サムエル記上 5

Studovat vnitřní smysl

Japanese Bible         

← サムエル記上 4   サムエル記上 6 →

1 ペリシテびとは神の箱をぶんどって、エベネゼルからアシドドに運んできた。

2 そしてペリシテびとはその神の箱を取ってダゴンの宮に運びこみ、ダゴンのかたわらに置いた。

3 アシドドの人々が、次の日、早く起きて見ると、ダゴン主の箱のに、うつむきに地に倒れていたので、彼らはダゴンを起して、それをもとの所に置いた。

4 その次のまた早く起きて見ると、ダゴンはまた、主の箱のに、うつむきに地に倒れていた。そしてダゴンのと両とは切れて離れ、しきいの上にあり、ダゴンはただ胴体だけとなっていた。

5 それゆえダゴンの祭司たちやダゴンの宮にはいる人々は、だれも今日にいたるまで、アシドドのダゴンのしきいを踏まない。

6 そして主のはアシドドびとの上にきびしく臨み、は腫物をもってアシドドとその領域の人々を恐れさせ、また悩まされた。

7 アシドドの人々は、このありさまを見て言った、「イスラエルの神の箱を、われわれの所に、とどめ置いてはならない。その神のが、われわれと、われわれのダゴンの上にきびしく臨むからである」。

8 そこで彼らは人をつかわして、ペリシテびとの君たちを集めて言った、「イスラエルの神の箱をどうしましょう」。彼らは言った、「イスラエルの神の箱はガテに移そう」。人々はイスラエルの神の箱をそこに移した。

9 彼らがそれを移すと、主のがそのに臨み、非常な騒ぎが起った。そして老若を問わずの人々を撃たれたので、彼らの身に腫物ができた。

10 そこで人々は神の箱をエクロンに送ったが、神の箱がエクロンに着いた時、エクロンの人々は叫んで言った、「彼らがイスラエルの神の箱をわれわれの所に移したのは、われわれと民を滅ぼすためである」。

11 そこで彼らは人をつかわして、ペリシテびとの君たちをみな集めて言った、「イスラエルの神の箱を送り出して、もとの所に返し、われわれと民を滅ぼすことのないようにしよう」。恐ろしい騒ぎが中に起っていたからである。そこには神のが非常にきびしく臨んでいたので、死なない人は腫物をもって撃たれ、の叫びは天に達した。

12 死なない人は腫物をもって撃たれ、の叫びは天に達した。

← サムエル記上 4   サムエル記上 6 →
   Studovat vnitřní smysl

Exploring the Meaning of 1_Samuel 5      

The Philistines took the captured Ark of the Covenant deep into their own territory to a temple dedicated to their god Dagon in the city of Ashdod. Dagon has popularly been depicted as half man-half fish, and Swedenborgian teachings support this description. Early the next morning, the people of Ashdod found that the statue of Dagon had fallen on its face before the Ark. They set it back up, only to find it fallen again the next morning. This second time the head and hands were broken off the torso.

Modern translations often describe the people of Ashdod and surrounding territories as being struck down by “tumors.” A more accurate reading is that they suffered severe hemorrhoids- to be precise, “swellings of their private parts.” These afflictions were so serious that many people died. Swedenborg writes that these hemorrhoids represent earthly loves, “which are unclean when they are separated from spiritual loves.” The next chapter describes how the people were also afflicted with rodents- and this represents the “destruction of the church by distortions of the truth” (see Divine Providence 326).

These both indicate a separation of faith and charity, two important parts of spiritual life. Swedenborg talks about how the Philistines represent people with whom faith has been separated from charity (see Arcana Coelestia 1197 and Doctrine of Faith 49). Note here as elsewhere, that we should not directly connect any group of people to the positive or negative things that they spiritually represent. This means that we should not assume that the Philistines were any more guilty of separating faith from charity than any other group of people. We should instead think about how in this particular story, they are a symbolic representation of a particular type of human challenge.

The statue of Dagon fell on its face and was destroyed in front of the Ark of the Covenant, which held the Ten Commandments. This is an illustration of the power of the Lord’s Divine Word. A person’s faith cannot only be a belief in the Lord’s Word, or just an intellectual acknowledgement of His Commandments. It is a function of a life led based on these commandments. Belief without a good life, faith without charity, is destructive- on an individual level and a collective level. We see this symbolically represented in the destruction of the statue of Dagon.

The ways in which the statue was destroyed are symbolic, and speak to this message of faith separate from charity. For example, hands generally symbolize power, and the ability to put things into action, whether they be good or bad (see Arcana Coelestia 878). The hands were cut off of the statue of Dagon, perhaps representing that this false idol represents faith without action, or charity.

This further drives home the message that faith and charity must go together, to preserve an individual’s covenant with the Lord.

Swedenborg

Hlavní výklad ze Swedenborgových prací:

Apocalypse Explained 700

Apocalypse Revealed 529

Divine Providence 326

Doctrine of the New Jerusalem Regarding the Sacred Scripture 23


Další odkazy Swedenborga k této kapitole:

Doctrine of Life 59

Doctrine of Faith 52

True Christian Religion 71, 284, 614, 630, 691


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Spiritual Experiences 2472

Marriage 71

Jiný komentář

  Příběhy:


  Biblická studia:  (see all)



Skočit na podobné biblické verše

出エジプト記 10:7

申命記 28:27

ヨシュア記 11:22, 13:3, 15:11

士師記 16:23

サムエル記上 4:1, 8, 6:2, 20, 17:52

列王記上 18:26

歴代誌上 7:21, 10:10

詩編 97:7, 115:7

イザヤ書 20:1, 46:7

エレミヤ書 10:11, 14, 15

アモス書 6:2

Významy biblických slov

見る
The symbolic meaning of "seeing" is "understanding," which is obvious enough that it has become part of common language (think about it; you might see...


Morning comes with the rising of the sun, and the sun – which gives life to the earth with its warmth and light – represents...


ほとんどの場合、"before "の意味は簡単です。相対的な時間を評価する方法としても、"誰かの前で "という意味でも、"before "は使われます。しかし,主に関連して使われる場合には,より深い意味を持ちます。主の前に」いるということは、主の前にいるだけでなく、主から善の欲求と真理の理解を受けて、それに従って生きることを意味します。そして、主に関連して時間の評価として使われる場合、「前に」とは「永遠に」という意味であり、私たちが経験する時間ではなく、霊的な状態を指します。


The head is the part of us that is highest, which means in a representative sense that it is what is closest to the Lord....

今日
The expression 'even to this day' or 'today' sometimes appears in the Word, as in Genesis 19:37-38, 22:14, 26:33, 32:32, 35:20, and 47:26. In a...


The expression 'even to this day' or 'today' sometimes appears in the Word, as in Genesis 19:37-38, 22:14, 26:33, 32:32, 35:20, and 47:26. In a...

見て
To look,' as in Genesis 18:22, signifies thinking, because seeing denotes understanding. Look not back behind thee,' as in Genesis 19:17, means that Lot, who...

ダゴンの
Dagon, (1 Sam. 5:6), being the idol of the Philistines, signifies their religion, which also was faith separate from charity.

ダゴン
Dagon, (1 Sam. 5:6), being the idol of the Philistines, signifies their religion, which also was faith separate from charity.


The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

主の
The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

送った
'To send' signifies revealing.

イスラエルの
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

イスラエル
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...


主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。

神の
主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。


Scientists believe that one of the most crucial developments in the evolution of humans was bipedalism – walking on two legs. That left our hands...


Cities of the mountain and cities of the plain (Jer. 33:13) signify doctrines of charity and faith.

Zdroje pro rodiče a učitele

Zde uvedené položky jsou poskytnuty se svolením našich přátel z General Church of the New Jerusalem. Můžete prohledávat/procházet celou knihovnu kliknutím na odkaz this link.


 The Capture and Return of the Ark
A New Church Bible story explanation for teaching Sunday school. Includes lesson materials for Primary (3-8 years), Junior (9-11 years), Intermediate (12-14 years), Senior (15-17 years) and Adults.
Teaching Support | Ages over 3

 The Capture and Return of the Ark (3-5 years)
Project | Ages 4 - 6

 The Capture and Return of the Ark (6-8 years)
Project | Ages 7 - 10

 The Capture and Return of the Ark (9-11 years)
Project | Ages 11 - 14

 Who Obeyed or Disobeyed the Lord?
Use names from a word bank to identify people in the Word who obeyed or who disobeyed the Lord. Story references are provided to help you.
Activity | All Ages


Přeložit: