ルツ記 2

Studovat vnitřní smysl

口語訳聖書         

← ルツ記 1   ルツ記 3 →

1 さてナオミには、エリメレクの一族で、非常に裕福なひとりの親戚があって、その名をボアズといった。

2 モアブの女ルツはナオミに言った、「どうぞ、わたしをに行かせてください。だれか親切な人が見当るならば、わたしはその方のあとについて落ち穂を拾います」。ナオミが彼女に「よ、行きなさい」と言ったので、

3 ルツは行って、刈る人たちのあとに従い、で落ち穂を拾ったが、彼女ははからずもエリメレクの一族であるボアズのの部分にきた。

4 その時ボアズは、ベツレヘムからきて、刈る者どもに言った、「主があなたがたと共におられますように」。彼らは答えた、「主があなたを祝福されますように」。

5 ボアズは刈る人たちを監督しているしもべに言った、「これはだれの娘ですか」。

6 刈る人たちを監督しているしもべは答えた、「あれはモアブの女で、モアブの地からナオミと一緒に帰ってきたのですが、

7 彼女は『どうぞ、わたしに、刈る人たちのあとについて、のあいだで、落ち穂を拾い集めさせてください』と言いました。そして彼女は早くきて、今まで働いて、少しのあいだも休みませんでした」。

8 ボアズはルツに言った、「よ、お聞きなさい。ほかのに穂を拾いに行ってはいけません。またここを去ってはなりません。わたしのところで働く女たちを離れないで、ここにいなさい。

9 人々が刈りとっているをとめて、そのあとについて行きなさい。わたしは若者たちに命じて、あなたのじゃまをしないようにと、言っておいたではありませんか。あなたがかわく時には水がめのところへ行って、若者たちのくんだのを飲みなさい」。

10 彼女は地に伏して拝し、彼に言った、「どうしてあなたは、わたしのような外国人を顧みて、親切にしてくださるのですか」。

11 ボアズは答えて彼女に言った、「あなたのが死んでこのかた、あなたがしゅうとめにつくしたこと、また自分の父と生れたを離れて、かつて知らなかった民のところにきたことは皆わたしに聞えました。

12 どうぞ、主があなたのしたことに報いられるように。どうぞ、イスラエルの、主、すなわちあなたがその翼の下に身を寄せようとしてきた主からじゅうぶんの報いを得られるように」。

13 彼女は言った、「わがよ、まことにありがとうございます。わたしはあなたのはしためのひとりにも及ばないのに、あなたはこんなにわたしを慰め、はしためにねんごろに語られました」。

14 食事の時、ボアズは彼女に言った、「ここへきて、パンを食べ、あなたの食べる物を酢に浸しなさい」。彼女が刈る人々のかたわらにすわったので、ボアズは焼麦を彼女に与えた。彼女は飽きるほど食べて残した。

15 そして彼女がまた穂を拾おうと立ちあがったとき、ボアズは若者たちに命じて言った、「彼女にはの間でも穂を拾わせなさい。とがめてはならない。

16 また彼女のために束からわざと抜き落しておいて拾わせなさい。しかってはならない」。

17 こうして彼女は夕暮までで落ち穂を拾った。そして拾った穂を打つと、大麦は一エパほどあった。

18 彼女はそれを携えてにはいり、しゅうとめにその拾ったものを見せ、かつ食べ飽きて、残して持ちかえったものを取り出して与えた。

19 しゅうとめは彼女に言った、「あなたは、きょう、どこで穂を拾いましたか。どこで働きましたか。あなたをそのように顧みてくださったかたに、どうか祝福があるように」。そこで彼女は自分がだれの所で働いたかを、しゅうとめに告げて、「わたしが、きょう働いたのはボアズという名の人の所です」と言った。

20 ナオミは嫁に言った、「生きている者をも、死んだ者をも、顧みて、いつくしみを賜わる主が、どうぞその人を祝福されますように」。ナオミはまた彼女に言った、「その人はわたしたちの縁者で、最も近い親戚のひとりです」。

21 モアブの女ルツは言った、「その人はまたわたしに『あなたはわたしのところの刈入れが全部終るまで、わたしのしもべたちのそばについていなさい』と言いました」。

22 ナオミは嫁ルツに言った、「よ、その人のところで働く女たちと一緒に出かけるのはけっこうです。そうすればほかので人にいじめられるのを免れるでしょう」。

23 それで彼女はボアズのところで働く女たちのそばについていて穂を拾い、大麦刈と小麦刈の終るまでそうした。こうして彼女はしゅうとめと一緒に暮した。

← ルツ記 1   ルツ記 3 →
   Studovat vnitřní smysl
Jiný komentář

  Příběhy:

Skočit na podobné biblické verše

創世記 28:3, 32:6

出エジプト記 16:36

レビ記 19:9, 34

民数記 6:24

士師記 12, 16

ルツ記 1:14, 16, 22, 3:9, 10, 12, 4:4, 6

サムエル記上 1:18, 17:37, 24:20, 25:23, 41

サムエル記下 1:6, 2:5, 7:18, 20:1

ヨブ記 29:13

詩編 17:8, 41:2, 134:3

エレミヤ書 31:23

ホセア書 2:16

マタイによる福音書 1:5

テサロニケの信徒への手紙二 3:16

Významy biblických slov

裕福な
When the Bible talks about riches, it is talking about spiritual wealth, not worldly wealth – ideas and knowledge about the Lord and spiritual things,...

ベツレヘム
聖書の中でエフラテとベツレヘムの間には強い関係があります。いずれにしても、聖書の中で重要な役割を果たしています。ベツレヘムはイエスの生誕地として有名ですが、ダビデやベニヤミンの生誕地でもあり、ベニヤミンの母レイチェルもそこに葬られています。 その理由は、エフラートとベツレヘム(ちなみにベニヤミンも)が、私たちの霊的な配線の重要な要素、霊的な生活を可能にする要素を表しているからです。 最も深いレベルでは、私たちのアイデンティティ、私たちの人間性は、愛の問題です - 私たちが愛するものは、私たちが誰であるか、私たちが何であるかを作る。しかし、その愛は私たちの中に閉じ込められていて、他の人と直接共有できるものではありません。それを共有するためには、それを形にしなければなりません。形にするということは、それを実際にアイデアや真実に変えていくということです。そして運が良ければ、それを受け取る人々は、その真実に含まれる愛を感じ、内在化させながら、そのプロセスを逆に実行することができるようになります。 しかし、このプロセスには2種類の "量子的飛躍 "があります。愛は内的なものであり、真理は外的なものです(スウェーデンボルグが言うように、愛は本質的には天体的なものであり、真理は本質的には霊的なものです)。愛を真理として表現するには特別なプロセスが必要であり、真理から愛を受け取るには同様に特別なプロセスが必要です。そこにベツレヘムの出番です。 ベツレヘム(とエフラテとベニヤミン)は、スウェーデンボルグが "天界の霊的なもの "と呼ぶものを表しています。これは、天体の要素 - 愛 - フォームを取ることに向かってプッシュすることができ、可能な限り "真実のような "になることができる場所です。それは、精神的な要素 - 真実 - が可能な限り "愛のような" になることができます "精神の天体" と呼ばれるもので一致しています。これらの仲介を通して、愛は、シナプスを横切る神経の衝動のような、または一緒に2つの磁石を描く磁場のような、一種のギャップをジャンプすることができます。それは、私たちが愛を有用な形にすることができる唯一の方法であり、私たちはそれを共有することができる唯一の方法です。...

答えた
答えを出す」ということは、一般的に霊的な受容性の状態を示しています。これは究極的には、私たちの心と心に真の考えと善のための願望を常に注ぎ込もうとしてくださる主を受け入れることを意味します。それはまた、自分自身の外面的な部分で、自分自身の内面的な部分の導きを受け入れることでもあります。 聖書の中の "答える "は、しばしば "言う "と対になっています。これらの場合、一般的に、それは受容性と相まって知覚のレベルを示しています。これは、あなたが主から来るものを受け入れるだけでなく、それを見て、その中にある真理を認識し、それがあなたをより良い人生に導くということを意味しています。

モアブ
'Moab,' in a positive sense, signifies people who are in natural good, and allow themselves to be easily seduced, but in an opposite sense, it...


Morning comes with the rising of the sun, and the sun – which gives life to the earth with its warmth and light – represents...


It’s common to say “I see” when we understand something. And indeed, “seeing” in the Bible represents grasping and understanding spiritual things. So it makes...

外国人
A foreigner, as in Exodus 12:45, signifies one who does good from his own natural disposition alone.


In general, men are driven by intellect and women by affections, and because of this men in the Bible generally represent knowledge and truth and...


In general, mothers in the Bible represent the Lord's church on earth, or the church among those who know and follow the Lord. In some...


Generally in the Bible a "country" means a political subdivision ruled by a king, or sometimes a tribe with a territory ruled by a king...

イスラエル
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

イスラエルの
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...


主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。


'Wings' signify spiritual truths. 'Wings,' when related to the Lord, signify the divine spiritual. In the opposite sense, 'wings' relate to falsities and rationalizations from...

翼の
'Wings' signify spiritual truths. 'Wings,' when related to the Lord, signify the divine spiritual. In the opposite sense, 'wings' relate to falsities and rationalizations from...


Generally speaking things that are seen as lower physically in the Bible represent things that are lower or more external spiritually. In some cases this...

下に
Generally speaking things that are seen as lower physically in the Bible represent things that are lower or more external spiritually. In some cases this...


In most cases, a "master" in the Bible refers to truth: knowledge, an understanding of the situation at hand, an understanding of the Lord's wishes,...

慰め
When the Bible talks about someone being comforted or consoled, it generally means that they are being offered ideas that will help bring them to...

パン
Just as natural food feeds the natural body, so spiritual food feeds the spiritual body. And since our spiritual body is the expression of what...

食べる
When we eat, our bodies break down the food and get from it both energy and materials for building and repairing the body. The process...

若者
"Youths" or "Young men" generally represent intelligence or the understanding of truth. This is fitting, since adolescent boys tend to be more advanced intellectually than...


'Sheaf' signifies doctrine, and so 'to bind sheaves' signifies teaching from doctrine. This is because 'a field' is the church, and 'standing grain in a...


Cities of the mountain and cities of the plain (Jer. 33:13) signify doctrines of charity and faith.

祝福
The Lord is perfect love expressed as perfect wisdom. He created us so that He could love us, could give us love and wisdom of...


"Behold I have two daughters,” etc. (Gen. 19:8), signifies the affections of good and truth, and the blessedness perceivable from the enjoyment thereof, by those...


When we have a desire to be good people and to do good things, the natural first questions are "What does that mean?" "What should...

小麦
As the finest of the grains, wheat fittingly represents the finest of spiritual food, what Swedenborg calls "the good of love and charity" – which...


Přeložit: