サムエル記上 7

Studovat vnitřní smysl

Japanese Bible         

← サムエル記上 6   サムエル記上 8 →

1 キリアテ・ヤリムの人々は、きて、主の箱を携え上り、丘の上のアビナダブのに持ってきて、そのエレアザルを聖別して、主の箱を守らせた。

2 その箱は久しくキリアテ・ヤリムにとどまって、二十年を経た。イスラエルのを慕って嘆いた。

3 その時サムエルはイスラエルのに告げていった、「もし、あなたがたが一心にに立ち返るのであれば、ほかの神々とアシタロテを、あなたがたのうちから捨て去り、心をに向け、にのみ仕えなければならない。そうすれば、はあなたがたをペリシテびとのから救い出されるであろう」。

4 そこでイスラエルの人々はバアルとアシタロテを捨て去り、ただにのみ仕えた。

5 サムエルはまた言った、「イスラエルびとを、ことごとくミヅパに集めなさい。わたしはあなたがたのためにに祈りましょう」。

6 人々はミヅパに集まり、をくんでそれを主のに注ぎ、その、断食してその所で言った、「われわれはに対して罪を犯した」。サムエルはミヅパでイスラエルの人々をさばいた。

7 イスラエルの人々のミヅパに集まったことがペリシテびとに聞えたので、ペリシテびとの君たちは、イスラエルに攻め上ってきた。イスラエルの人々はそれを聞いて、ペリシテびとを恐れた

8 そしてイスラエルの人々はサムエルに言った、「われわれのため、われわれのに叫ぶことを、やめないでください。そうすればがペリシテびとのからわれわれを救い出されるでしょう」。

9 そこでサムエルは乳を飲む小羊一頭をとり、これを全き燔祭としてにささげた。そしてサムエルはイスラエルのためにに叫んだので、はこれに答えられた。

10 サムエルが燔祭をささげていた時、ペリシテびとはイスラエルと戦おうとして近づいてきた。しかしはその、大いなるをペリシテびとの上にとどろかせて、彼らを乱されたので、彼らはイスラエルびとのに敗れて逃げた。

11 イスラエルの人々はミヅパを出てペリシテびとを追い、これを撃って、ベテカルのまで行った。

12 その時サムエルは一つのをとってミヅパとエシャナの間にすえ、「は今に至るまでわれわれを助けられた」と言って、その名をエベネゼルと名づけた。

13 こうしてペリシテびとは征服され、ふたたびイスラエルの領地に、はいらなかった。サムエルの一生の間、主のが、ペリシテびとを防いだ。

14 ペリシテびとがイスラエルから取った々は、エクロンからガテまで、イスラエルにかえり、イスラエルはその周囲の地をもペリシテびとのから取りかえした。またイスラエルとアモリびととの間には平和があった。

15 サムエルは一生の間イスラエルをさばいた。

16 年ごとにサムエルはベテルギルガル、およびミヅパを巡って、その所々でイスラエルをさばき、ラマに帰った。そこに彼の家があったからである。その所でも彼はイスラエルをさばき、またそこで主に祭壇を築いた。

17 ラマに帰った。そこに彼のがあったからである。その所でも彼はイスラエルをさばき、またそこで祭壇を築いた。

← サムエル記上 6   サムエル記上 8 →
   Studovat vnitřní smysl

Exploring the Meaning of 1_Samuel 7      

Here we find a broad-brush description of the life of Samuel, the last Judge of Israel, and the reality of the Israelitish world that he presided over. After the Philistines returned the Ark of the Covenant, it was taken to the city of Kirjath Jearim. Samuel commanded the people of Israel to rid themselves of their idols and worship of foreign gods, and return to worshiping the Lord. Chief among these idols was Baal. Baal was understood and worshiped in a variety of ways, most notably as the male god of fertility. Ashtoreth was the female equivalent.

The Children of Israel, like the nations around them, were polytheists at that time. They needed to be regularly convinced that Jehovah, the Lord, was the chief and most powerful God. A belief in only One God, who we now know as the Lord God Jesus Christ, was beyond them at that time. (see Arcana Coelestia 8301)

The people of Israel were called together by Samuel at Mizpah, where he judged them. The Philistines learned of this gathering and once again set out to make war with them. The Israelites made an offering to the Lord, and He responded to their cry by allowing them to push the Philistines back and reclaim cities that the Philistines had taken in previous conflicts.

Other similar skirmishes took place throughout Samuel’s life. There was an ongoing struggle between the Children and Israel, and the surrounding peoples. It represents the struggle we have between good and evil -- between the truths of the one God, Jehovah, and the Ten Commandments, and between the false, but popular, loves of self and the world.

Swedenborgian teachings describe how, in the earliest times of spiritual awareness in humanity, people knew that there was only one God, who was their Divine Creator and Redeemer. However, as people fell away from true faith, their worship degenerated and gradually became the worship of idolatry and multiple gods. In True Christian Religion 159, this is described as a form of insanity.

Swedenborg

Výklad(y) nebo odkazy ze Swedenborgových prací:

Arcana Coelestia 1453, 8301


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Apocalypse Explained 700, 817

Jiný komentář

  Příběhy:


  Související Knihy  (see all)


Skočit na podobné biblické verše

創世記 12:7, 28:18, 19, 35:2

申命記 4:29, 6:13, 28:7

ヨシュア記 5:9, 10:10, 15:11, 18:26

士師記 2:4, 11, 13, 4:5, 15, 6:24, 8:28, 10:10, 15, 16, 20:23, 26

サムエル記上 1:19, 2:10, 4:1, 10:17, 12:10, 11, 14:35

サムエル記下 6:3, 8:1, 22:14

列王記上 8:47, 48

列王記下 17:39, 23:15

歴代誌上 13:5, 18:1

歴代誌下 20:3, 33

ヨブ記 3:24, 11:13, 14

詩編 18:15, 78:66, 99:6, 132:6

エレミヤ書 4:1, 42:2

哀歌 2:19, 5:16

ホセア書 1

ヨエル書 2:12

Zechariah 12:10

マタイによる福音書 4:10

使徒言行録 13:20

Významy biblických slov


A child is a young boy or girl in the care of parents, older than a suckling or an infant, but not yet an adolescent....

二十
'Twenty,' when referring to a quantity, signifies everything, or fullness, because it is ten twice. In Genesis 18:31, 'twenty', like all numbers occurring in the...

神々
主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。

バアル
Baalim and her lovers (Hosea 2:13) signify those things which belong to the natural man, and are loved; such as the lusts and falsities thence...


'Waters' signify truths in the natural self, and in the opposite sense, falsities. 'Waters' signify particularly the spiritual parts of a person, or the intellectual...

恐れ
未知への恐怖」と「変化への恐怖」は、どちらも共通の考えであり、私たちが自然な生活の中で持ちがちな恐怖の広い範囲をカバーしています。ある意味では、聖書の中で人々が「恐れている」と表現されているときの霊的な意味の背後にも、これらの恐れがあります。 書物によると、人々は、より高尚で、より内的な霊的状態が、より低く、より外的な状態と通信してきて、その状態を改革し、昇格させる必要があることを示したときに恐れているように記述されています。それはクリスマスの物語の中の羊飼いの真実であり、天使が全く新しい霊的な時代のことを彼らに伝えるために来たときに最初に恐怖を持って反応します。それは燃える茂みでのモーセ、はしごのビジョンの後のヤコブ、ガリラヤ海の上を歩いているイエスを見た弟子たちにも当てはまります - 高次の状態が彼らに手を差し伸べ、霊的な人生の新しい段階を受け入れるように求めていたすべてのケースで。 これはまた、悪と誤った思考の状態が霊的なものに接触し、自分の惨めさの啓示に脅かされていると感じるとき、より否定的な意味でも保持されています。 聖書はまた、神を恐れる人々についても頻繁に語っています。

恐れた
未知への恐怖」と「変化への恐怖」は、どちらも共通の考えであり、私たちが自然な生活の中で持ちがちな恐怖の広い範囲をカバーしています。ある意味では、聖書の中で人々が「恐れている」と表現されているときの霊的な意味の背後にも、これらの恐れがあります。 書物によると、人々は、より高尚で、より内的な霊的状態が、より低く、より外的な状態と通信してきて、その状態を改革し、昇格させる必要があることを示したときに恐れているように記述されています。それはクリスマスの物語の中の羊飼いの真実であり、天使が全く新しい霊的な時代のことを彼らに伝えるために来たときに最初に恐怖を持って反応します。それは燃える茂みでのモーセ、はしごのビジョンの後のヤコブ、ガリラヤ海の上を歩いているイエスを見た弟子たちにも当てはまります - 高次の状態が彼らに手を差し伸べ、霊的な人生の新しい段階を受け入れるように求めていたすべてのケースで。 これはまた、悪と誤った思考の状態が霊的なものに接触し、自分の惨めさの啓示に脅かされていると感じるとき、より否定的な意味でも保持されています。 聖書はまた、神を恐れる人々についても頻繁に語っています。


主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。

救い
To be saved or rescued means getting true ideas that we can hold to even in the face of a storm of false thinking. Sometimes...


"Day" describes a state in which we are turned toward the Lord, and are receiving light (which is truth) and heat (which is a desire...


When the Lord speaks through the heaven, it descends into the lower spheres and is heard as thunder. As He speaks through the whole of...


ほとんどの場合、"before "の意味は簡単です。相対的な時間を評価する方法としても、"誰かの前で "という意味でも、"before "は使われます。しかし,主に関連して使われる場合には,より深い意味を持ちます。主の前に」いるということは、主の前にいるだけでなく、主から善の欲求と真理の理解を受けて、それに従って生きることを意味します。そして、主に関連して時間の評価として使われる場合、「前に」とは「永遠に」という意味であり、私たちが経験する時間ではなく、霊的な状態を指します。


Generally speaking things that are seen as lower physically in the Bible represent things that are lower or more external spiritually. In some cases this...


Stones in the Bible in general represent truths, or things we know concerning the Lord and what He wants from us and for us in...

イスラエルの
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

主の
The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...


Cities of the mountain and cities of the plain (Jer. 33:13) signify doctrines of charity and faith.


Scientists believe that one of the most crucial developments in the evolution of humans was bipedalism – walking on two legs. That left our hands...

ベテル
ヤコブが有名な夢を見た時 天国へと続く階段の夢を見た 彼はその場所を "ベテル "と名付けた ヘブライ語で "神の家 "を意味する "ベテル "だ その文字通りの意味が霊的な意味に反映されています。聖書によれば,「ベテル」は主の神聖な愛,主がわたしたちすべてのために持っておられる完全な愛,主の本質である完全な愛について,わたしたちが持つことのできる知識と理解を表しています。私たちが主の愛を知り、それをある程度理解すると、それが私たちの中に「家」を与え、それが私たちの中で成長し、私たち自身の愛に影響を与えるようになります。 "ベテル "は旧約聖書の後半では逆の意味を持っていて、ジェロボアムがそこに黄金の子牛を設置して偶像礼拝の中心地とした後です。その後、それは邪悪な愛に由来する崇拝を表していました。

ギルガル
Gilgal signifies the doctrine of natural truth, serving for introduction into the church.


A "house" is essentially a container - for a person, for a family, for several families or even for a large group with shared interests...

イスラエル
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...


The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

祭壇
御言葉に記されている最初の祭壇は、ノアが箱舟から出てきた後、ノアが建てたものです。その祭壇で、きれいな動物を主のために犠牲にしました。山は高いところにあるので、主を象徴し、私たちが主と「話す」ときには、この世のものよりも思考を高めなければなりません。祭壇は小さな人工的な山ですが、礼拝に使われると、この思考の高揚を思い起こさせ、火と煙を上げて、象徴的に主に送ることができます。祭壇の多くは、切り立っていない石で作られています。石は真理を表し、人の手によって形作られていない石は、御言葉の真理、汚されていない真理を表します。きれいな獣は善いこと、正しいからこそ行う慈善的な行為を表し、きれいな鳥は教義と行動、何が正しいかについての考えを表しています。ですから、これらのことを提示するということは、私たちが主からそれらをもらったことを認め、主に感謝することなのです。 イスラエルの幕屋では,焼燔の供え物の祭壇は善の承認を表し,香の祭壇は真理の承認を表していました。そのため、扉の外にあったこの大きな祭壇は、自然の善を意味する真鍮で作られ、線香の祭壇は真理から来る主への愛を意味する金で作られていました。

Zdroje pro rodiče a učitele

Zde uvedené položky jsou poskytnuty se svolením našich přátel z General Church of the New Jerusalem. Můžete prohledávat/procházet celou knihovnu kliknutím na odkaz this link.


 Seeing the Hands of Providence in Our Lives
Worship Talk | Ages 7 - 14


Přeložit: