民数記 24

Studovat vnitřní smysl

           

1 バラムイスラエル祝福することが主の心にかなうのを見たので、今度はいつものように行って魔術を求めることをせず、荒野にむけ、

2 を上げて、イスラエルがそれぞれ部族にしたがって宿営しているのを見た。その時、神の霊が臨んだので、

3 彼はこの託宣を述べた。「ベオルのバラムの言葉、を閉じた人の言葉、

4 神の言葉聞く者、全能者の幻を見る者、倒れ伏して、の開かれた者の言葉

5 ヤコブよ、あなたの天幕は麗しい、イスラエルよ、あなたのすまいは、麗しい。

6 それは遠くひろがる谷々のよう、べの園のよう、植えられた沈香樹のよう、流れのほとりの香柏のようだ。

7 は彼らのかめからあふれ、彼らの種はの潤いに育つであろう。彼らの王はアガグよりも高くなり、彼らの国はあがめられるであろう。

8 神は彼らをエジプトから導き出された、彼らは野牛の角のようだ。彼らはなる々の民を滅ぼし、そのを砕き、をもって突き通すであろう。

9 彼らは雄じしのように身をかがめ、雌じしのように伏している。だれが彼らを起しえよう。あなたを祝福する者は祝福され、あなたをのろう者はのろわれるであろう」。

10 そこでバラクはバラムにむかって怒りを発し、手を打ち鳴らした。そしてバラクはバラムに言った、「をのろうために招いたのに、あなたはかえって三度までも彼らを祝福した。

11 それで今あなたは急いで自分のところへ帰ってください。わたしはあなたを大いに優遇しようと思った。しかし、はその優遇をあなたに得させないようにされました」。

12 バラムはバラクに言った、「わたしはあなたがつかわされた使者たちに言ったではありませんか、

13 『たといバラクがそのに満ちるほどの金をわたしに与えようとも、主の言葉を越えてのままに善も悪も行うことはできません。わたしは主の言われることを述べるだけです』。

14 わたしは今わたしの民のところへ帰って行きます。それでわたしはこの民が後のにあなたの民にどんなことをするかをお知らせしましょう」。

15 そしてこの託宣を述べた。「ベオルのバラムの言葉、を閉じた人の言葉。

16 神の言葉聞く者、いと高き者の知識をもつ者、全能者の幻を見、倒れ伏して、の開かれた者の言葉

17 わたしは彼を見る、しかし今ではない。わたしは彼を望み見る、しかし近くではない。ヤコブから一つのが出、イスラエルから一本のつえが起り、モアブのこめかみと、セツのすべてのらの脳天を撃つであろう。

18 エドムは領地となり、セイルもまた領地となるであろう。そしてイスラエルは勝利を得るであろう。

19 権を執る者がヤコブから出、生き残った者をから断ち滅ぼすであろう」。

20 バラムはまたアマレクを望み見て、この託宣を述べた。「アマレクは諸民のうちの最初のもの、しかし、ついに滅び去るであろう」。

21 またケニびとを望み見てこの託宣を述べた。「お前のすみかは堅固だ、に、お前は巣をつくっている。

22 しかし、カインは滅ぼされるであろう。アシュルはいつまでお前を捕虜とするであろうか」。

23 彼はまたこの託宣を述べた。「ああ、神が定められた以上、だれが生き延びることができよう。

24 キッテムの海岸から舟がきて、アシュルを攻めなやまし、エベルを攻めなやますであろう。そして彼もまたついに滅び去るであろう」。

25 こうしてバラムは立ち上がって、自分のところへ帰っていった。バラクもまた立ち去った。

  
   Studovat vnitřní smysl

Explanation of Numbers 24      

Napsal(a) Henry MacLagan

Verses 1-4. And now the corrupted man, therefore, ceases to pervert the truth, and begins to contemplate the rejection of all truth; but he is able also to behold the state of the spiritual man as in heavenly order, and can discern truths in a state of apparent humility.

Verses 5-9. The happy state of the truly spiritual man is described, as to good and truth, as to deliverance from evil, and as to his power, from the Lord, against evil.

Verses 10-14. But the corrupted man conjoins in himself evil and falsity; he more clearly feels and perceives the opposition between himself and the spiritual man; and he recognizes that the truth cannot be changed to promote evil and error, and that he must be entirely separated from it.

Verses 15-25. A prophetic description of the coming of the Lord; of the process of Judgement, by which the external man in the case of the good, is made one with the internal; and of the same process in the case of the wicked, by which they are totally vastated as to all good and truth.

Swedenborg

Hlavní výklad ze Swedenborgových prací:

Arcana Coelestia 4290


Další odkazy Swedenborga k této kapitole:

Arcana Coelestia 108, 212, 402, 1156, 1675, 1679, 1756, ...

Apocalypse Revealed 90, 114, 241, 342, 349, 406, 409, ...

聖書の教義 101, 103

天界と地獄 76

True Christian Religion 264, 265, 467


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Apocalypse Explained 39, 72, 140, 179, 278, 340, 417, ...

Coronis (An Appendix to True Christian Religion) 27, 60

De Verbo (The Word) 15

Jiný komentář

  Příběhy:



Skočit na podobné biblické verše

創世記 10:4, 12:3, 14:18, 17:1, 49:1, 9, 10

出エジプト記 17:14, 23:22

民数記 2:2, 11:25, 22:8, 37, 23:11, 22, 24

申命記 6, 30:7

ヨシュア記 24:10

サムエル記上 15:3, 8

サムエル記下 5:12, 8:2, 14

列王記上 5:1, 11:14, 15, 22:17, 19

歴代誌下 15:1

ネヘミヤ記 13:2

エステル記 3:1, 6:13

詩編 1:3, 45:6, 72:11, 84:2, 104:16

イザヤ書 10:5, 12, 30:25

エレミヤ書 48:1

ダニエル書 10:14, 11:30

アモス書 9:12

マタイによる福音書 2:2

ヨハネの黙示録 1:1, 19:16, 22:16

Významy biblických slov

バラム
The Children of Israel entered the country of Moab during their long journey from Egypt toward the land of Canaan. Moab's king, Balak, was afraid...

イスラエル
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

祝福する
The Lord is perfect love expressed as perfect wisdom. He created us so that He could love us, could give us love and wisdom of...

祝福
The Lord is perfect love expressed as perfect wisdom. He created us so that He could love us, could give us love and wisdom of...


The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

主の
The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

見た
The symbolic meaning of "seeing" is "understanding," which is obvious enough that it has become part of common language (think about it; you might see...


"目は魂の窓である"濁った古代のどこかにルーツを持つ感情だが詩的でありながら明らかに真実であるために絶望的に陳腐なものになってしまった誰かの目を見ることができれば、その人の内面を本当に知ることができると私たちは感じています。 そして、それは目だけではなく、実際には顔全体がそれを伝えています。スエーデンボーグが言うように、顔は「人間の精神的な世界を自然界で表現したもの」である(『天国と地獄』第91号)。心理学者やポーカープレイヤー、犯罪捜査官などが顔を研究するのに多くの時間を費やしている理由は、顔が私たちの内面の思考や感情を無数の方法で明らかにしているからである。 ですから、聖書に登場する人々の顔が、その人の内面、つまり、その人が最も深く抱いている思い、愛、願望を表していることは、理にかなっています。礼拝でお辞儀をするときには謙遜さを示すために顔を地面に向け、インスピレーションを求めるときには山に向け、誘惑と戦う準備ができているときには敵に向けます。物事が困難な時には,「事実を直視する」か,あるいは内的に受け入れる必要があります。 主の顔が話題になると、完全な愛と完全なあわれみである主の内面を表します。人々が主から背を向けて主の愛を拒むとき、それは主が "顔を隠す "と表現されています。

荒野
'Wilderness' signifies something with little life in it, as described in the internal sense in Luke 1:80 'Wilderness' signifies somewhere there is no good because...


何かを理解するときに「見える」と言うのはよくあることです。そして、聖書の中の「見る」というのは、確かに霊的なものを把握し、理解することを表しています。ですから、私たちを見ることができる目は、霊的なものを理解することができる知性を表しているのです。 もちろん、これは否定的な意味でも使われます。聖書は人々が目を持っていて見ることを拒否していることを語っており、主がこの世におられた時には、不快な目を摘み取るように助言されました。これは、真実を認めることを拒否したり、偽りに惑わされたりすることを表しています。

部族
In general, 'the twelve tribes' signify every aspect of the doctrine of truth and good, or of faith and love. Truth and good, or faith...


主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。

神の
主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。


A child is a young boy or girl in the care of parents, older than a suckling or an infant, but not yet an adolescent....

バラムの
The Children of Israel entered the country of Moab during their long journey from Egypt toward the land of Canaan. Moab's king, Balak, was afraid...

言葉
'Words,' as in Exodus 34:28, signify everything pertaining to doctrine.

聞く
'To hearken to father and mother,' as mentioned in Genesis 28:7, signifies obedience from affection. 'To hearken,' as mentioned in Genesis 30:22, signifies providence. See...

全能
'Shaddai,' as in Genesis 43:14, signifies temptation, and consolation after temptation. This is because the ancients called the one and only God by various names...

見る
The symbolic meaning of "seeing" is "understanding," which is obvious enough that it has become part of common language (think about it; you might see...


'Rivers' signify truths in abundance serving the rational self, and so, the understanding, for the purpose of doctrine and life. 'Rivers' or 'floods' signify temptations....

植えられた
'A shrub' signifies the knowledges of truth.


Water was obviously of tremendous importance in Biblical times (and every other time). It is the basis of life, the essential ingredient in all drinks,...

エジプト
聖書の中でエジプトとは、知識と知識の愛を意味します。良い意味では、聖書を通して主からの真理の知識を意味していますが、自然な意味では、単に地上の知識を蓄えて所有することを意味しています。そして、聖書からの知識であっても、必ずしも良いものとは限りません。しかし、それらは、物事を知るためだけに、あるいは学ばれているという評判を得るためだけに学ばれている場合です。 だから、エジプトはあなたが物事を学ぶために行く場所ですが、天になるためには、不毛な「知ること」から抜け出して、内的な善への欲求で満たされているカナンの地へと旅をしなければなりません。 エジプトがヨセフに支配されていたとき、そこはヨセフの父や兄弟たちの避難所だったというのは興味深いことです。このことは、人の内なる心が学問の地で支配されると、役に立つことを多く学ぶことができることを示しています。しかし、やがてヨセフを知らないファラオが現れ、イスラエルの子らは奴隷にされてしまいました。ファラオは外面的な心を表しています。それが担当しているときには、知っていることの興奮と自己満足は、内面的な心を奴隷のように減少させることができます。心は-イスラエルの子供たちのように-レンガ、または外部の外観から人造の偽りを作って終わる。


'A nation,' as in Genesis 21:18, signifies the spiritual church which should receive the good of faith. Nation from afar,' as in Jeremiah 5:17, signifies...


骨は丈夫で支持力があり、私たちの体の骨格を提供し、動きや行動を可能にしています。彼らはまた、ミネラルマトリックスで構成されたその構造の多くは、私たちの体の少なくとも "生きている "部分です。このように、骨は強く、支えとなり、機能的ではありますが、私たちの精神的な構造の中ではほとんど死んでしまっている部分でもあります。 前庭は、生命を自分自身のものとして感じ、自分の愛や思考を自分自身の中にあるものとして認識している部分です。これは人間であることの重要かつ強力な側面であり、それゆえに、私たちは自分の思考を改革し、行動を指示する責任を負い、主に近づく力を感じます。それが「強く、支えとなる機能的な」部分です。しかし、この自己意識もまた間違っていて、だまされているのです。それが「生来的にほぼ死んでいる」部分です。 主を見ずに単にプロプリウムに従うだけでは、自分が万能だと信じて主の存在を完全に否定するような地獄のような状態に陥ります。骨はそれだけで乾いてもろくなり、完全に死んでしまいます。しかし、もし私たちが主を認めて主に従うならば、それは骨に肉をつけて生きているようなものです。その場合,骨は強く,支えとなり,保護し,可能な限り生きているという意味で,知性との関係では前庭を表しています。骨の上にある肉は、私たちの欲望を自分のものとして感じながらも、骨が提供してくれる構造を主に仕えるために利用する部分である、前庭膜の愛に満ちた側面を表しています。


In the Word, arrows stand for truths which defend person from falsity. In Arcana Coelestia 2709, it says this when discussing Genesis 21:20: "And he...

怒り
怒りは、それが定義を必要としないほど、人々にとって非常に一般的な感情です。しかし、興味のある点をいくつか挙げることができます。 1) 主は決して怒られません。怒りが主に帰するのは、この言葉が人間に意味を持たせるために書かれているからであり、人間が悪であるときには、主は怒るべきであるかのように思えるからです。そして、そのように考えることは人を傷つけることではありません。また、悪人が自分の計画がうまくいかない時に、主に怒りを感じて、それが返ってくると思っています。 2) 熱意はしばしば怒りのように見えますが、そうではなく、悪い動機ではなく、良い動機から来ています。怒りは利己的な愛が妨げられたり、攻撃されたりしたときに人に現れますが、熱意は善良な愛や価値ある真理が妨げられたり、攻撃されたりしたときに人に現れます。悪魔やサタンは怒りを感じ、それをよく感じ、攻撃しようとします。天使は熱意を感じ、しばしばそれを感じ、守ろうとすることがあります。


聖書における敵とは、悪を愛する人々や、悪から生じる誤った考えを持つ人々のことを指しています。もっと深いレベルでは、地獄の力そのものを指し、抽象的なレベルでは、悪そのものと偽りそのものを指しています。


The Writings talk about many aspects of life using the philosophical terms "end," "cause" and "effect." The "end" is someone’s goal or purpose, the ultimate...

三度
The Writings talk about many aspects of life using the philosophical terms "end," "cause" and "effect." The "end" is someone’s goal or purpose, the ultimate...

使者
'A messenger' signifies communication.


A "house" is essentially a container - for a person, for a family, for several families or even for a large group with shared interests...


'Money' relates to truth.


心は愛を意味します。良い心とは、主や隣人への愛を意味し、硬い心や石のような心とは、自己や世間、富や物への愛を意味します。詩篇の作者が主に「自分の心を探ってください」とお願いするのは、自分が愛しているものが何であるかを主に見てもらいたいからです。そして、私たちは自分が愛しているものです。食べるものは地上の体を形成しますが、それは一時的なものです。愛するものは、私たちの霊的な体を形成し、私たちが選んだように美しくも醜くもなります。 興味深いことに、胎児の最初の多細胞運動は、心臓となる血管のねじれから始まる脈動であり、自然体の最後の運動は心拍である。私たちの自然な体の最後の動きは心拍です。そしてもちろん、私たちがそれを身につけるようになったとき、私たちの精神的な体にも鼓動があります。 心臓の用途を考えるとき、肺の用途を抜きにして考えることはできません。心臓は全身に生命を与えるために血液を循環させますが、その血液がまず肺に送られて酸素を供給され、有害なガスが除去されなければ意味がありません。この2つの器官は共に働き、心臓が2つの肺の間にあるように入れ子状になっていて、それぞれが他の動きを感じている。この2つは私たちの愛と知恵を表しています。私たちの愛が、私たちの真理の理解によって有害なものを浄化し、切望する活動を実際に行う方法についての知識を充電する必要があるように、愛と知恵、つまり意志と理解は、私たちの心臓と肺とまったく同じように働きます。本当はもっと深いところにあります。私たちの意志と理解は、神の神聖な意志と神聖な理解に「似せて」創られたものであり、私たちの心臓と肺は、創造の最も低いレベルでそれを反映するように機能しています。 もっと言いたいことがある、もっと繋ぎたいことがあるはずだ。チャーチ」と「グランドマン」をご覧ください。


The expression 'even to this day' or 'today' sometimes appears in the Word, as in Genesis 19:37-38, 22:14, 26:33, 32:32, 35:20, and 47:26. In a...

知識
多くの一般的な動詞と同様に、聖書における「知る」の意味は、文脈に応じて様々です。また、アイデアやオブジェクトに関連している場合には、その精神的な意味と自然な意味が本質的に同じであることもあります。 しかし、興味深いことに、聖書の中で人がお互いを知っていること、特に主が人を知っていることが語られるとき、その意味は事実上の知識というよりも、人の中の愛の状態と関係しているのです。 これは、考えてみればわかることです。誰かを本当に "知る "ということは、その人がどんな人なのか、どんな動機を持っているのか、何を愛し、何を憎んでいるのか、何がその人を動かしているのかを知っているということです。そういったことは、両親の名前や、どこで生まれたか、何年に学校を卒業したか、といったことよりもはるかに重要なことなのです。 多くの場合、特に人に対しては、「知る」ということは、単なる事実の集積ではなく、他人の愛についての認識や、同じような愛を持つ人の間に存在しうる結合に関係しています。


'Stars' signify the knowledge of truth and good. 'Stars' are frequently mentioned in the Word, and always signify goods and truths, but in an opposite...

モアブ
'Moab,' in a positive sense, signifies people who are in natural good, and allow themselves to be easily seduced, but in an opposite sense, it...

エドム
'Edom' or 'Idumea,' as in Isaiah 34:5, signifies those who are in evil and in falsities thence derived.

セイル
'Seir,' as in Genesis 33:14, signifies the conjunction of spiritual and celestial things in the natural level, that is, the truth of faith with the...


In the ancient world cities were very nearly nations unto themselves – they existed within walls, with their own laws and customs, generally centered on...

見て
To look,' as in Genesis 18:22, signifies thinking, because seeing denotes understanding. Look not back behind thee,' as in Genesis 19:17, means that Lot, who...

最初
言葉では、「始まり」とは、ある時点で何かが始まることを意味するだけではありません。内的な意味では、精神状態の初期段階を意味します。 霊的には、最初に新しい成長を始めたときに「始まり」が起こります。新しいレベルの意識と、主から物と真理を受け取り、それらを使う意欲のレベルです。


'Rocks' signify the good and truth of faith.

カイン
'Cain' signifies the doctrine of faith separated from love. See Arcana Coelestia 338 and the sections that follow it.

Zdroje pro rodiče a učitele

Zde uvedené položky jsou poskytnuty se svolením našich přátel z General Church of the New Jerusalem. Můžete prohledávat/procházet celou knihovnu kliknutím na odkaz this link.


 A Star Shall Come
"I see Him but not now; I behold Him but not near; A star shall come out of Jacob; a scepter shall rise out of Israel" (Numbers 24:17) in a color border.
Picture | Ages over 15

 Balaam
A New Church Bible story explanation for teaching Sunday school. Includes lesson materials for Primary (3-8 years), Junior (9-11 years), Intermediate (12-14 years), Senior (15-17 years) and Adults.
Teaching Support | Ages over 3

 Balaam Prophesies
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Balaam’s Prophecy
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Balaam’s Prophecy and Its Fulfillment
Worship Talk | Ages 7 - 14

 Behold, the Star
Article | Ages 15 - 17

 His Star Still Shines
Worship Talk | Ages over 18

 Memory Verse: The Guiding Star
Activity | Ages 4 - 14

 Names of the Lord
Sunday School Lesson | Ages 9 - 12

 Prayers for Children: Prophecies of the Advent
Activity | Ages 7 - 14

 Prayers for Teens: Prophecies of the Advent
Activity | Ages 15 - 17

 Prophecies of the Advent
Prophecies of Jesus' advent on earth often use the image of new light dawning in darkness to describe the spiritual impact His birth would have on the world.
Sunday School Lesson | Ages 11 - 17

 Prophecies of the Lord’s Coming
Sunday School Lesson | Ages 9 - 12

 Quotes: The Guiding Star
Teachings from the Lord's Word for Christmas about the guiding star.
Teaching Support | Ages over 15

 Star Out of Jacob
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Star Out of Jacob
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Star Out of Jacob with Quote
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Stars
Sunday School Lesson | Ages 9 - 12

 The Christmas Star
As we think about stars at Christmas time, let us invite the Lord into our hearts and minds so that His Christmas star will light the way to heaven for us.
Worship Talk | Ages 7 - 14

 The Star of Bethlehem
This lesson discusses a story from the Word and suggests projects and activities for young children.
Sunday School Lesson | Ages 4 - 6

 The Story of Balaam
Family lessons provide a worship talk and a variety of activities for children and teens..
Religion Lesson | Ages 4 - 17

 The Story of Balaam and Balak
Make a star and a scepter, then dramatize the story of Balaam according to the attached script.
Activity | Ages 3 - 7

 The Wise Men
Worship Talk | Ages 7 - 14


Přeložit: