サムエル記上 3

Studovat vnitřní smysl
← サムエル記上 2   サムエル記上 4 →         

1 わらべサムエルは、エリので、に仕えていた。そのころ、主の言葉はまれで、黙示も常ではなかった。

2 さてエリは、しだいがかすんで、見ることができなくなり、そのとき自分のへやで寝ていた。

3 神のともしびはまだ消えず、サムエルが神の箱のある主の殿に寝ていた時、

4 は「サムエルよ、サムエルよ」と呼ばれた。彼は「はい、ここにおります」と言って、

5 エリの所へ走っていって言った、「あなたがお呼びになりました。わたしは、ここにおります」。しかしエリは言った、「わたしは呼ばない。帰って寝なさい」。彼は行って寝た。

6 はまたかさねて「サムエルよ、サムエルよ」と呼ばれた。サムエルは起きてエリのもとへ行って言った、「あなたがお呼びになりました。わたしは、ここにおります」。エリは言った、「よ、わたしは呼ばない。もう一度寝なさい」。

7 サムエルはまだを知らず、主の言葉がまだ彼に現されなかった。

8 はまた三度目にサムエルを呼ばれたので、サムエルは起きてエリのもとへ行って言った、「あなたがお呼びになりました。わたしは、ここにおります」。その時、エリはがわらべを呼ばれたのであることを悟った。

9 そしてエリはサムエルに言った、「行って寝なさい。もしあなたを呼ばれたら、『しもべは聞きます。よ、お話しください』と言いなさい」。サムエルは行って自分の所で寝た。

10 はきて立ち、前のように、「サムエルよ、サムエルよ」と呼ばれたので、サムエルは言った、「しもべは聞きます。お話しください」。

11 その時、はサムエルに言われた、「見よ、わたしはイスラエルのうちに一つの事をする。それを聞く者はみな、耳がつとも鳴るであろう。

12 そのには、わたしが、かつてエリのについて話したことを、はじめから終りまでことごとく、エリに行うであろう。

13 わたしはエリに、彼が知っている悪事のゆえに、その永久することを告げる。そのらが神をけがしているのに、彼がそれをとめなかったからである。

14 それゆえ、わたしはエリの誓う。エリのの悪は、犠牲や供え物をもってしても、永久にあがなわれないであろう」。

15 サムエルはまで寝て、主の宮の戸をあけたが、サムエルはその幻のことをエリに語るのを恐れた

16 しかしエリはサムエルを呼んで言った、「わがサムエルよ」。サムエルは言った、「はい、ここにおります」。

17 エリは言った、「何事をお告げになったのか。隠さず話してください。もしお告げになったことを一つでも隠して、わたしに言わないならば、どうぞがあなたをし、さらに重くせられるように」。

18 そこでサムエルは、その事をことごとく話して、何も彼に隠さなかった。エリは言った、「それはである。どうぞが、良いと思うことを行われるように」。

19 サムエルは育っていった。が彼と共おられて、その言葉を一つも地落ちないようされたので、

20 ダンからベエルシバまで、イスラエルのすべての人は、サムエルが主の預言者と定められたことを知った。はふたたびシロで現れられた。すなわちはシロで、主の言葉によって、サムエルに自らを現された。こうしてサムエルの言葉は、あまねくイスラエルの人々に及んだ。

21 はふたたびシロで現れられた。すなわちシロで、主の言葉によって、サムエルに自らを現された。こうしてサムエルの言葉は、あまねくイスラエルの人々に及んだ。

← サムエル記上 2   サムエル記上 4 →
   Studovat vnitřní smysl

Exploring the Meaning of 1_Samuel 3      

Chapter 3 features the beautiful story of the “Call of Samuel”. The story begins when young Samuel hears a voice calling to him in the night, as he lies down to sleep. Thinking that it must be Eli calling, Samuel runs to Eli, who is now old and blind, to ask what he wants. Eli says that he didn't call, and tells Samuel to return to bed. This happens two more times, and each time Samuel hears the voice calling, he goes to Eli. On the third occasion, Eli realizes that it must be the Lord's voice that Samuel is hearing. Eli then instructs him to respond to the voice with the words, “Speak, Lord, for your servant hears.” When the Lord calls him again, this is how Samuel responds.

God’s words to Samuel are clear. Because Eli’s sons had done things that were vile, and Eli had not restrained them, no amount of sacrifice could spare them from the consequences. In the morning, Eli begs Samuel to share what the Lord said to him. After Samuel shares God’s message, Eli accepts that the Lord would do to him and his family as He saw fit.

Samuel is called by the Lord three times before he realizes the nature of the voice, and answers. This is an example of the numeric symbolism found throughout Scripture. In this story, the number three represents a form of Divine completeness. Therefore when Samuel is called three times, it represents the completion of a personal process, resulting in a new ability to receive God’s message (see Apocalypse Revealed 505).

