなさい。

16 はこう言われます、見よ、わたしはユダの王が読んだあの書物のすべての言葉にしたがって、災をこの所と、ここに住んでいる民に下そうとしている。

17 彼らがわたしを捨てて他の神々に香をたき、自分たちので作ったもろもろの物をもって、わたしを怒らせたからである。それゆえ、わたしはこの所にむかって怒りの火を発する。これは消えることがないであろう』。

18 ただしに尋ねるために、あなたがたをつかわしたユダの王にはこう言いなさい、『あなたが聞いた言葉についてイスラエルのはこう仰せられます、

19 あなたは、わたしがこの所と、ここに住んでいる民にむかって、これは荒れ地となり、のろいとなるであろうと言うのを聞いた時、心に悔い、主のにへりくだり、衣を裂いてわたしのに泣いたゆえ、わたしもまたあなたの言うことを聞いたのであるとは言われる。それゆえ、見よ、わたしはあなたを先祖たちのもとに集める。あなたは安らかに墓に集められ、わたしがこの所に下すもろもろの災を目に見ることはないであろう』」。彼らはこの言葉を王に持ち帰った。

20 それゆえ、見よ、わたしはあなたを先祖たちのもとに集める。あなたは安らかにに集められ、わたしがこの所に下すもろもろの災を見ることはないであろう』」。彼らはこの言葉を王に持ち帰った。