歴代誌下 12

Study

              |

1 レハベアムはその国が堅く立ち、強くなるに及んで、主のおきてを捨てた。イスラエルも皆彼にならった。

2 彼らがこのように主に向かって罪を犯したので、レハベアム王の五年にエジプトの王シシャクがエルサレムに攻め上ってきた。

3 その戦車は一、騎兵は六万、また彼に従ってエジプトから来た民、すなわちリビアびと、スキびと、エチオピヤびとは無数であった。

4 シシャクはユダの要害の々を取り、エルサレムに迫って来た

5 そこで預言者シマヤは、レハベアムおよびシシャクのゆえに、エルサレム集まったユダのつかさたちのもとにきて言った、「主はこう仰せられる、『あなたがたはわたしを捨てたので、わたしもあなたがたを捨ててシシャクにわたした』と」。

6 そこでイスラエルのつかさたち、および王はへりくだって、「主は正しい」と言った。

7 主は彼らのへりくだるのを見られたので、主の言葉がシマヤにのぞんで言った、「彼らがへりくだったから、わたしは彼らを滅ぼさないで、間もなく救を施す。わたしはシシャクのによって、怒りエルサレムに注ぐことをしない。

8 しかし彼らはシシャクのしもべになる。これは彼らがわたしに仕えることと、々の王たちに仕えることとの相違を知るためである」。

9 エジプトの王シシャクはエルサレムに攻めのぼって、主の宮の宝物と、王の宝物とを奪い去った。すなわちそれらをことごとく奪い去り、またソロモンの造った金のをも奪い去った。

10 それでレハベアム王は、その代りに青銅のを造って、王のの門を守る侍衛長たちのに渡した。

11 王が主の宮にはいるごとに侍衛は来て、これを負い、またこれを侍衛のへやへ持って帰った。

12 レハベアムがへりくだったので主の怒りは彼を離れ、彼をことごとく滅ぼそうとはされなかった。またユダの事情もよくなった。

13 レハベアム王はエルサレムで自分の地位を確立し、世を治めた。すなわちレハベアムは四十一歳のとき位につき、十七年の間エルサレムで世を治めた。エルサレムは主がその名を置くためにイスラエルのすべての部族のうちから選ばれたである。彼のはアンモンの女で、名をナアマといった。

14 レハベアムは主を求めることにを傾けないで、悪い事を行った。

15 レハベアムの始終の行為は、預言者シマヤおよび先見者イドの書にしるされているではないか。レハベアムとヤラベアムとの間には絶えず戦争があった。レハベアムはその先祖たちと共に眠って、ダビデの町に葬られ、その子アビヤが彼に代って王となった。

16 レハベアムはその先祖たちと共に眠って、ダビデのに葬られ、そのアビヤが彼に代って王となった。