Swedenborg’s writings explain that to “hear” represents to perceive, to learn and come to understand. When Samuel hears and replies to the Lord, he is demonstrating that he is willing to listen to and understand God. For us, it's a similar thing. We may not hear the voice of God calling in the night, but we can make space in our lives to try to tune in to his message, in the Word, and in good, wise people who we can learn from.

The expression “to hear” can also signify to obey, and in this story we can see Samuel accepting his role as prophet, i.e. to understand and obey God. So, too, we can recognize His message and begin to live a life of faithful obedience (see Apocalypse Explained 14).

The literal story seems to suggest that the Lord would punish Eli and his sons for the wrongs they had done. However, the truth as shared in Swedenborgian teachings is that the Lord never destroys, or is even angry. Instead, evil distances a person from His protection and therefore leaves them vulnerable to the destruction that comes from the evil itself (see Arcana Coelestia 588).

Swedenborg

Výklad(y) nebo odkazy ze Swedenborgových prací:

Arcana Coelestia 2723, 2788, 4495

Apocalypse Revealed 505

Doctrine of the Sacred Scripture 29

True Christian Religion 211


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Apocalypse Explained 532

Jiný komentář

  Příběhy:



Skočit na podobné biblické verše

創世記 22:1, 11, 27:1, 39:2, 3

出エジプト記 27:20, 21

民数記 12:6, 15:30, 31, 23:17, 19

申命記 18:21, 22, 29:10

ヨシュア記 5:14, 21:45

士師記 10:15, 20:1

ルツ記 1:17

サムエル記上 2:11, 21, 26, 31, 4:10, 11, 15, 17, 21, 22, 9:6, 15, 10:7, 19, 14:44, 16:18, 18:5, 12, 14, 20:13, 25:22

サムエル記下 3:9, 10:12

列王記上 1:6

列王記下 6:31, 10:10, 15:12, 21:12, 22:16

歴代誌上 19:13

詩編 74:9, 85:9

イザヤ書 55:11

エレミヤ書 19:3, 38:14

エゼキエル書 33:33

アモス書 2:11

ヨハネによる福音書 1:31

使徒言行録 13:20

テモテへの手紙一 3:4, 5

ハバクク書 1:1

Významy biblických slov


ほとんどの場合、"before "の意味は簡単です。相対的な時間を評価する方法としても、"誰かの前で "という意味でも、"before "は使われます。しかし,主に関連して使われる場合には,より深い意味を持ちます。主の前に」いるということは、主の前にいるだけでなく、主から善の欲求と真理の理解を受けて、それに従って生きることを意味します。そして、主に関連して時間の評価として使われる場合、「前に」とは「永遠に」という意味であり、私たちが経験する時間ではなく、霊的な状態を指します。


It’s common to say “I see” when we understand something. And indeed, “seeing” in the Bible represents grasping and understanding spiritual things. So it makes...

見る
To look,' as in Genesis 18:22, signifies thinking, because seeing denotes understanding. Look not back behind thee,' as in Genesis 19:17, means that Lot, who...

神の
主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。

三度
The Writings talk about many aspects of life using the philosophical terms "end," "cause" and "effect." The "end" is someone’s goal or purpose, the ultimate...


The Writings talk about many aspects of life using the philosophical terms "end," "cause" and "effect." The "end" is someone’s goal or purpose, the ultimate...

呼ばれた
'To proclaim' signifies exploration from influx of the Lord.

聞く
Thanks to modern science, we now understand that hearing actually happens in the brain, not the ears. The ears collect vibrations in the air and...


The number "two" has two different meanings in the Bible. In most cases "two" indicates a joining together or unification. This is easy to see...


"Day" describes a state in which we are turned toward the Lord, and are receiving light (which is truth) and heat (which is a desire...

話した
Like "say," the word "speak" refers to thoughts and feelings moving from our more internal spiritual levels to our more external ones – and ultimately...

知っている
Like so many common verbs, the meaning of "know" in the Bible is varied and dependent on context. And in some cases – when it...


A "house" is essentially a container - for a person, for a family, for several families or even for a large group with shared interests...

誓う
The Lord swearing by himself signifies that divine truth testifies, for He is divine truth itself, and this testifies from itself and means itself. It...

永久
'Perpetual' in the literal sense, means to the end of one’s life, after death, and eternity.


Morning comes with the rising of the sun, and the sun – which gives life to the earth with its warmth and light – represents...

恐れ
未知への恐怖」と「変化への恐怖」は、どちらも共通の考えであり、私たちが自然な生活の中で持ちがちな恐怖の広い範囲をカバーしています。ある意味では、聖書の中で人々が「恐れている」と表現されているときの霊的な意味の背後にも、これらの恐れがあります。 書物によると、人々は、より高尚で、より内的な霊的状態が、より低く、より外的な状態と通信してきて、その状態を改革し、昇格させる必要があることを示したときに恐れているように記述されています。それはクリスマスの物語の中の羊飼いの真実であり、天使が全く新しい霊的な時代のことを彼らに伝えるために来たときに最初に恐怖を持って反応します。それは燃える茂みでのモーセ、はしごのビジョンの後のヤコブ、ガリラヤ海の上を歩いているイエスを見た弟子たちにも当てはまります - 高次の状態が彼らに手を差し伸べ、霊的な人生の新しい段階を受け入れるように求めていたすべてのケースで。 これはまた、悪と誤った思考の状態が霊的なものに接触し、自分の惨めさの啓示に脅かされていると感じるとき、より否定的な意味でも保持されています。 聖書はまた、神を恐れる人々についても頻繁に語っています。

恐れた
未知への恐怖」と「変化への恐怖」は、どちらも共通の考えであり、私たちが自然な生活の中で持ちがちな恐怖の広い範囲をカバーしています。ある意味では、聖書の中で人々が「恐れている」と表現されているときの霊的な意味の背後にも、これらの恐れがあります。 書物によると、人々は、より高尚で、より内的な霊的状態が、より低く、より外的な状態と通信してきて、その状態を改革し、昇格させる必要があることを示したときに恐れているように記述されています。それはクリスマスの物語の中の羊飼いの真実であり、天使が全く新しい霊的な時代のことを彼らに伝えるために来たときに最初に恐怖を持って反応します。それは燃える茂みでのモーセ、はしごのビジョンの後のヤコブ、ガリラヤ海の上を歩いているイエスを見た弟子たちにも当てはまります - 高次の状態が彼らに手を差し伸べ、霊的な人生の新しい段階を受け入れるように求めていたすべてのケースで。 これはまた、悪と誤った思考の状態が霊的なものに接触し、自分の惨めさの啓示に脅かされていると感じるとき、より否定的な意味でも保持されています。 聖書はまた、神を恐れる人々についても頻繁に語っています。


A child is a young boy or girl in the care of parents, older than a suckling or an infant, but not yet an adolescent....


主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。


Punishment' is the consummation of evil, because after punishment, reformation succeeds. This is why it says in Deuteronomy 25:3, 'that no more than forty stripes...

良い
It seems rather circular to say that “good” in the Bible represents good, but in a general sense it’s true! The case is this: The...


‘To grow’ signifies to be perfected.

ダン
The tribe of Dan (Jer. 8:16) signifies truth in its own ultimate degree of order, here truth in the church, which is contained in the...

イスラエルの
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

イスラエル
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

預言
The idea of a "prophet" is very closely tied to the idea of the Bible itself, since the Bible was largely written by prophets. At...

預言者
The idea of a "prophet" is very closely tied to the idea of the Bible itself, since the Bible was largely written by prophets. At...


The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

シロ
The word "Shiloh" means "peacemaker", or just "peace". Peace on earth was, and is, one of the Lord's main goals in being born into the...

主の
The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

言葉
'Word,' as in Psalms 119:6-17, stands for doctrine in general. 'The Word,' as in Psalms 147:18, signifies divine good united with divine truth. 'Word,' as...

Zdroje pro rodiče a učitele

Zde uvedené položky jsou poskytnuty se svolením našich přátel z General Church of the New Jerusalem. Můžete prohledávat/procházet celou knihovnu kliknutím na odkaz this link.


 Compare: Moses and Samuel
Activity | Ages 7 - 14

 Eli and Samuel
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Hearing the Lord
Worship Talk | Ages 7 - 14

 Lord Calls to Samuel
Project | Ages up to 6

 Procreation Spiritual and Natural
Worship Talk | Ages over 18

 Quotes: Hearing the Lord
Teaching Support | Ages over 15

 Samuel
Worship Talk | Ages over 18

 Samuel, Samuel! (sheet music)
Song | Ages 4 - 14

 Samuel's Call
Activity | Ages 7 - 14

 Speak Lord, for Your Servant Hears
Coloring Page | Ages 7 - 14

 The Burning Bush with Tissue Paper
Project | Ages 7 - 14

 The Call of Samuel Diorama
Backdrop and figures of Eli and Samuel to color and assemble into a diorama of the Lord calling Samuel.
Project | Ages 7 - 14

 The Lord Calls Samuel
A New Church Bible story explanation for teaching Sunday school. Includes lesson materials for Primary (3-8 years), Junior (9-11 years), Intermediate (12-14 years), Senior (15-17 years) and Adults.
Teaching Support | Ages over 3

 The Lord Calls Samuel
A lesson for younger children with discussion ideas and a project.
Sunday School Lesson | Ages 4 - 6

 The Lord Calls Samuel (3-5 years)
Project | Ages 4 - 6

 The Lord Calls Samuel (6-8 years)
Project | Ages 7 - 10

 The Lord Calls Samuel (9-11 years)
Project | Ages 11 - 14

 Who Obeyed or Disobeyed the Lord?
Use names from a word bank to identify people in the Word who obeyed or who disobeyed the Lord. Story references are provided to help you.
Activity | All Ages


Přeložit: